FC2ブログ
2020-02-29(Sat)

まずは植菌第1週終了

4年に一度の29日がやってきた。
今日で2月も終了、そしてちょうど今週も終了。
植菌ウイーク第1週が終わりましたのでどの程度の進捗状況かを。

P1050446_縮小
P1050451_縮小

2日目、3日目と順調に作業は進んでいますね。
まだガンガン行こうぜ状態ではないので1日の植菌数は300強くらいで推移中です。
今週稼働日数3日で植菌本数は810本となりました。
今日原木が来るかと思ったら来なかったので、このペースだと月曜日に到着分はすべて終わってしまう感じ。
来週は毎日植菌とはいかないかもしれませんね。

P1050450_縮小

今週何か変わったことといえばキツツキ原木があった程度でしょうかね。
キツツキの穴あけ能力には驚かされます。
まあ穴が開いてるってことはカミキリ等の虫が潜んでいる可能性がある原木ってことなので、
後々内部から成虫が出てくるかもしれません。
そうなったときに植菌穴から出てこられたりすると厄介なんですよね・・・・
カミキリムシは原木椎茸においても大害虫の一つであります。


とりあえず2日目3日目と日を重ねるたびに機械の調子は良くなってきている感じなので良かったです。
自分たちもうまいこと対応でき始めたってのもあるかもしれませんが、
とりあえずのところは順調に作業は進んできていますよー
まず目指すところは最初の関門1000本、そしてそのあとは1品種植菌完了かな。
まだまだ先は長いですがこれからも順調に作業が進んでくれることを祈って。


スポンサーサイト



2020-02-28(Fri)

最後の南瓜出荷。

植菌作業も2日目、早くも疲れが来てます(汗
もうね、夜になってくると眠くてしょうがなくなるっすわ。
ちょっと機械の調子がいまいちなこともあってやることが多くて、神経すり減らし具合がおおいからだと思いますわ。
とりあえず明日に備えて早く寝ようかな・・・・


さて、2月ももう終わりっすね。
今年は29日もありますけどあっという間に3月だ。
季節はどんどん進んでいきますが、ここにきての南瓜の出荷がようやく終了。
去年の8月収穫ですよ、いったいどこまでかかってんだか(汗

P1050441_縮小

最後もカット出荷。
ここまで引っ張れたのは今年が暖冬だったからってのが一番ですが、
そうでなかったらとっくに傷んでダメになってましたね。
何とか生き残っている部分を大事にカット、ちゃんと試食してから出荷ですんで大丈夫なはずです。
一応味のほうは甘さもありおいしいです。
流石にもうべちゃつき度合いがかなりのもんですがね。

P1050442_縮小

最後はかき集めて2キロちょっとだった。
最後の最後までよくやったもんです。
もっと早くにどさーッと出荷できないとロスがでかすぎてやってられませんがね・・・・・
一応種代くらいはクリアできたはず。
2019年は南瓜に泣かされたなぁ。

そんな流れで今年は南瓜は縮小。
長いのは相変わらずやります、丸いのは今年が最後かもしれない。
南瓜も高単価出荷ができるところを探すのに苦労しますねぇ。


2020-02-27(Thu)

2020年度植菌が始まりました。

原木が届き始め、昨日はついに種菌も到着。
こうなったら始まるのが植菌作業。
今年度の植菌作業がついに本日始まりましたよーー

P1050444_縮小

本日の作業終わりの写真ですが・・・
今日2回目の原木到着で1000本以上は確保できてますので、
まず序盤のペースなら今週いっぱいは植菌作業になるでしょうね。
明後日には第3陣到着もありそうなのでとりあえず途切れずに作業は進められそうです。

P1050443_縮小

本日は試運転というわけではないけど初日なので状態を確認しつつというところ。
きりのいい150本をやった時点で作業終了としました。
明日以降は300本以上を目安に頑張っていくことになると思いますね。
ついに一番大変な作業が始まってしまいましたわ。

今日の作業で見えてきたのは、
・植菌部分に種菌が詰まりやすい
・原木の質があまりよろしくない

・とどのつまり手直し等の時間が多く大変だってこと
例年以上に神経すり減りそうです・・・・
ウェーイもう泣きそう(汗


2020-02-26(Wed)

アスパラガスチコリーの様子見 2月。

どもー
今日もいい天気、すっかり道路は乾いてしまいましたね。
おかげで朝晩でも凍結の恐れがなくて自転車通勤始めてます。
まあ今年は1月から自転車乗れましたからね、それを考えれば不思議でもないな。

そんな感じですんで畑もすぐに露出してくるだろうと思いまして、
去年定植、収穫できずにビニールかけて雪の下にしたアスパラガスチコリーの様子を見に行ってみた。

P1050436_縮小
P1050437_縮小

雪が少なすぎて今の時期はまだ雪の下でぺったんこの笹がすでに立ち上がっています。
心なしか青々としていて生命力にあふれている感じ。

P1050432_縮小

畑はさぞかし雪が少ないと思いきや意外と長靴が埋まる。
下手するとかなり埋まって雪が入ってきてしまう状態だった。
思いのほか土の上の雪は溶けが悪いんですねぇ。
まあ毎度のことだからわかっちゃいるんだけどーーー

P1050433_縮小

畑です。
白い大地ですが畑です。
まだ畑は真っ白、土は全く見えてないです。
法面はネズミが掘り起こしたりしているせいで所々土が見えてきていましたがね。

P1050434_縮小

上の写真は真っ白ですが、実際のところ雪が少なく畝の形はわかる状態なので、
アスパラガスチコリーの畝の位置を大体判断して掘ってみましたら一発ビンゴ。
こういうところは鼻が効く(笑
掘ってみると意外なことにまだ50㎝はありそうだった。
例年からすれば半分以下か、かなり少ないとはいえ周りの状況を考えればこの畑の雪は多いと思う。

P1050435_縮小

フラッシュ焚いてよく見るとビニールの下では葉っぱが見えます。
一応とろけないで生きていたっぽいですが、流石にまだ50㎝も雪がある状態の物を掘るのは・・・・
激烈に面倒
というわけで今回は確認だけしてとっとと解散。
まあ生きてたからよしという事で。


生きてたからよしですが、この後とう立ちを待つかどうにもならんから引っこ抜くか判断しないといけないね。
一応今年はこの場所にオクラが来る予定なので少しは待ち時間はあるけど・・・・
去年中に収穫できなかった時点でおさらばはほぼ決定済みかな(汗
雪解けしたら作業が多くなって忙しいんじゃーい

2020-02-25(Tue)

暖かさでブルーベリー動く

昨日の今日で思った通りのランキングになりましたね(笑
あれはバグだな(爆
あ、なんか洒落みたいになっちまった。

さあ今日もはーじまーるよーー


本日は気温がだいぶ上がりましてほぼ9℃、この時期の温度としてはかなり高い。
かなりいい天気だったのでまた雪が消えてしまいましたね。

P1050426_縮小

この時期でこの程度の雪ってね。
多分1月くらい季節が先を行ってる感じがします。
こんな状況ですから、越冬中のブルーベリーもどうやら動きアリ。

P1050427_縮小

小屋の中のジャングル、光は当たらないけれども暖かさはあります。
いつもなら雪に覆われているせいか温度もさほど上がらないはずですが、
今年は雪がないので例年よりは小屋の中にも温度が来ている模様。

P1050430_縮小
P1050429_縮小

パッと目に付くのがサンシャインブルー、花芽も葉芽もほころんでいる感じ。
サザン系は休眠が短いのでこうした事態だと起きるのもやむなしですね。
まあまだまだ完全に展開とまではいってないのでさほど心配するまでもないかな。

P1050431_縮小

この気温になっていてもまだまだノーザン系は動きなし。
この辺ノーザン系の眠りの深さがうかがえますねぇ。
休眠要求時間4桁とか流石っす。
もう少し寝てても構わんですよ。


時期的にもう3月目前ですから動き出してきても間違いではないですね。
今年のような状況だと3月半ばにはもう外に出してしまっても構わないかと思われます。
3月にドカ雪がありうる地域だから気安くは言えませんがねー(汗
今年のような異常気象でも意外と植物は例年並みの動きだしになるかもしれません。


2020-02-24(Mon)

タラの芽栽培はどうなのか。

なにやらどうでもいいことでも書こうかと思ってたラ・・・・・

P1050421_縮小

なんとまあブログランキング、ガーデニング部門1位になってた(大汗
時たまある順位上昇ですけど1位とは驚き・・・・
特に人気ブログでもないだろうに(汗
訪問者が激増でもなさそうだったので謎だ。
ま、偶然の事象でしょう、明日には40位にでもなってるわな(笑


さて、今年は山菜に手を出そうと思ってるんですが、
栽培できる山菜って色々あるもののそれぞれの収益性ってどうなのよって調べてるわけで。
しかしながら山菜を栽培してこれぐらいの利益が出るっているデータってかなり少ない。
特に自分がやろうとしているものに関しては半分以上データがないので、
まずはデータが多くあるタラちゃんから考えてみることに。

P1050412_縮小
P1050413_縮小

タラちゃんといえばここらでは自生しているものを収穫して終わり。
あちこちに生えてますからね、ほんの一時期とって終了。
それだと収益性は微々たるもの。

P1050420_縮小

というわけで資料投入。
やはりタラちゃんを考えるならふかし栽培になるようだ。
ふかし栽培ってのは露地で株を作って秋に株をぶった切り、それを駒切にして冬場に加温して収穫するもの。
露地で春に収穫する際は頂芽1個がメインですけど、
ふかし栽培だと木の多数の芽を利用できるため収穫量が多くなるってわけだ。

P1050415_縮小
P1050416_縮小

畑で株づくりしているわけではないので露地の物になりますが、
ここの場所にあるものの芽数は4でした。
これだけ見るとね、いったいどのくらいやらにゃーならんのかと・・・・

P1050414_縮小

ただ、場所によるものか芽数は増減がありそう。
同じ長さの木を育てて芽数が減ると間延びしてしまうのでなるべくこうして詰まった芽になってくれるといいんだけど。

資料のほうで見てみると、定植数は1.000本/10a程度になりそう。
他の山菜と違い木なので定植数は抑えられますね。
利益は30万円前後くらいにはなるらしい。
実際やってる人はそのくらいを出せるといっていたので間違いはなさそう。
ただ毎度カットしてふかして収穫を考えると30万は少ない気もしますね。

そのほか品種が多数ある点、株づくりの際の立ち枯れ病蔓延の懸念、
実家の作業が忙しくなる時期と被る点など少し難点がありそうなことがわかってきた。
タラちゃんは人気があるけど導入には向かないかなーと思ったりします。
またほかのことも調べて判断していこうと思いますわ。




2020-02-23(Sun)

姫神芋は休眠が短いのか?

今年定植するべく越冬中の姫神芋及び短形自然薯の種イモ、
選別後に小屋の中に置いてたんですが、久しぶりに見るとなにやら芽吹きのようなものが。

P1050378_縮小
P1050379_縮小

これは完全に芽ですね。
この長い部分邪魔なんでぶった切ってもいいかなーとも思ったけど、
残したほうが芽吹きは早くなるかもしれんね。

P1050380_縮小
P1050381_縮小

よく見るとあちこちで芽吹き。
この時期にすでに芽吹くってのはちと早い気もするが・・・・
なんせ定植はあと3か月後だしね(汗

P1050382_縮小
P1050383_縮小

さて一方で去年むかごから作った短形自然薯の種イモ、こちらのほうはまだ全く動きなしでござい。
こちらのほうが早くあったかい小屋の中に入ってたんですけど、
動きが見えないってことは休眠が長いのかもしれないっすね。
これが普通なのか、はたまた姫神芋の休眠が短いのか。
どっちかはわからんけどとりあえず種イモとして使えそうでよかった。

今年は種イモは買わなくて済みそうだし、種イモ生産も何とかなりそうな感じです。
一番高い種イモ購入から1年で解放されるのはでかいっす。
ま、あとは安定生産としっかり捌ききることっすね。


2020-02-22(Sat)

今年も始まりますね。

どもー
包丁で指を切ってしまった椎たけ夫です。
おかげで明日出す予定のカボチャのカットができなくなってしまいましたわ(汗
切れる包丁は怖いっす・・・・
しかしながら流血ではないので明日はカットできるかな。
自分が今までで最高の出血は・・・鼻血だ(爆
風呂で鼻血出ると怖いっすよー


さて2月も後半というか終盤、ついに植菌の時期がやってきました。
少しずつ作業を進めておりまして植菌ハウスはすっかり様変わり。

P1050403_縮小

消石灰をまいて消毒済み。
奥には植菌機も配置済みです。
雪対策のツッパリ棒を外したのでここでドカ雪がきたりするとやばいです・・・・
一度そうなったときがあって夜中に火を焚きに行ったことがありますよ。

P1050418_縮小

そして本日原木の第1陣が到着。
雪まみれではないですが挽き屑がついてるのでこれは乾きにくそうです。
雨に濡れた原木ってなかなか乾かないんだよなー
今年は気温があるから風通してれば何とかなるとは思いますけどね。
乾かないと植菌できないのがこの全自動植菌機の難点ですわ。


今年も一番大変なイベントがやってきました。
原木の入りはどうなのか、質はどうなのか、いろいろと今年も心配はありますが、
無事にサクサク乗り切れればいいなー。
地獄の日々がすぐそこに・・・・・




2020-02-21(Fri)

今年はオクラをやったるぜ

P1050402_縮小

久しぶりに薄皮パンを食った。
最近は食パン買って食ってるので本当に久しぶり。
このコーヒークリームパンも久しぶりだけどクリームの質が変わった気がしてうまかったです。
今年も春のパン祭りシーズンイン、薄皮パンは1点、食パンは0.5点・・・・
なかなか点数たまらんわ(笑


さて今年もいろいろと畑のことで頭を悩ませる時期になっております。
去年は南瓜を大規模化してみたんですがさっぱりだったわけで・・・・
買った種で残っている分があるのでそれはしっかり消費してしまいたいのでその分のカボチャは計算してますが、
南瓜をやっても値段が取れずどうにもならんので忙しくても何か別のものをと。
一応のはけ口、そしてある程度の価格を考えてオクラをやってみようかな、と。

P1050400_縮小

オクラといっても当地横手のお隣にはひばり野オクラというブランドが存在。
GI(地理的表示保護制度)にも登録されている(ひばり野オクラ登録情報)ちゃんとしたブランドになっているため、
そんなものと適当なオクラでは戦えませんで、品種で勝負をしようと思ってます。
というわけでダビデの星ですね。
これならなんとか行けるかなーと。
市民市場の八百屋さんも欲しいといってくれているためはけ口は南瓜と違って何とかなりそう。

P1050401_縮小

ドカーッと購入済み。
ただ下値が高いので今年は1200粒ほどしか購入しておりませんよ。
それで値段は普通の物の数倍だから困ったもんだ(大汗
一応固定種なので今年は種採りもして種を買わないでも回せるようにしていきたいところ。

P1050410_縮小

もう一つ偶然見つけたこちら、ほしひめ
多角白系オクラとのことで、白オクラは粘りがあるしそれでいて珍しい多角。
白オクラというと楊貴妃をやりましたけど、そこと同じメーカーの珍しいのを見つけました。

P1050411_縮小

こちらもどかーっと。
小袋販売しかしてなくてあちこち回って買い占めました(笑
なもんで値段もかなり高い・・・・
こちらも固定種のため種を採りたいですねぇ。
あわよくばダビデの星との交雑品種作ってみても面白いかな。
まあそんなことやってる余裕あるとは思えないけど・・・・・


今回買った種で約1800粒、一人でやれる限度面積からするとまだまだ足りない感じ。
まあほかの品種も考えているけど種がまだ出てないので入荷待ちです。
全部で4a分を考えているので今年の夏は死に物狂いでしょうな(大汗
一人で6aやってるデータがあるのでそれよりはましだと思いたいが・・・・・
どの程度できるかわからんけど今年は頑張らないといけません。


2020-02-20(Thu)

今日はバシバシ脱穀

今日はすごくいい天気でした。
この時期にこんな天気、なんとももったいない(笑
気温も高めでしたので本日ついに黒豆の脱穀作業をやりましたよ。

P1050405_縮小

ブルーシートで囲いながらバシバシーっと
やっぱりこの方法だとあっという間にできますねー

P1050408_縮小

全部でこれだけ。
なんというか・・・数がないだけでなく莢の数が減ったこともあって短時間作業ですよ(汗

P1050406_縮小

こちら収穫量。
え?ゴミだって??

P1050407_縮小

ほらほらよく見て!
ほんの少しだけ豆があるじゃないか。

・・・・・泣

P1050409_縮小

大きいごみをとって洗面器一杯分くらい。
これからごみとったらさらに半分、いやそれ以下でしょうね。
選別したらそのまた半分か゚・・・・今回の玉大黒は散々だったね。

同じ大豆でも丸い豆ってのはやっぱり収量が安定させることができないなぁ。
今年は黒平豆だけにしようかねぇ。
ちょっと今年は余裕ないかもしれんしー


2020-02-19(Wed)

現在の椎茸 2020・2・19

だいぶ日が長くなってきました。
着実に春へと向かっています。
寒さもあって収穫の谷間が来ていましたが、次の品種の発生が始まり少しずつ収量が回復基調へ。

P1050397_縮小

現在発生が始まっているのはA560の新ホダ2巡目。
こちらも追いばえがありましたが、その前の品種からすると発生に影響が少ない感じ。
タラつくこともなくスムーズに展開中。

P1050398_縮小
P1050399_縮小

この品種特徴のカチッと固めのキノコが出ています。
形もきれいでいい感じですね。
少し根が深くて採りづらいのが難点ですが。
やはりいい点だけでなく悪い点ってのもあるもんです。


現状はこの前の品種がタラついていることもあってなかなか浸水がスムーズに進んでいないため、
ドカンと大量収穫開始とはいっていませんが、収量自体は増加のほうへ転換中。
もう少し気温が上がってくるともっといい感じになってくるのでそれに期待したいところです。
今月中はまだぼちぼちというところでしょうかね。


2020-02-18(Tue)

こんな時期のカナヘビ

今日は時折吹雪く荒れた天気だった。
かまくらの時にこれくらい雪が降ってたらまだよかったと思うんだけどねー
当日は雨って…ちょっと天候がずれましたな。
久しぶりに寒かったっす。


本日そんな天気ですけど、ハウスの中にはお客様が到来。
機械の音に驚いたのかちょろちょろと動いたことで発見したんですよ。

P1050394_縮小

あれま、こんな時期にカナヘビですかい。
普通はもう冬眠してるか息絶えてるか、そんな変温動物なんで出てくることはないはず・・・・
珍しい来客ですなぁ。

P1050396_縮小

ただやっぱり寒いんでしょうね、温水パイプにしばらく上がってじっとしてました。
しばらくして温まったのかどこかへ消えましたけどね。
無事越冬できるといいね。

そういやハウスに暖房入れてるといろいろと珍客が現れますね。
今回のカナヘビもなかなかですけど、同じ変温動物ならガマガエルも1年くらい住み込んでたし、
12月にクワガタが出てきたこともあったなぁー
温水パイプで地熱が上がって勘違いしてるんだろうか??
なんか…そうだとしたら申し訳ない(汗


2020-02-17(Mon)

間違いなくホンナでした。

本日より種まきホンナを明るいところに移動。
発芽の全貌が明らかになり、本当に発芽したものがホンナかどうかが判明。

P1050390_縮小

フラッシュ焚いちゃってるけど、棚の下から表に出した。
温風機があるので多分温度は10℃くらいでキープされているとは思うけど、
直で温水パイプに置かれていた時よりは寒いとは思います。

P1050391_縮小

あちこち発芽していましたが、出して数を数えてみるとまだまだ10本程度しかなかったです。
数百くらいはまいているので全然だめですね・・・・
ま、これからこれから、そろわなくても100くらいは欲しい。

P1050392_縮小

今回出ているのが本当にホンナなのかわからなかったですが、
この奴をみてホンナであることが間違いないことが判明です。
綿毛からちゃんと芽が出ていますね。
これで心置きなくこの芽を育てることができます。

P1050393_縮小

といってもやっぱり今時分は徒長してしまうのは仕方のないことか。
水やりも難しくなるのでこれからの生育は注意ですね。
温風機の風が当たって乾きやすくなるだろうし気を付けないと。
うまく増殖してホンナ畑1反歩くらい作りたいねぇ。


2020-02-16(Sun)

姫神芋うめぇ。

今日はお休み。
あいにくの雨、気温は高いなぁ・・・
なんとかかまくらはもたせられるかねぇ。
気温高い、中でも暖房、気を付けないと崩れちゃうからね。
今年の雪まつりは散々ですな(汗


昨日は南瓜の片付けをしましたが、その要因になったのががっつり冷えでの凍み
モノが違うし置き場所も違うので単純比較はできないけども、
ちょっと心配なのが姫神芋、一番外に置いてあったものを試食して大丈夫なのかをチェック。

P1050370_縮小

触った感じはまだパンパン、全然問題ない状態。
ただ中身が冷えによって水っぽくなるらしいので割ってみないとね。

P1050377_縮小

外に置いてるものは齧られたりしたもの。
傷みは見えたけどそういった部分を取り除けば中身はまだまだ真っ白で美味しそうだった。
すってみると水っぽさは全然ない。
すり鉢ですったので空気を含みまくってものすごいふわふわ感。
自然薯系をちゃんとすると長いもとは全然違いますね。

P1050256_縮小

以前作ったわさび漬けは微妙だったので漬物は頓挫中(汗
しかし食べると姫神芋ってうまいなーとあらためて実感ですわ。
・・・のわりになかなかさばけないってのが残念な話だけどーーー(大汗


2020-02-15(Sat)

戦場になった小屋のカボチャを片付ける。

今日からかまくらです。
天気は雪じゃない、しかもここ最近の気温上昇で道路は乾いてる感じ。
今年のかまくらは規模縮小でなんとかかんとかですけど、さらに追い打ちみたいな感じだなー
まあそれでも開催できただけよかったのかな。
しかし・・・北海道でのコロナは雪まつりの観光客からじゃないかってのも聞こえるし、ちょっと心配があるなぁ・・・・・・
ま、情報の正確性に関しては何とも言えんですが。


さて本日は久しぶりに倉庫に行った件について。
もう2月も中旬ですがね、長い南瓜がまだ残っておりますのよ。
カットするために倉庫に取りに行ったらそこは戦場になっていました。

P1050388_縮小

最近家の周りには狸が出現して生ゴミあさりしているのは知っていたんですが、
それがどこから侵入したのか倉庫の中のカボチャを食い荒らしているではないか!!
隙間なんぞないはずなのでどこから侵入したのか・・・・

P1050387_縮小

南瓜食いまくってそこかしこに落し物が。
南瓜色のものがホントそこかしこに大量に。
本当に久しぶりだったため倉庫に侵入していったいどのくらいたってたんだろうかねぇ(汗

P1050384_縮小
P1050386_縮小

食い荒らされた南瓜、そして傷んでしまっている南瓜を廃棄処分。
まあこの時期ですんで傷んで当たり前、正直残ってるだけでもかなりものもだと思いますね。
なんせここ無加温だから普通ならもっと早くに全部だめになってるはずだからねー

P1050385_縮小

これなんかがよくわかる凍みた南瓜。
普通の冬ならこうなるのが当たり前ですね。
今年の暖冬だからこそ、もっと早くにしっかり捌かないとだめですな(汗

P1050389_縮小

残ったまだ食えそうなものも残り僅かになってきた。
一応出荷前に食味チェックして出していますが、レンチンで十分甘くて食べられます。
流石に煮るとべちゃべちゃになりますがね。
食べられるだけよし、今月中には南瓜もおしまいだなー


2020-02-14(Fri)

中毒。

まーた芸能人が薬物で逮捕ですね。
しかも今回は再犯、やっぱり薬物の再犯率って高いと思う。
芸能人に限ったことではないけど、ニュースになるものを見るだけでも、
何べんも何べんも繰り返し捕まっているけどやめられない。
本当に恐ろしいもんでありますよ。
こういうのを見るとね、やっぱり初めの1回があるかないかの差ってのはとんでもなく大きいと思いますね。
興味本位で軽くが取り返しのつかないことに。


ただ、こういう依存症ってのは必ずしもやめられないものかというと・・・

こちらの記事(ゼロからわかる「薬物依存症」〜私たちがいまだに誤解していること)を見るとなるほどなーと思います。
やっぱりね、環境って大事。
とはいえ芸能人は上客、そうそう離してくれないから再犯率が高いんだろうねぇ・・・・
いっぺん手を染めたやつは芸能界から離れたほうがいいのかもしれないわ。
簡単じゃないだろうけどねぇ。


ところでところで、
依存症ってなにも薬物だけじゃなく、ギャンブルだったりネットだったり様々あるけど、
その中に仕事中毒ってのがあるみたい。

・・・・俺じゃねぇか(大汗

仕事中毒wiki←くわしくはこれで。


「私は働かなくてはならない」

やべぇ・・・自分も中毒なんだな(汗
これ抜けだすの難しいだろ。
だから長い連休が好きじゃないんだな(爆
ああだめだ・・・禁断症状が・・・・俺に仕事をさせてくれ(笑


2020-02-13(Thu)

ホンナ発芽が進んできた模様。

先日発芽したようなホンナ、ここにきてようやく発芽が進んできた模様。
やっぱりなかなか発芽がそろうってことがないみたい。
ポツポツとですが1つずつ芽が増えてきていますよ。

P1050367_縮小

あっちこっちで出てます。
種の量からするとまだまだですけどねー
どっちかというと後半に収集した種のほうが発芽がいいかもしれない。

P1050369_縮小

一番手前が最初に発芽したもの。
これはホンナなのかどうかわからなかったけど、あとから発芽してきたものを見るとどうやら本物っぽい。
よかったよかったー

P1050366_縮小

まだまだ小さな双葉。
これぐらい発芽してきたら日に当て始めたいところだけど・・・・・
日中だけ場所移動してみたらよかんべかー
大量に苗出来るようにこれからの管理が大変だな。


2020-02-12(Wed)

生育鈍化が著しいぞ。

今日は晴れ、いい天気だった。
太陽があるとハウスの中は気温が上がりやすいですな。
日中は10℃半ば程度は楽に維持できたのでありがたかったです。
こうして温度取れてるはずなんだけど、キノコの生育は鈍化が激しい。

P1050371_縮小

生育が遅すぎて榾木を移動できない。
棚に浸水した榾木を展開することができなくなってきて作業が進まない。
しょうがないから動かないものはこうして立てていくわけだけど・・・・

P1050374_縮小

もうね、限界ぎりぎりですよ。
もう1か月になるってのにまだ収穫が終わらないって遅すぎる。

P1050375_縮小
P1050376_縮小

すでに動く時期のものが半分も動かない。
ちんたらちんたら、いつまでかかってんだってくらいキレが悪い。
まだこの榾木は若もんだってのに今からこんなにキレが悪くてどうすんだって話だよー

P1050373_縮小
P1050372_縮小

最初に追いばえがあったせいだろうけど、
追いばえ収穫後の追いばえみたいなちんたら発生、全く困った生育の仕方をしやがるぜ。
今はずっと待ちの時間。
今しばらくはカメの歩くようなスピードでのお仕事になっとります。
なかなかどうして、冬場の高回転ってのはもっと温度がないと厳しいねぇ。


2020-02-11(Tue)

販路開拓

本日天候回復基調。
お仕事のほうに少しばかり余裕が出ているので、
先日アポとっていたところに販路の開拓に行ってきましたよー

P1050365_縮小

行ってきたのはスーパーモールラッキー。
でかでか資材館って書いてるけど目的地は店舗内のファーマーズマーケット
以前から知ってましたけど、農場同期がここはいいという話をしていたので、
どういった物なのかお話を聞きに行ってきたわけで。


店舗内はあまり写さないほうがいいよなーと自主規制(笑


話を聞いてみてどんなものかわかったのは、

生産者が360人くらいで今年中に400人くらいにしたいらしい。
・販売額がそれなりに大きい。
・若もんウェルカム(笑

まあそんな感じ。
去年秋田の市民市場に行った際に寄ったんですが、秋田市にも販売先があるのは大きいっすね。
飲食店関係者も利用するらしくそっち方面にもうまくいけば・・・・・
同期も結構稼いでいる話(笑

やる気がありゃすぐにでも参加はできそう。
そのために口座作ったりあれこれとやっておかないといけない事もあるけどねー
ネックなのが家からの距離だけだね(汗
1日の時間の割り振り方をしっかり考えておかなきゃならんですわ。
自分の時間大改革だ。
地味にこれが一番きついかも(大汗


2020-02-10(Mon)

黒平豆2019も殻むき完了

P1050364_縮小

本日はいい天気から始まりました。
雪はこれから落ち着いていくはず、明日以降は気温も上がって雨になってくるので寒さともおさらばか。
12月の頭同様に1m以上の積雪にはなったけどこれ以上は増えそうにはなさそうだ。
雪下ろしも回避かなー ヒヒヒ


P1050359_縮小

寒い外にはいられないので中での作業、
赤大豆の殻剥き作業についで黒平豆の雁喰物語の殻剥き作業が終了しましたーー
思ったよりはあったかな。

P1050360_縮小

いっつも通りのぺったんこ。
これでも普通においしいってんだから面白い豆だ。

P1050362_縮小

特徴の真ん中のしわもしっかり。
これのおかげで煮ても破れにくいのがこの豆のいいところ。
ちゃんと黒豆の味もしますぜ。

P1050363_縮小

ただやっぱり去年の日照り続きに病気、
株が早くに枯れだしていたり、莢のふくらみがいまいちだったりしたせいで時折ぺちゃんこのさらにひどいのが。
ここまでしわしわだとだめですね。
でもこの豆だとこれでも大丈夫なんじゃね?的な感覚になるからねー
それぐらいぺちゃんこ豆だ(笑


さて残すところはバシバシ脱穀玉大黒のみになった。
チュー吉被害もあって大豆系じゃ一番量が少なくなるだろうけどまずはやってしまわないとね。
なんやかんやでもう2月も中旬、忙しくなる前にとっとと終わらせちまおう。



2020-02-09(Sun)

昔の教科書。

冷えてますねー
寒中は過ぎたはずだけどなんか寒中よりも寒い感じ。
雪がパッサパサだー


本日のネタは・・・・昔の教科書だ。
昔の教科書というと自分が小さいころのことかなーと思いがちでござんすが、
今回発見した教科書はそんなもんじゃない、とーーーっても古い教科書。

P1050274_縮小

どうもこの間記事にした害菌手帳と同じく、家の整理して出てきた代物らしいです。
いつの時代の物かわかりますかね?
私もよくわからんかったけど、後ろに書いてあった名前を見るとどうやら大叔母さんのもの、
尋5とあったので尋常小学校5年という事だと思われる。
つまるところ7,80年前の教科書だ。

P1050275_縮小

その時代にこんなのを習ってたんだねぇ。
小学校にしちゃとんでもなく難しい漢字があったり、その時代の歴史的仮名遣いがあったり、
パッと見てるだけでもなかなか面白いなーと思った。


ちなみに尋常小学校ってのは
明治維新から第二次世界大戦勃発前までの時代に存在した初等教育機関の名称とのこと。
詳しくはこのページを見てもらうとわかるかと。⇒尋常小学校 wiki
今回のは尋常小学校5年となってることから1907年以降の制度に当たるみたいです。
現在で言う小学校中学年以降になると習う科目が変わるみたいで、
今回の教科書は国史というものになると思われますね。
天照大神からの流れを見た限りは間違いないと思う。
現代だと神様からの流れってあまり勉強しない気がするから、この時代の小学生って結構進んでんなー(笑
まあ神々の流れから天皇の流れに行くので戦前は当たり前だったのかもしれないね。

それにしてもこんな年代物がぱっと出てくるとはね…
もしかして他にも年代物が眠っているか???



2020-02-08(Sat)

厄介な時間差発生

今日は屋根から落ちた雪の除雪作業を敢行。
こればっかりは今シーズンも必須になってしまいましたね。
やらないと家の中真っ暗、滑り落ちるタイプの屋根は雪下ろし必要ないけどこれが大変だ。


さて、除雪作業に精を出せたのは仕事が停滞してきているから。
爆裂発生F103の発生が終了して追いばえのひどかったA511の発生に移っているんですが、
追いばえ発生の芽だけでおしまいかと思いきや、ここにきて時間差発生が。

P1050356_縮小

もうすでに最初の部分は移動する時期に来ているんですが、
ここにきてボツボツとキノコが出てきてしまっています。

P1050357_縮小

追いばえ分がおさまった後に浸水分が遅れて出てきた?
なんかそんなわけはないはずなんだけどかなり遅れてキノコが発生。
おかげで新しく浸水作業をすることができずに作業は停滞。

P1050358_縮小

追いばえ発生ではないためキノコはきれいでそしてでかい。
そもそも芽が少ないから余計にでかくなってしまってますね。
こんなキノコが後から出てくるとさすがにぶっちぎって休養させるわけにもいかない。
それやっちゃうと結局再びの追いばえが休養舎で出るのが目に見えてるし・・・・・
なかなか追いばえってのは厄介な存在です。

ここにきて冬本番という事もあって気温もなかなか上昇しないし、
2月中は谷間期間が長くなりそうな雰囲気だ。
あんまりよくない状況だなぁ。


2020-02-07(Fri)

2月のフィンガーライム

今日の朝も除雪除雪ー
昨日よりは降ってなかったので楽でしたよ。
楽って言っても30㎝弱の降雪なんですけどー(笑
久しぶりの除雪で除雪筋肉痛発症中でっす(汗


P1050354_縮小

さて、急な大雪、ハウスの中が暗くなってきました。
まだいつものような暗さではないものの、越冬中の鉢植えにも影響が出てくるかなーという感じ。

P1050333_縮小

最も影響が出そうなのが柑橘なんですが、
2月に入りここから影響が強く出られると嬉しくないなー

P1050334_縮小

すでに落葉しているカボスなんかはもうどうでもいいとして(汗)、
まだ葉っぱのあるものからパラパラと・・・となるとねー
怪しげなプチまるやらジャバラが心配だ。

P1050335_縮小

その中で一番心配していた新規参入者フィンガーライム。
ところがどっこい耐寒性がこの中では一番低いはずなんだけど落葉がほぼなく今のところ順調。

P1050336_縮小

先端からしっかり。
管理がうまいことできてたから今もまだ大丈夫なのかな?
管理の良し悪しなんて全然よくわからんけどーーーーー(大汗

P1050337_縮小

一部黄色い葉っぱが見られる不穏な空気も無きにしも非ず。
これが暗くなったことで加速しないといいんだけどね。
あと2か月くらいもってくれれば・・・・
もし落葉しても植えた当初すぐ落葉してから復活したから何とかなるとは思うけどね。
葉っぱが小さい分リカバリーは他より楽なのかもしれないっす。
とはいえ何事もなく冬を乗り切ってほしいもんです。
頑張れフィンガーライム


2020-02-06(Thu)

アズキの小粒化がやばい。

どもー
冬本番、いやー今年も冬がやってきたねぇ。
え?立春?、何言ってんのさーまだまだ冬ど真ん中だよ。

P1050350_縮小

朝起きて外に出たらこれだよ。
そこに見えるは白い塊になった軽トラ。
1晩で50㎝は降ってしまったようで。

P1050352_縮小

朝の除雪にひたすら苦労してしまった。
でもねぇ、毎年毎日やってたこの除雪が今年はここまでほぼなしだったしね。
こんだけ降ってもまだまだ例年の半分にも満たない、今年の暖冬はすごいってことよ。

P1050355_縮小

ハウスはつぶれてませんでしたけど、久しぶりのドカ雪、そして真冬日で雪の滑りが悪く、
なかなか上部の雪が落ちなくてあまりいい状況ではありませんでしたね。
ハウスの中で火を焚いてようやくといった感じ。
これがあるからドカ雪は怖い。

こういった状況は来週の頭位までは続く可能性。
結局のところ帳尻合わせが始まったのかな(汗
気が緩んでるだけに勘弁してほしいけどー


本日は再びの豆ネタです。
外はこんな状況ですからハウス内でぬくぬくと作業をしますよ。

P1050341_縮小

昨シーズンはあまりに出来が悪く収穫しないつもりがちょっとだけ見つけて結局採ったアズキ。
赤大豆に続いてこちらを殻剥きしてみたんですがね、
収穫時にはまだまともかなーと思ったんですが、殻をむくとそりゃあもうひどいことになってましたよ。

P1050343_縮小

食べられないわけじゃないんだけど小粒っこ小粒っこ
これ一応大納言なんだけどねぇ・・・・最初の年から小粒と評されたアズキでしたが、
ここにきてさらに小粒になってしまってました。
なぜにこうして粒が小さくなっていってしまうのか。
株にウイルス症状などは出てないはずなんだけどねぇ・・・・・
やっぱり去年で打ち止め判断は継続ですねこりゃあ。
この種では作れないしこの先復活させるのも未定ですな。

豆はつないでたものがどんどんダメになっていってますねぇ。
黄莢黒三度に始まり、白小豆やめてこの大納言もか。
大豆系はまだ何とかやっていけそうだけど、玉大黒の出来次第で雁喰物語オンリーの可能性も。
豆は簡単そうに見えて意外と難しいもんであると思いますね。


2020-02-05(Wed)

ホンナ発芽か?

久しぶりの冬の日々。
横手の積雪は例年の14%程度らしい。

P1050344_縮小

昨日今日と降ってある程度雪の量は増えたけどまだまだ雪は少ないですな。
あと2日くらいは雪の予報だけどそのあとがどうかは何とも言えない。
この寒気団が過ぎると・・・・まあ今シーズン雪下ろしの必要性が皆無な気配がプンプンなのはうれしいけどね。


さてさて外はこうして冬に逆戻り状態ですが、
ハウスの中では先日種まきをしたホンナについに動きアリ??

P1050338_縮小
P1050339_縮小

・・・と思いきやな状態なんですが、
実をいうと一つだけ発見してしまいましたよ!

P1050340_縮小

おーーー
なにやらの芽が出てきましたね。
まだホンナの芽だとは言えませんけど、ついに今シーズン初の発芽でござい。
芽が出てきたってことは一応種は使えそうってことだ。
まだたった1個だし、外気温が低いせいで暖房が切れた時に心配はあるけどね。
それでも一歩前進、この調子で続々と発芽してくれるととっても嬉しいんだけども。

というのも本格的に山菜栽培でも始めようかと計画を練っている最中だからですぜ。
このホンナが有効利用できればバカ高い種苗代が安くなるからねぇ。
シドケであまりの発芽率の悪さに辟易としている状態でホンナの発芽が順調に進めばこっちに注力できるし。
時間のかかる栽培だから今回の発芽が本当に本当にうまくいってほしいもんです。


2020-02-04(Tue)

とりあえず2019年度産赤大豆の殻剥き作業が完了

今日は立春ですね。
暦の上ではもう春なのよね。
今まで雪も降らずとっくに春が来てた感じですが、ここにきて積もる雪が降りまして。
当地は立春を迎えて冬が到来しました(笑
今週は大雪に警戒が必要とのこと。
ははっ、やってくれますねぇ。


さて小屋の中ではキノコの谷がやってきてしまいまして作業はだいぶ暇になってきた。
そんな時間を利用してほったらかしの豆作業をようやくまともにできるように。
今日も2時間近く黙々と殻剥き作業をしていましたよ。

P1050329_縮小

おかげさんでようやく本日をもって赤大豆の殻剥き作業が終了となりました。
1つ1つ選別しつつの作業なので時間がかかってしまうのが難点だ。

P1050330_縮小

そのおかげで最終的な選別作業はものすごく楽にはなりますけど、
結果的にかかる時間は似たり寄ったりじゃないかなーと思ったりするわけで(大汗
去年の株バシバシ脱穀が結構よかったからねぇ。
置き場所がなかったのでしょうがなかったっす。

P1050332_縮小

殻はコンテナで半分程度、この中にはちゃんとした豆の形状になってるけどかびてるものだったり、
虫食いなどなどよろしくない豆も入ってます。
特に虫食いが今回は結構見られたので、蛾が多かったんでしょうねー
豆といえばカメムシだけど、2019シーズンに関してはそれ以上だったという事か・・・・


という事で先ずは赤大豆撃破です。
残り黒大豆の雁喰物語も同じ作業の繰り返しなので結構大変。
玉大黒はバシバシ脱穀だけどネズミの被害が出かかったのでどのくらい収量あるかねぇ。
冬場は気を抜くとすぐチュー吉の被害にあう。
鬼は外ではないが、奴らもほんとどっかいって欲しいもんだ(笑


2020-02-03(Mon)

虫食いヤーコン

ヤーコンもぼちぼち洗って出荷中。
意外と袋に入れて保湿されている状態のおかげか、しわしわになることもなく大丈夫そう。
ただ、サツマイモと同じく洗ってみないとどういう状況かが分かりづらい。

P1050316_縮小

この品種は色が黒っぽいから余計判別が難しいよね。
サツマイモのように傷んで黒まだらなのかはたまた柄なのか・・・
見た感じは問題なさそうだ。

P1050317_縮小

ひとつ面白いのが虫食いヤーコン。
この品種は虫食い箇所でもしっかりと紫色が発色されるみたいね。
かじられたから白い果肉のままというわけでなくちゃんと防護するんだね。
他でもかさぶたのようになるのはわかるけど、そんな感じじゃない。
ヤーコンはみんなこんなもんなのかな?
まあ虫に食われないのが一番なんだけどね(汗

P1050247_縮小
P1050248_縮小

ちなみにこれをしっかり干すとこんな状態になるみたいね。
結構面白いグラデーションになった。
やっぱりこのヤーコンは面白い野菜だと思いますねー
もっと知名度上がらねーかなー



2020-02-02(Sun)

野菜園芸大百科20

     P1050326_縮小

          野菜園芸大百科20 特産野菜70種


自分が今まで本を買ってきた中で一番高い本です。
定価9953円、ほぼ1万円の本を買ってしまった。
こうした専門的な本って中古市場に出回っていないことが多いのでなかなか安くは買えないですね。
多くは図書館にあるので借りに行けばいいんだろうけど図書館が遠い・・・・
置いてある図書館には結構そろっていたので時間を見つけて見に行っては見たいものだけどね。


この野菜園芸大百科は第2版、初版本とは少し内容が異なるらしいし編纂も違うようになったようです
例えばA・B・CとD・EでまとめられていたのがA・BとC・D・Eみたいに、
果菜は果菜、根菜は根菜のような形にまとめ直した模様。
とはいえこの特産野菜に関してはあまり一般的でないものがまとめられているので特に変更はないようで。
70種を一まとめにしてあるので情報量が多いものもあればかなり少ないものもあり、
自分が知りたかった情報が少なかったときはちょっとがっかりだ。
でもまあ山菜などの情報ってそれ自体が少ないのでありがたいんですがね。


野菜園芸大百科は全部集めると23冊。
全部集めたらとんでもない金額になるけど、そもそも在庫なしがあるから全部は無理だね。
物によっては1冊で1品種もあるしそういった物の情報量ってとんでもないねぇ。
まあそれを活かせるかって言えば・・・
やっぱり図書館にある本だよなーと思う1冊ですな。


2020-02-01(Sat)

現在の椎茸 2020・2・1

2月に入りました。
爆裂発生のF103の発生もほぼ終了、現在次のA511の発生に入ってきています。

P1050318_縮小

追いばえがひどく浸水発生を急いでみましたが、
やはり追いばえで大体の発生が終了してしまっているようで収量はがた落ちです。
浸水時についている芽を残しているため、それが主な収穫源となっています。

P1050321_縮小
P1050320_縮小

どうしても追いばえの芽を残してしまうと、そのキノコは水を吸って色合いが良くないですし、
軸がぐにゃついたりかさに奇形が出たりしてしまいます。

P1050319_縮小
P1050322_縮小

もちろんその中にもきれいで立派なキノコはありますので、こういったものが販売のメインになっています。
それ以外は開かせてスライス乾燥ですね。
物は使いようです。

P1050324_縮小
P1050325_縮小

新規の芽が少なくかなりスカスカですが、一部新しい芽が発生してきてはいるため、
これからの発生に少しは期待したいところですが、
次の品種が始まるまで約2週間は谷間の時期になりそうです。
年末に忙しかった分ここで一服、キノコの発生も少し休憩に入ったようです。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村