FC2ブログ
2021-01-18(Mon)

雪の被害が甚大だねぇ。

年末から大雪に見舞われた当地。
ドカ雪に次ぐドカ雪で農業施設の被害が甚大なことになってきた。
私のところは何とか持ちこたえてはいるものの、
先日のニュースで園芸団地のハウス全壊というのを見て驚いた。
ハウス全壊かー残念だね…なんていう話ではなく、
園芸団地のハウス全て全壊だそうだ。
その数144、お先真っ暗とはこのこと。



この映像を見て唖然とするほかない。
こういったところが判明しているだけですでに1000件以上あるそうで、
このほかにも果樹などにも多大な被害が出ている模様。
本当に大変なことになっている。


さて、このハウス倒壊に関してなぜ倒壊したのかって話。
簡単に言えば雪の重みに耐えきれずですが、なんで耐えられなかったか。

P1070655_縮小
P1070654_縮小

雪の重みに耐えられなくなるのは雪をどこにもやりようがなくなるのが大きいです。
間隔を狭く建てることで栽培面積は稼げますが、今回のようなドカ雪には耐えられません。
消雪設備はあっても間に合わないため押しつぶされてしまうことが多いです。
狭いスペースに滑り落ちてくる2棟分の雪、すぐにスペースが埋まってしまいます。
ウチのようにはなから大雪になるような場所であれば除雪するためのスペースは必至。
ハウスもう1棟立てられるようなスペースをあけていても、一冬分の雪のやり場に困ってしまいますからね。
今回の雪を想定できていないような施設だったと思いますね。

P1070641_縮小

また、この時期は寒締めのホウレンソウや小松菜を作ってることで無加温、
無加温なので熱がなく融けることができないため積もりやすかったこともあると思います。
無加温ではツッパリ棒を立てておくのが有効にはなりますが、
ハウス内全部で作ってるような場合では棒を立てることも難しい。
となると最早周りの除雪を何とかするしか方法がないわけだ。
144棟もあると一体どのくらいの除雪機が必要になるのか。
おまけに雪をどこに飛ばすのか。
そうなると最早手の打ちようがなくなってしまうわけで。
今回の倒壊はもうどうにもならなかったという状況だったと思います。
1棟あたりウン百万、被害がでかすぎる・・・・・


ビニールハウスもそうだけど、骨だけにしたハウスも倒壊している。
今回の雪は施設に尋常ではない被害を出してしまっていますね。
これでまた離農が進むか、あまりの被害に当地の農業が揺らぎそうだ。


スポンサーサイト



椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村