FC2ブログ
2021-02-15(Mon)

意外と温度がとれそうな保温電球

P1070784_縮小

今日は大雨です。
これから暴風雪になってくる予報、寒くなる前の大雨ってやだねぇ。
近所の雪崩が起きそうなとこの雪崩しは完了したのでまずは一安心。
それでもまだ崩れそうなところはいっぱいあるからねー
大雨でグズグズになったところにドカッと降ったらやばそうだ。
台風並みのよく言う爆弾低気圧ってやつでしょうかねぇ。
雪も怖いが風も怖い、あーやだやだこんな天候。


さて、まだ外はそんな感じで不安定な状況でござんすが、
先日届いた種をついに播種しましてね、今年の育苗もスタートってところです。
スタートといっても大した量の種をまいてないのでどうやって温度をとるかが問題。
あれやこれやを調べてる時にふと思った。


鳥かごの保温に使ってたやつって利用できないもんだろうか…?


うちにはインコがいましてね、その飼育をしてる時に冬場に保温電球をつけてたわけですよ。
囲っていると結構あったかくなっていたので利用できないかと。
あれこれ調べて今回はそれとは別のあるものを入手してやってみることに。

P1070787_縮小

こんな感じで設置。
種をまいたセルを発泡スチロールに入れてビニールかけた上から熱をかけてます。
これで先ずどんなもんかと実験したわけですよ。

P1070788_縮小

これでも結構温度が上がります。
この方法でも22度まで上がりましたがもう少し温度を上げたい。
という事でここにビニールをかけてトンネルにすることで電球自体の熱も利用しようと。

P1070789_縮小

ものすごい適当さ加減ですがトンネル完成。
場所がないためかなり突貫工事です。
電球にビニールが触れないようにしっかりと距離を保ってビニールを張って。
これでどこまで温度が上がってくれるかなー

P1070790_縮小

トンネルにした後発泡スチロールのビニールはいで見たところ。
これでもあまり温度が変わらなかったので結局もう一度ビニールかけましたけどね。
電球の位置で温度も変わりますけどあまり近いと熱過ぎるので、
その辺の距離感はもう少し試してみたいと思ってます。
まずトンネルにして1日どんな温度になるかでしょう。

今回の実験で意外と保温電球は使えそうであることが分かった。
あくまで少量の育苗用だろうけどねー
密閉して熱くなって火事とか水分ついて破損とか危険もあるのでその辺は注意が必要。
一応サーモ仕掛けているので土壌温度が上がりすぎる恐れはないですが、
100%はないので気を付けてみていこうと思ってます。
こうしてやるとやっぱり固定の芽出し場所ってのは欲しいなーと思いますねぇ。


スポンサーサイト



椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村