FC2ブログ
2020-11-03(Tue)

種イモ再生産部門を掘ってみた。

本日祝日、10月には今年は祝日がなかったので1か月ぶりの祝日だ。
といっても特に何をするわけでもなく・・・・
そういえば11月に入ったなーと再確認したくらいです(笑
今日はめまぐるしく天候が変わる1日でした。
曇りかと思ったけど昼過ぎにはガンガンに晴れたかと思えば夕方には本ぶりの雨。
しかーし
この晴れ間を逃さない、ワンチャン芋ほりに出かけました。

P1070238_縮小

収穫物が終わったので今回は去年育った芋の中で種イモが50g未満のものの種イモ再生産部門へ
収穫物をとれる芋のサイズは50g以上は欲しいとのことなので、
それに満たないものはもう1年かけて大きくして種イモにしてやろうとね。
むかごと同じくこちらは10㎝ピッチで定植しているためかなり狭いです。
密植なので大きくなり過ぎはしてないと思ったんですがね。

P1070239_縮小

掘ってみると意外と大きい芋が出てきたりするんですよね。
種イモ利用としては50g~100g程度の芋に育ってくれてると嬉しかったんだけど、
明らかにそれ以上のサイズに成長している芋が出てきて困惑。
これだと種イモ再生産の意味がねぇ(汗

P1070241_縮小

でかいものは今年小ぶりだった収穫物とほぼ同等のサイズになってる感じ。
そうなると50g以下でもある程度の重さのものでは収穫物サイズになってしまうってことか??
密植してこのサイズになるんだとすれば収穫物のサイズを大きくし過ぎないようにするにはもってこいかもしれんね。
種イモの数はかかってしまうのがネックだけど来年調査してみようかな。

P1070240_縮小

こちらの種イモサイズのほうは去年買った種イモとそっくりの形状になった。
むかごから作ったものはこんな感じに去年ならなかったので、
売ってる種イモももしかしたらいものおまけから種イモ作ってるのかもしれないね。

P1070242_縮小

時々ついてるこんなおまけも侮れないってことか。
むしろこういったサイズの芋のほうがいい種イモ生産できるのかもしれない。
うーん、なかなかいいサイズの種イモをそろって作るのは難しいなぁ。


今回掘ってみると思った以上に再生産物が大きくなってしまってました。
種イモ再生産するなら結構な小さい芋からのほうが無難にできるのかもしれないねぇ。
来年はもっと細かくグラム分けして調査してみようかと思う。
収穫物生産も種イモ生産もまだまだうまくやれることが多い。
ちょーっと興味スイッチが入ったので研究してみますよーー


スポンサーサイト



椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村