FC2ブログ
2021-04-11(Sun)

外に出したら枯死確認

今日は雪!ではなく霜で真っ白になってました。
夜もだいぶ寒かったんだけど、最低気温が氷点下2度くらいまで下がったっぽい。
昨日までの冷気の名残でしょうか。
冬の置き土産はだいぶこたえる冷え込みでした。

P1080132_縮小
P1080133_縮小

まだこういうことがあるので作物の管理は気を付けないとね。
日中は馬鹿暑いけどなかなか出しっぱなしにできないのがねー
今の時期の管理が一番難儀だわ(汗

P1080135_縮小
P1080134_縮小

冬を何事もなく持ちこたえたアシタバも生育に入ったせいかこの寒さでぐてーッとしてました。
まあお日様出てきたらすぐに立ち直ったので問題はないと思います。
直で霜に当てたらさすがに難ありだろうけど(汗


P1080137_縮小

さて本日もお買い物に出かけてきまして、ついでに久しぶりの出荷もしてきた。
芋はまだまだある。
全然傷まないので売れるときに出しとかないとねー
あとは土と肥料調達してきましたよ。毎度ですが。
今年はなかなか油粕の値段が下がらないのでやきもきしてます。





本題に入りまする。

本日のネタはモミジイチゴですぜ。
ラズベリー類は不織布ポットに植え直して外に出したわけですが、
去年買って5号鉢に仮植え状態のモミジイチゴも外に出すことにしました。

P1080110_縮小
P1080115_縮小

去年5株買って仮植えして越冬していたモミジイチゴ、
無加温のアシタバと同じ場所でいましたが芽が出てきて無事生存確認。
なんですが・・・・やはり茶色になってしまった物もいるんだよねぇ。

P1080114_縮小

大丈夫なものは緑なんだけど茶色ってことは・・・枯死だ。
パキパキに乾いててすぐ折れました。

P1080113_縮小

根っこもこりゃだめだね。
かろうじて生きてれば根っこのほうはまだ大丈夫だったりするからね。
2株地上部だめでそのうち1株地下がなんとも言えない状態。
1株は完全枯死なので今無事といえるのは3株になってしまった。
地下が微妙なやつも生きていてくれればありがたいけど、
外デビューする前にこうなってしまうと残念だよねぇ。


キイチゴ類なんて恐ろしく強いはずなのに越冬で枯死とは想定外だった。
山菜の仮植でもそうだったけど秋購入苗ってのは結構リスクもちだなー
このリスクを下げる方法を考えないと今年も予定している山菜素掘り苗購入で無駄が出ちまうからねぇ。
あまり外に置いとくのを引っ張らずにさっさと中に取り込んで保温かな。
苗購入の時期もミソってことだ。


スポンサーサイト



2021-04-10(Sat)

蝋再利用

P1080131_縮小

本日も朝に雪が。
日中にはすぐになくなりましたけど本当にこれで冬とおさらばだな。

P1080130_縮小

昨日夕方にやってきた原木にもうっすらと残ってましたね。
原木がやってきたので2日ぶりに作業再開です。
といっても今日やったらまた原木すっからかんなんだけどーー


さてさて植菌作業も最終盤にきています。
なかなか原木が来なくてやきもきしてますがあと2日くらいでおしまいというところまできています。
最終盤になると必ず種菌や封ろうの在庫数との戦いが起きます。
封ろうの場合は余る分には問題ないけど足りないと困るもの。
今年の場合は種菌が多くて封ろうが少ないという最悪な状況なのである。
原木無いのに種菌余ってもしょうがない…封ろう足りないと植菌できない・・・・
今年は封ろうトラブルが多発していたために特に封ろうが足りなくなってしまっている状態。
そんなわけで封ろう再利用である。

P1080017_縮小

封ろうトラブルってのは封ろうを吹き付けをするときにだだ洩れしてしまうとか、
なぜか吹き出す量が多くなってしまうとかいうもの。
だだ洩れしたり量が多くなった場合だらだらと下に垂れ流し。
それらが固まったものは手直しで塗る分として溶かして再利用しているんだけど、
今回はあまりにも量があるために別口で溶かしてこして再利用という手段に。

P1080018_縮小
P1080019_縮小

ストーブでコトコト煮込んで溶かしていくとどんどんと液状になっていきますよ。
溶け切ったところでこしてごみを取り除いて固めます。

P1080063_縮小

するとどうだろう、しっかりときれいな蝋ができたじゃないかー
とまあ少量ですが再利用する分としては十分です。
こんな量無駄にしてたわけですからねぇ。
今年はホントにロスが多いやら何やら・・・・
ま、今年に限ったことじゃなんですがね(大汗

しかしながら引き屑なんかと一緒に煮込んでる分やになども混じるので本来は機械で使うのはNG。
でもそうも言ってられないので今回はしょうがないっす。
詰まったら洗浄ですわ。
何とかやりくりして残りもう少しの植菌作業を頑張るべぇ。


2021-04-09(Fri)

ムラサキキクイモ芽出し

今日はというか昨日の夜から雪でした。
やはり予報通りでしたがね、朝には少しばかり積もっていました。

P1080116_縮小

4,5cm程度でしょうかね。
積もるような雪ではないのですぐに溶けていきましたけど紛れもなく雪。
1日雪マークでしたのでどうかと思ってたけどこれ以降は風が強いだけで雪も降らず・・・・と思いきや


P1080117_縮小

一転猛吹雪になったり。
さみーよーー
かと思えばその30分後には

P1080118_縮小

快晴(大汗
わけわかめな天気でしたわ。
この後も晴れて曇って雪が舞っての繰り返し。
桜が満開になってる秋田市でも雪が降ったみたいだしほんとにおかしげな気象状況でしたよー
明日以降は少し落ち着いて暖かさが戻ってくるでしょう。
これがほんとに最後の名残雪、今シーズンの冬ともおさらばだ。


本日は菊芋のネタ。
菊芋は数年前に畑に定植、それから畑ではなく小屋の近くの適当な場所で野良化してる状態。
あまりの強さにあきれてしまう作物なんですが、
今回はただの菊芋じゃなくてムラサキキクイモを導入してみることにしましたよ。

P1080091_縮小

菊芋というと黄色っぽいものですけどこれは紫。
呼び方はフランス菊芋だったり赤菊芋、紅菊芋に紫茎芋なんて様々。
どうもフランス種らしいこの菊芋、菊芋の有効成分であるイヌリンがものすごく多いらしい話。
そんなわけで種イモを買って育ててみることにしたわけよ。
やっぱり珍しい部類なので種イモも5個、それでもいい値段します。
しかしながらちょろぎの種イモと違って大きさがそろってていい感じですね。

P1080092_縮小

よく見れば角生えて根っこが生えてきているし。
さっさと定植できる状態ですけどまだ場所がないのでポットで芽出しだ。
形状的に里芋の芽出しみたいな感じですね。

P1080093_縮小

サトイモほど温度はいらんでしょうからポットに入れて小屋の中で管理するだけ。
気温に応じて勝手に温度を感じて芽が伸びだすでしょうよ。
あまり早く芽出しが進まれても困りますんで成り行き任せです。
定植時にある程度育ってればよし。


菊芋は分類的に何にしようかと思ったんだけど山菜に分類されてるところがあるので山菜で行きます。
山菜くくりなら少しばかり増殖してもいいかなーと思いつつ、
やはり後処理の関係上畑には入れたくないという点も・・・・
そんななんとも扱いが難しい奴ですがぼちぼち育ててみるでよ。


2021-04-08(Thu)

フィンガーライム追加

今日は晴れたけど気温がさほど上がらなかったです。
これからどんどんと寒気が来て明日1日冬型の状態になる予報。
朝に真っ白とか勘弁だわ…
といっても去年も4月10日に雪が降ってたみたいなのよね。
あれだけの暖冬だったのにそれでも雪が4月にふる、名残雪ってやつだねぇ。
あんまり降らないといいなー


さて先日4本ほどフィンガーライムを注文してみたわけなんですが、
今回はさらに3本3品種のフィンガーライムがやってきましたよ。
どんだけ増やすんだって感じですが果樹収集癖スイッチが入ってしまった以上はどうにもならん(汗

P1080082_縮小

今回やってきましたのはこちらの3株。
これはまた別のところでの注文。
フィンガーライムって品種いっぱいあるけど網羅してるところってのはそんなにない。
網羅してても値段がね・・・・という事もあり。

P1080083_縮小

まずミアローズ
これは去年安売りしてたのを見つけてたんだけど購入し損ねた品種。
今回はそことはまた別で買ったわけだけど。

P1080084_縮小

ついでグリーンアルストンビル
これは実の色がすごくいい感じだったので目を付けてました品種。
2年前か種を買ってまいたけど発芽しなかったっすね。
これも去年打ってるのを発見したけど買い損ねたやつ。

P1080085_縮小

すでに開花してました。
フィンガーライムの花はかなり小さいですね。
実も小さいけどすべてにおいて小さい果樹なんだねぇ。

P1080086_縮小

最後はピンクスパークリング
一番最初に買った品種がもしかしたらこれかもしれない。
フィンガーライムって品種がほんとかどうかわからないものも売ってる状況ですからね。
緑系とか茶系とかピンク系とか。
まだまだなんでもあり状態です。

P1080087_縮小

こちらは開花どころかもしかすれば実ができる可能性も。
他の柑橘は大体この時点で丸いけどフィンガーライムはちょっと細長い形状をしてますね。
これが実になったら面白いことだ。

P1080100_縮小

これらも同じく8号鉢スタート。
思ったよりもポットが長くなくて小さい鉢から徐々に育てることに。
その分根の量が少ないので時間はかかっちゃうかなー


これで一応6品種8本のフィンガーライム育成になりますね。
しかし!
調べていくとフィンガーライムジャパンなる組織?があって、
そこではちゃんと品種確定した苗を販売しているみたいです。
自分の買った物は血統書みたいなのがあるわけではないので本物かどうかは実がついてからですが、
あとで本当に品種が確定している品種ってのも数本買ってみたいなーと思うところではある。
そういうところが収集癖の末期症状、面白いほう面白いほうへ流されるのはいかんいかん(笑
とか言いつつやっぱやめられないんだよなーー(爆


2021-04-07(Wed)

植菌足踏み

4月ももう1週間か。
もうそろそろ植菌もおしまいの時期ではありますね。
今年は遅くなったしなかなか原木が来ないしで進みが鈍かったんですが、
もう間もなく終了というところまでやってきました。


しかし!


このラスト目の前に原木が底をつきました(泣


P1080098_縮小

なんということでしょう。
2000本&2000本と大量に到着していたあの原木が底をついちまった。
すっかり何にもなくなってしまったね。

P1080099_縮小

7200本を超えて終了はあとすぐ目の前なんだけどねぇ。
あと一歩が遠い遠い。
ま、この原木入荷に関してはどうしようもないことなので来るのを待つほかないです。
結局9000じゃなく8000になっちまったわけですしねぇ・・・・・

P1080104_縮小

一方でこちらは一番最初に植菌した原木。
1か月になり少し換気をする時期に来た模様。
換気して水分飛ばしてまた保湿保温、菌を順調に回すために手をかけます。

P1080105_縮小

ぼちぼち表面に出てきているものもありました。
一応今のところ順調にきているっぽいですね。
まだまだ始まったばかりではありますが。


さてさて、今年は植菌本数が減少したので生産量も減少することになりそうですが、
地味に去年植菌の2夏越え発生榾木が外にあるわけでして。
こちらのほうが雪の下から姿を出し始めていましたよ。

P1080107_縮小

去年は3月中旬に山に行ってキノコを見に行ってたくらいだったけど、
今年はそれからすれば1か月遅れで外の原木が出始めました。

P1080108_縮小

なんかよく見ると右のほうの列は曲がってるね。
どういうこった??

P1080109_縮小

と思ってよく見りゃこれは雪の重さでブロック割れてるね。
雪の重さで榾木が折れたではなくブロックが粉砕している(大汗
しかもこれ1か所じゃなくかなりの数なのでこれはやばいですよ。
こんな風になるのなんて初めて見るくらいヤバイ。
雪の力がこんなところにも・・・・・

榾木自体は大丈夫だと思うので雪解け後の自然子がどうなのかでしょうかね。
組み直し必須?そもそも自然子出るタイプなのかな??
そんなこと考えながら今年の足りない分を補えるであろう榾木を確認。
いつもよりも5000本も少なくなってしまった今年の植菌本数、
外の2年物に期待せざるを無いね。



2021-04-06(Tue)

芽ぇ出る、芽ぇ出る

今日は晴れたけど少し気温は落ち着いてますね。
先週の晴れたら気温爆上げという感じではないところを見ると、
やはり今週は寒気の勢力が盛り返してきているんだろうなーという感じ。
木曜から雪マークがちらちら、ここにきてドカッととか来ないよな・・・・・
来たらきたで桜開花後のドカ雪とまあ非常に珍しいことになりますね。
あ、横手はまだ開花宣言は出されてませんね。
秋田市なのであっちのほうでは雪なんか積もらんでしょ。
秋田市と横手では雪のレベルが全然違うぜーーー


本日は種まきしたものの発芽状況報告。
芽が出てきていますよ。

P1080078_縮小

まずはオクラですね。
発芽試験しててなかなか出てこなかったので加温装置の場所に移動したら出ました。
これで種が使えることが判明、今年も一応ダビデの星は育てられると思われます。
何が出るかは何とも言えないんですがね…(汗
一応ダビデの星という事で。

P1080053_縮小
P1080103_縮小

ついで遅れながらも出始めていた唐辛子の本まき分が発芽。
もう試験の苗が十分な量確保できているけどね・・・・
出てきた以上これもポット上げして苗作りしておこうと思う。
数あればいいものを使えばいいってことになりますからね。

P1080101_縮小
P1080102_縮小

先にポット移植した発芽試験株は伸び伸びが起きずに本葉展開してきていますよ。
埋めた分がうまいこと機能しているようです。
ハウスの中なので熱いときは暑いし寒いときは寒いので生育は遅いです。
それでもじわじわと育ってきているのでこれからでしょうね。
晴れた時には外に出してお日様に当てて強くしてやりたいけど、
今週は寒気が来るしまだ植菌も終わってないので管理がおろそかになってしまうので来週からでしょうか。
毎度徒長苗を外に出して焼いているので今年はかなり注意を払わないといかんねぇ。

P1080062_縮小
P1080061_縮小

最後にアスパラ。
あぁぁぁーーー芽が出とる。
ポット苗のまま定植もせず越冬させてしまったんだけど、それがついに芽を出し始めてしまった。
定植してないポット苗なので出る芽もだいぶ細いっすね(汗
早いとこ定植してやらんといかんです。
今年は畑作り即定植がやたらあって大変だなこりゃ。
苗はあまり越冬させないに限る(大汗


他の種まきした分はまだ発芽しておりません。
暖房止まったので温水パイプ上に置いたものも最高温度で15℃くらいですから厳しい。
来週には育苗ベッド出してトンネル加温してさっさと芽を出させてしまいたいところだ。
よく考えりゃあの雪からもう育苗ベッド出してとか言う時期まで来たんだなぁ。
やっぱり農作業してると日にちの進みが早いですわー


2021-04-05(Mon)

苔桃はブルーベリーみたいな花芽

今日は雨、冷たい雨になった。
どうも今週は寒気がやってきてもしかすると雪が降る可能性ありだね。
先週の段階から天気予報にずっと雪マークが見えてたけど、
やっぱりその通りに雪が降っちまうのかーって感じだね。
まあ毎年4月に最後の雪が降ってるので恒例っちゃあ恒例ですな。
先週までバカみたいな高温だったので少しの冷え込みでもだいぶ寒く感じちゃいます。
だいぶ暖かさに慣れてきてるのでこの冷え込みで体調崩さないように気を付けないといけませんね。
こんなのがあるからまだタイヤ交換できないんだよーーー


本日はコケモモの話題。
コケモモも随分と芽が伸び始めてきていますよ。
どのように育っていくのかはわからなかったんですが、
花芽の展開の仕方はブルーベリーそっくりみたいだ。

P1080049_縮小
P1080050_縮小

5鉢あるうちの1つだけが樺太大実コケモモ、その樺太大実コケモモの展開が一番早いです。
花芽の展開って花芽1個で花1個かと思ったけどこの伸び方だと複数個つくっぽいね。
この辺はクランベリーとは全く違う性質ですね。

P1080096_縮小

伸びてくるとこんな風になる。
まんまブルーベリーの花芽展開と同じ。
大きさは全然違いますがどのくらいの花が花芽1個から咲くのかな?
やっぱり収量があるってのは間違いなさそうな気配がする。
クランベリーよりはるかにいいかもしんないねー

P1080097_縮小

葉芽も同時に展開しているので状態は良さそう。
定植までにもしかして花が咲きそろってしまってるかもしれんな・・・・
葉っぱもごちゃっとしそうな気がしなくもない(汗
まあ大した大きさじゃないのである程度育つ分にはよし。

P1080048_縮小

こちらはもう一つの品種西別コケモモ。
こっちのほうが株自体が少し大きめだけど生育は少しばかり遅いです。
品種差があるのかどうかは何とも言えないけど、
4株とも似通った生育をしているので西別コケモモは少し動き出しが遅いのかもしれないね。
全く問題はないんだけどねー


定植する場所の様子を見るとまだまだ雪が消えるのに時間がかかりそうです。
雪が消えた後に全部掘り起こして土を入れ直してからの定植なので、
定植終わるのにかなり時間がかかってしまいそうだけど、
とりあえずこの鉢で時間を稼いでくれればいいかな。
定植までに実が収穫とかなったらさすがに(大汗
そうならないように雪消し作業もしつつ作業を早くできるように頑張ろうと思う。



2021-04-04(Sun)

地植えに向けた鉢増し作業

今日は雨の休日。
相変わらず雨が降ったときの靄がすごい。
こんな中ですが本日秋田県知事選挙
天候悪いやらコロナがにわかに感染拡大し始めてるやらあまりよろしくない状況なんで、
投票率はかなり悪くなりそうな予感がしますね。
私は買い物行って作業してから投票してきましたよー
今回は4人たってますが現職と元国会議員の一騎打ちでしょうな。
現職は体調面に不安があり、元国会議員のほうは党をあっちこっち移って筋通ってない感。
現職のほうが有利なのかなーとか思いつつどうなるんでしょうかね。
ここで変わってもコロナ対策でどうんなんのってのもありそうだしね。
とりあえずまた県外から持ってきてしまってる現状、その辺どうにかしてもらいたいもんだ。
持ってこなけりゃ秋田はなかなか拡大していかないっすからねぇ。
現状東北デスティネーションキャンペーンはやめてほしいもんである。
お祭りはもう少し落ち着いてから・・・・・


さて本日は週末資材調達。
まーた土買ってきていそいそと準備を進めていきます。
そんなに土買ってどうすんのって話ですが、これはラズベリー栽培のために使うためでござんす。

P1080081_縮小
P1080051_縮小

ピントがどっかいってるけど(汗
ラズベリー類も芽が出始めてきています。
これは今年畑に地植えをするためにひと手間欠けるんですよね。
なんせ普通にただ地植えをすると勝手にあちこちに地下茎発生してしまうので、
それを防ぐための根域制限をする必要があるからです。

P1080088_縮小

という事で買っておいて今まで全く日の目を見ることのなかった不織布ポットを出してきます。
不織布ポットはこのまま鉢植えのようにも使うことが可能ですし、
これを地植えに利用することも可能です。
不織布なので鉢の周りから水が透過できますからね。
不織布といっても結構丈夫に作られているので、保温で使う不織布とはわけが違いますよ。

P1080089_縮小

植えたらしばらくは動かさないので11号サイズで購入してました。
流石に11号サイズになると土を食うので培養土が大量に必要になるわけですよ。
これは地上部がさみしいタイベリーなので余計にポットと地上部のアンバランス感が・・・(汗

P1080090_縮小

という事で鉢増し完了。
7号鉢から11号鉢へのジャンプアップになります。
4鉢ありましたが、やはりタイベリー1本枯死していましたので3鉢分になります。
暖かいですし外に放置することにしました。

P1080052_縮小

地植え処理は去年の秋に買ったモミジイチゴもやるつもりですが、
モミジイチゴは根っこがほぼなかったので現在5号鉢で養生中。
芽が出てきているので今年中には地植えにするような感じですかね。
5鉢あるのでやっぱりまだまだ土が必要だー


鉢植えではなかなかうまいこと実が採れなくて残念な状況であるラズベリー類。
地植えにして管理が簡単になった上に収量も増えればいいなーと期待して。
特にハイブリッドで強いとされてるタイベリーが全く活躍しないからねぇ。
今年はもりっと収穫があればいいなー


2021-04-03(Sat)

山菜の生育進む

今日も暑かった。
曇りの予報だと思ったけど一日晴れて暑かった。
昼前はホントにやばくて熱中症になるかと思ったわ(汗
まだ汗腺が仕事してない時期ですから注意しないといけません。
といっても私は汗かきなほうなのですでに汗だくで仕事してるわけですがね(大汗
なんせ吹雪の中ですら汗だくになりますからーー
代謝だけはいいほうでござんす。


気温上昇に伴い芽が出始めてきている山菜苗なんですがね、
ここ数日の異常な高温のせいかぐんぐん生育してきてしまってます。
あまりにも生育速度が速い気がしてまいっちゃいますね。

P1080045_縮小

ユキザサはすでに葉っぱが展開し始めています。
収穫するときはこの段階かもう少し後くらいなんでしょうかね。
収穫したことないし食べたこと、見たこともないからわかんないのよね。
まあとりあえず順調に育ってます。

P1080080_縮小

ホンナは次々と芽が現れだしてます。
芽が出てからの生育は少し穏やかになりますが、そもそもどんどんと芽が出てしまってるのが問題。
素掘り苗なので定植前に伸びすぎると定植が大変になっちゃうぞー

P1080079_縮小

わかりやすいのがこれ。
3段重ねにしてたので一番下の育苗箱ではこんなものが現れた。
押し出し苗である。
ポットに今から植え替えも大変だし雪消え早々定植、それまで何とか持ちこたえろってところかね。

P1080046_縮小

アシタバはもともとポットだけど冬越し中も青々、
現在暖かくなってきてさらに元気がよくなってきた感じがある。
これもさっさと植えないとポットの中大変だで。
育ちすぎも困ったもんだ。

P1080047_縮小

その他でオダマキだってこんな状態。
もうすでに苗物は春をしっかり感じています。
できることならもう植えてやりたいが…そこは白い大地(泣
何とか辛抱してもらうほかねぇなー
あんまりぐいぐいいかないでちょっと落ち着いてくれーー


2021-04-02(Fri)

人工ホダ場が出てきましたよ

今日は一番暑くなった日でした。
県内で20度超えの場所もあったみたいですね。
相変わらず暑い中ハウスの中での作業をしておりまする。
昨日交換したセンサーがしっかり働いているので滞りなく作業が進んでおります。
まずは明日1日、今週のお仕事もあと1日だ。


こうも暑くなってくるとどんどん雪が溶けてきます。
今シーズン雪でグニャグニャにされた人工ホダ場があらわれてきましたよ。

P1080064_縮小
P1080065_縮小

どうもこんにちは。
礼儀正しくお辞儀していますね。
あかーーーん


P1080067_縮小
P1080068_縮小

グニャグニャに次ぐグニャグニャじゃん。
細いパイプのほうはほぼダメですね。
単管パイプのほうも細い奴に引っ張られたところが折れ曲がってしまったね。

P1080066_縮小

単管パイプだって折損、破断してるしねぇ・・・・
雪のパワー恐れ入る。

P1080069_縮小

パイプ周りは雪が溶けやすくだいぶ雪解けが早い。
そうじゃないところで見るとまだあと80㎝くらいはありそうな感じである。
畑はまだまだ真っ白、ただこのペースだと80cmくらいはさっさと消えそうな気配だ。
あれだけあった雪も気が付けばって感じか。
雪が溶けたら人工ホダ場改修だろうねぇ。
雪解け後はやること山積みで忙しそうだ。


2021-04-01(Thu)

センサー交換

本日も暑かったっす。
暖かいと機械の調子がまずまずなので作業は順調にいくんですが、
本日は朝っぱらから完全にストップ。
今までいろいろとトラブルはあったんだけど、今回は珍しくドリル問題が発生。
先日からおかしな現象が起きてはいたんだけどだましだましやってまして、
それが今回はどうにもならない状況になってしまったわけですよ。

P1080060_縮小

問題となったのがこのセンサー。
金属が近づくとセンサーが反応してランプがつきます。
この状態が初期、この段階ではどちらのセンサーも働いてランプがついています。

8ZoEDca1YtlY5mG1617274472.jpg

問題はドリルを下げて作業が始まった場合。
センサーの反応する部分から離れてランプが消えるはずなんだけど・・・・
(一応拡大できます。)
おわかりいただけるだろうか。

P1080059_縮小

こちらが正常なセンサー。
ランプが消えていてちゃんと動いてるようです。

P1080058_縮小

こちらがダメなセンサー。
完全にバカになってますね。
ずっとランプつきっぱなし。
これだとドリルを下げてるのに下がってないという判断をするため動作がおかしくなります。
そのせいで穴あけを始めたと思ったらドリル刺さりっぱなし、以降操作不能になってたわけで。
今までは種打ちミスとか封ろうミスだったので作業的には無理すればできなくない状態でしたが、
流石に穴をあけられない状態では全く作業できませんで、今回は早々に交換することになりました。
昨日連絡本日夕方に到着し無事直りましたよ。


P1080056_縮小



なんて原木にまで意思表示されてしまいましたが・・・・・
主だって封ろうトラブルに悩まされ続ける植菌作業でしたが、
一番大きい問題はドリル問題だったかーとしみじみ思うトラブルでした。
錐が切れなくて大変なことからしてヤバいのにね(汗
そもそも穴開けられないってもうお手上げだーー
これでまた一つトラブルに強くなったのでこの植菌機に関する知識はだいぶ増えたなーと思う次第。
とりあえずこのまま無事に動いて今年分はさっさと終わらせてしまいたいですね。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村