fc2ブログ
2022-06-30(Thu)

短形自然薯の生育具合と除草

6月最終日は雨でした。
当地以外は梅雨明けなんすよね。
こちらはしばらく雨マークが並んでいてまだ梅雨明けは先になりそうだ。
暑さも少しおさまって比較的楽な1日でしたね。
午後からは曇りになったので今日も草むしりに出かけてきた。

P1110877_縮小

先に蔓ばかり伸びていた短形自然薯ですが最近になってようやく葉が展開し始めた。
葉が茂りだすと一気に面が緑に替わりますね。

P1110876_縮小

まあ緑に替わるのはネットだけではなく畝もそうなんですが(汗
小さいうちからある程度とってはいたけどイネ科雑草が繁殖し始めると一気にこうなってしまいますね。
南瓜畑の時はヒエやらメヒシバやらエノコログサやらとにかくイネ科雑草に覆われてましたんで、
こうなってしまうのは致し方ない感じです。
今日はとにかくこの畝を除草しようと黙々と作業。

P1110878_縮小

途中こんなのが隠れてたりするから危ない。
もう蔓ボウボウになってるのもあれば今更こうして出てくるようなやつもいるわけで。
なんとも危険なトラップをかわしつつ作業続行。
と、うまいようにやってるつもりがすでにトラップに3回くらい引っかかってます(大汗

P1110879_縮小

あまりに草がすごかったんで時間的に無理かなーとか思いつつやってたんだけど、
結局まだいけそうかなーまだ大丈夫かなーってやってるうちに終わるという(汗
除草作業っていつもこんな感じ、気が付けば2時間とかざらにある。
とことんまで一人黙々と作業するのが性に合ってるってやつだね。

P1110880_縮小

昨日までで一番端っこはすべての畝で除草完了してます。
端っこのほうがどうも草が多くなってるんで先に先に叩いてました。
しかしまあ今年は防草シートがあるおかげで本当に草むしりが楽だ。
雨の日にただ畑に入ろうもんなら次の草むしりが地獄だからね。
防草シートがあるから雨の日でも草むしりできるし、畑の半分は除草しなくていい。
風で飛びさえしなければこれほどまでにいいもんはないですなー


P1110883_縮小
P1110881_縮小

見てまわると結構生育は順調に進んでいる感じです。
小さい奴らの密植部分はしっかりと蔓が伸びて茂りだしていますし、
先の写真にも合ったとおり収穫用の種イモの蔓も十分伸びている。
特に今年はモグラ&ネズミによる被害ってのが皆無なので枯らされるものがない。
場所の性質もあるんだろうけどここは草以外はいい感じです。

P1110882_縮小

しか―し部分的にはさっぱりという区画も存在はしてます。
今更出てくる芽の様にただ単になかなか芽が出てこないだけならいいんだけどさー
毎年あるけどやっぱり植えるときに芽が出てない奴を植えるとこうして出るか出ないかわからない状態になるね。
ヘタに掘り起こして芽を欠くこともあるから手だしもなかなかできないし・・・・・
これが非常に悩ましい問題、やはり芽の部分が欠けたような芋は使わないほうが無難なのかねぇ。


今年は畑を替えましたけど、ここまでは替えてよかったかなーという手ごたえです。
といっても今年から防草シート使ったりしてるから単純比較はできないけどねー
最終的にはどんな芋がとれるかどうか。
そこまではまだまだ先が長い、いいものが育つことを祈ろう。


スポンサーサイト



2022-06-29(Wed)

荒ぶる天候で四苦八苦

暑いねぇ。
といってもこっちは真夏日程度なんすけどね。
そして相変わらず暴風吹きすさぶ当地、そのおかげで昨日よりはだいぶましでした。
しかしねぇ、毎度毎度こう風が強いとほんと困るもんでして。


P1110860_縮小

張替えしないといけないなーと思ってたトマトの屋根が吹き飛びました。
何度も耐えに耐えてたけど限界でした。
耐えたというか騙し騙し何とか張ってたって感じだけどね(汗

P1110861_縮小

という事でありったけ風が強い中張り直し。
明日は確実に雨になりそうなのでこんな中でもどうしても張っておかないといけなかったんですよね。
色がくすんでますがそうですね、これは以前使ったトンネルビニールです。
これのほうが少し暑いので破れにくいのでこれを使いました。
前回張ってたやつが破れた原因ってのが薄い奴だったので、
止めてるパッカーのところに力がかかりすぎて破れてたんですよ。
上の写真でパッカーにビニールの破片が残ってるのがわかる通り、
飛ばないようにと手を打ったのがあだになった感じです(汗
ま、厚めのビニールに替えたんでしばらくは大丈夫なはず。

P1110862_縮小

紐吊りトマトは風でも順調に育ってます。
そこは一安心。

P1110864_縮小

高畝なんで予定通りに株のところは乾いてます。
雨降って周りは水たまりになるんですが、無事水没もせず状態よく育ってますね。

P1110863_縮小

一段目の花房は少々実がついた模様。
ほぼ自家消費用だしこの辺は適当でよし。
まず身がついてわめよけて割れないでしっかり熟せばOKですよ。

P1110865_縮小

トマトの隣ではとうもろこしが倒されてます。
まだ実もついていないトウモロコシが倒れるほどに暴風が吹いています。
マジ勘弁。

P1110871_縮小

そして案の定メロントンネルもぶっ飛んでます。
まあね、トマトもメロンもどっちも限界が来てたんでしょうがないっす。
こうなってることを予測していたので風がおさまってくるだろう夕方6時過ぎ前草むしりしてから張り直しをしました。
なんせこっちの場合は風が強いとまともにビニールかけられないからね。

P1110872_縮小

風がおさまるかと思ったけどなかなかおさまらず苦労しましたが・・・・
なんとかきちんと張り切ることができました。
今回片側だけビリビリでしたんで片側だけ交換、おかげで何とか7時までかからずに取り換えることができましたー
いやはや風が強いときのビニール張りってのは骨が折れる(汗

P1110873_縮小

中身のメロンはかなり伸びてました。
そろそろつる引いて固定しておかないといけないっすね。
トンネルでずっとあったか、ぐんぐん育って行ってる感じですわ。
外は大荒れなんすけどねぇ(大汗
ホントトンネル栽培って外が荒れ放題の時っていいよねぇ。


ここ最近風がずっと強いせいでなかなか防草シートも張れず大変です。
たびたびこうしてビニールぶっ飛ばされてその都度直さないといけなくて無駄な労力かかるし。
天候が荒れると無駄が多くなって非常に厄介、暑かろうが安定した天候を望みますねぇ。


2022-06-28(Tue)

資材そろったのでキャベツに防虫ネットを張る

不快ですね。
ジメジメムシムシ、何でもない作業してても汗がダラダラ。
たいして仕事してなくても疲労度が高まる感じです。
イヤーな時期になったもんだ…と思ったらもうすぐ7月だしねぇ。
いやはやもう間もなく夏か。
高温もジメムシもひどいのは勘弁だなぁ。


さて本日雨も降ってあまり畑仕事は…と思ったんだけど、
日曜日に資材調達を済ませていたキャベツの防虫ネット張りをやってしまうことにした。
雨が降ったといってもこっちではこれからほぼ降りそうになかったからね。

P1110845_縮小

急ぎたかったのはやはり畑で丸腰状態ですからね。
まだ定植して日が浅いとはいえ穴が開くのは必須。
これに一発防除してからネットをやりたかったもんで雨が降らないってのは重要なポイント。

P1110846_縮小

ただまだまだ苗状態ですし量がいらないもんで液を作るのが大変。
2000倍とかリットル単位だとまだわかるけど数百㏄とかやばすぎる。
何とかうまいことはかって液を作ってスプレーしておきました。
今回はちと工夫をしまして、

P1110847_縮小

単なる液だと撥水してしまうキャベツもしっかり濡れてます。
まあこの工夫に関しては後々。

P1110848_縮小

まずは調達①ダンポールを大体1m位の間隔でさしこんでいきます。
いつもの畑に比べるとこの畑は作土層がある分さしこみやすい。
作土層あっても下はズブズブですがね(大汗

P1110849_縮小

そして調達②防虫ネットを張っていきますよー
ロールで買ったんで結構なお値段ですが、ネット注文すると店頭購入よりもかなりお得。
今回4000円くらい安く買えたのかな。
いつも使ってるのが180㎝、少し短くて2枚使わないといけなかったんで、
今回210㎝サイズを購入しましたよ。

P1110850_縮小

高畝にしたせいか今回はだいぶ余った。
まあ余りがある分虫が浸入する率は低いとは思いますがねー
止めるのはパッカーじゃなくいつもの洗濯ばさみ。
パッカー高いけど洗濯ばさみは100均で仕入れられるし結構いいんだよね。
特に防虫ネットは破れることはないから洗濯ばさみで十二分だ。
これで先ず防虫ネット張り1畝完成――
もう1畝はダンポールをさすだけはやって置いてあとは定植後です。


次の定植は今週中にできればやれるかな?
遅くなるけど7月に入るかもしれないけどまあいいか。
去年は病気に泣かされたキャベツ、今年は虫対策OKなんで病気だけ注意しよう。
今現在のジメムシだとすぐにやばいことなりそうだけど(大汗


2022-06-27(Mon)

紫アスパラのポット上げ、アルジャントゥイユは追加

一時大雨になった当地、その一時以外は雨が降らずほぼ曇りでしたね。
遠くでドカンドカン雷が鳴ってましたが、山の向こうの地域ではヤバいくらいの大雨になってた模様。
なんとも去年と同じような山を挟んだ向こう側で天候が分かれる感。
まああんだけドカーッと降られるのは作物にダメージが来るんでうれしくない。
降るならもう少し穏やかにお願いしやーっす。

P1110839_縮小

ようやく雨降った結果オクラの補植がどうなってるか確認してみたところ・・・・
案外死なないで頑張ってるのがありました。
補植当日の天候が悪かったのが良かったのかもしれない。

P1110838_縮小
P1110840_縮小

ま、案の定死滅しているもの多数見られましたがね。
生きてるやつがいただけでめっけもん、ほぼあきらめてたぶん一安心だった。
その分ネキリが被害を拡大させてたのには非常に腹が立ちましたけどねー
掘り出して出てきたやつらはひどい仕打ちをしておきました。
私、害をなすものには非常に残酷なもんで。
それぐらい心を鬼にできないといかん場合もあるってことよ――



さてそれはさておき本日天気も悪いので予定していたアスパラのポット上げをすることにしました。
先週ポットに土入れてやろうと思ってたんだけど思いのほか水を吸わなくてですね、
雨降るし外に置いといて勝手に給水させようと放置してたわけでして。
しかしながら結構降った割にやはり水吸ってなかったのでかなり時間かけてポット上げ作業を開始しましたよ。
ホント水吸わない土ってのは骨が折れますよ。

P1110833_縮小

ポット上げは紫アスパラガスの恋むらさきです。
これは今年植えようと思ったんですが、なんとも中途半端な量を普通のアスパラと同居させるのもなーと思いまして、
別の場所に来年植えようと計画変更、でかいポットにして来春定植することに。

P1110834_縮小

小さいうちは紫なんだけど葉が展開すると緑になる紫アスパラガス。
なんかよくわからんことになってるけど苗自体は順調に育ってるみたいです。
根っこも十分に回ってましたんで少し遅かったかもしれない。

P1110835_縮小
P1110836_縮小

まだまだちっちゃいけど私の苗作りとしては破格の10,5㎝ポットにポット上げ。
今畑にあるものは同じ時期にまいて7,5㎝ポットで冬越ししましたけど、
やはりポットが小さくて根が回りすぎてしまってたんで大きくしてます。
資料によれば6月下旬まき、9㎝ポットで越冬後春植でOKというものらしいですが、
この紫アスパラガスは種も高いんで株もでかくして来年十分な形でスタートさせようかと。

P1110837_縮小

100粒まいて88株できた。種をこぼしたのがもったいなかったんだけど発芽率は88%なんでよし。
育苗ベッドが一時的にアスパラで占拠じゃないかー
まだ余裕が・・・・というのは次の流れに続きます。

P1110776_縮小

はい、新しい種です。
今畑にあるアスパラと同じアルジャントゥイユ、2袋分追加です。
結局アスパラ・アシタバ畑は中途半端に掘らなくてはいけないのがネック、
じゃあもういっそ全面アスパラにしちまおうとこれまた来年の春植えるための苗作りです。

P1110841_縮小

こちらは紫アスパラに比べ格安、2袋326粒まいて1000円以下でございまする。
海外固定種ですからこんなもんですよ。
今はどんどんいい品種でてんのにこれを使う意義は?ってところだけど、
今年食べてみた結果意外と甘さがあってうまかったんだよね。
太いのも出てたしそこまで悪くはなさそうと感じました。
ま、長く続けた結果どうなるかは未知数な品種ですから数年たってどうかってとこでしょう。

P1110714_縮小

このほかに花壇にぶち込んだ土から生還したアスパラ苗とか、
死んだと思って定植しなかった苗が生還したりとかなぜかアスパラがどこぞから出てくる(汗
これらも近々定植してアスパラどんどん増殖です。
あそこの畑で全体量500株くらいになるかなー
これでどの程度収量上げていけるか、春作物の一つとしてアスパラ少し頑張るっす。


2022-06-26(Sun)

白菜からレタスへ

相変わらず天候は晴れ。
午前中というか午後に入ってもだいぶ晴れてまして気温も真夏日になった。
もう昨日の時点であきらめ、明日から雨が降ろうとどうでもいい。

最早今更。

このいい天気を恨みつつ、本日はレタスのお話。

P1110733_縮小

一足お先に終わった白菜に替わりレタスがもう十分でかくなった。
株間が狭いってこともあって葉が多いんだか少ないんだか分らん生育。

P1110734_縮小

半結球レタスなのでリーフレタスと結球レタスの半々。
そんなわけでどの程度内部で葉っぱが締まってるのか気になってまずは試しどりをしてみまして、
その結果十分、食べた感じもOKという事で収穫開始ー

P1110735_縮小

2品種あってどちらか違いがあるかと思ったけど、
美味タスも炒チャオもほぼほぼ同じ形状になったね。
味に関しては少しばかり違いがあるような気がしたけどまあその辺はビミョー(笑
結局は美味しく食べられるからよし。


P1110802_縮小

そうこうしてると補植した白菜がじわりじわりと追いついてくる。
イヤー白菜でかくなるねぇ。
最初のはとう立ちしてしまったんだけどふくたちとして普通に食えたんでこれはなかなかいい葉物だと思います。

P1110803_縮小

置いまき分植えきれなかった分は収穫後の穴に再定植したし(汗
先の大きい奴と同日に種まきした奴ですよこれ。
一人時間差、白菜もしばらく楽しめそうだ。


レタスのほうは今日から産直出荷してます。
どんな値段で…と思ってまあ投げ売りみたいな感じで出しましたが、
スーパーの産直に出てる水耕のリーフレタスこんなのが自分の出したやつの倍近く???
なんてなんともなぁ・・・・・という気分になったもんです(汗
まだまだ大量にあるけどさばききれるかな?
大半は自分たちの胃袋に収まりそうで―ス(笑


2022-06-25(Sat)

あきれた天気とトマトの整枝

きょうは・・・いい天気だ。
ホント期待を裏切らない天気ですなぁ。
皮肉を込めまくって言いますがーいい天気でした。
おかげでいろいろと溜まってくるものがあってちょっと爆発してしまった。


P1110820_縮小

昨日見た光景のさらにひどいやつ。
今日はまず一つ天候が良すぎ、そして2つ目に暴風が吹きまくってたってこと。
おかげでまた防草シートが飛んでしまいオクラに深刻なダメージが入ってしまった。

P1110822_縮小
P1110821_縮小

途中まで剥げたのはブロックおいてひとまずってことにして、
吹っ飛んでたのは全部はいでまとめておいた。
この時点でかなりイラついてたんだけどこの後さらに数枚ぐちゃぐちゃにされて・・・・
載せてあるブロックを全力でぶん投げる程度に爆発してました。
かなりフラストレーション溜まったためブチ切れて大声で叫びたくなりましたけどそこは抑えた(汗
なんせ天候とこの風で昨日のオクラ補植がほぼ意味をなさなくなったことに加え、
更に防草シートをはがされ暴れたために折れてしまった株が多数発生してしまってますからね。
昨日の頑張りが完全に水の泡、気象条件なのでどうしようもないのがさらにイラつくわけよ。
オクラだけじゃなくメロンのトンネルも破られ、トマトの雨よけも破られほんと散々。
まさにクソみたいな天候の1日でござんした。
あーあー天気予報の雨マークはいったい何だったのかねぇ。


P1110823_縮小

ま、イライラしてもどうにもならないんで本日はトマトの整枝をしてました。
定植後しばらく動きはなかったけど最近少し伸びた模様。
伸びてくると今日みたいな暴風で折られることもあるんで紐に固定していくのも必要。

P1110825_縮小
P1110824_縮小

まだ一度も整姿してないので脇芽もボウボウだ。
花は2段目が開花してきましたねー

P1110826_縮小

とりあえず今年はハサミでカットしていこうかなーと思ったけど、
思ったより花房直下の脇芽以外はすんなり折れてくれたんで使ったのは花房直下だけだった。
ちなみに今年はさみ新調しました。
このタイプのはさみだと研げるので切れ味維持できる点で気に入ってます。

P1110827_縮小

花房直下の脇芽はやたら強く伸びます。
これを利用して2本立ちってのもできますが、今回のは完全に主枝のみでの栽培です。
この花房直下の脇芽までばっさり行っておきました。
まだ脇芽はあるけど一気に取りすぎると株にダメージがあるんである程度加減は必要みたいね。

P1110828_縮小

スッキリ―
紐に2つ目のはさみを追加してしっかり支柱と固定、
風でゆすられるのを防止しておきましたわ。
基本はさみは2つで下のものを次ぎとめる上部に利用って形で使っていきます。

P1110829_縮小

まだまだ支柱よりも低いので生育はそんなに良くはないですが、
花も咲きだしたし徐々に生育に結実に忙しくなってきますねぇ。
そうなってくると追肥やらなんやらに気を付けていかないといかんですな。
特にカルシウム欠乏で尻ぐされは出さないように。
基本グズグズな土地なんで乾燥しすぎでそれが起きるってことはないと思うけど、
株の状態をしっかり管理して適切な施肥をしていきたいもんだ。


あすからまた雨マークはあるけど…多分晴れるな(泣
悲しい結果だけどこればっかりはどうあがいても変えようがないからねぇ。
一応雨が降ることを想定して破られてしまった雨よけは今回は大丈夫なように手当てしておいた。
トンネルビニールとともに張替えしないといけないっす。
強風くらいはいいけど暴風は勘弁、天候に関して注文つけて聞いてくれりゃいいけどさー
どっか天候扱ってるコールセンターないかねぇ(笑


2022-06-24(Fri)

オクラの引っこ抜き補植

いよいよの雨。
しかし降ったのは朝方までで日中ほぼ曇りでした。
まあ晴れてないから大丈夫かとオクラの引っこ抜き補植作業に入りました。

P1110729_縮小
P1110731_縮小

その前に島の恋の苗の補植作業を済ませています。
あまりにも数がないので1本ずつの補植。
島の恋は1本でも十分に収穫が見込めるのでこれでいいと思ってやってますが・・・・・

P1110730_縮小

それでも大量の欠株。
これではあまりにもよろしくないので本日の裏技的引っこ抜き補植で補っていきます。

P1110732_縮小

ここまでなかなか雨が来なかったんですでにヘルシエの所だけは防草シート張り終わってます。
去年は補植作業前から全体にシート張ってたんですけどねー
去年はなんやかんや作業が早かった気がします。

P1110797_縮小

ヘルシエは苗が余ってるんで引っこ抜き補植はなし、やるのは島の恋とダビデの星の2つになります。
去年というかオクラ初年度もやった引っこ抜き補植。
初年度は引っこ抜き補植後に晴れてすべてダメになったことから去年は天候が悪いときに実施、
それが結構うまいこと言ったという経験から今年も雨待ちでの作業になってます。
3本あるところから1本引っこ抜くんだけどこれがうまくできるかどうかの勝負。

P1110798_縮小

これぐらいしっかり根っこがぬけて来ると根付く可能性が上がってきます。
これが実に難しかったりする。

P1110799_縮小

こんな風に途中でぶちぎれることもしばしば。
こうなるとほとんど9割死亡するんでもう意味がなくなります。
こうならないように慎重にやるんですが、必ずしもまっすぐに育ってるとは限らず・・・・・
案外へそ曲がりの生育している奴がいて困ったもんですよ。

P1110800_縮小
P1110801_縮小

穴をあけてさしこんで土をしっかり密着。
そのあと水をかけて給水と確実に土が密着するようにしました。
雨降ってんのに?と思うかもしれないけどこれは雨降ると見越して昨日の夕方に行ってた1畝分ね。
なんせ数が多くて1日で出来るか不安もあったのでできるだけやっておいたわけですよ。

P1110805_縮小

本日は残ってた部分の補植、4畝分の補植をして島の恋の全部の欠株補填が終わった。
一応出てるところは3株しっかりあったりするんで数的には大丈夫でした。
一応活着の様子見をしてどうするかを考えるのでまだ間引きまではしてません。
なのでまだ3株のところが残ってるんで何らかの対処ができるようにしておいてます。

P1110806_縮小

問題はダビデの星。
こちらはとにかく数がない・・・・

P1110807_縮小
P1110808_縮小

でかいのはでかいしなぜか今になって出てきているのもあるし。
とにかく3株がないんで引っこ抜き補植ができない。
根切り被害もぼちぼちあるので2株のを1株にするなんてリスクを背負いたくない。

P1110809_縮小

今出てくるってのがまさに今ってのもあるんで出てないなーって穴に補植するのも怖い。
なんともいやーな感じのダビデの星。

P1110804_縮小

そして何と言っても補植苗がない(泣
長いのは捨ててた種が勝手に発芽してラッキーってやつ(笑

P1110810_縮小
P1110811_縮小

そんな状態なんで出来るだけのことをして欠株は多少あっていいやってことに。
大きな穴だけはないように1個とばしなんかで補植しておきました。

P1110812_縮小

あとはこの最後に種まきして遅れてるところが出るかどうか。
ここの状態をもう少し確認してここを補植するかどうか判断ですね。
まあそんなわけでダビデの星は欠株を出したまま補植は終了になりました。
これでひとまず種まきとかの株づくり作業は終了。
根付くかどうかはこれからの天気次第かな。
4日くらいは雨マークが並んでるけどその通りなら大分状況がいいんだけどー
せっかくやった引っこ抜き補植、出来はどうなるか???


おまけ。

長い記事だけどさらにおまけ。

P1110816_縮小

作業終わったーと小屋に帰ったらなんか怪しい突風が吹く音。
見に行ってみりゃ防草シートが・・・・・

P1110817_縮小

大丈夫…じゃないかもね(泣
ただでさえヤベーのに何しでかしとんねん。
マジ勘弁。イライラする。


2022-06-23(Thu)

札幌大球、遅くなりまして。

曇ってきましたよー
いよいよ明日から雨、ついに来たぞ―――
ようやくオクラの補植作業ができそうです。
なかなか降る降る詐欺にあってできなくて大きくなっちまったんで早いとこ終わらせたいね。
雨待ちってのも変な感じだけど時たまそういうこともありますよねー
しかし天候が崩れるのがわかってるんで晴れてるうちに進めることは進めておきます。
今日はキャベツの定植をしました。

P1110662_縮小

今年は育苗中にいろいろとありまして。
まず締め切りになってたトンネルで少しばかり水切れを起こしてしまった事。
そして締め切ってたせいで蒸れたせいで病気が出ていたこと。

P1110663_縮小

虫食いじゃなく病斑。
こういった病斑が中央から破れるっての炭疽に近いんだけど、
どうもキャベツの場合は黒斑病っぽい感じ。
育苗ベッドから出して風通し良くして置いたら広がることもなかったので大したことはなかった模様。

P1110664_縮小
P1110665_縮小

しかしまあこんなのが出てくると焦るよねぇ。
使える薬剤が限られてるようなのだと余計に。
ひとまず何事もなさそうでよかったけどさ。

P1110791_縮小

そうこうしているうちに苗がバカでかくなってしまった。
おまけに裸でおいてるからアオムシ類がこぞって参上、無事穴だらけに。
畑に持ってくる際にはすべての葉っぱを確認して卵をつぶして幼虫駆除してきました。

P1110795_縮小

事前に作っていたキャベツ用高畝にまず第1弾16株定植。
今年は防虫ネットを注文しているので定植したのに防虫ネット設置できてません(汗
結局設置までにアオムシ類にたかられそうだけどそうなったら一発防除してから設置しますわ。
ダンポールでトンネル作るとどうしても防虫ネットの長さが足りなくてねー
コメリのネット注文でちょうど安くなってたので長いのを買いましたわ。
届くのは来週らしいけど(大汗

そんなわけでまだ虫対策はできてないけどキャベツの定植が完了。
ちょっと遅れた第2弾も来週には定植できるんじゃないかなー
第2弾定植とともに防虫ネット設置も済ませて今年の札幌大球栽培も本格始動だー


2022-06-22(Wed)

アシタバは強健です。

アチチチッ

昨日よりは暑くないとはいえやはり暑いでございまする。
連日真夏日でグダグダになりますな。
暑いーってので忘れてたけど昨日夏至を迎えてあとは冬へ向かって一直線なんだよね(笑
夏至は忘れたけど今日はボウリングの日だってことはしっかり覚えてる。
あーボウリングしばらく行ってないねぇ。
園芸以外で唯一楽しみだったんだけど横手のがつぶれてからやれなくなっちまったー
ボウリングの日で1ゲーム100円で9ゲームやったのは思い出だね。


P1110529_縮小

さて本日はアシタバのお話。
去年定植したときはヒョロヒョロで草に負けて大変だったアシタバ。
今年は雪解け後からすぐに生育スタートしあっと言う間にでかくなった。
でかすぎて林になってしまったんで逆に草を抑えている状態(笑
しかしこの林の状態が逆によろしくない事態を招いた可能性…

P1110530_縮小

なんだか変に枯れてる部分があったんですよね。
去年はなかったこうした枯れ。

P1110531_縮小
P1110532_縮小

よく見ていくとあっちこっちに結構たくさんあった。
アシタバにも病気があるのかねぇと調べてみてもこれだというヒットがなく。
とりあえずは様子見としてそのまま放置してまして。

P1110736_縮小

その後さらに生育、もはやどこに畝が存在するのかわからんぐらいの茂りよう。
ここまでくると先の枯れなんてほとんど気にならない感じ。
広がってる様子もないので病気としても大したことはなさそうだ。

P1110737_縮小

しかしまああまりにも茂りすぎて内部がごちゃごちゃ、
下葉の色も悪くなってたし草をむしって下葉欠きして整理をしておくことに。

P1110754_縮小
P1110755_縮小

こうなりました。
これでもまだ林ですがね、だいぶ下回りもきれいになり風通しはよくなったと思う。
アシタバの林ってヤバいっすね。

P1110739_縮小
P1110738_縮小

太いのは竹みたいだ。
こんなに丈夫になるとは思ってもみなかったっすね。
いや、こんなになる前から少しずつ収穫していくのが本当なのかもしれんけどさ(大汗
ここまでなると最早どこ収穫していいんだかわからなくなります。
新しいところを順次でいいかとは思うが・・・・


いやー種まきから苗づくり、定植のあたりまでこれは大丈夫なのだろうかという具合だったアシタバ。
それがどうしたこの強健さ。
1年たったので花がついておしまいになるかなーと思ったけどそうでもなさそうだ。
苗作るのは大変だけど育てば抜群に強い。
収穫後明日には葉が出るなんてのもあながち間違いじゃない位ヤベー代物ってのはホントのようで。


2022-06-21(Tue)

決断の時来る。

暑い。

梅雨入りしてから暑くなるのがこちらの梅雨ってやつか。
今日は真夏日、日差しがきついっす。

P1110762_縮小

ハウス内は40度近くになっていて蒸してる分余計にひどい。
特に休養舎は散水してるからちょうど顔の当たりの熱気がすさまじい。
そんな中で畑に出るのは無謀な状況ですがー

きっちり畑で草むしりしてました―――

狂人は暑さの中でも草をむしるもんだ(笑
皆さんはマネしないでね。


とまあそんな暑さネタは置いといて―
今年もついに廃ホダの季節がやってきましたよ。

P1110748_縮小

現在発生させているのが古ホダという2020年産の榾木。
使ってるくらいだからまだキノコは出ます。

P1110763_縮小

しかもまずまずいいキノコ。
このくそ暑い中でもキノコが出るってのもなかなかですが、
思った以上に質のいいキノコが出てきてて驚きだ。

P1110764_縮小

とはいえやっぱり量がない。
質より量とは言わないけれど、もう少しキノコが出てくれないとなー
この辺決断の時ってやつ。
もう1回使うのかそれともここで切り捨てにするのか。
この判断って毎年のことながら難しい。

P1110749_縮小

今回はまず206の廃ホダから入ることに決まった。
今の出方だと206のほうがまだいい感じだけどこっちを先に。

P1110760_縮小

毎年恒例の廃ホダ積みだ。
発生場所から近いので一輪車でどんどん持ってきます。

P1110750_縮小

久しぶりにやったんで最初は量積めなかったけどだんだんと曲芸の様に一輪車に積み上げられるように。
なんというかこれも長年の無駄技術です。
これを持って行くパワーも長年で培われたもの。
だてに10年以上一輪車で榾木運んでないですよ(笑

P1110758_縮小

古ホダというともうひとつ511古のほうなんですがね、
こっちは冬場に散水できなかったのが大きかったんだと思うけど、
浸水する段階でかなりの量廃ホダになってるんですよね。
今使ってる部分が一度降雪前に使って数か月ほったらかしになったものなので余計に。

P1110759_縮小
P1110761_縮小

悪くなって変形菌も出始めたし、発生させて廃ホダにしなくてもかなりの量廃ホダで積み上げられてしまいそうだねぇ。
冬場の管理って温度ないと結構大変なんですわー
それでもしっかりやらんといかんのだけどね。
言い訳しちゃいかん技術の問題だねー


問わけで久しぶりの椎茸のネタは今年も始まった廃ホダ化についてでしたー
榾木の数が減ってきているんでなるべく引っ張っていくってのも必要になってくると思うんで、
これから先どう管理してくかですかね。
夏場暑いんで完全生産停止ってのもあるかもしれんし、榾木の本数に合わせて柔軟に判断ってとこかな。
ひとまず2000本くらい廃ホダで積み上げていきますよー



2022-06-20(Mon)

アスパラの除草作業が終わったー

定植が落ち着いてくると次に襲い掛かってくるのはだ。
こいつらは気温上昇と降雨で一気に育ちやがりますからねぇ。
今年は防草シートのおかげでだいぶ面積少なくなってるとはいえ除草作業は毎度骨が折れる。
まず手始めにアスパラの除草作業を完了させてきました。


P1110644_縮小

除草作業はいっぺんにやったわけではなくて、
天気が悪くて畑に入れないようなときにまずは外側からという感じで。

P1110646_縮小

今年はひきくずをまいてるおかげか草の総量はだいぶ少なめ。
これは結構効果ありだなーと感じた次第。

P1110645_縮小

太いのは出てるけどすでに収穫ではなく立茎にはいってるんで、
本数を確保して来年に向けた準備に入ってますよ。

P1110740_縮小

そこからさらに除草を進めて、

P1110752_縮小

3回目で完全に除草終了!
集中してやればいっぺんにできる量だったけど他にもいろいろやってるからまとめての作業ではなく細々と。
でもまあ無事草だらけのアスパラを開放しましたね。

P1110753_縮小

あとは最近伸びまくって倒れてしまってるやつを紐を張って立てておかないといけないっすね。
やっぱり紐を使わずに自立させておくってのはちと難しいようだ。
いらない細い茎も整理しないといけないし除草ですべて終了ではなく株整理もあとでしとかないとねー
アスパラはこの辺意外と手がかかるもんですぜ。


オクラや芋は防草シート張ってるんでここが栽培物で一番草があるものだったと思う。
今年は引き屑の量が限られてたので来年もう少し多くまいとけばもっと草を抑制できそうな感じ。
草との戦いって不毛な時間ですからなるべく避けれるなら避けるべきもの。
いろんな手段使っていらん戦いは回避する、これはかなり重要ですなぁ。


2022-06-19(Sun)

蜂は魚に含まれる?

バナナはおやつに含まれますか?

こんな感じのネタに聞こえるけれど、れっきとしたカリフォルニアの裁判所で出た判決。
いやはやあっちの訴訟ってのはぶっ飛んでる判決出たりするもんですなぁ。
生物って考えれば絶対あり得ない「蜂は魚である」
でもそういった生物学がどうこう言う問題ではなく、条文のスキをついてくるのがあっちの裁判。

今回はカリフォルニア州絶滅危惧種保護法で昆虫が保護対象にされていないことで、
その中の保護対象になってる魚に蜂を含ませられるんじゃね?というのを争ったらしい。
そもそもミツバチが年々減少してきてるから保護対象にしてくれーというのはあったみたいなんだけど、
それをしてしまうと今度は農家側が農薬散布しにくくなってしまうという事で反対されてたみたいね。
これはどっちの言い分も分かることなんだけど、しかしながら蜂を魚に含むってのはあまりに突飛。


カリフォルニア州絶滅危惧種保護法では魚に関する定義ってのがなかったらしく、
その上位に当たるカリフォルニア州漁業狩猟法の中に記載されている、

『魚』には軟体生物、甲殻類、無脊椎動物が含まれる

というのから無脊椎動物の蜂を魚にできると判断したようですね。
まあ通常だったら魚=水生生物ですからおかしなこと言ってるなーって話だけど、
ここはアメリカ的な判断、無脊椎動物って書いてるけど水生生物って書いてないよね。
ここら辺が条文のスキを突くというかねぇ。
うまいことやっとるという話。
ま、これがまかり通り過ぎたら恐ろしいけどね(汗


あっちの裁判の映画とか見るといろんなスキついて無罪を勝ち取る的なのがあるけど、
この間見た日本の裁判の奴の無罪と無実は違うんだってのがこれでよくわかる感じ。
犯罪とは違うけど無理くりにでも認めさせるおかしな話だと思ったねぇ。
とはいえミツバチと農業に関することって結構難しい問題なのも事実。
おかしな話の中身は実は・・・


ちなみにここに内容があります。
外部サイト⇒ミツバチは魚であるという判決が下る

P1110666_縮小

どうも、魚です。


2022-06-18(Sat)

花嫁小豆定植

真夏日。
雨はどこ行ったんだ。
確か梅雨入りしたよな・・・・・連日傘マークだったのに当日近くになると曇りか晴れマークに。
なんだかこの感じ去年の空梅雨に似てきたなぁ。
降る降る詐欺でカラカラになっちまうぜっ。
明日も雨マークだったのに曇り、来週は傘が並んでるがどうなることやら。
数日雨降らないとオクラの仕事できないんで何とかしてほしいねぇ。
なんか先週くらいまで雨降りすぎて畝づくりがーとか言ってたんだけどどうしてこうなった(大汗


さて本日はクッソ暑い中ですが小豆を定植しました。
播種じゃなく定植、今年は畝づくりが遅れたので苗作って時間稼ぎしてまして。
結構いい感じに育ったので本日ようやく定植となります。

P1110744_縮小
P1110745_縮小

白小豆と花嫁小豆2品種ありますが本日は花嫁小豆のみ。
正規種子ではなく栽培している方から購入したものなのでどのくらい発芽するもんかと思ったけど、
まずまずいい感じで発芽してくれたかなーと思います。
正規じゃないからモザイクとかその他病気も心配はされたけど大丈夫そうね。

P1110746_縮小

定植はメロンとチョロギの間。
かなり狭いところだけどメロンとチョロギの間がビミョーに広く空いてるんで草を生やすよりという流れ。
畝の半分はメロンの防草シートに隠れてますよ。
とりあえずちょっと草むしりは楽になる仕様になってます(笑

P1110747_縮小

30㎝ピッチで2株ずつ定植です。
定植なので種まきよりもやはり時間がかかってしまうのが難点だね。
またこうして真夏日になるってのも水やり必須になってくるのが面倒。
種播きだと取り合ずこんな天気でも水やりは最小限で大丈夫だからねー
ま、デメリットだけでなくメリットもあって、確実に2株育てることができます。
面倒とかいろいろとあるけどそれぞれ長所短所あるわけだし、
その時々で考えてやってくしかないねー
それにしても明日雨だと思ったからこんな状況でも定植をしようと思ってたんだけどさ・・・・
これじゃまた水やりしとかないといけなくて面倒に拍車がかかっちまったな(汗


なかなか天候に振り回されてしまってる今年の畑。
とはいえもう間もなく今年の春物が完了っすなー
ちょっと空梅雨塩梅の気配が濃厚になってきてこれからが心配ではあるんですが・・・・・
降るときは降って晴れるときは晴れる、メリハリよく頼みまっせー


2022-06-17(Fri)

ジャンボチョロギを補植しようと思ったら

今年は3畝体制のジャンボチョロギ。
1畝ごとに肥料の成分量調節して出来具合を見ています。
定植後ほぼ芽が出そろったので状況を見てみたわけですよ。

P1110702_縮小

まあ手前のほうはしっかり芽が出てたやつなんでそろって大きくなってきてました。
まず第一段階の活着というところはクリアですね。

P1110703_縮小
P1110704_縮小
P1110705_縮小

上から肥料の多い奴、中間、少ないやつ。
この時点ではそんなに差はありませんね。
多少多い奴が優位に育ってる気はしますがまだまだ差異なしですね。

P1110706_縮小

んで中間地以降まだ芽が出てなかった種芋を植えた場所に欠株がみられるんですよね。
結構たったのに出てないってことは種イモがやはり乾いてダメになってたんだろうと判断。
出てない場所には去年の畝から引っ張ってきて補植しようとまずは掘り起こし。

P1110707_縮小

去年の畝はほったらかしなんだけどあちこちから大量に芽が出てるんで、
畝の外側に出てきたやつを掘っていざ補植へGO!!

P1110710_縮小

ところがどっこい、いざ土を掘っていくと露出してない芽があったり、

P1110711_縮小

まだ不完全な芽を付けた種イモが土とくっついてたり・・・・

P1110712_縮小

なんやかんや掘っていくと大体の奴が種イモ生きてまして、
遅いけどもこのままいっても大丈夫そうなものが多かったんで補植の必要性がほぼなかった(汗

P1110709_縮小

補植したのは種イモが何かに食われてしまってたところ、
あとは完全に干せてしまって死滅してた数か所のみでした。

P1110708_縮小

せっかく掘り出したのにーって感じで数株残ってしまった。
残ったのはまた去年のところに戻しておきましたが(汗
大量に種イモ残った状態の去年畝一体どうなるか恐ろしいんだけどーーー


定植から約1か月になったジャンボチョロギ、
種芋の管理の悪さがちょっと生育に響いてしまってる感がありますが、
ひとまず活着徐々に大きくなってきている感じです。
去年はここからさほど大きくならなかったので小ぶりというかさっぱりな出来になった気がしますが、
今年は去年を超える十分な地上部の茂りを期待したいところですね。
まだ肥料の違いも顕著には出てないのでこれからの生育を注視したいところ。


2022-06-16(Thu)

ダビデの星の畝が想像以上だった件

昨日梅雨入りした当地。
雨マークも出てるわりになかなか雨が落ちてこない。
なんかモヤモヤする天気でやりたいことができない感じ(汗
まあでも雨が降ってこないんでオクラの土寄せをしてしまうことにした。

P1110716_縮小

そう思ってまずダビデの星の新規のほうへ行ったわけですが・・・・
なんかマルチがパンパンに膨れてる??

P1110717_縮小

マルチをよく見ると中に大量の草
ちゃんと張れてなかった緩いマルチを草が持ち上げてしまっているようです。

P1110718_縮小

植穴から覗いてみるとこんな状況ですからね。
芋があったとこなんで草の量がオクラ植えてたところと段違いです。
だからこそしっかりマルチ張らないといけなかったんだけど、
ここの3畝が最終、一番調子が悪い状況でやったもんでほぼマルチ張れてなかったんだよね・・・・・
じゃないとこんなにマルチを持ち上げられるってことはないっすから(汗
きちんとやらないといろいろと困る、焼けもそうだしこうして草が生えちゃうのもそう。
イカンイカン。

P1110719_縮小

マルチを持ち上げられてしまってるんで植穴がだいぶマルチの中に入ってしまってまして、
芽が出たものが完全にマルチの中ってのが結構あった。
よくまあ焼けなかったなーって具合のものが大量だったんで想像以上にやばい状況でした。
そんなわけでマルチを持ち上げてる草を潰し潰し土をのせて重しにしてなんとかマルチを抑え込んで土寄せ。
なんのためにマルチ張ってんだって感じでマルチの上に大量の土(汗
意外と欠株ないような感じで土がのってますが、実際は最低限1本発芽してるところだらけってやつ。
ホントに最低限の仕事ってやつが多くて逆に驚きってやつね。
そう考えると発芽率は4割弱ってとこになっちまいますねぇ・・・・・
いやはや恐ろしい発芽率だ。

P1110723_縮小

こっちの3畝は一番左が優秀だった。
といっても最低限のお仕事のばかりですが―――
欠株補植はまだかかりそうなので後回し。

P1110721_縮小
P1110720_縮小

いつものほうの畝も土寄せ、こっちのほうも最低限が結構多かった。
思ったよりも欠株がない状況なのはいいけど、1本立ちばかりってのもなー
種が良くないってことだろうし、種を大量に作って大量にまいて数で勝負したほうがいいかもな。
3粒で1本になるんだったら6粒まいて2本になるほうがいいでしょ。
パーセンテージ的には何ら変わりないんだけどさ。
ま、その辺は今年の初っ端から大きくしまくって種大量生産する体で動こうかしら。

P1110722_縮小

欠株のほうは補植用苗待ちとホントに時々現れる3本立ちから1本引っこ抜いて補植で対処します。
しかしこの引っこ抜き補植ってのが天候次第で枯れてしまうんで、
去年成功したように作業するには雨が必須なんすよねぇ。
だからこそこのモヤモヤ天気ってのが気に入らないわけで。
降るなら降れば引っこ抜き補植で島の恋の分もできるんでいいんだけどさ。
もーどーかーしーいーってのが正直なとこ(笑
作業できんのは来週かねぇ。

P1110728_縮小

今日は土寄せを終わらせて草刈りまでやっておいて作業終了です。
草刈りもだいぶ遅れてしまって絡まって大変だった。
作業は適期にできないと苦労する、まさにって感じでござんした。
あとはここでは補植待ち、明日防草シート張ればほぼほぼ作業完了だね。
春の畑仕事もあと少し、一息つけるのも近くなったぞー


2022-06-15(Wed)

さて今年もメロンスタートだ。

今日はメロンだ。
昨日の定植ネタですが今年もスタートしましたよー


P1110423_縮小

2年目の種ですが今年もかなり芽が出ました。
100粒からの種なので大量に種余り状態、ちびちび使って発芽しないまま残すよりと思って結構まいたわけで。
奇形じゃないのを厳選してポット上げして育苗、大きくなったけどなかなか定植できずにいたんですよねー

P1110694_縮小

ちょっとというかかなりでかくなってしまった。
もう少し早く植えるべき状態ですがまだギリギリどうにか老化苗まではいってないような状態。

P1110695_縮小
P1110696_縮小

本葉が4枚、すでに脇芽も出ちゃってますからねぇ。
3枚目くらいでの定植が早植えで活着もスムーズだろうけどごたごたで遅くなった。

P1110564_縮小

畝のほうは雨降る中何とか早くに作ってたんですよねー
例の作ってる最中にずぶ濡れ事件の畝です(汗
いつもは芋やってるところに今年は長い1畝を建設。
長いといってもここで定植できるのは約30株程度で苗の数からいうと短い。
でもまあ余ったら余ったでどうにかしようとまずはここだけに定植する体で進めていきます。

P1110697_縮小
P1110698_縮小

定植前にトンネル作っておいたんだけど、パッカーが足りなくて中途半端に止めてたら風がビリビリに・・・・
あちこち破られてしまったんだけど何とかぶっ飛ばされないように補修補修。
作業中も風が強かったんで苗を並べてる最中に持ってかれないかヒヤヒヤした。

P1110699_縮小
P1110700_縮小

芯止めしつつ定植。
今回は70㎝ピッチで32株の定植になりました。
あれこれ厳選してたら苗もちょうど32株になってたし(汗
今年は6月に入って寒かったりして育苗ベッドでトンネル閉め切ったままになってたりしたせいか、
どうも変な苗が散見されてしまって思ったよりもまともなやつが少なくなってたんですよね。
一応何かあったときの用の苗は数株残ってるので緊急での対処は可能です。
ま、余った苗だからといって販売できるようないいもんでもないので、
何事もなければ廃棄する予定にしてます。
もったいないけど今年はどうにもできないっすからねぇ。

P1110701_縮小

定植後はトンネル閉め切ってしっかりパッカーで止めてあとはしばらく放置。
今年は隣がオクラなので両サイドに防草シートを張りましたよ。
芋のあったところなんで草がすさまじいことになるんでね。
草との戦いは畑周辺だけで十分だで・・・・・


これにてメロン定植完全に終了!
しばらくはほったらかしですが、風でトンネルが破壊される恐れがかなり高いのでそれだけが心配
今日だってすでに一部再破損してしまってましたんで、
トンネルビニールの重なってる部分がばたつかないようにネットで止めるとか必要になるかも。
今までこんなに風ですぐにビニールが破られるとかなかったんだけどねぇ。
洗濯ばさみからパッカーになってしっかり止まりすぎて力の逃げ場がないからだと思うけど・・・・・
良いもの使って逆にダメになるってのは…アカン(汗
なんかモヤモヤするけど今年もメロンはスタートしました。


2022-06-14(Tue)

今年の札幌八行トウモロコシは2条植え

雨まえ勝負の晴れ2日目、強風吹きすさぶ中作業をしてました。
トンネルやら雨よけやら裂けてぶっ飛ばされて非常に頭にくる風でしたねぇ。
これから雨よけ必須になるってのに・・・・雨降ってる時じゃなくてよかったよ。
まあそんなこともありつつ今日は定植をどうにかしてきた。
その中で今日はまずトウモロコシの話題。

P1110527_縮小

トウモロコシというと去年失敗したと思って放置した札幌八行トウモロコシ、
これがしっかりと種になってたので収穫したところまではいいんだけど、
結局そのあとほったらかしで種を採ってちゃんと保存とかもせず・・・・・
そんなので大丈夫かねぇと心配はあったけどリベンジの種に種まきをしました。

P1110533_縮小

札幌八行はスイートコーンの種と比べると粒がしっかり残った状態なんですよね。
なんでスイートコーンの種はあんなにしわしわになるのかわからんくらいこの種は立派。
出るかも不明だったのでひとまず128セルにまいておきまして。

P1110587_縮小

結果発芽率極良。
いやいや―めっちゃ出るじゃーん。
出たはいいけどこれどこにどう植えようか・・・・という悩みも。
で、畑のレイアウトあれこれと考えつつ何とかヤーコンの畑に1畝作成してたのが先日のこと。
そのあたりでまだこの話題だしてないのに苗のことが出てしまってましたね(汗
その頃にはすでにだいぶでかくなっていたんですぐにでも定植できる状態でしたが、
延び延びになって本日定植してきましたよ。

P1110693_縮小

去年は1条植えにしたんですが今年は2条植えにしました。
去年苗余りで植えたゴールドラッシュも2条植えで十分でかくなりましたんで、
場所もないのでこの方法で今年は行こうかと。

P1110692_縮小

それでも発芽率が良すぎて1畝では苗が余ってしまったので、
最終的に1か所2本立ちのところも数か所発生。
2本立ち自体はここら近辺ではポピュラーな方法になってるんだけど、
それを2条植えで実施するとどうなるか…ちょっと心配はあるー

P1110588_縮小

2条植えには時たま起きるセル同士結合する苗も利用した。
この根っこが隣に移動するのって何だろうねぇ。
色からしてこいつら運命の相手ってやつなんだろうか(笑
ちゃんと離れないように植えてやったんだから立派に育って実をつけてくれよ――


発芽率が非常に良くて今日の定植数は125、約98%ってすげぇ。
そんなわけで1畝にぎっしり詰め込んじまったけどどうなるかねぇ。
去年はなぜか結構死滅する苗もあったんでこれからしっかり大きくなるまでどのくらい生きてるか。
ま、2条だしどっちか片方でも残ってりゃよしぐらいでいいんでないかな。
今年はちゃんと焼きトウモロコシで食いたいんで収穫時期を見逃さず、
ロングトウモロコシ詐欺にあわないよう注意深く観察したいね(笑



2022-06-13(Mon)

ヘルシエの補植に取り掛かる

今日晴れ、明日までは天候がいい。
昨日1日無駄にしたので勝負の2日間だ(笑
今日はオクラの補植に取り掛かることにしましたよ。

P1110679_縮小

大体出そろったオクラ。
今年は補植必要か?ってな感じで結構出ている気配。

P1110680_縮小

しかしまあよく見てみりゃそこかしこに欠株がある。
これは単に発芽してないではなく初年度にも起きた「アレ」だ…

P1110681_縮小

焼けですね。
これはマルチと土の間が空いてしまってることで起きやすくなるもの。
マルチ張った下の土って結構暑くなってるのはわかると思いますが、
その隙間に熱せられた空気があるんでそれのせいで芽が焼けちゃうことがあるんですよね。
今年マルチ張る際に機械の調子がいまいちで結構隙間が空いた畝ができてしまったので、
その影響が大きく出てしまったところがあるってことだ。
特に最初のほうで作った畝は影響がもろで、その割を食ったのが島の恋だ・・・・

P1110684_縮小
P1110686_縮小

発芽率は悪くないんだけどかなり欠株発生してます。
なんかホントに初年度とまるっきり同じ状況(大汗
ちょっと違うのは今年は出てから焼けて初年度は出る前に種が煮れたね。
どっちにしろ困ったもんで。

P1110685_縮小

島の恋は1本立ちでも十二分に採れるから最低1本で何とかしていく予定。
しかし補植苗が間に合わないんだよね・・・・・

P1110691_縮小

こっちの補植苗は出が悪い。
ので今日は島の恋の補植作業ではなくヘルシエの補植作業をすることになりましたわけで。

P1110676_縮小
P1110677_縮小
P1110678_縮小

なんと言ってもヘルシエの補植苗は種余りでやたら多い。
しかもなぜか今年の発芽率恐ろしいほど良くて補植苗が9割以上発芽ってな感じ。
なかなか緑化してこないのが気になるけどまあどうにかなるべーといざ補植。

P1110682_縮小

補植してしっかり土をかけてマルチとの間をふさいでおいた。
これで熱風による焼けは回避できるはず。
これをやってる時に他のにも土かけといたほうがいいよなーと思って補植しながら通常の所にも土寄せをしておいた。

P1110683_縮小

これがまた焼けないとも限らないからね。
補植は一度で済ませたいしー

P1110687_縮小
P1110688_縮小

やると決めた以上しっかり最後まで。
本日ヘルシエ全6畝分の補植&土寄せを完了させました。
土寄せがあるんでまだ防草シートを張ってなかったんだけど、
これでようやく防草シートも張れるようになりますね。
といっても毎年防草シート張ってたらだいぶ草が生えなくなってしまったけどーー

P1110690_縮小
P1110689_縮小

今日はヘルシエでしたが明日は島の恋…とはいかず別の定植の予定。
ダビデのほうも出てはいるけどやたら皮かむりが多いのはなぜなのか。
結構遅いので次の晴れとかに補植予定です。
まあなんせ補植用苗がいまだ発芽してないしね(汗
島の恋は…晴れではなく雨の日に作業する予定。
これは訳あり、それはそれでまたの機会に。
ひとまずオクラの補植作業第一弾は何とか晴れの1日使って終わったど―――


2022-06-12(Sun)

カブをポットで育てる試み。

今日は晴れました。
雨が降りそうなんていいつつずっと晴れました。
もうすでに今日はごろ寝の日と決めていたのでこんな天気でも動きなし(笑
一応苗物管理だけしてごろごろしてました。
まあ畝づくりやら定植やら急ピッチで詰め込んだから骨休めってことで。
明日明後日も天気もちそうな雰囲気なんでそこで勝負します。
という事で本日は・・・・実験ネタ。

P1110641_縮小
P1110642_縮小

毎度海外種子を購入するところで注文すると何かしらおまけがやってくるんですよね。
これはありがたいってのからこれはやらんわーってのまでいろいろ。
今回はイエローターニップ、カブがやってきました。
カブは…なんともビミョーだけど作れなくもない。
しかしながら栽培する場所的余裕が皆無ってことで今回はポット栽培っていう実験をすることに。

P1110643_縮小

いや、ポット栽培って何よって感じなんだけど、実際やってるところがあるみたいなんだよね。
カブは根菜だけど確かに土の上に大部分が露出してくるんで出来なくもないんだろう。
肥料管理さえできればポットでも栽培可能ってことは実証されているので、
今回ポットケースに千鳥で入れて実験栽培をしてみることにしました。
ポットの大きさが小さいかもしれないんでどこまでいけるかはわからないんだけど、
これで本当にカブが栽培出来たら面白い結果ですよねー
今回のイエローターニップがどんな感じかも初めて、ポット栽培も初めて、
未知の実験は果たしてうまくいくのか?
・・・つづく、かもしれない。


2022-06-11(Sat)

台湾小白菜の収穫と定植

今日晴れだーと昨日の記事書いてる段階では思ってたんだけど、
寝る前に天気予報を見て曇りマークになってることに気付き・・・・・

おらの晴れマークをどこへやりやがった――

やっぱりこんなもんよ、と天気予報に失望しながら迎えた本日。

寝過ごしました(大汗


いや、まーうん、その辺はどうでもいいね(笑
実際のとこ本日よく晴れて夏日になりまして。
畝づくりもやったし定植もできて満足満足。
その中の一つ台湾小白菜の話題を今日はお届け。

P1110652_縮小

台湾小白菜も大きくなってきたら一気にでかくなりまして、
レタスとは比較にならない大きさにまで成長してしまいましたよ。

P1110654_縮小
P1110653_縮小

いい感じに中もまいてきたのでそろそろ収穫と行きたいけどなかなか天気が良くない状態が続いてました。
そうこうしてるうちに気温も上がってきて他のことに忙しくなってきたところ、
よく見りゃ虫が多くなりだして穴が開きだしたんで急いで収穫に入りましたよ。

P1110671_縮小

白菜らしく芯のところはしっかりと太目、葉っぱも丸くて多くな葉っぱです。
葉物野菜としてはだいぶでかい感じがしますね。

P1110672_縮小

収穫していくと外側と中央で形状が異なります。
やっぱり中央は両サイドから覆いかぶされてしまうので立ち上がっていくためシュッと長くなりますね。
両サイドは背が低くずんぐりした印象。
袋詰めとか考えるとシュッと長くまとまってくれたほうが入れやすくていいですが、
そもそも結構でかい葉物になるので大きめの袋を結局使わないといけないからあまり大差はないかなー

P1110668_縮小

収穫も始まりましたが、畝の余りに使うためにまいた追いまき分があるのでそれを定植。
1か月近く離れてしまうとほぼ1回転終了と同じタイミングになっちゃいますね。
要は1か月ずらせば延々と栽培が続くってことかなー
結構いいタイミングで追いまき分が栽培スタートってなりそうだ。

P1110670_縮小
P1110669_縮小

でもねーレタスの空いてるところと台湾小白菜の空いてたところに植えたけど、
レタスの生育速度を考えるとレタスが負けそうで1列開けて定植してしまったよ。
それぐらい台湾小白菜の生育が早くてしかもデカいからね。

P1110655_縮小
P1110656_縮小

レタスも大きくなったとはいえまだまだこんな感じだし。
いやはや台湾小白菜の生育速度の速さは異常でござんすな。
ま、キク科とアブラナ科の生育速度の差といえばそうだろう。
レタスの収穫は追いまき分とほぼ同じくらいかもっと遅くなるか・・・・
暑くなって台湾小白菜の生育が加速してくるとヤベーかもしれんな(汗


今日ぼちぼち収穫したんだけど残ってる株数が約100ちょい。
気付いたのがいくらか蕾を持ってる株が存在している点。
春先にまだ寒い中で種まきしたからとう立ちしちまうのも出るかーって感じ。
しかしここまで防除なく虫の被害もほぼなしで大きくなることを考えると、
種まきタイミングとしては一番いいタイミングなんだろうなーとは思った。
あとはとっとと収穫して捌いてしまうだけ、明日の朝はちょっと忙しいぞ――


2022-06-10(Fri)

今日は定植。(トマトと唐辛子)

今日の天気は午後から雨とのことだったんだけど、
今までと違うのは晴れて気温が上がってから天候が崩れるいわば夏型の雨。
案の定ちょうど昼になるころに真っ黒い雲がモクモク…雷ドカンドカン
去年よく見た光景、こうなると案外降らない(大汗
多少の降雨のみのホントに局地的豪雨、畝づくりを控えてる身としては助かった――
まあそもそも雨が降るという事を考えて予定を組んでしまったんで今日は定植のほうをしてましたけどね。

P1110657_縮小

まずは昨日作った畝にイタリア唐辛子の定植。
数えた結果ちょうどエトナ17株定植できそうだったのできっちり定植です。
今年の株間は40㎝、狭いようだけどこの唐辛子はコンパクトサイズなので問題はないです。
並べるとまだまだ苗としては小さいけど根っこはあるから大丈夫でしょう。
そういや唐辛子を6月の上旬に定植したのって初じゃなかろうか(汗
苗作りが毎度うまくなくて6月下旬がデフォ、7月に入ることもままあるからねぇ。
これぐらいの時期に定植できるようにもう少しうまく苗作りたいもんだ。


P1110638_縮小

そしてもう一つがトマト。
畑のやりくりの問題だけどトマトを植えるところはどうしても湿気が強めになるところなので、
かなり高畝にして畝を作りましたよ。

P1110639_縮小

だいぶ周りが湿気ってるのは・・・・雨が降る前に急いで畝づくりしたときのだからだよ。
結局作ってる最中に雨降りだしてたから大変だったけど(汗
土を盛るために掘れば水気が多すぎて塊になって鍬から離れなかったからね。
それでも何とか30㎝くらい高くして畝作りました。

P1110658_縮小

これにキュウリ支柱を使って雨よけを設置。
畝はキュウリ支柱の真ん中に設置です。
これにはまた別の意味合いもありまして。

P1110661_縮小

雨よけ設置後に定植。
紐が下がってますがキュウリ支柱を利用して吊り栽培をします。

P1110659_縮小
P1110660_縮小

まだ十分な太さがなくてクリップから抜けてしまうため支柱と一緒に挟んでおきましたよ。
伸びるにしたがってクリップで紐と挟んで吊り上げていきます。
高さが上に届いた場合は下に引き下げてという具合。
引き下げは接ぎ木だとやりにくいんだけど自根なので何も問題なし。
どのくらいまで伸びるかわからんけどまあ実験農場でやった手法なので対処できるっしょ。
これにてトマトの定植も完了でっす。


今日かのこ2つの定植、あとはメロン用のトンネル設置とかして椎茸の出荷に行ったので、
作業的にはそこまで頑張らなかったっす。
明日明後日で残りの畝づくり定植まで済ませてようやく畑ひと段落と行きたいところだ。
まだもう少し春の畑仕事は忙しいですぞ。


2022-06-09(Thu)

ヤーコン全部定植してた件。

今日は久しぶりに日差しが戻った。
曇り予報だから全然期待してなかったけど朝から日差しがあって久しぶりに20度超えてきた。
といっても日差しがあったのは短い時間でほぼほぼ曇ってたんだけどねー
それでも雨にならずにいいほうの曇りでしたんでようやく畑で畝づくりができた。

P1110650_縮小

たかが4畝されど4畝。
全部手掛けマルチですんで全長約60mを人力で作業するのはやはり大変。
今日作ったのはキャベツとトウモロコシ、そして唐辛子だ。

P1110651_縮小

キャベツは少し高畝にーと思ってやったら思いのほか通路が広くなってしまった。
まだ後まき分のポット上げもしてないけど数えてみたら40株ちょいくらい、
2畝でちょうどよさげだったので2畝フルで作ってしまった。
トウモロコシは去年もやった札幌八行、唐辛子はストロンボリの分だけ作った。
場所の関係上他のものはまた別のところ、明日つくることになるかなー
明日も午後からまた雨降りそうだし定植を先にするか畝づくりを先にするか悩みどころ。
週末は晴れマークが今出てるから畝づくりはそっちに回そうかねぇ。
ま、あてにならん天気予報は当日にならないとわからんのです(汗


さて本日はヘロヘロになってようやく畝づくりをしたぐらいなんですがね、
実はその前の隙間時間にヤーコンをすべて定植してしまってたんだよねー
今更ながら先に植えたものとの比較も兼ねて。

P1110598_縮小

まずは苗。
先に植えた時にまだ小さかったものもだいぶ大きくなってきていまして、
さっさと定植したかったけど天候がなかなか回復しなかったこともあってずるずると・・・・・
しかしながら先に植えたものと約1か月も差が出てしまうってのはよろしくない。
多少の雨であっても植えに行こうと行動を起こした次第。

P1110604_縮小

大きいのはまだしも結局こんなのも最終的に全部植えた。
これくらい小さいのってほぼ期待もてないけど仕方なし。
一応芽は出るけど、ってのを計算しないでしっかり大きくなってるものを定植できるようにしたいね。
苗作りはいいもの厳選で多少余るくらいでってのが本来のところ。
しかしビンボー人はもったいない精神でこんなのも植えちゃうのよねー(大汗
他の野菜だと結構選抜してるんだけどヤーコンはなぜやらんのか…

P1110600_縮小
P1110605_縮小

先に定植したものはぼちぼち育ってます。
といっても余り巨大化してる感じはありませんね。
気温が低め、雨続きってのも影響あるかもしれない。

P1110607_縮小
P1110606_縮小

購入苗は葉が少し黄色に。
やはり定植までが長すぎちょっと老化に入ってたかもね。
しかし新しい芽も出てきているし問題はほぼなしだと思いますよ。
これからこれから。

P1110608_縮小

という事で無事ヤーコンはすべて定植されました。
今年の定植は短形自然薯、オクラ、人参に次いで4つ目ですかね。
畝さえ作ってりゃあとは定植していくだけなんで問題はないっすけど、
なかなか天候不順で厳しい戦いになっとりますね。
チャンスは見逃さずやれることをやる、今は我慢の時期でっす。


2022-06-08(Wed)

雨なので定植待ち苗の様子でも。

P1110640_縮小

相変わらず低温である。
日中ずっとこんな状態、ここ最近こんな気温が続いたせいかこれでも寒くない気がする(笑
この時期に寒さ順応するってやべーぞ。
5月は真夏日だーなんてあったのに今じゃその半分かよ。
もう冬が来るのかな??早いもんだでー


さて本日も雨でござい。
降り方は霧雨がメインでしたがそれでも雨、畑はまるっきり乾くこともなく・・・・・
やれることはやってるけどとにかく畝を作れないのがきつい。
定植待ちの苗物が続々と生育していますんでどんな状況になってるのかを。

P1110628_縮小
P1110629_縮小

雨の間はトンネル閉めっぱなしなので意外とトンネル内はあったかくなります。
おかげさんで今年はトウガラシが結構早く大きくなってきています。
発芽試験した最初の奴がかなり大きくなったのでもうすぐ定植していい状態に。
こんなに早く大きくなったのは初めてなんだよね(汗
どちらかといえばエトナのほうがでかそうだ。

P1110630_縮小

片や追加でまいたほうが異常に生育が悪い。
これはいったいどうしたことかという感じのレベル。
結構枯れてしまった物もあり結局追加した分は使い物にならないかもしれない。
おかしいですねぇ。

P1110631_縮小

その流れなのか中華唐辛子もあまり芳しくない。
4株何とか確保から1株脱落し更になんだか怪しげな状態。
ロコトと違って1株あれば何とかなるけどさー
なぜ気温上がってきてからまいたほうがよろしくないのか謎で仕方ないわ。

P1110632_縮小

その話をぶった切るのがさらに遅くまいたトマト。
やはりトマトはでかくなりやすいもんでして・・・・・
早くしてくれー状態、ホント早く植えてやりたいもんですが。
しかし唐辛子と比べてとんでもなく早く大きくなるねぇ。

P1110633_縮小
P1110634_縮小

メロンも同じくもう定植期。
しかしトンネル閉めっぱなしと低温の影響か前回気になっていた病気の兆候が顕著に。
怪しげなのは廃棄、定植待ちの弊害がここに。
苗に余裕はあるけどどのくらい正常で確保できるかねぇ。

P1110635_縮小

あとはアスパラが発芽しまして。
高い高い種でしたんで心配したけど無事発芽しました。
あとはしばらく育ててからポット上げして秋くらいまでに定植かな。
最悪越冬後来年定植でもいいけどさ。

P1110647_縮小

トンネル外だとトウモロコシもぐいぐいでかくなってきてる。
まだ記事にしてないけどお先に苗が登場してしまった(汗

P1110648_縮小
P1110649_縮小

補植用オクラも順調に発芽。
といってもやはりセルでやってしまうとなぜか根っこが地表に出る奴がいるんだよね。
マメでもあるけどやっぱりもう少ししっかりと押さえつけてやらないとだめってことだわな。
しかし根が出始めてる種をまくときはやりすぎると折れてしまうこともあってなかなかそれが難しい。
それでも今回のはうまくいってるほうかな。
まだ葉っぱが緑になってないけど赤味がかってるので島の恋ってわかるね。
ヘルシエはまだ出始めっす。


こうしてみるとトマトとメロンがかなりヤベー状態、唐辛子はもう少し我慢できそう。
トウモロコシも意外とはやいから余裕は少なめ。
結論から言えば…ヤバいことこの上なし(大汗
2日後の晴れマークが次の日に雨に替わるのホントにやめてくれよ。
今日、明日の晴れマークはどこに消えたんだ・・・・・
あーあ―もうだめだ、くそバカでかくなって老化するまで我慢するしかねーか(汗


2022-06-07(Tue)

オクラが出そろってきましたね。

寒いっす。
低温注意報が出るくらい温度が上がりません。
まあ昨日のほうが寒かったけど昨日今日と最高でも20度以下、
今朝なんて白い息が出るくらいまで冷えてましたわ。
おかげさんで家の中でストーブ稼働中、いやはやどうしたこった。
そんな状況ですが夏は暑くなるぞー、電気が足りないぞーってな情報が。
・・・そんな感じで電気自動車普及させるとはアフォなのかなって正直思う。
政治屋なんてそんなもんよってねー
それにしても寒いは何とかなっても暑いはどうしようもなし。
今年も猛暑日に悩まされるとか勘弁だで――


ま、先のことはまだ何とも言えん今日この頃。
相変わらずしとしと冷たい雨の中オクラが生えそろってきています。
種まき後に雨降るのはいいけど気温が足りない感じだったので大丈夫かと思ったけど意外と順調に出た。

P1110581_縮小
P1110580_縮小

やはり最初に出たのは島の恋。
浸水後の動き出しが一番早いだけあってあっという間に芽がそろってきた。
島の恋はホントロケットスタートするからいいねぇ。
発芽率も安定、これは補植の心配がほぼなさそうな感じがします。

P1110613_縮小
P1110612_縮小

ヘルシエは1日遅れでの播種なので少し遅いけど大丈夫っぽいな。
これは1本立ちになるところもありそうなので補植がいりますね。
もう少し大きくなってからですがこちらも大丈夫だ。

P1110609_縮小

問題はダビデの星。
相変わらず発芽率が非常に悪い。
自家採種になるとなぜこうも出が悪くなるんだろうか。

P1110610_縮小

一応出てきているところはポチポチと見えるんだけど、
3粒まいて1本のところがほとんど、動きなしのところも結構見える。

P1110611_縮小

うーーん、アカン
動き出しも遅いしとにかく芽が出てこない。
最低1本立ちで十二分なんだけどその1本すら出ないと困ったもんであるよ。
もうちょい様子見だけど、種はまだあるのでもう一度まき直してみるかだな。
あまり遅いと揃いが悪くなってあからさまに生育が負けるんで次がラストになるけどねー
もう2,3日が勝負どころだな。


ダビデの発芽を見てると結構皮かむりがみられるんですよね。
という事は種がやたらに固いのかもしれないなー
それ要因で発芽が悪いのなら解消するすべを探してみないといけないっすね。
それで劇的に解消されるならよしだけど・・・・そもそも自家採種で発芽率悪いだけだとどうしようもなし(大汗
この種の量購入で賄うのも無理あるんで結構な死活問題ですなぁ。
購入種子と自家採種で何が違うんかねぇ???


2022-06-06(Mon)

禁断の人参をまく

今日は予報通りに午前中まで何とか天候が持ちました。
おかげで朝っぱらからせかせか畝たて作業に従事できましたわ。
ようやく前回ほったらかしになってしまっていた畝を作ることができてよかったー
・・・そのあとにこのまま種もまいちまおうかと、雨降りだした午後から種まきもしておきましたよ。

P1110614_縮小
P1110615_縮小

まずは畝のほうから。
短形自然薯とヤーコンに囲まれた三角地帯、ここに今年は人参をまくことにしました。
人参なのにマルチ栽培かよって感じですが、そうよここは草が生い茂る地帯、
夏場にオクラにかかりっきりになるのに草むしりなんてやってられませんからね。
初めて5条のホールマルチを使いましたけど、これに合わせて畝作るってのが難しかったねー
なんせこのマルチ95㎝なんだけど、いつも95㎝マルチでは60㎝の畝しか作ってなかったからね。
60㎝というとこのマルチではホール間の間隔になってしまうので畝を広く作らないといけなかった。
今回は80cm畝で何とか形になった感じ。
でもこれだと高畝にすることができないので使い勝手が悪い気がしたわ(汗

P1110619_縮小

今年まくのはこの2つ。
まずはいつものキャロットブラン、白ニンジンですね。
これは通常よりも非常に重くできるニンジン、1kgオーバーを作ったニンジンですよ。久方の登板。
もう一つが山内ニンジン、地元の伝統野菜ですわ。
・・・といいつつこれは野口種苗さんから購入した種、自分たちが選抜に関わってるあのニンジンの種ではないのよね。
だからこそ禁断の人参の種でござい。
実験農場でやってた山内ニンジンとどう違いが出るのか気になるところであります。

P1110620_縮小

固定種子にしては珍しく種子消毒がされてました。
ここで購入した種子では初めてじゃないかな。

P1110621_縮小

ホールマルチなので1穴ごとに3粒まきで行きます。
3粒まきはいつものことながら雨でくっついたりするため非常にめんどくさかった。
相変わらずニンジンの生の種を3粒まきしていくのは狂気の沙汰だねぇ。
おめぇばかだろって言われても反論できないレベル(笑
これはやってみればわかると思いますぜ。

P1110618_縮小

まき終わったらもみ殻をかぶせていって種まき終了!
これのためにもみ殻を全部使いきってなかったんだよねー
家で田んぼををやめてしまっているのでもみ殻はもらってこないといけないもんで、
貴重品になってしまったモミをホールにバカスカ置いてさっさと撤収してきましたわ。
首背中が痛くなって気分が悪くなります(汗

P1110622_縮小

午後からは雨だよーといいつつ種まきしている間はザーザーと降ることもなく小雨状態。
おかげで種を濡らすことなく種まきできたのはありがたかったですよ。
人参はこの4畝分、そしてこの4畝でも2-2で試験をしています。

P1110624_縮小

というのも人参はリンを補給すると中の芯が小さくなるらしいという情報をキャッチしたからなんですよね。
実験農場で選抜していた時に中の芯が小さいものというのが基準に合ったんだけどね、
これをもし肥料で達成できるならすごい話になりそうだなーと。
という事で窒素分の総量は変えずにこっちの長い畝2つはリンを足した畝、

P1110623_縮小

こちらの短めの畝2つはリンを入れてないもので比較実験です。
ちなみに山内ニンジンが左側、キャロットブランが右側のほうになってます。
やっぱり販売するとき白ニンジンってなかなかさばけないからねー
山内ニンジンのほうを多くしてまっす。
・・・といいつつどのくらい山内ニンジンの特徴を持ってるかだよねぇ。
出来てみないとわからないけどうまくいったら農場に持って行ってみようかしらー

P1110617_縮小
P1110616_縮小

最後に畝づくりで一番手前に移ってる一番小さい畝、
これに去年買った根パセリの種をまいておしまいでございますよ。
出るかわからんし種を使い切りたかったので4粒まきで種を全消費しました。
これもどうなるか気になるところ。


今日は本来禁断な作業をごり押し、しかもそこに禁断の種を播種。
いやはやなんとも無茶をすることだ…(汗
ま、明日は1日雨っぽいし何もできなくなてしまう前にやり切ったのはよかったでしょう。
これでまた一つ作業完了、水木当たりで残りの畝づくりさっさとやりたいねぇ。
天候よー回復しろ―――


2022-06-05(Sun)

台湾小白菜がぐいぐい

今日の朝は霧雨だった。
昨日1日曇ってようやく今日畑で作業できるなーと思ってたら夜に雨が・・・・

オーーイ!!降水確率10%じゃなかったんかよ―――

朝まで降り続いてたのでもはややる気なし。
今日も曇り予報だし出荷行ってゴロゴロだなーとふて寝ですよ。
昼に飯食いに起きたらなんとまあ晴れてたんですがね(汗
ホントここ最近の天気はわけがわからん。
明日の午前中まで雨が降らなければどうにか畝たてだけでも終わらせてしまいたいところだ。


まー本日は特に何もしてないので畑の様子でも。
種まいたもの、定植したものいろいろと動きはありますよ。
中でも台湾小白菜の生育が素晴らしくいいですね。

P1110583_縮小

なんだかあっという間に畝一杯になった。
日に日にでかくなってるのがわかるくらいの生育っぷりに驚きだ。

P1110584_縮小

小白菜なのでこれから少しずつまいてくると思います。
このペースで育てば中旬過ぎにはある程度ものになってるかもね。
これはいいかもしれない。

P1110585_縮小

まだあまり虫食いはないけどカブラハバチが飛び始めていたので注意が必要だね。
天気次第だから困りもんだけど1回は何らかの防除しといたほうがいいかもしれない。
収穫サイクルが短いけどやっぱりそこはアブラナ科、害虫が多いっすなぁ。

P1110586_縮小

一方で隣のレタスはだいぶ遅いね。
台湾小白菜があまりにも早すぎるから遅く見えてるだけかもしれんけど(汗
こっちは害虫被害もなくボチボチゆっくり育ってるかなー
もう少し加速してくれてもいいんだけどさ。

P1110578_縮小
P1110579_縮小

あまりレタスが遅いとこっちの追加分の台湾小白菜に追いつかれるぞー
これもバカ早い。そしてこの軸の短さ。びっくりな苗になってきてますな。
これも天候次第もう2,3日で定植期になりそうだ・・・・・
あーもう、その頃雨マークだらけじゃんか――――
お助け―  作業が滞るよ―――


マジ雨勘弁、台湾小白菜は待ってくれないぜっ
流石に種袋に書いてある播種25日収穫は無理だけど、かなりの速度で生育中。
レタス収穫するまで2回転できるんじゃね?
びっくりな生育の台湾小白菜であります。


2022-06-04(Sat)

やっとこさネット張りが終わる。

今日は1日曇り空、ようやく雨が降らない日になった。
しかし今回の雨でだいぶ寒気が来てますね、結構肌寒いような1日でした。
風も強かったから余計かな。
まだ畑はかなり湿ってたので土いじりではなく短形自然薯のネット張りを完了させましたよ。

P1110470_縮小
P1110471_縮小

今年は場所かわって草だらけになるので防草シート張るところからスタートしてたんですよ。
このあたりはまだまだ暑くて晴れ続き、
別の仕事に追われてまあ支柱建てるのも後回しってところだったんですよね。
少し芽が出始めてきたらって余裕を見てたんだけど肝心な時に雨続きになっちまってね・・・・・
余裕を見て後回しもいいけど後々こうして天候不順が続くとかなり厄介になりますねぇ。

P1110603_縮小

さて・・・いきなり完了のところから(汗
今年も例年通りに支柱ぶっさして上下に紐張ってキュウリネットを張る、
全く同じ工程をしたんですがね、場所が変わるといろいろと違うもんで。
良かった点は支柱がさしやすかった点。ドリル不要でパイプハンドでグイっとやるだけで十分刺さった。
悪かったのは計測したはずなのに畝の長さが下の畑より長かった点。
これのせいで上下に張る紐のうち下の紐の長さが足りず全部張替え・・・・・

P1110593_縮小
P1110594_縮小

そのせいもあってキュウリネット50mのものを半分にして2つ張ってたんだけど、
余裕持って張ったらもう半分のほうの長さが足りなくなる緊急事態発生(汗
これは去年使った残りがあったので足りない部分を足しておきましたが、
場所かわるとこんなこともあるかーと言う感じでしたね。

P1110595_縮小
P1110596_縮小

ネットの長さが変わった要因が単純に畝の長さが長いってだけでなく、
ネットを張るときの上下の長さってのも関係してまして。
一応1,8m×50mネットなんですが、
支柱の高さが2m以上になるのでどうしても余分に横の長さが必要になるんですよ。
なので最初は地面ギリギリまで下げてたものを20㎝くらい上げたところギリギリ2面張り切る長さに改善。
蔓が結構勝手に立ち上がるので地面ギリにする必要ってなかったんだよね(汗
これは覚えとかないといかんです。

P1110601_縮小
P1110602_縮小

雨が降り出した一昨日位から1日1面くらいで進んできていたネット張り、
でかい芋の奴がサッサと蔓を伸ばしてしまうので優先順位決めて伸びだしてるやつからネット張ってました。
一番でかい奴らはすでにネットに絡みだして生育してきていますよ。

P1110599_縮小

種イモ再生産の奴らも芽が出てるけど、こっちは蔓が伸びるよりも葉が展開。
芋の大きさで生育の違いが顕著だなー
今年はむかごがないから誘引で苦労することもないしネット張って後は放任だー
ようやくネット張りを終われてほっと一息ですよ。


P1110582_縮小

相変わらず内堰では大量の水が流れてます。
一応畑の中っすけどね(大汗
ヤーコンとか短形自然薯とか晴れて土が乾いても内堰周囲が湿ってて心配になる。
もうちょっと堰周囲を硬く締めておかないとだめかなーって感じ。
ネット張り終わって後はほったらかしといえども別の問題はまだあり・・・・・
なかなかどうして今年は大変かもしれんなぁ。


2022-06-03(Fri)

今日は1日榾木移動だよ

今日もやはり雨。
昨日今日と雷雨ですね。
昨日ほど降らないだろうと思ってたけど結局昨日より降った感じがする始末。
流石に3回同じ手を食らうわけにもいかないので畑はお休み、
今日は1日ずっと榾木の移動に費やした。

P1110570_縮小

ズラ―ッとある榾木、気温も上がって発生速度が早まっているのでとっくに発生は終了してます。
でも移動できるスペースがなかなか確保できないでいたため作業がはかどらず…
ついにこの品種の終わりのところにやってきたことで空いてるスペースに置ききれるめどが立ったので、
今日の雨のタイミングで一気に作業を進めてしまおうと奮闘しました。

P1110571_縮小

といって移動するのはいいけれどスペースの関係で細切れになってしまい、
今日の移動分はすべて井桁に組まなくてはならなくてこれが一苦労。

P1110572_縮小

隣に出っ張らないように調整しないといけないので無駄に時間がかかった。
なので並べていく方向はきれいに出っ張りなく置いてますが、

P1110573_縮小

角度を変えると出っ張りまくり(汗
こっちは影響ないけどこの感じで出っ張りまくって積んでいってしまった場合、
次の山を積めなくなってしまいますからねー
普段は井桁組して止めまでは棒積みしていけるのでこんなに苦労しなくていいんだけどね。

P1110574_縮小

そして今回のところは太いものが非常に多いのも難点だった。
太い、長い、この2点だけでもやる気が削られます(笑
原木時代からすればだいぶ軽くなったとはいえいまだ1本10キロオーバー、
太いのを扱うのは骨が折れる。

P1110576_縮小
P1110575_縮小

今日は普段の倍くらい頑張って11往復して全て運びきった。
積んで下ろしてで1000本仕事である。
いやはやよく働いたもんだ。

P1110577_縮小

積み上げもどうにか周りに影響ないようにきれいに積み上げられたし。
これでだいぶ余裕ができたんで天気がいいときにこっちさぼって畑へGO!できるな(笑
相変わらず天気予報がころころ変わるもんでいつ畑へGO!できるかわからんけども・・・・・
とりあえず来週のいつかはできるでしょ的感じで今は棚貯金倍増だー
明日も頑張って移動するどーー


2022-06-02(Thu)

小豆もセルまきで待機

今日も雨です。
午前までは大丈夫というのを信じて畑に行ったのに…またずぶ濡れになりました(泣

ヘックショーーイ  ぐぅぅ・・・・・

支柱たてで腹筋がいてぇぜっ。
筋肉痛でくしゃみするのもきつい(笑
あ、風邪は大丈夫ですよ。
あれですよ、○○は風邪ひかないってやつ。
そうねぇ最近何年風邪ひいてないかな・・・・・
ちゃんと食って動いてうがい手洗いしとけば問題無し。
体だけは頑強、健康でありがたい。感謝感謝ー


話の流れがとっ散らかりましたが本日のお題は・・・・アズキ!
小豆大好きマンで先日まで粒あんをおやつに食ってました(笑
しかしながら栽培のほうで言うと私が管理する畑はマメ科に深刻な病気が発生するので、
しばらくはマメ科封印状態という事にして栽培してなかったわけですよ。
ところが面白そうな小豆を見つけてしまったのでついに今年解禁となりまして。
とはいえ昨日までの流れと同じく畑の準備が間に合っていないため、
小豆もセルまきして時間稼ぎをすることにしましたよ。

P1110566_縮小

これが今年解禁のもとになった花嫁小豆。
小豆と言ったら白か赤かというのに斑って面白いよねー
一般にはまるっきり出てないから種入手に苦労しました。
見つけてから3年くらいたったかな。
今年は運がよかったです。

P1110565_縮小

なぜか白小豆も。
これはセット販売になってたんで一緒についてきたもの。
やろうか悩んでたけどもったいないし栽培することにしましたわ。

P1110567_縮小

なんか中途半端になってますが150粒ずつできてたのでこんな感じに。
多少の余分もあって花嫁小豆が154、白小豆が161でした。
育苗ベッドが満員御礼状態なので小屋の棚に並べてます。

P1110568_縮小

なるべく温度とれるように、そして明るくなるように一番上に。
よく見りゃあふれてるやつがめっちゃある。

P1110569_縮小

こちらはオクラの補植分、これだけでセル7枚分だからね(汗
やらかしですぜ。マイッタね。


これで時間稼ぎしてるのはいったいどのくらいになったのかねぇ。
あまり時間稼ぎばっか増えすぎてタイミングバチッとあったときの破壊力がやばいぞー(大汗
来週あたりから晴れ間もちらほらになってきたが天気予報も信用ならんし・・・・
とっとと畝作ってとっとと定植したい。
フラストレーションがたまりますなぁ。


2022-06-01(Wed)

トマト苗ももう間もなくといったところ。

今日は日中の雨こそ大したことなかったけど朝までに結構な雨になってしまってた様で畑ずぶ濡れ。
しかしながら畑仕事を停止しておくこともできないわけで、
午前中に昨日中途半端になった畝にマルチを張り、午後から支柱たてをしてきましたよ。
その傍ら畑の計測をしてほぼレイアウト決定、
あとは天候次第で畝作って定植といったところまで来ました。
ホント3日くらい晴れてくれれば作業が一気に進むんだけどねぇ。
今はもう隙間を逃さずできるだけのことをしていかないと厳しいっす―――


P1110153_縮小

さて昨日はキャベツの時間稼ぎのお話、本日はトマトのお話。
今年久方ぶりにトマトを栽培しようかと思い立ちまして。
大量にやっても手をかけられないし少量栽培しようとプチぷよを購入。
ちょうどセールやってる時で幾分安く購入できました。

P1110154_縮小

しかしね―10粒入りで500円オーバーですからね。
トマトは種が高いんですよね。
といってこの間買ったアスパラガスの恋むらさきのほうが高いんだけどさ。
最近の品種開発に力はいってるせいか種の値段は新しい奴は高い。
だから固定種とか自家採種できるのに走りたいもんなんす(笑
ダビデは0円、短形自然薯も0円、ヤーコンも0円だ。
外国の種子だと1粒1円未満とかもあるしなー
その辺のコストも考えつつあれこれ栽培しとりまする。

P1110155_縮小

今年は少量栽培なので5粒まき、発芽率は100%でしたが1本立ち枯れたので4本。

P1110413_縮小
P1110414_縮小

トマトは育苗期間長めにと思って9㎝ポットにポット上げ。
なかなか外に出せずに生育はちびちびでしたが、
育苗ベッド出してトンネルかけてその中に入れて暖かくなってきてからぐいぐい来てます。

P1110558_縮小

もっさり。
とっくに唐辛子を越えてしまった。
茎も太くなってきてだいぶいい状態で生育中。
この感じで育つと定植まであっと言う間なんだよなぁ・・・・・
本日畑の計測で場所自体は決まったんだけど畝づくりが全然間に合ってないわけで(大汗
多少遅れてもくらいでかく構えとけばなんてことはないんだけどねー
・・・さっさと先行していきたいもんでスケジュールが押してくると焦る(汗
そうなると追い詰められてきて精神衛生上もよろしくない(笑
今日もぶつくさ毒吐きながら仕事しとりましたー
早く安定するためにも天気がよろしくなることを祈る今日この頃。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村