FC2ブログ
2019-08-24(Sat)

オクラにタバコガ

連日不定期に雨。
なかなか予想がつかないのでよけるのが難しい。
おかげで今日もメロンに雨が当たってしまった。
収穫間近には痛手、おまけに畑仕事がなかなかできなくて困った。

とはいえ収穫作業くらいならできているわけでして、
まだまだオクラは元気で毎日収穫できていますよ。

P1040321_縮小
P1040322_縮小

背丈は150㎝程度まで成長、まだまだ葉っぱはでかくて順調です。
脇芽のほうにも実ができ初めまして、こっちのほうでも収穫が始まってきてますよー
先日2回目の追肥もしたのでまだまだ温度があるうちは収穫ができそうです。

P1040291_縮小

まだまだ毎日2桁ずつは収穫可能。
少し大きくなるのに時間がかかるようになってるのは疲れが出てるのかな。
早どりしてないから余計なパワー使わせてるんだと思いますね。
まあこの品種の良さはずんぐりな姿ですから、あまり早どりして普通のオクラサイズだとよさが生きませんからね。

P1040292_縮小

さてこのオクラ、初期のアブラムシを乗り越えていいものをしっかりとれているんですが、
ここにきてあるものが発生してきている模様。
あるものが発生した果実はなんだか汚いからわかりやすいのよね。

P1040294_縮小
P1040295_縮小

よく見ると先端に穴が開いて中に侵入した形跡があり、
食害による糞で汚くなっているんですよ。
こういうのは見たことがあるなーと思っていたら、

P1040296_縮小

早速にね、いるわけですよタバコガの幼虫が。
タバコガというとトマトの食害が有名だと思うけど、
こいつらは実の中に入って食害をするので非常に面倒なやつら。
実の中に入ってしまうと農薬を散布しても効き目がないですからね。
農場でもトマト、ピーマン、ナスとナス科植物に大きく被害を出しましたし、
それ以外にも南瓜の葉の食害など様々なところに被害を出します。
今年のカボチャも初期に食害が見られましたしね。
被害があるものは外見上わかりやすいので出荷をしないようにしていますが、
少ないとはいえこうした食害が出てしまうのは非常に残念だ。

数年前のマイマイガ超大発生の様にとんでもない被害を出しているわけではないので、
これに対しての農薬散布などは考えていませんが、まーた面倒ごとが増えた。
発生しやすい条件が少雨とまさに今年なのでどうしようもねぇな・・・・・
他に被害が出そうな作物がないだけまだいいけど、蝶とか蛾の幼虫ってのは農家にとって厄介な存在でありまする。


スポンサーサイト



2019-08-23(Fri)

今年は場所を変えて大根栽培

今日は処暑、暑さも穏やかになってくるころだ。
今日の天気も不安定で雨が降ったりやんだり、気温もそういうことでさほどではなかったです。
これからは猛暑ということもなかろう。ようやく夏ともおさらばか。


さてこんな時期になりましたんで、いよいよ秋冬物の栽培に入ります。
家ではもうキャベツやら白菜やらを作り始めてますが、
私がやるのはもっぱら大根のみなので、今年も畑をこしらえて種まきしてきました。

P1040265_縮小

今年は自分が普段育てている場所が全く空きがないため、
場所を変えてヤーコンが植えられている畑での栽培となります。
すさまじい草を草刈り機でばっさりやってトラクターで耕うん、畑づくりです。

P1040267_縮小

場所としては南瓜の隣といえばわかりやすい。
土質は粘度系でいつもの場所からするとあまりよくはないですね。
畝は短いので10畝準備、約1a分となります。

P1040278_縮小

今年まくのも聖護院ですが、去年まいた古都丸聖護院があまりよくなかったので、
今年は普通の本丸聖護院をメインに。
結局固定されてるいつものやつが最強だと思う。

P1040279_縮小

ただ、中身は種子消毒されていたのでもう無農薬じゃなくなったな(笑
種の量は結構あったのでまき終わったら1袋丸々余ってしまった・・・・

P1040266_縮小

30㎝ピッチ2粒まきでやっていきました。
10畝あっても去年より畝の長さがないのであっという間でしたね。
そう考えると例年大根作って量スゲーんだなーと思った次第。

P1040315_縮小
P1040316_縮小

そして現在、雨が時折降るため発芽には申し分無い環境になり、
あっという間に発芽してそろってきていますよー
しかしながらよく見るとあちこちで切り倒されてしまっている芽があり、
キスジノミハムシがそこかしこに散見されてます。
いつもの場所でも虫食いはあるけどやっぱりここだと虫被害が多いかなーという感じ。
ダメになった個所は蒔き直ししつつひどければ防除も検討して・・・・
ちょっと場所が変わっただけでもいろんなことが全く変わったりするんで不思議なもんですよねぇ。


2019-08-22(Thu)

ロング南瓜収穫もぼちぼち始めるぞー

今日は雨雲レーダーとにらめっこ。
昼過ぎからなんだか怪しげな雲行きで、レーダーみると真っ赤なやつが接近。
それが更新されるごとに消えたり出てきたりで全く予想がつかない状態だったもんで、
それならば降らなくてもやっておいたほうが良いと、昼休憩を抜け出してメロントンネルをかけに。
案の定帰ってきたら10分ほどで雨が降り出して雨を回避できましたわー
こういった局地的に現れる雨雲は、ただの天気予報ではなかなかわからないので判断が難しいですね。
雨降っちゃったので午後からの畑仕事もできなくなっちまったしねぇ・・・・・


その雨が降るかもしれない状況を察知して、午前中にロング南瓜の収穫に出かけました。
この南瓜に関してはパンクの恐れがないのでぼちぼち天候と相談しつつ収穫していきますよ。

P1040307_縮小

とはいえ丸南瓜に負けず劣らずの荒野になってしまったわけで。
株元の葉っぱがなくなってだいぶ果実が露出し始めてましたが、

P1040308_縮小

丸南瓜と違う点としてまだ葉っぱが残っていることと、雑草が生い茂って果実が隠れているってこと。
雑草生えすぎな点はあまりよくはないんですが、こういった状況では日差しから守られるのでありがたい。

P1040309_縮小

裏なりなんかもあるため、まだまだ収穫がありますからね。
裏なりが露出してた場合は刈り取った草をかけて日よけにしていますよ。

P1040306_縮小

本日はまずとれそうなところだけ時間と相談しつつ収穫。
結構裏なりがついていて初期の果実を選んで収穫した感じですね。
やたらでかいのでコンテナに数が入らなくて大変でしたわ。

P1040310_縮小

なんせまあ本気出したロング南瓜の記録を軽々更新ですからね。
4キロオーバーが結構な数出現中だ。
それぐらい今年のカボチャはでかくなってしまった。

P1040311_縮小

でかいやつをきれいにして乾かしておきます。
こっちの畑は丸南瓜のところと違って土が細かいので南瓜の重みでめり込んで土がつきまくるんで、
結構土汚れが目立つんですよねー
土についてるとありがちなボコボコとしたものもついちゃいますしね。
メロンに敷いた皿のようなのがあれば良いんだけど、これはでかすぎてそんな皿がねぇわ(大汗

P1040312_縮小

でかさ比較で小さめのを並べてみるとこんな感じ。
小さめといっても量ってみると2キロ越えのいいサイズの南瓜なんですよね。
丸南瓜で2キロサイズというと市場サイズでは一番くらいのサイズじゃなかろうか。
それでこんな比較になるんで今年のでか南瓜はやばいですな。

収穫して感じるのが果梗部のでかさでしたね。
ここがでかいとやはり果実もでかい、要するに栄養が実にガンガン流れてるってことでしょうかね。
まあでかいだけだと何とも言えない、うまさもともなわないとだめですがな。
うまかったらこの4キロぐらいシリーズから種採っていきたいですねー
この南瓜のポテンシャルはまだまだあるのかもしれない・・・・・


2019-08-21(Wed)

病魔進行

どもー
昨日は気温が下がりましたがやはりまだ当地は暑い。
再びの真夏日、まだまだ夏は終わらないよーー

さて、夏は終わらないけど生産のほうが終わりそうなのがインゲン。
どうもあの病魔の侵攻がおさまりません。
というかむしろやばいことになってきています。

P1040166_縮小
P1040167_縮小

雨の前くらいまでは順調に花も咲いて莢もできて今年はある程度収量がありそうな気配だったんですよ。
暑いながらもよくぞここまでという具合でしたのね。

P1040168_縮小

シェードの裏側から見ると莢の量が多くてぶらぶらしてるのを見て楽しみが膨らんだわけですよ。
ところがどっこい、やはり簡単には終わらせてくれませんで、

P1040242_縮小

端っこの蔓の葉っぱがどんどん枯れていきます。
莢が色づいてきているのでもうちょっと頑張ってくれればまともな豆の収穫にこぎつけられそうですが、
地上からだいぶ離れた上部にまで病魔は進んでしまっています。

P1040241_縮小

裏側ではてっぺん過ぎた蔓も葉が枯れてしまって・・・・
こんな上部にまで病魔は進んでしまうもんです。
もう泥はねとかいうレベルじゃないんですよね。
発症したらもう手の施しようがない、それが今現在のいんげんにおきる病魔だ。
本当に恐ろしい病だで。

P1040243_縮小

おまけに来てます大量のホソヘリカメムシ
豆と言ったらこいつぐらい面倒なやつ。
これが大量に来る前に小豆を収穫したいので早播きしてるくらい面倒なやつだ。
結局インゲンもこいつの餌食だし、病気の件もありかなり収穫が絶望視だ・・・・
インゲンといえば病害虫、そんな現状。
やってらんねぇぜ畜生!


2019-08-20(Tue)

メロンよ、後はなるようになれ

今日は雨です。
雨よりも気温が25度前後と急に下がりました。
昨日から9℃くらい下がったので肌寒いまではいかないまでも過ごしやすかったですね。


さてこれは月曜の話になりますが、
ここまで約週1ペースで防除を続けてきたメロンなんですが、収穫まではあと10日前後というところまでやってきました。

P1040269_縮小

しかしながら台風の雨の影響もあってだいぶ株が弱ってますね。
ここまできてしまうと防除をしてもさほど効果はないかなーという感じ。
防除をして持たせても結果は同じような感じなので今回の防除は見送りにしてあとはお任せで。

P1040268_縮小

台風の影響で支柱ごとやられたのでそれらを直して今日の雨に備えましたが、
今週はどうも雨が多そうでトンネルにはまだ世話になりそうですね。
ただ、メロンは収穫前に水を切るんですけど、雨が続くと水を切れないので困ったなーと。
そこが露地の難しさかなーというところではあります。

P1040246_縮小

急に水が入ってやっぱりこういったのが出てましたしね。
バックり割れなのでこれはすぐ傷んできてしまいます。
試食用にするほかないですがうまいかどうかはわからんーー

P1040244_縮小
P1040245_縮小

後は風で新聞紙がはがされて南瓜同様に日焼け。
台風の被害はやっぱりそこかしこに見られてしまいますね。
ま、2か月近く病気に耐えつつここまでやってきたので、台風の多少のことじゃへこたれんわ。

来週には試しどりしながら収穫です。
中身はいったいどうなってるのか、重さはどうなってるのか、
なんとかかんとかやってきたメロン栽培もあとはなるようになるさー状態だ。


2019-08-19(Mon)

丸い南瓜全収穫

明日はまた雨の予報。
雨が降った後は実に余分な水分が入るのですぐには収穫しないほうがいいわけですよ。
台風の雨から今日で3日目の晴れですし、またもや雨で収穫が伸びてしまうのはよろしくないので、
本日最後の南瓜収穫を執り行いました。

P1040275_縮小

荒れ果てた畑、そこは荒野のようだ(笑
なんて草だらけ、しかもやたらに背の高い草だらけになってしまってますが、
その中で南瓜を探して収穫、コンテナ回収してきました。
本日は2畝分だけですんで作業は簡単。
なんせ1株ほぼ1果しかついてませんからねー

P1040273_縮小

残っているのはくりりんとプリメラクイーンですが、くりりんは結構でかいのが多い。
表面はちらし模様が入っていて特濃こふきとは簡単に見分けられますね。
光沢がなくなってくすんだ感じなので十分収穫できるような状況になってる模様。

P1040272_縮小

ただやはり日焼けで赤くなってるものがあります。
台風前の段階では新聞紙があったんですが、風で飛ばされたようで3日で被害拡大という感じ。
まあ爆発してないだけまだ何とかなるんですけどねー

P1040271_縮小

パンク南瓜は2品種に関してはさほど多くなかったです。
この点はこの2品種が優秀だったとみるべきでしょうか。

P1040270_縮小

プリメラクイーンに関してはコルク化を通り越してましたので、正直中身の期待は薄い。
成熟期間が足りないのに既にこうなってるということは、株が早くダメになって栄養が入ってないってことだからね。
小さいのも多かったし、プリメラクイーンは来年からは無しの方向だな。

P1040277_縮小

最終的に全部のカボチャを小屋に入れたらこんな感じになる。
置き場所がなくなってしまい困った状況だ(汗
パンク南瓜はこの高温の中なので傷みが激しく出てきて廃棄の連続ですし、
やっぱりああなってしまうとどうしようもないってことのようです。
廃棄南瓜はこのままいけば200個程度でしょうかね、かなり痛いです・・・・・

P1040274_縮小
P1040276_縮小

これで先ずは丸い南瓜の収穫に関しては終了となりますが、
ところどころにうらなり南瓜が残っており、それをどうするか検討中ではあります。
草がでかすぎて速攻でトラクターを入れられないようなので草刈りも必要ですし、
マルチはがしもしないといけませんので、撤去作業などもう少し手がかかる感じです。
ヘアリーベッチもまいて来年までの土づくりもしておきたいしねー
でかい面積の栽培がひとまず終わって少しばかりひと段落。


2019-08-18(Sun)

オクラにも脇芽

ここ最近、毎日収穫をしていますオクラ。
少々メロン側の草が目立ってきたので除草をしたんですが、
株が良く見えるようになると際立って目立つものがあることに気付く。

P1040247_縮小
P1040248_縮小

除草をしたことで株がばっちり。
気付くかと思いますがオクラは収穫と主に下葉を欠いていくのが常道ですが、
自分はあまり下葉を欠かないでおいてるんですよねー
あまりいいことではないと思いますが、株の維持はできているのかなーと。
まあでかい葉っぱに栄養がいって実にいかなくなるからよくないってのですがね・・・
葉を欠きすぎて先細りの株になるのを見るとどうなのかとは思います。

P1040252_縮小

その中で発見したのがこちら。
見事に脇芽が伸びています。
オクラって下葉を欠いて育てていくため、脇芽が出てくるのを確認したのはこれが初めてだ。

P1040253_縮小

もうすでに見事な太さに成長していました。
脇芽というとトマトのイメージだけど、オクラもこんなにぶっといのができるもんなのね。

P1040254_縮小

よく見ると実をとった跡地にこんな小さい脇芽が出てきていた。
普通は下葉欠きと同時に取られてしまうんだろうけど、今年はこれがぐいぐい来たようですね。

P1040249_縮小

とはいえ実の太りは順調ですし、脇芽にも実がついてたりするわけで。
流石に小さい脇芽はこれからは除去していこうと思いますが、
太くなったものはこのままにしてどうなるもんか様子見していこうと思います。
ミニトマトも脇芽ボウボウにして収量増やす方法なんてのがあるように、オクラもその感じがあったら面白い。
ま、トマトのように大量の花芽ができるわけじゃないから無駄だろうけどーー

P1040251_縮小
P1040250_縮小

肉食戦士が見回りしてますし、また畝間に生えた草むしって追肥してやればまだまだオクラはいけるでしょ。
一発防除でアブラムシもあとは問題なし、ここまでくれば何の問題もない。
変な栽培してますがそれなりにオクラはうまく育っとりまする。


2019-08-17(Sat)

倒れたものを起こすのは大変。

どもー
台風一過で晴れ、ではなく曇りのような天候でした。
作業をする分には汗がひどくなることもなく非常によかったです。

さてこれは台風前のことになりますが、豪雨の影響で黒豆類が案の定倒伏してしまったわけですよ。
このままにしておくと変な風に曲がって育つし、莢が土に触れるので腐りやすくなる&食害の恐れ。
よろしくないので起こす作業をしたわけで。

P1040204_縮小

毎年同じことの繰り返しで倒れてから起こすということをやってるけど、
実際のところ倒れたものを起こすのってすごく大変なのよね。
あっちこっちに倒れてるし絡んでるし。
そういった物をきれいに直しながら紐を張るってのもかなり骨が折れる作業だった。
下手すると枝葉がバキバキですからねぇ。

P1040205_縮小

倒れてないところは倒れないようにすればいいだけなので楽。
だから倒れる前に紐を張るってのはかなり重要ですな。
なんでもそうだけど、起こってから対処するってのは事前に対処しておく事の何倍も大変だ。
草が生える前に、病気や虫にやられる前に・・・それだけでも無駄な労力と時間を使わなくて済む。

P1040206_縮小

倒れたのを起こせば結局こうぐにゃーってなるしねー
ホントめんどくさい。

P1040231_縮小

ま、1日あれば元に戻るんだけどね。
そこらへん植物の生態の面白いところだ。

P1040207_縮小

開花も終わってきて莢になりつつありますが、猛暑続きでどの程度しっかりとした莢ができるか不安ですね。
一応開花期に雨降ったこともあって収穫ゼロのようなことにはならないとは思うけど。
手間かかってるわりにあまり見返りの少ない豆栽培だ(汗


2019-08-16(Fri)

台風なのでラスト榾木移動作業

台風が再接近中の当地です。
予想通り10時くらいから雨が降り出しまして畑での仕事はできません。
といってもこの間の豪雨のような土砂降りではなく時間雨量で数ミリがしとしとみたいな感じなので、
正直こういった降雨はありがたいというレベルです。
それよりも風のほうが心配で、

P1040238_縮小

昨日の夕方からやっておいたメロントンネルは無残にもはがされてしまいました。
こういった強風では適当トンネルでは全く耐えられないので雨が降ってやり直すこともできず・・・・
まあこのくらいの雨ですから辛抱してもらうほかねーなーと後は放置です(汗
強風といっても人が飛ばされるような風でもないし雨もさほどでもない、
やはり当地の台風ってのは被害がでかくならないのがありますね。
他の被害の大きい地方からすればなんとも言えませんが・・・・・


さてそういうことで本日は南瓜収穫でおろそかになってました椎茸の榾木移動をすべて完了させました。
台風で今日は全く畑に出られないからこっち頑張ろうと予定してたので、
南瓜も収穫できたしかなり予定通りに動けてますね。

P1040237_縮小

この間までまだ500本くらい残ってましたけど、今日ですべての榾木が発生舎から消えました。
今はもう椎茸を発生させる榾木がありません。
開店休業ですね。

P1040239_縮小

こちらが本日榾木を移動した際に出たラスト椎茸。
これで今ある椎茸がラスト。
大事な大事な椎茸だ(笑

P1040240_縮小

発生舎内に榾木がなくなったので休養舎はフル充填状態だ。
ぎっちり詰まって現在15000本くらいかな。
最高で20000くらい入ってたこともあったはずなのでまだ余裕といえば余裕。
ただ、いまはハウス丈夫が40℃にもなる時期のため榾木の積みをあまり高くしないようにしてるので、
後はいっても数百本とか言うところでしょうかね。
それぐらいなので新ホダを入れるのはまだ無理だ。

これで次の浸水発生まで椎茸に関する仕事ってのがほぼなくなってしまった。
収穫もないし榾木移動もないからねー
後は朝に畑からオクラ採ったり畑で草むしったり南瓜の調整したりで時間つぶしだね。
少しばかり余裕が出たのでこの間に体力も回復しておかないとー
昨日熱帯夜以上の室温30℃でかなりきつい睡眠になったのでとにかくぐっすり寝たい・・・・



2019-08-15(Thu)

特濃こふきを収穫しました。

台風接近の影響で風が強いです。
それ以上に熱気が来ていてひどい暑さになりました。
まあ明日にはおさまるはずですが夜も気温が30度前後ととんでもなく高温になりそうでヤバい。
今日寝れるかどうかわからんど・・・・


さて、台風が来る前にかぼちゃを収穫してしまおうかと昨日から作業をしましてね、
本日特濃こふきの収穫を完了しました。

P1040225_縮小P1040226_縮小

実のところは収穫まではまだ少し早いかなーというところなんですよね。
一番早い開花からちょうど45日くらいということで、時期的にはいい感じなんですがほんの少し早いという具合。
ただ、今年の高温及びうどんこで最早株に葉っぱがほぼ存在しておらず、
このまま放置していても実に悪影響しかない状況のため収穫に踏み切ったわけで。

P1040200_縮小
P1040201_縮小

この株の問題とダブルパンチで実が破裂するという現象も確認されてたんですよ。
こんなの初めて見たんですが、日焼けからの豪雨でパンクした感じみたいです。
こういったこともあって台風が来てまた雨が降るとまずい状況が容易に想像できちゃうんだよねぇ・・・・・

P1040227_縮小
P1040228_縮小

収穫はこのようにコンテナに入れて小屋へ往復。
数が数だし重くてめっちゃ大変。
おまけに暑さに日差しが強烈、干からびるぜっ。
割れてるのも採っていくとかなりの数になってしまいがっくり感が半端ねぇ。

P1040234_縮小
P1040232_縮小

あまりにもバックリ割れたのや、割れからネズミが浸入したものなどは廃棄。
今日で30こほど廃棄してしまった。
一応割れてるのも食えるんですが、糖化させてないことや熟度不足加減などからあまりうまいとは…
特濃こふき特有のホクホク感はすごく感じるんだけどねー
レンチン味見したら味が全然感じられないという・・・・・(大汗
腐りきる前にいいとこどりで処理していかないとだめだねぇ。
正直厳しいけど。

P1040229_縮小
P1040230_縮小

さて収穫物はこうして積んでいきます。
まずはこうしてキュアリングをして出荷に向かっていくんですが、
キノコ小屋に置くつもりがダメだということで別の場所になってしまい、思いのほか風通しが悪いし温度が高い。
あまりいい環境じゃなくて困ったねぇというところ。

P1040233_縮小

おまけに全部置いたら残りの2品種置くところがない(汗
あっはっはーそりゃあ千数百個置いたらこうなるわな。
ま、残り2品種はそれこそキノコ小屋に搬入させてもらおうかな。


P1040235_縮小
P1040236_縮小

ちなみに残り2品種、こちらはパンクがほとんど見られなかった。
思いのほかプリメラクイーンの出来がいいのはなぜだろうか。
くりりんはちょっと新聞紙がはがれた果実が日焼け割れを起こしてしまっていたけど、
それ以外はまだ問題なさそうだったので、今日この2品種に関しては収穫はしないことにしました。
同じように葉っぱがほぼなくてもパンクするものしないもの、こんなところにも品種間差異が出るもんなのかね?
そこらへんも考えて来年特濃こふきは縮小すべきか考えようと思います。
とりあえずは一大事業のカボチャの大半の収穫が完了しました。
後は出荷先だねぇ・・・・・



2019-08-14(Wed)

姫神芋追肥

どもー
今日は2度更新、久しぶりのことでござんすな。
初期は3回更新とかしてたけどネタが尽きるのは早い(大汗

さて本日2度目の更新は姫神芋の追肥について。

P1040222_縮小

畑の除草作業も一回りして一番最初の姫神芋に戻ってきました。
一回りすると大体また草ぼうぼうになってますが、今年は日照り続きで雨が降らなかったせいで草が新たに発芽できず、
思った以上に草の量は少なかったです。
ただ、以前むしった草をそのまま放置したところが再び根付いてるものがあり、
それらの駆除をして片付けてから追肥作業へ。

P1040220_縮小

姫神芋の追肥は2回やろうかと計画してたはずでしたが、
他のことで忙しく7月の追肥が流れてしまい、8月分の追肥1回で済ませることにしました。
といっても7月分も足してたくさん追肥するというわけではなく、1回分の追肥で今年は終了ということにしてます。
今回は10a当たり約3キロの窒素を追肥です。
畝ではなく畝間に追肥するので除草が必須だったわけですよ。
畝間の数だけ肥料を分けてふりまいてきました。

P1040221_縮小

除草した草をそのままにしておくと、その下に芋の根っこが生えてきている場合があります。
それぐらい芋の根っこがあちこちに伸びているので、畝間に追肥で十分なんですよね。
むしろ株元にやると化成肥料に弱い山芋は根っこが焼けてしまうので注意が必要のようです。

P1040223_縮小

水不足の割にはしっかり繁茂してくれているレーンもあり順調とは言えそうですが、

P1040224_縮小

さっぱり蔓伸びが悪い個所もあり、この差は何なのかという感じだ。
大体半々の割合でいい悪いがあるようだけど、この追肥で少しでも繁茂が進んでくれればいいなーというところだ。
収穫まであと2か月ちょい、台風からの雨も期待できそうだしぐいぐい来て欲しいもんだ。
追肥も除草も頑張ったからあとは放置しますけどーーー


2019-08-14(Wed)

椎茸お盆休み。

お盆にはいると市場がお休みになるので例年椎茸の発生調整をするんですが、
今年はそれ以前に高温のために使える榾木がなくなってしまったため、
意図せずに椎茸お盆休みが始まっています。

P1040218_縮小

今日をもってほぼ収穫作業もおしまいです。
ここに残っているくらいしか椎茸はありません。
明日以降は椎茸の収穫作業はなくなりました。

P1040219_縮小

榾木を移動するのもあと1回くらいで終了。
この残っている分を移動すると完全に発生舎の榾木がゼロに。
次の浸水開始が盆明け以降の予定になっているので確実にすっからかんになりますね。

P1040147_縮小

次の発生予定はこの新ホダです。
今現在暑い日々が続く中で散水してホダ化を促進しています。
あまりにも暑いので菌の活動が鈍ってるはずなので使い始めの見極めが難しいですね。
試し浸水しながらでしょうけど、今年植菌した榾木ももうすぐ使用スタートです。

夏場の気温がかなり以前からすれば上昇しているので、
シイタケの夏場の発生がかなり大変になってきている昨今ですが、
それでも何とかすべくいろいろと手を尽くしてみてはいる現状です。
特に今年の様に日照り続きの猛暑だとかなり厳しいですが、そこをあえて捨てるのも考えてみないとだめかもしれんですね。
とにかくこの暑さを乗り切るための計画的発生中止に入ってまする。


2019-08-13(Tue)

アスパラガスチコリーは暑さに耐えられるのか。

どもー
お盆期間に入りましたが関係なしで仕事でーす。
相変わらずの猛暑のせいで今日もシャツが搾れるぜっ
水分の循環が激しすぎだで。


さてこの猛暑の中ついにアスパラガスチコリー定植です。
こんな暑さで大丈夫かよって感じですが、遅れると収穫できるかどうか微妙になってきますからね。

P1040169_縮小

まずは苗のほう。
ポット上げしてからぐんぐん育って一応形にはなりましたね。
暑い中ですが育苗自体は順調でした。

P1040171_縮小

一応こういう状態で育苗。
日よけと虫よけですね。
雨が降る際はこの上にビニールかけて雨除けしてました。

P1040172_縮小

温度計に直射が当たることもあって正確じゃないけど中はやはり暑いですがね(汗
最高温度振り切ってますが、暑い日は大体いつも振り切ってる模様(大汗
この温度計もだいぶ頑張ってんな・・・・

P1040170_縮小

ちなみにですが、この中で現在キャベツと白菜も育苗されてます。
自分の管轄ではないけど、暑くても順調に育ってます。
虫食いがないっていいね。


P1040211_縮小
P1040212_縮小

んで、定植はしたもののこの猛暑、早速にやばい状況になってます。
明日の朝に水やり必須ですなこりゃあ。
マルチも温度上げ過ぎる要因だろうし、今やるなら白いマルチだったねぇ。
あまりものでいいなんて安直だったわーー
刈った草を上にかけて地温下げるようにしておいたほうがいいかもしれん。

P1040214_縮小
P1040213_縮小

ポット上げしたもので足りなかったのでセルのものも植えてみたけど、
一応生きてるものとだめそうなものが混在。

P1040215_縮小

完全にというものもちらほらあるからちょっとこの暑さでは厳しいかもしれんね。
収穫を考えてこの時に定植にしても暑さが問題とはこれいかに。
ウーム収穫までの道のりは長いぞ。

とりあえず今までの栽培の中では最速での定植です
今までの最速が8月20日で、この時が一番収穫まで近かったので今回はどうだろうか。
肥料やらマルチやら今回は今までとは違うのでその点も見てみないとね。
まずは活着まで水をどうにかしてやらんとだめだな。


2019-08-12(Mon)

メロン防除と玉直し

どもー
今日も猛暑、あの雨の後も全く衰えることのない猛暑。
暦じゃ秋だけどまだまだ夏真っ盛りですね。


さて本日はあの豪雨の後初のメロン防除です。
防除というと昨日あれこれあって辟易したんですけどね・・・・・
ここら近辺の人の農薬散布関する基本的なことがやっぱり杜撰なんだよねぇ。
農薬は散布する側が責任をもってやらないといけないです。
基本的なこと理解してないなら農薬なんぞ使わないで欲しいわ。
ドリフトしてないといいけど・・・・・

P1040196_縮小

こちらメロンの現状です。
葉の枯れはやはりひどくなってますがまだ何とか生きてます。
防除してなかったらもっと早くに死んでたはずなのでかろうじて防除によって延命できている感じ。
ちなみにメロン防除の回数が・・・・

・ストロビーフロアブル ①
・ベルクート水和剤   ①
・ジマンダイセン水和剤 ②
・Zボルドー水和剤   ⑤


の合計9回、本日ジマンダイセン2回目の防除を行いました。
こうしてみると阿保みたいに防除してるように感じますが、農薬の使用回数はそれぞれしっかり守っているので大丈夫です。
なんかこれで農薬まみれじゃねぇかと言われればどうしようもない(汗
濃度と使用回数、そして使用時期をしっかり守っていれば問題はないんですがねー
今メインで使っているジマンダイセンとZボルドーはどちらも収穫1週間前までが限度なので、
多分次が防除ラストになると思います。
豪雨の影響が出る今回と次回は結構重要な防除なので、来週までに株がどうなるかでしょうね・・・・


P1040197_縮小

防除の前に実は玉直しという作業もしています。
これは初めはこのように横向きでおいていたものを縦置きに直すという作業になります。
ようやくかろうじてひびが入ってる感じですが、水不足で今年のメロンはネットがほぼありません(汗
今回の豪雨の影響で数個ひどいひび割れが起きてるものはありましたがね…
だから豪雨は問題なんだよなーという感じですの。

P1040198_縮小

縦置きに直してみるとちょっと直すのが遅かったですね。
今まで大きくなって荷重がかかっていた部分が果実マットの形に跡がついてしまった(汗
それぐらいやたらに大きいメロンがあります。
今日写真撮ろうと思ったんですが、防除後あまりにアブがまとわりついてきて不可能でした。
明日アップしたいと思いますが、下手すると3キロとかいくんじゃないかってものがあります。
それぐらいバカでかいメロン、いったい中身はどうなってるのか結構気になってます。


賛否はあろうとも防除防除で何とかここまでやってきました。
収穫まであと2週間程度、まさかここまで株をもたせられるとは思ってもなかったですが、
ここまで来たならどんな形であれ収穫したいですね。
バカデカメロンを独り占め、そんな贅沢なことができたらうれしいなー(笑


※追記

P1040216_縮小

こちらデカメロン。
ボウリングの玉ぐらいあるんじゃなかろうか。
3キロ超えてたら最高に笑えるわー


2019-08-11(Sun)

今年はスダチの年か?

今年はカンカン照りが続いたため畑は心配ですが、
鉢植えは適宜水やりができるので水切れさえ注意できれば何とかなります。
ちょっとブルーベリーは水切れを何度かやらかしてますが、柑橘は今のところまだまともに育ってくれています。

P1040154_縮小

今年も雑草にまみれたので肥料袋を敷いてシェードを敷いて草よけして鉢を置いてます。
黒いからちと地温が心配ではあるけどね(大汗

P1040148_縮小

この暑い日々の中でも今年はスダチが良くなってきています。
スダチは最初は隔年結実になっていたけど、ここ最近は毎年なるようになりましたね。
施肥がうまくいって結実制限もうまくいってるってことでしょうかね。

P1040150_縮小

小さいのが結構なっているので今年もしっかり摘果して樹勢をたもってやらないとねー
来年以降もちゃんとならせるためにも。

P1040149_縮小

ちょっとうっかりしててモスラが大量についてしまって葉っぱがやられてしまってますけどね(汗
その分も見極めて実の数を決めたいと思いますわ。

P1040151_縮小

さてそのほかの柑橘、やはり冬越しの影響云々ですね、
今年はカボスの結実がゼロでございまする。
ジャバラ・ゲンコウ、そして恒例のレモンの結実もゼロ。
去年からの影響をかなり引きずってますね。
なかなか一筋縄にはいかないですわ。

P1040153_縮小

かろうじてプチまるは実をつけそうですが、こいつは真冬に色づくからそれはそれで問題だ・・・
まあスダチ以外で採れそうなのがこれだけだから取れればうれしいけどねー

P1040152_縮小

新たな柑橘フィンガーライムも2度目の丸坊主(大汗
葉が小さいだけに虫の影響はでかいわーー
これに関してはホント注意したいと思います。
スダチの様に調子のいい結実を迎えられるように管理体制は何とかしなきゃ・・・・


2019-08-10(Sat)

サツマイモの乾き具合の違い。

本日当地では記録的短時間大雨情報が出た。
昨日の夜の段階で県北部に真っ赤な雨雲が確認できたけど、まさかこっちに大雨が来るとはねぇ。

横手大雨

ウェザーニューズから拝借。
朝起きるかげんから猛烈な雷が続きそりゃあもう叩き付ける雨が降り続けた。
自分のいる山内は岩手県境付近なのでこのレーダーではまだ赤い部分には当たってませんね。
多分実験農場とかそっち方面は大変だったと思いますよ。
カンカン照りが続きまくったかと思えばこうした極端な猛烈な雨、
本当に最近の天候は極端すぎて困るわー

P1040193_縮小
P1040194_縮小
P1040195_縮小

おかげでソバはベチャーッとつぶされ、昨日水やりした黒豆もつぶれた。
朝の猛烈な雨の中メロンのトンネルやってなかったのでカッパ着てビニールかけ。
叩かれたメロンもかなり心配な状況。
午後からはまた猛烈な日差しになったしねぇ。
月曜防除でまた様子見だわなぁー
今回の雨がもたらしたものは大きい・・・・・


さて、その雨が来る前の話になりますが、
ガリガリに乾いた畑でサツマイモもだいぶダメージを食らっていました。
ただ、余った苗を植えたところといつもの場所では状況が違っているようで。

P1040185_縮小
P1040186_縮小

救荒作物であるサツマイモですらこんな状況に追い込まれるってのはやばい。
葉がしおしおで枯れていくなんてどうしようもない状況だ。

P1040187_縮小

それがこちらの余り苗を植えている畑。
メロンやらオクラやらも同じ畑だけど、サツマイモには厳しい状況のようで。

P1040188_縮小
P1040189_縮小

一方のいつもの場所ではまだまだ余裕がある状況でした。
葉がしおしおになることもなく一応耐えている模様。
水持ちの差があるようですね。
隣同士の畑ではあるものの、土質とかでこうして差が出るわけだよねー
今回に限って言えば水持ちがいいところでないと厳しいってことだ。

P1040199_縮小

まあそれも今日の雨でシャキーンと治ったし、
これでしばらくは散水の必要性もなくなって一安心というところでしょうか。
強いサツマイモと言えど今年の日照りでは非常に厳しかったみたいですがね。
これから持ち直してたくさん芋採れるといいんだけど、
今回のストレスはどのくらい影響が出かかったのか計り知れないですね…


2019-08-09(Fri)

赤大豆はかなりの晩生のようで。

朝には一雨、ようやく少しのお湿りが来たわけですが、
正直降ったのはたかだか30分、午前中天気が回復したらあっという間に乾いちまったわ。
まさに焼け石に水
畑は相変わらずパサッパサです。
散水しないとやばい状況が続いています。

P1040175_縮小

畑の外周の草も刈ってだいぶさっぱり。
雨もないのによく育つもんだというくらい伸びてました(汗
これで散水用のホースも伸ばしやすくなった。

P1040173_縮小

散水用ホースの長さが足りなかったので50mのやつを買ってきた。
これで畑はほぼすべてカバーできるようになったのでどこにでも散水できるぞー


さて、
あれこれと散水していますが、そろそろヤバくなってきたのが大豆類。
豆類は開花の時期に水がないとよろしくないらしく、最悪花が咲いた時に葉水をやるだけでもいいらしい。

P1040178_縮小
P1040181_縮小
P1040180_縮小

特に黒豆は開花真っ盛りというか過ぎ加減(汗
急ぎ散水していきますが、上のほうはいいように見えて実のところ・・・・・

P1040179_縮小

下は葉が枯れてスカスカになってきていました。
何とか生きているもののやっぱりダメージ蓄積は進んでしまっている様子。
もっと早くに散水開始しておかなきゃいけなかったなーと思います。

P1040182_縮小
P1040184_縮小
P1040183_縮小

一方の赤大豆、こちらもだいぶダメージがでかくなってきている模様。
ただ、黒豆よりも早播きしたはずなんだけどやっぱり開花はまだ。
かなりの晩生品種のようですねこりゃあ。
早播き対応しても無駄なのかもしれんなー
花は咲いてないけどこっちも散水を急いでおかないといけないです。





P1040191_縮小

なんということか、水圧が強すぎたせいかエバフローがパンク(大汗
しょうがないのでここは手散水に切り替えて。

P1040192_縮小

日が暮れてつなぎに襲われまくりながらなんとか本日の散水は終了した。
ただ土に水気をしっかり入れるためには全然足りないので、散水用のチューブ買ってこないといけないなー
まーた無駄出費だけどあればあったで使えるからさっさと準備しよう。

P1040176_縮小
P1040177_縮小

おまけでこちらもダメージが深刻になってきたインゲンも散水。
豆類も厳しくなってきたなー
なんか晩生がどうこうより水がーのほうがメインになってしまって本末転倒(大汗


2019-08-08(Thu)

オダマキ増殖計画

猛暑が止まらない!
どうも7月からの降水量が例年の5分の1程度らしいです。
明日は台風が変わっら低気圧が来るので雨が降るとか何とか言ってたけど果たして・・・・

さて本日は畑から離れてお花の話題。
家の適当花壇で育てているというか勝手に育ってきているオダマキ、
今年は種ができきる前にカットして株の状態を保とうと思って実行したんですが、
そのカットしたものから思いのほか種がとれてしまいましてね、
これだけあるんだから大量にまいて苗作ってみようかと増殖計画をスタートさせてますのよ。

P1040096_縮小

ピンクペチコートとウイリアムギネスの2つがあるので2袋。
熟しきる前のほうが発芽率がいいらしいけど、袋に入れるときにこぼれたのはすでに熟した感じの種だった(汗
ちょっとタイミングミスったっポイ。

P1040097_縮小
P1040098_縮小

袋の中でバシバシやって種を落としてみたらその量の多さよ。
この持ってる分でも大量だけど採れた量はこの3倍くらいある。
こんなに大量の種を毎年作っているとは驚きだね。
それでいて花壇の中ではさほど子供がいないところを見ると、やはり発芽率はかなり悪いんだろうなぁ。

P1040100_縮小

育苗箱にばらまきでそりゃあもうたくさんまいておいた。
発芽まではしばらくかかるのでとりあえず日陰に放置してます。
どの程度発芽するのかですねー
ゼロだったらそこまでだし、大量だったら考えもんだな(大汗

P1040143_縮小
P1040144_縮小

セージやらジギタリスやらが収集つかなくなってきていますが、
今年は早めに種を取り除いたおかげで今のところまだオダマキの調子は持ってるほうだと思いますね。
最近はほったらかしのせいか株が少なくなってきてる感じがあったので
これで来年以降少しは持ち直してくれるといいんだけどね。
ダメなら今の種で大増殖して…と行きたいところですが果たして。
結果が出るのはもう少し先。



2019-08-07(Wed)

姫神芋地割れ

暑い。
当地では1週間高温注意情報が出続けてます。
秋田でこれ、しかもなぜか秋田で一番暑いのが横手(汗
夏暑く冬寒い豪雪地帯って意味わからんスペックの横手です。

さて、
オクラに影響が出ていると記事にしましたが、どうも姫神芋にも何らかの異常が発生中か。
見回りすると畑が割れだしていた。

P1040156_縮小

株元に沿ってバクーッと地割れ。
芋が盛り上がってきての地割れなのか、水が不足しての地割れなのか。

P1040157_縮小

地上部には特に変わった感じは見当たらないけど、
地下では何らかの事象が起きている模様。地殻変動か??

P1040163_縮小

そこかしこに鼠穴があるのでネズミによるものということも考えられなくはありませんが、
穴のない場所でも起きているため正直言ってなんだかはよくわかってないです。
掘り上げるまでは地下の状態はわからんですし、あまりうれしくない状態ではありますね。
特に鼠穴があるってことは食害の恐れも多分にあるわけで・・・・

P1040162_縮小

要因としては草生えて陰になっているので動きやすくなってるせいだと思いますね。
畑の中は最初の除草で草はさほどでもなかったんですが、
畑の外周、特に草を積み上げている場所の茂りがやばくて、
よく見るとそのあたりを起点に非常に多くの鼠穴がありましたわ・・・・・
今年はあちらこちらでネズミによる被害があるようなので、ネズミの当たり年になってしまっているようです。
今年は6匹ほど始末しましたが、それじゃあ全然大した数ではないわけだわ。
とりあえず今回の現象はいろんなことが考えられるので、
畑内除草作業・外周の草刈、あとは散水してみるなり、ネズミ対策をとってみるなりしようと思ってます。


P1040158_縮小

その他現状として花は全部咲いたんだかわからんけど枯れてました。
やはり雌花は全然つかないみたいですね。
種ができてもあまりうれしいもんじゃないから別にいいんですがねー

P1040160_縮小
P1040161_縮小

むしろむかごからの種イモ生産が重要なんだけど、ようやくネットに絡まりだしてるって感じだしねぇ。
ちょっと最初のガイドがなかった分蔓があちこちに遊びに行ってしまってよくなかったみたいね。
もっとネットを低くするか支柱が必要だった。

P1040164_縮小
P1040165_縮小

あとはおまけネタなんですが、除草してて間違って蔓を引きちぎってしまって土に戻しておいたんだけど、
それがこの天気の中なぜか枯れてないっていうマジック。
前も引っこ抜いた蔓がしおれてなくて普通に存在するのを確認したんだけど、
ナガイモの蔓ってバカみたいに強いわけなの??
切れた蔓ってそこから芋になるもんなの??
正直わけわからん現象なんですが、こんなこともあるってことで。
まあ簡単に言えば除草作業で間違えて蔓を引っこ抜かないように注意しようぜってことで(笑


2019-08-06(Tue)

オクラ散水

連日の猛暑、畑には水が一切入らないまま何日が過ぎただろうか。
まだ大丈夫なものもあればやはり影響が出てきてしまっているものもある。
南瓜なんかは最たるものかもしれないけど、その次にやばくなったのがオクラだった。

P1040139_縮小
P1040138_縮小

葉っぱがしおしおになってる上に一部分が枯れ始めた・・・
ここまでくるとさすがにやばい。
このままだと収穫にも影響が出てきてしまうので、急遽散水をすることに。
とはいえ場所が悪い。
ホースがいまいち足りないとか継ぎ手トラブルとかあれこれやってどうにか散水開始。

P1040141_縮小

外の榾木の散水で使ったことのあるエバフローがあったので使ってみた。
このように吹き出すのでちょうど隣の唐辛子にも散水できて一石二鳥。
ただ圧の問題で何度も継ぎ手が外れたりして大変だった(汗
結構水入れることができたので萎れはすっかり解消しましたね。

P1040140_縮小

実は相変わらずじわじわと生育。
水不足のせいだと思うけどこのままだと実が固くなってしまいそうでよろしくないね。

P1040145_縮小
P1040146_縮小

採れそうなものは採ったけど、やはりとった瞬間から固いなーという感じ。
どこからならまだまともな硬さなのか食べてみて収穫時期を判断しないといけないですね。
あまり小さいとこのオクラのずんぐり感が出ないし、かといってでかくなって固けりゃ意味がない。
なかなか収穫時期がシビアな感じですねこりゃあ。
水がしっかり入ってある程度大きくても問題なかったらいいんだけども。
週末あたりまで猛暑は続いて雨は期待できそうにないので定期的に散水してやろうかと思います。
そのためにもホース調達してこないとだめだろうなぁ・・・・・


2019-08-05(Mon)

暑い中の椎茸

このあきたで連日の猛暑日となると非常にきつい。
それは人に限らず野菜もそうだし、なんといっても椎茸には酷な状況だ。

P1040131_縮小

ハウス内は暑くなるためなるべく棚に置く榾木も高い場所には置かないようにしてます。
しかしながら猛暑日のような状況になるとこれでもまったく意味がない。
何しろ普通にしてても35度以上になるわけだからね。

P1040132_縮小

本日のハウス内40度を超えました。
この温度域になると椎茸菌は休止どころか死滅の危機になってくるわけで。
本当に恐ろしい気温ということですよ。

P1040133_縮小

こちらの発生舎はもう使用不可状態。
2重ハウスってのは透明なビニールでなくても非常に熱がこもりやすく、
自分の顔のあたりの温度はやばい温度域に達します。
ここで仕事をするってことはすなわち・・・・という感じ。
馬鹿暑いのに重労働、夏場は下手こくとあっという間に持ってかれますね(大汗

P1040134_縮小

それでも夏菌は何とか発生継続中ではあります。
この品種はずいぶんと頑張ってくれる品種で、この温度域でもある程度の収量が確保できているので助かってます。

P1040136_縮小
P1040137_縮小

でもやっぱりこう暑いと椎茸にも高温障害のようなものが出て、
形状がおかしな感じになってしまいますね。
これでも出荷できるサイズでいるのでいいといえばいいんですが、
肉が薄く幕切れが早いので夏の椎茸に質は求められないなーという感じだ。
もちろん空調効かせて温度調整すればできますが原木でそこまでやって意味あるかといえばですからねー
このような夏場の原木椎茸は厳しいというもんです。

現状のこの品種が終わった段階で次の新ホダ開始まで発生は休止になりそう。
まあ使える榾木もないしこの暑さで無理するのも意味がないからね。
そうなると盆過ぎの発生開始は8月下旬過ぎになる感じだと思います。
その間に畑のあれこれをできるだけ頑張って補填できるようにしたいですね。


2019-08-04(Sun)

ホンナの花

暑いねぇ・・・・
猛暑日はきつい。
明日明後日まで猛暑日予報、梅雨明けて夏がというか梅雨なく猛暑が襲い掛かる・・・・・
畑の水がやばいなぁ


で、

この猛暑になると一番やばいのが半日陰が専門職の山菜ですね。
ここまでは何とか生き延びてきていますが、この猛暑を乗り越えられるかどうかが正念場というところ。
いくら日陰にしているとはいえ気温はほぼ外とかわりありませんからねー

P1040092_縮小

ここも例のごとく草だらけになってしまったんですが、
今のところこの草のおかげもあるってことで湿度を保てているのか、
山菜類はまだいきている模様であります。

P1040091_縮小
P1040090_縮小

そんな中ですが、ホンナに花が咲き始めた模様。
ホンナは今頃花が咲くもんなんでしょうかね。
ホンナの生態については全く知ることがないですから初めての花ということになる。
花が咲いて種ができて・・・・枯れるのか??
ちょっと勘弁してほしいなぁ(汗
来年からは少量ずつでも収穫できたらと思ってるんだけどピンチなのか?どうなのか??

夏越しという山場を迎えるってときに2重のピンチ、と言えるかどうかはわからんが開花開始。
はてさてこの難題を無事乗り切って来年につなげることができるのか??
暑い夏の戦いが始まった。



2019-08-03(Sat)

メロンネット入りはじめ

どもー
南瓜の笠掛け作業もどうにか終了。
やっぱり南瓜の数が少ないので早く作業が終わりましたね。
3弾南瓜は株1個が多かったなぁ・・・・
全量でいったいどのくらいになってくれるだろうか、かなり心配になってきた。


まあかぼちゃはあとは待つだけなのでおいといて、本日はこっちもやばいメロンの話。

P1040107_縮小

じりじりと葉っぱが枯れていく現状、どこまで耐えられるかというところ。
ちょっとこの品種の収穫時期について調べたところ、収穫までなんとあと3週間以上・・・・
あと2週間くらいでとれると思ってたところが大誤算だ。
正直あと3週間なんて持つわけないだろ(大汗

P1040060_縮小

メロンのほうも葉っぱが少ないので笠をかけて日焼け防止。
メロンの場合は日焼けで傷むのと、皮の色が濃くなっちゃうのを防ぐらしい。

P1040057_縮小

右半分と左半分で色が違うのがわかりますかね。
右は葉っぱの下にかくれていたので色が薄く、左は日に当たったので皮の色が濃くなった。
メロンは白っぽいように作るらしくこうして色が濃くなるのはあまりよろしくないらしい
まあ自分で食うとかなら問題ないのかもしれんけど、とりあえず日よけはしてます。

P1040105_縮小
P1040106_縮小

そのメロン本体、今になってようやくネットが入り始めた模様。
この品種は20~40日でネットがしっかり入るらしいけど、自分のはすでに30日以上経過しているので、
ネットの入り初めとしてはかなり遅いんだと思いますね。
ネットの入り方としては縦ネット期と横ネット期とがあるとかなんとかだったはずで、
本来はしっかり水管理してネットを入れるんですがね、露地で適当な管理ですんでネット入りも遅かったわけだよ。
まあでも無事メロンらしくネットが入ってきたのでよかったよ。

これから先も防除防除で何とか葉っぱを維持させる努力はしていきますが、
南瓜同様葉っぱが日に日にヤバくなっていくのを見てるとやるせなくなりますなぁ。
無事収穫できるかは神のみぞ知るところだろうか・・・・


おまけ。

P1040120_縮小

こちらこの間農場行って後輩からぶんどってきた小玉スイカ。
秋田でできた品種で、正直この小玉食うと他の小玉はあまり・・・になるくらいうまいと思ってます。
今年は天気よかったせいか非常にうまいスイカでした。
メロンもこれぐらいうまくなってくれると嬉しいんだけどねぇー


2019-08-02(Fri)

南瓜ピンチだ。

梅雨らしい梅雨もないまま梅雨明けした当地。
その影響か久しぶりに見に行った丸い南瓜が危機的状況になっていた。

P1040116_縮小

畑の除草作業で忙しく南瓜はあとほっといても大丈夫だろうと思ってしばらく見に来なかったのが悪かった。
葉が枯れてきているなー位ならまだいいんだけど、

P1040117_縮小

流石にこれはまずい。
本来葉っぱの下に隠れて陽にあたらないようになったまま収穫までが理想的なところですが、
今年の好天続きのせいなど様々な要因でしょうけど株元の葉っぱがごっそりないため果実が露出してしまった。
こうなるとこの好天だ、直射に当たって果実が焼けてしまう。

P1040118_縮小

実際すでにこうした白化現象が起きて焼けてしまった果実が数個確認。
完全に腐ってしまってるわけではないけど、収穫後すぐに傷みが出始めるので商品にならなくなる…
ここまでいってなくても果実が色づいてきてるものもあったりと非常にまずい状態になってしまっていた。
そんなわけなので本日はずっと果実に新聞をかけて直射が当たらないようにする作業をしてきました。

P1040125_縮小
P1040122_縮小

単純な作業だけどこれが地味に大変だ。
露地である程度の面積をやる場合はこうした作業って非常に大変なことになるので、
最初に言ったとおり収穫まで葉っぱがしっかりあって果実が隠れている状況にしておくのが理想なんですが、
今回はその非常に無駄で大変な作業をしておかないと確実に収量がやばいことになるので
この炎天下の中ヒーコラヒーコラまず畑2枚分撃破。
多分1000以上はやったと思うけど、思った以上に数が少なかったと思いますね。
3本出し3果どりなのに1個とか2個のやつが多かったもんで。
果実の小さい奴なんかは熱を持ちすぎて完全に腐ってるものもちらほら・・・・・

P1040121_縮小

ここまで草に覆われてる場所のは大丈夫だからいいんですがねぇ。
南瓜畑で草ぼうぼうもあながち間違いではないんだよなー
程度にもよるだろうけどね(汗

P1040123_縮小

今年は豆やらジャガイモやらに多大な被害を出しているネズミ害も多少みられた。
なんだか今年のカボチャは思った以上に厳しい結果になってきたぞ。
収穫まではあと2週間ちょいくらいを考えてるけどそこまで何とか持ってほしいもんだ。
天気が良すぎるもの困るってはぜいたくな悩みかもしれないが・・・・・


2019-08-01(Thu)

人参からアスパラガスチコリーへ

今年は完全に失敗した人参、失敗したのでなにも生えてない。
とはいえ生えてないのは人参だけ、その地で栽培されているのはだ(大汗

P1040082_縮小

その草を収穫する作業から開始。
草の収穫って意味わからんけど、肥料が入ってる畝上の草だからそこらよりも明らかにでかいわけで…

P1040101_縮小
P1040102_縮小

まずは畝上のやつを収穫完了し、そのあと隣の牛蒡畝と畝間に取り掛かる。
畝はでかいけど土が柔らかいので楽だったんだけど、畝間は締まってて大変だ。

P1040109_縮小
P1040113_縮小

しかし頑張って頑張って本日作業完了!
これでここの除草作業が終了、草との戦いはあと5%ほどで終わりだと思われる。

P1040114_縮小

そのあとこの畝を利用してアスパラガスチコリーを栽培するためにマルチ張り。
肥料の残存量がどの程度かなんとも言えないけれど、足りなければ追肥で対応だ。
マルチも残ったもの使いまくってつぎはぎだらけだね。

P1040115_縮小

それでも2mばかり足りなくて余ってしまったけど…
ここは大根でもまこうかなー

P1040110_縮小

隣のごぼうも草のせいだけでなく多分高畝での水不足要因だと思うけど、
物になりそうにないからここも大根にしようかと思案中だ。
高畝は今年みたいな天候だと厳しいですな・・・・

P1040075_縮小
P1040108_縮小

肝心の苗のほうも今年は例年より早く種まきをして、
ポット上げをしてから順調に生育中です。
来週あたりには定植できるかと思うのでなんとか畑の作業が間に合ってよかったです。
除草1周ももう間もなく完了なので次なる秋物準備も手を出し始めないとね。
今月は南瓜の収穫もあるし出来ることはどんどん前倒ししてやっつけていこうと思ってまする。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村