FC2ブログ
2020-11-27(Fri)

完全に遮光時期を間違えたカステルフランコ

さむいっすー
今日は晴れたのに寒いっすー
風が少しあるからかな、余計に体感温度がやばい。
特に夕方の日が沈んだ後はガクーッと温度差がってあっという間に2度・・・・・
ついについに連日の雪がやってくるか。
明日の朝は怖いなぁ。


そんな寒い中いまだに収穫をできていないカステルフランコ。
遮光してもう2か月になろうとしてるんだよね。
現状はどうなっているかというと、

P1070372_縮小

新聞紙遮光はぶっ飛んだりでかくなってはちきれたりとしっちゃかめっちゃか。
こっちはだめですな(大汗

P1070370_縮小

ただその代わりでかくなっていく様子はよくわかるので観察する分にはいいこともある。
斑が入り葉っぱもいい感じでまいてきていますね。
この状態で軟白できていれば物になってたって感じ。

P1070371_縮小

この中心部が白かったら最高だった。
という事はうまくやってれば雪が降る前12月前に収穫ができるってことだね。
これは期待が持てる情報になります。
が、その反面で今年の遮光時期が早すぎたなーっていうミスも露呈(汗

P1070375_縮小

そんなんだから全体遮光している株は色は抜けてるけどあんまり大きくもなければ斑入りでもない。
微妙に斑入りがあるものの、外のものよりはあからさまに出来が悪い。
やっぱり遮光すると株の生育も衰えるし、
時期をしっかり見定めないとうまくいかないよねー

P1070373_縮小
P1070374_縮小

そん他に外の物では、葉がしっかりまとまらないものなどもダメそうだという結論に。
今年はかなりいろんなバージョンがあったけど、
葉が広くなって丸まらないと使い物にはならないみたいね。
つまるところこういったものから種採って固定していけばいいって話。
今年やらかしてしまった新聞遮光の出来のいい株は来年以降の種採りに残しとこう。
これもまたなかなか安定生産するのに苦労しそうだ・・・・・


という事で今年はカステルフランコは出荷できそうにはない。
でも種採り用として再雇用(笑)を決定して、
一応遮光して軟白したものは食味チェックに回そうかと思いますね。
チコリー類では一番情報が少ないカステルフランコ、
今年の栽培でまずまずいいデータ取れたと思います。


スポンサーサイト



椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村