FC2ブログ
2020-05-10(Sun)

山菜栽培の意義を考えてみる。

今年からある程度の量山菜栽培をすることにしました。
山菜栽培をしてそれがどのような意義があるのかってのを少し考えてみたいと思います。

P1050829_縮小

山菜栽培をすることでのメリットデメリットを考えてみます。
まずはメリットのほう。

①単価がそれなりに高い

山菜栽培で自家消費だとこういったことは度外視ですが、経営的なものに組み込むならこの点は大事。
野菜でキロ単価1000円を超えてくるものってさほどないけれど、
山菜では大抵のものでキロ1000円の壁をぶち破ってきます。
収量さえしっかりすればそれなりの儲けが期待できるという事ですね。

②時期がかなり限定的

山菜というと大体のものは春先勝負。
当地では5月いっぱい程度までで終了となります。
この時期というのは畑仕事も本格化してこないし夏野菜収穫と被ることもないいい時期。
短期間でしかも雪解け後でまだ収穫物がない時期に利用できる点はかなり有効。

③需要バランス

山菜を収穫しに山に行く人が少なくなってきているので、需要はあるのに供給量が少なくなってきている点。
山に入らずに休耕田などでできるのであればそれに越したことはない。

④作業が少ない

これがかなり大きい点で、毎年畑を掘って畝を作って苗を植えてという事がなく、
1度植えたらかなりの期間植えっぱなしで収穫、出荷をするのみ。
もちろん施肥や除草などの管理は必要になるものの、普通の畑作に比べれば圧倒的に作業が少ない。
山菜に対する病害虫も畑作物に比べるとかなり限定的。
つまり時間の有効利用ができるってことになる。

そのほかにも細々といえば休耕田などの遊んでる土地の利用ができるとか、
そういった物から観光農園化とか結構メリットになるものは多い。
一方でデメリットになることは、

①苗代がかかる

一番大きいデメリットだと思う。
とにかく苗を入手するのが大変、栽培面積に対して株数が必要になるものの苗代が高い。
例を出すと同じくらい株数が必要なサツマイモの約6倍かそれ以上の苗代。
物によるけれど一反歩に100万程度かかるとなると初期投資が大きすぎる。

②山菜ごとにあった場所が必要

山菜は山の中にある作物のため適した場所が必要になってくる。
もちろん日よけ栽培をすることで回避はできるのである程度の融通はききますが、
日陰、多湿を好むのか日当たりを好むのか様々あるため適当に栽培するのは難しい。

③物になるまで時間がかかる

植えた年に収穫できる畑作物と違い山菜は栽培スパンが非常に長い。
2年目には少し収穫、3年目にはもう少し多く、4年目から本格化の様に長期的に考えないといけない。
しかも年数かけてうまくいくのかどうかもなんとも言えない。
果樹に通じるものがありますけど速効結果が出ないので始めるなら早く手を打たないといけない。

その他山菜泥棒の心配などもありますね。
メリットも大きいですがデメリットもなかなかだと思います。
金を生み出すものには金をかけるという事からいえば自分的には手を出してもいいものだと思いますね。


P1050827_縮小
P1050828_縮小

去年定植のホンナは無事全部の株が越冬し2年目に入りました。
株も増殖しているようだし、少し太めのものができている感じではあります。
色違いがあるのでこの株増やせないかなーなんてことも考えてますが、
少量やってみたこの感じから見るとホンナをやってもうまくはいくんじゃないかとは思いました。
毎年さほど手をかけなくても数十万円を生み出せる力があるならやるに越したことはないと思うけど、
さてさて秋口にはもう少しばかり計画は進められてるでしょうかね。


スポンサーサイト



椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村