FC2ブログ
2021-06-21(Mon)

さや食い大根が開花

今日は夏至ですね。
これから日が短くなっていきます。
あーあ―あっという間に冬が来るなあ(笑
今年もそんな季節。


さて本日週明け一発目の作業は畝づくりから。
今日明日で残ってる奴らの畝づくりは済ませてしまいたいと頑張った。

P1080906_縮小

先日から計測したり肥料設計したりしてたので結構スムーズに作業ができました。
白黒マルチ使ってるところもありゃグリーンマルチ使ってるところも。
東西なんだか南北なんだか畝の作りもバラバラで大丈夫かよって感じ(汗
ま、この畑の形状があまりに特殊でちょうどいい塩梅の畝作れないからこうなるのは仕方なかったっす。
とりあえずはこれで一通りの畝づくりは終了になります。
明日から順次定植を開始していくつもり。もちろん天候次第だけど。

P1080905_縮小

その畝づくりのお隣さん、莢喰い大根がだいぶ大きくなってきていますのよ。
結構虫の被害が出ていたけど、でかくなってきたらあまり気にならなくなりましたね。
でかくなってきたのはいいんだけど、実のところ予想外にとう立ちが開始されていまして。

P1080866_縮小

まき時が春なのでこれが普通になるのかもしれんけど、
正直のところ夏過ぎにとう立ち始まると思ってたのでかなり早くて戸惑ってます(汗

P1080863_縮小
P1080867_縮小

小さいけどとう立ち始まってるもの、でかくてもまだのものと多種多様。
そこもまた何とも言えない事象なんだよねー
もっと地下の大根本体がでかくなって十分な状況になってからとう立ちだと思ってたから。
なにぶん初めてやるものだからこんな風になるのかーと思ったね。

P1080864_縮小
P1080865_縮小

蕾はほかのアブラナよりも少し大きめかなと思った。
大根の蕾がどうだったかは定かではないんだけど、とう立ち菜として考えてみるとこれは大きいと思う。

P1080903_縮小
P1080904_縮小

そして本日開花が始まってきていました。
白い花なのかピンクの花なのかどっちが正解なんだ??
花が咲いたので数日後には種が膨らみ始めますね。
あらら、なんやかんやで7月初めには収穫始まっちまうってかー
どんくらい普通の大根よりも莢がでかくなるか楽しみだね。
その頃にはナガメの対策しとかないといかんかな・・・・・


時期的に見て作業の隙間に収穫期が来そうでちょうどいいタイミングになる気がします。
でもだらだら続いてオクラの繁忙期まで行ったら地獄しかない(大汗
初物はリスクもある、いいほうに転がっていってくれることを願うぜーーー



スポンサーサイト



2021-06-20(Sun)

柑橘の幼果

今日はお休みだ。
ホントは天気が持ってるうちには畑仕事してしまったほうがいいんだけども・・・・・
それは明日明後日なんとか頑張ろうと思います。
雨が本格化する前に畝づくりまでは確実に終わらせてしまわないと。


本日のネタは柑橘。
春先に開花が始まっていたものにはすでに幼果ができ始めています。
鉢には相変わらず草が生えてくるのでそれらの除去と枯れ枝の剪定などをしつつ様子見。

P1080882_縮小

まず復活しているゲンコウ。
去年ちょっと状態悪かったけど今年は順調に葉が茂って花が咲きました。

P1080862_縮小

ぼちぼち実がついてきています。
実の大きさ的に言えばスダチ<ゲンコウ<カボスといった感じになりますかね。
スダチよりは実の数をつけないように大きくなってきたら摘果ですね。

P1080861_縮小

一方のスダチは大量に結実。
やっぱり今年は実のなる年、十分に結実していますね。
この状態だと多すぎますがまず生理落下、そこから数調整でしょうかね。

P1080884_縮小

更にはジャバラ。
上記2品種よりは数が少ないですが結実済み。
どうも花の数に比べて結実率は悪いですね。
しかし今年は収穫できそうで何より。

P1080883_縮小

カボスに関しては今年は丸坊主からのスタート、それでもここまで盛り返してきましたよ。
定期的に丸坊主になるカボスですが、隔年結実どころか2,3年に1回実がつけばという感じ(汗
今年は葉が茂って来年か、もしくはこのまま夏に花が咲いて実ができるかですかね。
カボスに関してはそんなもんと割り切ってます(笑

あとダイダイ、レモンに関しては今年は実はなしかなー
ダイダイは丸坊主にはなりにくいけど徐々に衰えていっている感じ。
レモンはひたすらにリハビリ中だ(大汗
その流れでプチまるもだいぶ枝を落としてしまったので今年は養生ですね。
強い弱いははっきりある感じですねぇ。

P1080860_縮小
P1080859_縮小

最後にフィンガーライム。
だんだん大きくなってきていてどうなるか楽しみだった幼果が・・・・ない!!
他に実はないのでこれで今年はすべて実がなくなりました。
まあ1年目だから枝葉を茂らせることに集中かね。
どうも先日の大雨に叩かれて落ちてしまった模様だ(泣
こればっかりは天候だから仕方ないけど、もしこれから先もこのようなことが起きるようなら問題だね。
実ができ始めたら雨よけ必須になるわけだから。
ちょっとまさかの問題が露見か???


今年は結構肥料を切らさずやれてる感じで枝の伸びがいい気がします。
いつもは緩効性の鉢植え肥料ばかりでしたが、畑で使うやつもやってみたのがいい結果になってるのかも。
思ったよりも緩効性肥料の効きが悪いのかもしれんなぁ。
とりあえずのところ月1くらいでちょこちょこ追肥して状態を保って行ければと思ってます。
この感じで冬場の丸坊主が防げるようなら施肥は改革必須だーー


2021-06-19(Sat)

チコリー類播種

今日は予報通りの雨だけど予想以上にふらなかったねー
今日の雨をもって東北地方も梅雨入り。
去年は梅雨明けがなかったくらいグダグダの梅雨でしたが果たして今年はどうなるんでしょ。
空梅雨も大雨続きもだらだら長引くのも嫌だねぇ。
あ、また贅沢言いました(笑


さて本日のネタはチコリーの話題。
といってもチコリー類、カステルフランコとアスパラガスチコリーですね。
チコリーはやってません。なんかまどろっこしいね(汗

P1080848_縮小
P1080847_縮小

今年もカステルフランコとアスパラガスチコリーをまきます。
去年はアスパラガスチコリーの別の種をまいたらさっぱり発芽せず、
カステルフランコのみの栽培になってしまったので、
今年はアスパラガスチコリーは2品種、カステルフランコはおまけ種子が見つかったのでこちらも2品種まきました。
アスパラガスチコリーの種は数年たってきたのでちょっと多めにまいておきましたよ。
なんせ種の量だけは異常に多いですからねぇ。

P1080889_縮小

結果現在3日目にしてカステルフランコの去年の種だけが発芽始まりました。
他な動きなし…なんか去年の二の舞になりそうな予感。
アスパラガスチコリーは種の期限かなーだとしたらしょうがない。
もう少し待ってだめならカステルフランコの去年の種だけもう1度まこうと思います。

P1080849_縮小

カステルフランコというと畑から拾ってきたものが大きくなってきた。
といっても暑さに負けたりして小さいのは枯れてしまったので1株くらいしかないけど。
ただこの1株もそういや「らしくない奴」の残りっぽくてロメインレタス風味の形状に。
使うかどうか迷うところ。

P1080855_縮小

逆に畑にまだ残ってたやつなんか随分と立派になってます(大汗
こっちのほうが形状いいじゃないかーー
トウモロコシの通路に存在してるけど…このままにしとこうかな。

P1080788_縮小
P1080790_縮小

そうそうカステルフランコというと種採り。
しかしながらいまだに花が咲かないんすよね。
背ばかり異常に伸び放題、蕾の数はそれに伴ってだいぶ増えてはいるけども・・・・・
なかなかどうして1番開花がいまだにまだなんすよね。

P1080890_縮小

実のところ身長2m超えまして。
細いのがぺロペローッと伸びているのになぜか折れない不思議。
先日の強風にも耐える強さはどこからきているのか。
全くもって謎である。
このペースなら6月中頃には開花するだろーなんて思ってたけど、
なんかこのままいくと7月開花になりそうな気がしてならないね。
そんなもんなんかねぇ???初めてのことなのであってんだかどうだか。


結局種まきはとりまきが確実に不可という感じの現状、
今年採種は来年に、そんな感じでぼちぼちやっていきます。
今年も去年同様に畑ではてんでバラバラの生育を見せると思いますけど、
とにかくしっかり大きくすることだけ考えて頑張りまっす。
なんだかんだですでに秋物スタートだーーー



2021-06-18(Fri)

引っこ抜き移植完了

今日は曇ったり晴れたり。
昨日こんな天気だったらよかったのになーとか思いつつ・・・・
明日は雨予報なので本日オクラの引っこ抜き移植を完了させてきました。

P1080856_縮小

なぜ今日かというと先日やったのが案の定こうなってたからですよ。
やっぱり案だけ日に当たると萎れてしまうんですよねぇ。
だからこそ曇ってくれると思っていたのにというところ。

P1080857_縮小

何とか生きてるってのもあります。
やっぱり以前に比べて根っこをうまく残せたからだと思いますが、
数日天候が曇り・雨であれば持ちこたえられそうだと思うんですよね。
そんなわけで本日からの天候悪化を見越しての作業になってます。

P1080858_縮小

ちなみにセル苗は問題なく生きてます。
根っこがちぎれるかちぎれないかの差は本当に大きいですね。


P1080878_縮小

日が落ち着いてくる4時過ぎから作業、残ってた4畝分から引っこ抜いてどんどん移植。
今回は水につけながら苗をとっていって移植後も根に土を密着させるため水をかけてみた。
それでも日があるうちに移植したものぐだってますね(汗
そんなもんなんですよ。

P1080879_縮小

今日やったのは矢印の部分。
先日の続きからやっていき、最終的に移植分が1畝と4分の1程度になりました。
思ったより数は稼げたように思いますが、天候次第でこれは全然ダメになる可能性もあるので、
何とか天候ぐずついてくれることを祈って。
なんか晴れてくれーって言ったり曇ってくれーって言ったりやっぱりぜいたくな悩みよね(笑


残った欠株部分には本日発送になった追加購入分の種をまいていきます。
到着は日曜もしくは月曜、播種最短で火曜じゃないかな。
うーーん、だいぶ遅くなっちまうねぇ。
追加播きも去年みたいにほぼ全部だめにするなんてことの無いように気を付けないといかん。
オクラ2年目もスタートでずっこけてしまいましたなあ。


2021-06-17(Thu)

サク花盛り

今日は天候崩れることなく一日晴れて暑かったっす。
曇りだと思ったけど晴れやがってチクショウ・・・・
本日は暑い中草むしり三昧でしたよ。

P1080850_縮小

特にひどいアマドコロ・オケラのところを。
特にアマドコロのところは去年鳴子百合の小さい苗植えてから草マルチして、
それが原因で種から大量発芽、草ぼうぼうになってしまってたところ。
イネ科雑草ひどいのでさっさと除去だーーー

P1080851_縮小

はい終了。
これでこっちの山菜の草むしりはおしまいだ。

P1080853_縮小
P1080854_縮小

アマドコロもオケラも順調に育ってます。
特にオケラはかなり大きくなりましたね。

P1080840_縮小
P1080841_縮小

もうひと畝ある小さいところも。
こちらはイネ科雑草よりもスギナがひどいのでスギナマルチをしといたわ(笑

P1080842_縮小

そして隣は・・・菊芋さぁ。
どんだけ強いのよこれ。
抜けないので頭カットし続けることにします。


さて本題はこれから。
同じ場所にあるサクですが、現在花盛りを迎えていますよ。

P1080820_縮小

160cm程度まで伸びて花盛り。
白い集合花でござい。

P1080766_縮小
P1080767_縮小
P1080768_縮小

完全に人参と同じだ。
セリ科ですからね、そりゃあそうなるわって花です。
株がでかいので花の直径も結構大きめですね。
除草作業中近くにいるとものすごいセロリの匂い(汗
一番近い作物がセロリなのかもしれんなぁ。


畑のサクは現在花盛り、ではあの野良のサクは一体どうなっているんだろうか。
車で走ってるとあちこちでサクらしきが咲いている場所があるんだけど、
じゃあ小屋下のものも・・・と観察に行くと、

P1080816_縮小

花はありませんでした。
あれ????おかしいなー
じゃあやっぱりこれはサクではない??
もっと後から咲くのか??
やっぱり謎が深まる。

P1080817_縮小

ちなみに周りはすでに2m程度にまで育ったオオイタドリによってすごいことになってる。
こんな状態でもサクであれば花が咲けば目立つけど現在は全く目立ってないね。
というか休憩なんかでよくこのあたりを見てるけど全く白い花を見た記憶がない(大汗
あれれ??マジでこれってサクなんか???(大汗


とまあ野良のサクのようなものは謎からのサクっぽい、いやもしかしてサクじゃないかもと結論が迷走中です。
全体像はサクのような感じ、花が咲かないのはサクじゃない感じ、うーーむ難しい。
栽培しているのは間違いなく業者がサクだとして販売しているもの、
花の感じもそうなので間違いはないんだけど、野良だとそうでもないとなると何で判断すりゃいいんだ。
こうしてひとつずつ特徴を見ていくといろいろとわかってくることがあったうえで、
更に謎が深まるという何とも泥沼にはまっていくサク。
面倒だから野良はもういい、畑のサクだけで物事を考えることにするか(笑



2021-06-16(Wed)

オクラいじりをする。

今日は午前中暑くなりこれは・・・と思っていたんですが、
やはり午後から雨が降り出しましてね、相変わらずの天候不順でござんした。
先日ほど強い雨ではなかったためさほど問題にはなりませんでしたね。
むしろこの雨のおかげでオクラの作業がしやすくなったわけで。

P1080782_縮小

今年のオクラはずいぶんとしっかり生えそろってくれた印象です。
去年は島の恋が壊滅的な状態になりましたが、今年はほぼ問題なく発芽してくれました。
最低でも1本生えてれば島の恋に関しては問題ありませんからね。
また、ヘルシエのほうもだいぶまともに生えてくれているのでまずまず成功と言えそうです。

P1080783_縮小

しかしながら問題なのがダビデの星。
これは今年購入種子が一切手に入らなかったため自家採種種子オンリーになってしまったんですけど、
そのリスクがもろに出て発芽率が約10%と非常にやばいことになっています。
欠株箇所だけで400穴、これではどうしようもない。

P1080834_縮小

そんなわけで残してた種を芽出ししてみたんだけどこれもまた全く出てこない。
熱かけていてもだんだんと腐敗臭がするようになってきて絶望的だ。

P1080835_縮小

ほんの少しだけ芽切ったものはありますが、普通であればすでに根がかなり伸びていてもおかしくない日数。
かなりの硬実種子って感じがしますね。
まあ水吸っているのでそれはないと思うけどそれにしても異常。

P1080832_縮小

藁にも縋る思いでさやのまま残してたやつまで動員してみた。
これは最終盤で収穫したものなのでほぼ使えないとは思うけど・・・・・
出たら儲けもん程度で。

P1080833_縮小

ちなみにほしひめの莢もあったりする(笑
これは・・・・本当にダメでダメでしょうがなかったらまいてみよう。


そんなわけで本日は欠株埋めの作業をしてみましたのよ。
まずはヘルシエと島の恋の残った種をセルトレーにまいといたもので。

P1080831_縮小

といってもこのセルまきしたものがさっぱりなんだよねぇ。
ヘルシエなんか発芽率10%以下じゃないか???
畑ではまともだけどなぜか苗作りしたものがダメ。

P1080830_縮小

ポットのほうもこんなんだし。 
種が余って余ってしょうがない状態だったのになぜこうなった・・・・・
ま、これら使ってとりあえず欠株埋めていきましたよ。

P1080836_縮小

こんな感じで2株で埋めていきます。
ヘルシエの最適なのは2株らしく、あまり密植すると勝ち負けでるらしいので多くはしません。

P1080837_縮小

1株のに付けたしっていう補植も。
欠株箇所が40数か所くらいだったので少ないながらもできた苗で何とか賄えました。
島の恋は逆に多かったので無事にすべて埋めました。

問題はここから。
ダビデの星の欠株をいかに埋めていくか。
種の販売がまだありそうなところに注文したんですが、
帰ってきた返事はメーカー完売のため注文キャンセルとさせていただきます。

NO!!

これで最早ダビデの星を増やすことはできなくなったので、
今年は残ってる穴はヘルシエで行くことにした。
しかしそうなると苗が足りないのでまさかの種再注文ですよ。
あれだけ種余ったーしくじったーだったのに再注文とはこれいかに。
悲しいなぁ。


P1080838_縮小
P1080839_縮小

ただ、種だけだと明らかに足りないんすよ。
400穴4粒まきなら1600粒だし3粒まきでも1200粒、
苗作ってるのが今後出てくるようであれば足りなくはないかもしれないけど、
ちょっと厳しそうなので4株や3株の穴から引っこ抜いて移植することにした。
ここで天気が崩れていることが役に立つわけですよ。
こういう引っこ抜き移植は晴れてると確実にすぐ萎れて枯れますからね。
雨降ったおかげで引っこ抜きでも根の量を確保できましたしね。
去年は同じことして午前中やって午後には枯れてましたもんで(大汗

P1080844_縮小
P1080845_縮小

この印から先がダビデ領、本日はヘルシエ2畝から引っこ抜いたものを移植した。
それでも1畝まで到達できず、かなりの量足りないなーというのがあからさまにわかるもんだ。
ホントこの自家採種種子のリスク出かかったわ・・・・・
まだヘルシエ畝が4畝あるのでこの1畝くらいはカバーできると思います。
残りは注文した種が到着したら再度の種まき実施で何とかというところです。
最初の種まきから1か月後になるのでだいぶ収量は落ちると思いますねぇ。
種の量の問題、発芽率の問題、この辺ピタッとはまってくれると非常に助かるんだけど。
なかなかうまくいかないもんだわー


前もそうだったけどなかなか当地でのオクラの自家採種ってうまくいかない。
去年はそれでもかなりうまくいったほうだと思ったけど管理が悪すぎだったかねぇ。
輸入種子は現在のような状況下では入ってこないこともあるので、
なんとかダビデは自家採種をうまくやっていきたいところですよねー
種の価格って問題もありますし。(ダビデはヘルシエの約4倍くらいする)
去年は島の恋、今年はダビデ、なかなかどうして3種類ビシッと決まらんもんだねぇ(大汗


2021-06-15(Tue)

アスパラ草むしり

今日はさすがに昨日のような突発的豪雨は起きませんでしたね。
朝方に霧雨が降ってましたけど、そのおかげで日中馬鹿みたいに気温上昇ってこともなく、
大気が不安定になるってのはなかったようでござい。
昨日は当地はまだまし、横手市内では屋根が飛ぶとか小屋が倒壊とかひどかったみたいね。
同期の畑が冠水したらしいしほんと場所によって状況がちがったみたいだ。

P1080819_縮小
P1080818_縮小

畑で一番ひどかったのはメロンの泥はねですかね。
トンネル開けてたこともあってドロドロになってしまってました。
畑が冠水することはなかったけど一時的に水たまりができたことで泥はねがひどくなった模様。
このまま放置すると確実に病気発生するので早速防除しておきました。
毎年泥はねからあの病気が来ますからねぇ・・・・・
これから定期防除か、ずいぶんと早い防除スタートになっちまったもんだ。


さて本日はメロンではなくアスパラ。
暑い日々が続くだけならまだしも、こうなってからの雨ってのは一気に草が生えてきます。
なんだか昨日の今日で畑が一気に緑になってきました(大汗

P1080821_縮小

昨日の雨でだいぶ土が流れたっぽいアスパラ・アシタバ畝。
部分的にはまだましなんですが、

P1080822_縮小

特にアスパラ畝の一角がひどいことになってます。
主だってイネ科雑草なので放置しておくととにかく大変。
特にこのあたりはケイカルを入れているのでイネ科にとってはケイ酸が多く好都合。
(イネ科はケイ酸作物なのでケイ酸肥料入れていると丈夫に育ちます)
無駄に丈夫に育たれても困りますからさっさと取り除いていきますよ。

P1080823_縮小

2時間ほどで作業完了!
まだ小さいことと昨日の雨で根元の土が流れており除草するには最適でしたわ。
それでもイネ科ですからちぎれて根本が残ることがあってしっかり根っこごととるのには難儀しましたがね。

P1080824_縮小

やっぱりあまりにも定植が遅くなってしまった苗、
なかなかどうして早々にアスパラの林にはなってくれませんね。
一応すべての株が根付いているようですが、新芽の伸びがいまいちです。
この除草で無駄な栄養を奪われなくなったことでどんどん育ってほしいもんですね。
そうじゃないと来年だって収穫が難しそうだぜ(大汗


とりあえず畝の除草はできたけど、これから先絶対スベリヒユがもじゃもじゃになることは目に見えてます。
まだまだ草との戦いは始まったばかり、あっちもこっちも草むしりで忙しくなる時期がやってきたなー


2021-06-14(Mon)

紅ウド追加

今日は暑かったんだけど夕方に大雨が降った。
なんというか日中グワー―ッと気温上昇してからの夕立ってのは真夏の天候じゃないだろうかね。
あれ?梅雨って明けたっけ??(笑

P1080813_縮小

ものの10分程度でハウスの入口は冠水。
まさに土砂降り。

P1080814_縮小

そんなわけでハウス内も浸水。
そりゃあレーダーが真っ赤になる雲がきてたらこうなるよね。
雹も降ったし。

P1080811_縮小

メロントンネル閉めそびれてしまってたんだけど、見に行ったら倒壊するところだったわ。
ビニール上げたところに大量の雨水がたまってしまって危なかった。
暴風雨だったこともあってパッカー外れたりしたので何とか持ちこたえたっぽい。
ホントこういう土砂降りは勘弁してほしいよねぇ。
久しぶりにまとまって雨が降ったのはいいとして、降りすぎ強すぎの雨はデメリットしかない・・・・


さてそれはさておきまして本日は紅ウドのお話。
紅ウドは春先に購入して1本植えてたんですがね、
そこから追加購入していた4株をようやっと定植できましたんでね。

P1080801_縮小

こちらがその4株。
始めに買った物と違って届いた時から結構な大きさになってましたが、
そこから数日放置しているのでさらに大きくなった感じですね。

P1080800_縮小

ちなみにこちらが最初の株。
あとから来たものに比べて葉の展開量が少ないよね。
これから育ってくるとは思いますが。

P1080802_縮小
P1080803_縮小

前回のものの近くに約1mくらいずつ話して定植しました。
ここも機械で掘っていないためスコップで掘り起こしての定植。
草が土を持って行くので土の足りない部分は最初と同じく草を積んで土化したものを利用。
草たい肥でしょうけどこれがやっぱりいい土なんだよねー
草たい肥どんどん作りたいところだけどそんなに大量の草集めるのも難しいからね。
種の問題ってのもあるし。草刈りのタイミングでしょうな。

P1080804_縮小

最後にこの間草刈りしてすっかり乾いた草をかけといた。
これにて定植完了、あとは大きくなるのを待つだけ。

P1080805_縮小

ウドも大して手をかけずとも毎年でかくなってきます。
数年前に植えたうどが畑の隅でこんなになってます。
ウドも結構品種があって、品種によって生育の状況って変わってくるので、
紅ウドがどの程度の大きさに育ってどのくらい収穫できるようになるかは不明だけど、
これぐらい大きく株が育ってくれればうれしいですなー
大きくなってきて写真のような紅紅してないのが気になりますが、
どんな風な生態をしているのか観察しながら管理していこうと思いまっす。
増やせるようなら増やしたりもしてみたいもんだねぇ。


2021-06-13(Sun)

野良もん

どもー
朝一からまた百足に這われた椎たけ夫ですー
人生何度目かね。シャツ替えたらそれについてたみたいでね、頭にわさわさ―ッと・・・・
カメムシとかならまだいいんだけどムカデは勘弁してほしいよなぁ。
ホントホントマジ勘弁。
朝からいやな気分でした。


さて、
畑にあれこれ植えてきましたが、畑の外では野良ものが良く育ってきています。
植えっぱなしで勝手によく育つものと廃棄したものから勝手に生育するもの、
野良になるのはいろいろと理由はあれどえてして野良ものってのは畑より良く育つもんだ(汗

P1080784_縮小
P1080785_縮小

自分が植えっぱなしにしたものの最強格がオレガノだ。
他のハーブはそんなにもじゃついてこないんだけどオレガノだけは毎年何一つ世話せずとももじじゃもじゃ。
毎年株がでかくなって生息域拡大している気がします。
ハーブといえば最強格はミントなんだけどミントより強いと思うわ。
虫もさほどいないので利用したければどれだけ利用しても構わない状態だねー
そんなに使うことないからずっとこのままなんだけど。

P1080794_縮小

勝手に増えるのでと言ったらこれでしょうね。
菊芋は今年も生えそろいました(笑
ここは畑ではなく小屋裏の一角、毎年勝手に育って収穫してもまた勝手に育つってやつ。
今年はあまり生えてこないかなーと思ったけど気付けば一角菊芋になった。

P1080795_縮小

密度がやばい。
マジで菊芋を野に放してはいけないって典型だね。
そのうち特定外来生物指定入りそうだわ。
そいうわけでこの場所から生息域拡大しないで欲しい今日この頃。

P1080796_縮小

ちなみに野良菊芋は生育速度が尋常じゃなく早い。
自分が今年植えといたムラサキキクイモにあっという間に追いついてしまった。
最早吸収されてしまってムラサキキクイモが育つんだか不明だ(大汗

P1080787_縮小

廃棄モノからというとこちら。
草刈りでなぜか刈り残した場所をよく見ると去年植えたパープルトマティーヨがそこかしこに。
畑でもこぼれ種が爆発的に芽を出してたけどこちらでも。
肥塚生育は肥料なしでも無駄に育ってくるのでやけに生育がいい感じに見受けられますね。
その他姫神芋の蔓が伸びてたし、去年同様南瓜が育ってきています。
南瓜に関しては去年廃棄したものの種があらかたネズミに食われてたので今年は少なめですね。
去年は3回カットしたのにさらに生育、そこから秋収穫を迎えるというすさまじい生育を見せた南瓜、
今年もこの場所だと尋常じゃなく生育続けるんでしょうねぇ。
パープルトマティーヨ含めどうすっかな(汗


P1080806_縮小

自分の中ではなぜか種から・苗から育てるものより適当に植えてみたり勝手に育ったもののほうが順調に育つ感。
このイガホオズキも種からだと増えにくいらしいけど適当に植えたのが今年も育ってきたし。
なぜに野良もんってこうやたらに育つことができるもんなのかねぇ・・・・・
こういうメカニズムがはっきりわかるようだと作物つくるのもより楽になると思うんだけどー
栽培方法っていろんなもんあるけど、この野良にはなかなかかなうもん無しのような気がしてならない(笑


2021-06-12(Sat)

やっとこ南瓜定植

今日は曇ってだいぶ気温が落ち着いた。
昨日記事書いてるときは気付かなかったんだけど、よくよく見たら昨日の気温34,6℃だったらしいね。
そりゃあ日差しきついわ。
日差しの少ない今日みたいなのがほんと楽に仕事できてよかったっす(笑


さて本日はようやくの南瓜定植にかかりました。
例年は南瓜からのメロンとなってたんだけど今年はなぜか逆に。
苗管理がかなり悪かったこともあって、畑は作ってたのに定植が遅れてしまいました。

P1080572_縮小

畑のほうはオクラの畝づくりをした時にすべて完成させてたんだよね。
という事は結構前から畝だけはできてたってわけ。
苗ができれば即定植みたいな状態のまま随分と日にちばかりが過ぎ・・・・・

P1080807_縮小
P1080808_縮小

ようやく植えたったー
いつも通り80㎝ピッチでの定植。
見ての通り苗管理がなってなくてだいぶ老化していますね。
老化してる上に葉の展開力が弱くかなり小さい苗になってしまってます。
日当たりの問題とか雨ざらしになっていたこと、ある程度大きくなっても間隔をとらなかったことなどが原因でしょう。
やっぱりしっかりと管理してやらないといいものはできませんね。

P1080797_縮小

ちなみに本葉が奇形を発症したものは案の定本葉が増えてもダメなまま。
こちらはすべて定植から除外しました。

P1080799_縮小
P1080798_縮小

なんと言ってもこんなに葉が小さくてはね。
全く生育に期待が持てないものを植えても仕方ない。
というか今年の苗の数で全然足りないかと思ってたけどはじいても余裕で間に合ったわ。
結果オーライだ(笑


今年は例年と違う方法で生育に入ります。
向きをそろえることでごちゃつきを解消したいけどどうなるかねぇ。
そもそもこの苗でまともに育つかどうか…(汗
今年のカボチャはちょっと心配が大きいスタートになってます。


2021-06-11(Fri)

ようやく姫神芋のネット張り終わったーー

今日も暑かったねぇ。
昨日に続き真夏日、午後から外に出た時真夏じゃねぇかと思ったわ。
それぐらい日差しがきつく暑い暑いーー
前も夏前に真夏日のキッツい暑さがやってきたことがあったけど、
今年もそんな感じで夏も激アツになるかもしれんな・・・・・ヒー勘弁


さてそんな馬鹿暑い中、ようやく姫神芋のネット張りが完了となりました。
3日がかりになった作業でしたがなんとか今日中に終わらせた。

P1080769_縮小

今回はですね、あまりにも支柱がささらないためドリルを導入。
去年はささりが甘すぎて風で後半倒れてしまいましたからね。
このドリルで穴をあけてしっかりさしこんでいきます。
ちなみにでかいドリルは畑の排水対策用、本当はこっちのでかいドリルメインで購入。
購入時に本体のみ販売と細いドリル付きとあったので、今回のように使えるためドリル付きで購入です。

P1080770_縮小
P1080771_縮小

また、差し込みを楽にするための道具も。
これあるとないとでは全然違いますからねー

P1080773_縮小
P1080772_縮小

ドリルを始動、これがまた非常に大変な作業だった。
ある程度までは作土層、刺さりにくいところは粘土質で土の色が黄色っぽかった。
そんなこともあって深く差すと抜けてこないので毎度全力で背筋測定している感じ(汗
ただの背筋測定ならまだしも機械の重量が10㎏もあるからホントにしんどい。

P1080774_縮小

1列穴開けてパイプをさしたところで、汗だくの全身疲労。
しかし一昨日の段階で終わらなければ昨日の真夏日、更にやばいと何とか頑張ってすべて穴をあけた。

P1080775_縮小

所々ドリルでどうにかならない岩盤にぶち当たる場所があったので、
その場所はいつもの金でこをぶち込んで破砕してパイプをさしました。

そこから昨日は上下に紐を張る作業とフックかけ。
ネット張りまで行けるかと思ったけど思いのほか紐張るのに時間がかかってしまったので本日ネット張り。

P1080777_縮小

このネット張りも今年は非常に苦労した。
まともにすんなり張れたのはたった1回。
注意しながら張っていってるのになぜかねじれが発生したり、
1枚を半分にするのでまとめてカット、
次のところに行くとしっかりまとめたのになぜかぐちゃぐちゃになって張れなくなるなどなどホントに苦労した。
今年が一番ネットで苦労しましたね。かなりイライラしてました(苦笑

P1080778_縮小

よく見りゃ支柱がかなり曲がってますけどねー
まあしっかりささっていれば問題ないでしょう。

P1080779_縮小
P1080780_縮小
P1080781_縮小

今年は例年になくネット張りが遅れたため蔓もすでにグニャグニャのぐちゃぐちゃ。
ネット張り終わってからネットに絡めたけど、普通に伸びてりゃほぼ頂上じゃねぇか・・・
早めにネット張らないとこうなるからダメだね。
といっても今年は注文したネットが1か月たっても来ないので別口で注文し直したもんで(大汗
ネットでダメならホームセンターで調達・・・も今年は近所のホームセンター全て全滅だったしねぇ。
1.8m*50mなんていうニッチなサイズだと取扱量少なくてなかなか大変だわー


3日もかかっちまったけどこれにて春物の95%ぐらいの作業が終わったね。
残りは細々、ようやく気が楽になりますなぁ。
とにかくこの3日で筋肉バキバキ、来週までに体調を元に戻さないと。


2021-06-10(Thu)

フィンガーライムの実が大きくなってきている

今日は真夏日、非常に日差し強く暑かった。
やっぱり日差しの中の仕事ってのは体力を奪われますね。
そんなにきつい仕事してないけど疲れたわ。
明日もこんな感じ、うーーん今週もつかしら(汗


さてさて、
今年購入した新しいフィンガーライムに花がついていたわけなんですがね、
これがその後どうなっていくんだろうかと観察をしていたわけですよ。
大きくなったら面白いなーなんて思っていたら、どうやらその面白いほうに振れていったようで。

P1080610_縮小
P1080609_縮小

開花し終わった後はこんなかんじだったんですよね。
これが落ちるのか大きくなるのか、どのような変化をたどるのか気になるところ。

P1080751_縮小

結果、大きくなりましたーーー
色が濃くなり確実に大きくなってきています。
初めてのフィンガーライムを収穫できる可能性が出てきてうれしいねー
大きくなったのはこの品種のみでしたが、どんな風に大きくなるのかを知ることができるのはうれしい。

P1080752_縮小
P1080753_縮小

しかしまあ毎度おなじみみたいな初期の葉っぱ落ちまくり。
新芽が育ってきているので葉っぱの枚数に関しては多分大丈夫。
実が無事に大きくなることを祈るだけですな。

P1080754_縮小

その他で言うと、今年買った訳アリの苗が枯れてしまったようだ。
やはり訳ありは訳ありってことか・・・・・

P1080755_縮小
P1080756_縮小

生きてるーと思ったら台木のほうだったり、残すところあと1本の枝だけだったり。
どちらも台木は生きてるので接いだほうだけが死滅って感じになるのかねぇ。
これは初めての経験、台木が生きてるからほかの品種接ぎ直すってのも手かな。

P1080757_縮小

同じ訳ありのもう1本は生きてますんで、これを接ぎ直して品種本数回復ってのもありかなー
といっても新芽がしっかりと大きく育たないことにはどうにもならんからね。
ダメだったもの含めまずはしっかりと育てること優先で。
あ、実に関しては1個は収穫したいけどねー


フィンガーライムは現状実がついてるのが1品種、それ含めてほぼ新芽出して生育中。
去年買った物も花は咲かないけど枝葉は出してきているので来年に期待だね。
とりあえずこの暑さ、これから水やりと肥料に気を付けて管理していきまっす。



2021-06-09(Wed)

ラズベリーの今。

今年ついに地植えデビューしたラズベリー。
やはり不織布ポットでの地植えとはいえ、地植え化するとちょっと違う感じがしますね。

P1080762_縮小

草刈ってちょっとごちゃついてたのがすっきりした感。
草のせいで生育具合がなんとも言えない感じだったけど、こう見ると株元がもじゃってきたね。

P1080763_縮小

これはタイベリー、タイベリーは鉢植えではヒョロヒョロ細いのしか出てこなかったんだけど、
地植えにしたら株元から強いものが伸びだしましたね。
これだとようやくタイベリーらしさが出てきたって気がする。

P1080764_縮小

ラズベリーのどっちだったかわからなくなったけど実がつき始めました。
そろそろ蔓を誘引する支柱の設置をしとかないといけませんね。
だいぶ花が咲いてたので確実に地べたに垂れ下がりますわ(汗
地植えにしてやっぱり花の量も違うなーって感じ。
なぜにここまで差が出てるのかは不明だけどーー
鉢植えでも十分に肥料やってたはずなんだけどなぁ・・・・・

P1080759_縮小

鉢植えというと生育待ちのモミジイチゴ、
肥料やってなかったせいで葉の色がだいぶ薄くなってきてしまった・・・

P1080760_縮小
P1080761_縮小

しかしながらすべての株で株元から新しい芽が伸びだしました。
順調に生育中という事で、もう少ししたら根っこの確認をして不織布ポット化しようかなー。
これが順調に育ってたくさん実がつくのが楽しみだで。


というわけで何年も鉢植えでやってたラズベリーたちを地植えにしたら全然生育が変わったという話。
どんだけ鉢植えが合わなかったんだって感じがあるんだけど、
鉢植えでも十分に育ってるところもあるわけで、何がどう違うのかねぇ???
ブルーベリーだとまずまずうまくいくのに。
まあ地植えにしてうまくいき始めたので、ラズベリーの収穫に期待しときましょう。


おまけ。

P1080765_縮小

ラズベリーの葉っぱにハマキムシが来てたので駆除してたら気付いた。
これはキリギリスかねぇ。マイマイガ食ってやがる。
まさかの肉食現場。驚きの光景だった。



2021-06-08(Tue)

山菜の様子 畑A

今日から秋田での聖火リレー。
当地も午前中に聖火が来たみたいね。
にわか雨が降ってどうかと思ったけど何とかなったみたいでよかった。
今日来て明日でおしまい、なんというかあっという間に過ぎ去っていくもんだねぇ(笑


P1080758_縮小

あっという間に過ぎ去るのは日々の仕事に追われてる私の毎日も同じなんすけど―
本日ようやく草刈り完了しました。
すっきり爽快、だいぶ時間がかかったけど何とかなった。
春仕事ももう間もなく終わりが見えてるのでさっさとけりをつけたいもんだ。

本日は山菜の成長具合でもご紹介しますかね。


P1080526_縮小

まずアマドコロっすね。
一応大きくなって皆どうもどうもとお辞儀している感(笑

P1080525_縮小
P1080524_縮小

花の数がオオナルコユリよりも少ないのはまだ小さいからだと思いたい。
ホントこの花のつき方もほとんど一緒だから見分けるのは大変だね。

P1080527_縮小

まあ特徴的というと茎がしわを持ってるってところなのかな?
ナルコユリはつるっとしてる感じ。
ここが一番わかりやすい違いかもしれないねー
とりあえずアマドコロは順調に生育中。

P1080636_縮小

ついでオケラ。
オケラは去年さほど成長しなくて今年はだめかと思ってたんだけど、
気が付けば去年植えたものすべて生えそろいました。

P1080635_縮小
P1080634_縮小
P1080633_縮小
P1080632_縮小

生えそろって思うのがだいぶ個体差が大きいもんなんだなーという点。
丸葉もあれば長葉もある。
品種の違いってことはないと思うけどなんでこう違いが出るもんだろうか???

P1080703_縮小
P1080704_縮小

現状は草にも負けず大きくなってきています。
草刈り終わったけど除草作業はまだ忙しいな(大汗

P1080702_縮小

こちらも死に絶えたかと思ったけど育ってきている南天萩です。
色が薄いので肥料不足かねぇ。
ここは一度除草したんで追肥しとけばよかったかな。
収穫は来年以降だけどそこまでに何とか大きく育てたいところ。

P1080681_縮小

最後にサクです。
こればっかりはどんどんでかくなってきています。
でかくなってるけど収穫はできないという・・・

P1080683_縮小
P1080682_縮小

とう立ちが始まり花が咲きそうです。
野生のサクはあちこちで開花が始まってきており、そう考えるとこのサクはだいぶ遅いですね。
でかい集合花を咲かせると思うけどまだ時間はかかりそうですね。
でかくなって下に陽が当たらないので除草しなくて済んで楽だ。
こればっかりはでかい作物のいいところ(笑


こちらの畑での山菜はだめだと思ったものが思いのほかしっかり育ってきており、
1年目が凡庸でも2年目からは収穫が少しできるような感じにはなるみたいです。
1年枯らさなければ次の年にはチャンスが、そうなると山菜栽培も少し楽に考えられるようになりますな。
畑山菜も来年から本格始動していけるかな。


2021-06-07(Mon)

今年のメロンは更なる悪戯で。

今年もメロン定植の季節だ。
普通のメロン定植からすればだいぶ遅いっすけどねー
お遊び悪戯メロンですから適当適当。
去年より遅くまいたのに去年より2日早く定植になります。

P1080742_縮小

ずっと育苗ベッドトンネルの中で育てていた苗、
上から水をかけることをしなかったこともあって転んでひん曲がることはなかったすね。
だいぶ水抑え気味で苗作った気がします。

P1080743_縮小

本葉2,5枚くらいでしょうか。
これぐらいが適期でしょうね。

P1080744_縮小

中には3,5くらいまで行ってるのもあるけど、それはそれでしょうがないか。
バカでかくなりすぎてはないから大丈夫です。

P1080745_縮小
P1080746_縮小

いつものごとく芯止めをしてから定植だー
でも今年は更なる悪戯をするんでここでこの作業が良かったのかと不安になり・・・・
家に帰って実験農場時代のデータを確認、でもいいんだかどうだかわからん!
さらにネットで検索、そしたらなんとまあ実験農場時代のデータそのままに栽培の何タラ書いてるところにぶち当たる。
オホホイオホホイ、個人のサイトで栽培指針丸写しとは驚きだぜっ(笑
ま,知らない人は知らない、知ってる人は知ってるですね。
結局調べてもなんとも不明だったので適当に進めることにしましたー(爆

P1080750_縮小

今年もまず地這いで7株を栽培。
予定では8株だったのになぜ…と思ったら、写真撮るときに株間が110になってる箇所があることが判明(大汗
道理でおかしいと思ったわ。
残った数植えられるかと思ったけどそこは何とかリカバリーが効いた。

P1080705_convert_20210603192315.jpg

更なる悪戯メロンはこちらのトウモロコシのところですよ。
こんな良くわからんものブチ立ててどうすんのか。
そうよ吊り栽培よ。

P1080747_縮小
P1080748_縮小

吊り栽培なので株間は狭く30㎝ピッチで16株定植。
吊り紐に絡ませて上に蔓を伸ばしていきますよ。
吊り栽培は品種で向き不向きみたいなのがありますんで全部のメロンが適しているかというと・・・
今回栽培のメロンは吊り向きではないけど悪戯なんでやります(笑

P1080749_縮小

最終的にこちらもトンネルの中で。
大きくなってきたらトンネル外しますが、雨除けは何か検討しとかないといけないっすね。
吊りで実が風に揺られてしまうのも避けたいしね。
そもそも露地でやんなって話をやるのが俺竜、あ違う俺流(笑
ダメでもともと失敗したっていいじゃないかあーー


去年は最後のほうで病気が強くなって味がのりきらなかったけど、
1年目、2年目と確実にスキルはアップしてきているので今年は甘くてうまいのを作りたいもんだねー
まあお遊び悪戯メロンにそこまで期待もしてられないけど(大汗
なんかわけわからんくらいうまくいって糖度20度とかならんかな(笑


2021-06-06(Sun)

カステルフランコってチコリーだなぁ。

今日は日曜ですね。
暑いですね。
何もしたくなくてゴロゴロしてました(笑
そんな日もあるよ。ぐうたら人間ですもの。


さて、昨日トウモロコシの話を記事にしましたけど、
その畝を作る際に去年育てたものがあちこちから生えてきていたんですよね。
顕著だったのがトマティーヨだったわけなんですが・・・・・

P1080485_縮小
P1080486_縮小

去年の段階から落下物からとんでもない発芽があったんだけど、
今年もその残りが大量発芽していましたよ(汗
まあ発芽してもまとまってるためすぐに除去できるので大した問題にはならないですがね。

そしてもう一つがカステルフランコ。
春に地上部が発芽してきたものは引っこ抜いて除去してたんですが、
出てこないものは死んだものとしてそのまま畑掘ったんですよね。
そしたら暖かくなってきて土の中からひょっこりですよ。

P1080685_縮小
P1080686_縮小

は?ですよ。
死んだと思ったのに復活です。
掘ってばらされているのであちこちから発芽。

P1080687_縮小

引っこ抜いてわかるのがカステルフランコがチコリーだったという事。
簡単に言えば根っこがあれば復活するよって特質ですね。
カステルフランコの根っこは軟白したチコリーみたいに太く立派でもなかったので、
こういった風に復活するとは思ってもみなかったですね。
ちゃんとすべてを片付けないとはびこって大変になりそうだ(汗

P1080721_縮小

引っこ抜いたものはけっこうありましてね、これを今年育てるものに利用できないもんかと。
これ使えるなら苗作りとしては非常に楽になりますからね。
簡単に言えば姫神芋のむかごから育てるか種イモから育てるかの違いです。

P1080723_縮小
P1080722_縮小

なんせ芽数が多いし、ばらした反対側からも芽が出るし。
要はある程度の大きさにカットすればいくらでも増殖可ってこった。

P1080724_縮小

そんなわけである程度大きめなところをポットに入れて育ててみることにした。
これが成功するなら来年は種まきではなくこれで増殖も検討ですな。
問題としてはとう立ちがどうなるかってこと。
そこも含めて実験ですよ。
こんなことしてる人いるかわからんけど、チコリー特性がこれで生かせるなら栽培だいぶ楽にならんかねぇ。


P1080725_縮小

ちなみになんだけど種採り用のチコリーはまだまだ伸びてますよ。
すでに120㎝以上に生育していますが強風にも耐えてまだ伸びてます。
こんなにでかくなるとは思ってもみなかったので驚きですよ。
いやーチコリー系ってのは知らんこと多くてなかなかに面白い発見の連続ですなー


2021-06-05(Sat)

八行トウモロコシを植える

今日は昨日と打って変わって快晴。
雨の後なのでジメジメかと思いきやそうでもなくカラッと暑い。
日差しギンギンですが畑が塗れているので畑にあまり入りたくないよなーとは思いながらも、
あれこれとやらないといけないことがあるのでやってきましたよ。

P1080739_縮小

とりあえずオクラの防草シート張りが完了。
木曜に半分くらいやってたんだけど昨日の強風&大雨で部分的にはがされる個所が出てしまってね。
そのままだと畝にかかってるためよろしくなかったので早々に作業。
残ってる部分も午後に時間使って終わらせました。
これでひとまずオクラは落ち着きます。
もうちょっとしたら補植作業がありますがね。


その後に少し時間が空いたんで草刈りをしようかと思ったんだけど、
トウモロコシの苗が思ったよりもでかくなってたんで定植を優先しました。

P1080566_縮小

今回まいたのはもちキビと言われるタイプのトウモロコシ。
固定品種の種で購入したので種子消毒はないですね。
スイートコーンの種というとしわしわなものが多いのでこの種がパンパンなのが驚き。

P1080580_縮小

ちなみにこっちは自家消費用のスイートコーン。
やっぱりこういうのが普通としてみているので種がパンパンってのは珍しいね。

P1080567_縮小

141粒を200穴セルトレーに播種して育苗スタートしたのが5/19のこと。

P1080619_縮小
P1080620_縮小

順調にといきたかったけど根っこが出てくるものもあり、
あーこういうタイプなんかーと心配にもなりました。

P1080735_縮小

その後は普通に育ってきまして、ごちゃごちゃとひっくり返るようなこともなかったので優秀でしたね。
これは種まきの仕方ってのもあるので大きい種をまくときは気を付けないとね。

P1080736_縮小

スイートコーン何種類か見てきましたけど、この札幌八行トウモロコシも時々赤軸になるみたいね。
全部が全部でないところが固定種ってところなのかもしれんけど。

P1080738_縮小
P1080737_縮小

今日は大きいところ98株の定植でした。
まだ小さいものもあるのでそれは後々というところです。
しかし予想より数が少なく畝が余りそうなのが・・・・(汗
ちょ―ーっと発芽率がよろしくなかったっす。
それが残念なところ。
スイートコーン苗はあるけどキセニアが起きるので同じ場所には植えられませんし、
余った場所は何に利用するかそこも考えとかないといかんなぁ。
ま、おいおい考えるとしてとりあえずトウモロコシはじめました。


2021-06-04(Fri)

キノコバエ駆除

今日は本ぶりの雨でしたねぇ。
警報クラスのような土砂降りではなかったけど久しぶりにまとまった雨になった。
予報通りなので本日は雨用の仕事をして過ごしてましたわー
雨でものんびりとはいかないよっ


さて、
暖かくなって、というよりはすでに暑くなってきているわけですがね、
こうなってくると虫の動きも活発化してくるわけですよ。
椎茸で言うとキノコバエが活発になってきて厄介になってくるんですが、
対処としては防除・・・ができるわけではないので捕虫器で捕まえるのがメイン。

P1080487_縮小

ブラックライトで誘引捕虫する奴です。
ファンが回っているので入ったら出てこれないようになってます。

P1080488_縮小

つけて早々に大量のキノコバエ。
今年はこのナガマドキノコバエが非常に多いですね。

P1080489_縮小
P1080490_縮小

なぜかといえば大量に出た追いばえのせい。
これが温かくなって腐ったものに産卵増殖、今羽化して大発生みたいな感じ。
浸水時に榾木の周りにさなぎが大量についてたりします。
腐ったものの除去と幼虫・さなぎの除去をしつつ浸水作業してます。
なるべく発生舎のほうに持ち込まないようにしないといけませんからね。

P1080706_縮小

しばらくすればこんなに…(大汗
とれすぎでしょってくらいとれてますがそれでもまだ大量にいます。
大発生を許してしまうとなかなか数を減らすのって難しいです。
それでも捕虫器を動かすのが早かったおかげでだいぶ駆除はできていますね。
発生舎内での爆発的発生みたいなこともなく収穫物に影響がほぼないので一安心です。

P1080707_縮小

とはいえそろそろ別の虫も増えてくる時期。
カブトムシなどでかい奴らが出始めると網が破られてしまうのでもうじき捕虫器もストップですね。
それまでに駆除できるだけ駆除してしまいたいところ。


P1080712_縮小

虫の話題ってマイナスなことを出しましたけど発生舎に影響がないように努力しているってことはプラス。
実際ほぼ影響なくいいキノコが出ていますよー

P1080714_縮小

ちょうど今品種の切れ目に差し掛かってまして、次の品種の発生どうか?ってとこ。
夏菌なので暖かくなって発生速度もよくなり肥大も順調。

P1080713_縮小
P1080716_縮小


今終わるところなのが周年性のこの品種。
でかくて肉厚丸っこくていいキノコだ。
膜切れは遅めですよ。

P1080715_縮小
P1080717_縮小

んでもって次の品種が夏菌、こっちもでかくて肉厚。
夏菌なので膜切れは周年性に比べて早めですね。
もっと暑くなっちゃうとすぐペラペラになるので収穫は気を付けないといけないっす。
気温との勝負の品種ですかね。

P1080718_縮小
P1080720_縮小

夏菌終われば次はこっちの2年物かな?
春子は出ないらしいけど今年は普通に出てたので腐ってますね(汗
これもキノコバエの餌・・・・外なのでまだましだけどうまくないねぇ。
初めての品種、これはどんなキノコが出てくるかな???


害虫でようがやっぱりシイタケ栽培は無農薬。
捕虫器様様、こうして何とかやっておりますよー
おかげで被害なく順調、夏盛りになる前まで良い温度域で順調に栽培が進んでいきそうです。


2021-06-03(Thu)

さや食い大根がだいぶでかくなった

今日はついに来た真夏日
横手で31.6℃だったそうだ。
同じように暑いんだけど30度超えてる日差しってのはやはりダメージが大きいね。
なんというか体の疲れ方に差が出ます。
明日は大雨になるような予報で20度行くかという感じならしい。
急に10℃ガツーーーンと下がる、こういうのも気温差大きいので注意になるんでしょうね。
皆さんも体調にはご注意くだされ。


さてさて、
今年初チャレンジ中の莢喰い大根、だいぶ大きくなってきていますよ。
しかし発芽がまばらだったので出ないところに移植を試みたかったんですよね。
あまりにも天気がいい日が続いたもんでなかなかできなかったんだけど、
明日天候崩れるってタイミングで夕方に悪戯してきた。

P1080605_縮小

播種から1週間くらいで発芽開始。
この時点でまずまずそろっている感じはあったけど、
土の状態が悪いこともあって所々深くなった場所もあったんだよねー
そういったところは発芽不良が起きてしまったので欠株。
通常ならそのままだけどこれはあくまでさやを食う大根、
地下が曲がろうが構わんと移植決行。

P1080699_縮小
P1080700_縮小

2株ちゃんと出た奴から小さいほうを移植!
結構直根でしっかり根が伸びていましたよ。
移植したからこれ以上はまっすぐ伸びずに二股か曲がるとは思いますが(汗
まっすぐ伸びたら上部もよく育つかもしれないね。

P1080701_縮小

ダイコンサルハムシやカブラハバチのような虫がついてましたけど、
被害が大きくなるようなら防除、大丈夫そうなら放置で行きます。
大根は基本無防除で行けるけどこれは時期が時期ですからいつもとは違いますんでね。
虫のつきやすいアブラナ科、注意してみていかないといけないねー
まだまだあと5か月くらい先のこと、かなり気長にやっていきましょうじゃないの。


2021-06-02(Wed)

チューリップの悲劇

暑いねぇ。
夏日超える日差し、熱もって体が火照るーー
暑いけどあれこれと仕事で忙しいぜっ


さて本日は少し息抜きネタ。
去年の秋にチューリップを畑の隅っこに植えたんですよね。

P1070114_縮小
P1070136_縮小

アリウム探してる時にこういった八重咲のチューリップがあるという事を知ったんだけど、
ホームセンターで偶然発見したので買ったわけで。
こういう品種だから2球とか3球しか入ってなかったけどまあそれは分球して増えるだろうと1つずつ購入し定植。

P1080237_縮小
P1080238_縮小

大雪を越え無事に芽が出てきたので楽しみにしてました。

P1080387_縮小
P1080386_縮小

5月に入りだいぶ大きくなってきましたが、思ったよりも生育速度が遅いもんですね。
他のよく見るチューリップはどんどんでかくなってるのに小さいんだよねー
こういった品種は普通のより遅いのかなって感じ。

P1080492_縮小
P1080491_縮小

5月も中旬に来るとようやく蕾が出てきた。
どんな花が咲くかなーとワクワク。

P1080535_縮小
P1080534_縮小
P1080533_縮小

そしてついに咲きました。
これはスイートディザイアのほうですね。
きれいな花が咲くもんだーとほっこり。
他のも蕾があるのでもうそろそろ咲くだろうと思ってしばらく。



しかし!!!!!



ここにきてなんだかおかしいことに気付く。
なかなか咲かないんだよねぇ。

P1080656_縮小

よく見ると何かおかしいね。
青いけど萎れてる?

P1080657_縮小

ファーーーー
ちぎれとるやんかーーー
風か?いやいや正体はネズミ。

P1080658_縮小

最初に咲いたもの以外地下道張り巡らして球根まるごと食われました(泣
なんという悲劇。もう少しで全部咲くところだったのに・・・・・
まさか咲く直前の球根食うとはねぇ、だったら雪の下で食われてもおかしくなかったのに。
期待させといてどん底に落っことすなんという鬼畜な所業だ(怒
大量に捕獲した腹いせか。こりゃあすごい宣戦布告だぜっ
まさかこんなことになろうとは夢にも思わなかったけど、
やっぱりネズミとの仁義なき戦いは今年も苛烈を極めそうだ。
許さんーーーー!!



2021-06-01(Tue)

オクラ追加と種まきと畝づくりと

今日は久方ぶりの快晴でしたね。
かなり気温が上がった気がするんだけど、実際のところは夏日にもなってないみたいねー
それぐらいお日様の熱を直で受けてたってことだろう。
徐々に腕の日焼けが進んできておりますよ。


さて先週でオクラは一息ついたんですがね、
播種後の大量の種が残ってしまったためこれをどうにかしないといけない状態。
去年のようにセルトレーにまいて補植用としてもいいんだけどあまりにも量があるため、
今回ははまず畑にいくばくか追加播きしてからにすることにしました。

P1080680_縮小

こちら畑の端っこ、長い畝は作れないので去年メロンを植えてた場所です。
今年さらに拡張したのでここにならメロンを植える分とともにもう1畝できそうと考えて計測、
掘ってからまた生えてきた草を引っこ抜いて肥料ふって畝作りました。

P1080684_縮小

こんな感じ。
半端畝ですがある程度の長さがあるのでこれで少しでも残った種を消費できるはずだ。
メロンは去年と大体同じくらいの畝を作ることができたので問題なし。
ただ外部に防草シートをはみ出さないといけなくなったので、
草刈りの際に気を付けないといけなくなりましたね(汗

この畝には464粒を播種。
それでもまだまだ大量、家の分も急遽この種を利用してもらうことにしたんだけどさらにまだ余る。
まあそれでも500粒以上使ったので残りは500くらいじゃなかろうかと思って補植用苗作りへ。

P1080694_縮小

ところがどっこい残りの量はそれでも尋常じゃなかった。
128セル4枚なので512粒、

P1080692_縮小

更に余ったのでもうあきらめてポット苗にすることにしたんだけど、
それも85ポット×4粒まきで360粒・・・・・
補植用で872粒とか意味わからんわ(大汗
どんだけ種余らかしてんだかね。
完全に1袋余計な計算になりますわ。
なんか去年の島の恋の丸々1袋余りを思い出しますわー
やっぱしっかり計算して買わないといけませんな。

P1080690_縮小

早いものはすでに芽が出始めてきました。
これは島の恋ですね。
まだそろってないのでなんとも言えないけど、もしかすればダビデの星自家採種が失敗でほぼダメ・・・・
なんてことも考えられるので補植用が多くあるのは今の段階ではまだいい・・はず(汗
もう数日たった時が勝負ですな。


P1080688_縮小

オクラが終われば次の仕事。
別の畑で畝作ってました。
ここは・・・後程のお楽しみ。まだ内緒。

P1080689_縮小

姫神芋のところもすべて畝づくり終わったなー
あとはアスパラとか南瓜のあるところに畝作っていくだけだ。
今年はいつも使ってるところが早々に全部埋まったので非常に珍しいです。
埋まったことで草の予防にもなるし、やっぱり何かしら植えといたほうがいいね。
暑くなってきて草の勢いもついてきたし草刈り・除草もやらんといかんなー
あれこれ終わっても次々出てくるお仕事なもんでござんすわ。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村