fc2ブログ
2023-03-31(Fri)

ヤーコンは問題なく。

今日も相変わらず朝寒く日中暑い。
日中の気温が確保できていることもあってヤーコンの芽出しはすでにだいぶ進んできていました。

P1140202_縮小

今年もいつも通り棚の下の温水パイプのところで芽出し。
ちょうど今日棚の上の榾木を移動したようで確認しやすくなってた。
ビニールをはいで様子をうかがうと・・・・

P1140204_縮小
P1140203_縮小

まずはポットじゃない奴がボコボコと盛り上がってきていました。
ポチポチと芽も出てきています。

P1140205_縮小

ポットも出てますね。
芽出し初めて2週間くらいですから順調に来ているかな。
ちなみにここまでがアンデスの乙女。
アンデスの雪はちょっと遅れ気味かな、と思ったんだけど

P1140206_縮小

よく見りゃあちこち芽が出てたね。
アンデスの雪のほうが塊茎の動きが遅かったと思ったけど、
今日も時点ではほぼ同じ生育具合でしたね。
特に何の問題ない模様。
来週あたりから日に当ててぐんぐん育てることにしよう。

温水もボイラーを使うのが夜間だけになってるので効果半減だったけど、
思ったよりも早い段階で芽が出てきて今年もヤーコンは安泰だな。
安泰すぎて苗数が余りまくる未来しかない(笑
ヤーコンは楽だど――

スポンサーサイト



2023-03-30(Thu)

焼けた苗

今日は久しぶりに朝にガッチガチに冷え込んだ。
昨日もというか連日霜は降ってるんだけど今日が最近では一番強かった。
そうは言っても日中はかなり暑くなるので最近は日中にハウス暖房はしてないんですよね。
薪も少ないので夜間暖房だけになってます。
そこがミソ、今回そのせいで苗焼きました。

P1140197_縮小

苗を焼くというと今あるのはこれだけなんでおわかりだろう、唐辛子ですよ。
これボイラーの上で熱くしてたんだけど焼けたという事は・・・・
そうですよ、空焚きです。
朝に火を焚いていた時は自分が水を入れてたんで大丈夫だったんだけど、
今はまるで気にせずにいたためそろそろポットに水をと思ってたら萎れてまして。

P1140198_縮小

急いで水やって移動したんでかろうじて枯死という事は回避したようですが、
焼けてチリチリになってしまってるものが出ちゃってますねぇ。

P1140199_縮小

子弾頭も子葉が焼けてます。
枯れなかっただけましという感じ。
一応本葉は出てきているので何とかなってほしいけどどうだろうか。

P1140200_縮小

苗焼けてますが実はポットも物理的に焼けてます(大汗
溶けて底がなくなってるんですよ。
いやはやヤバいところだった。
もうちょい発見が遅れてたら全部がグズグズだったろうし完全に苗も死んでたでしょうね。

P1140201_縮小

こちらが現場。
見事にポットの形に溶けてますね。
空焚きは危ないよ・・・・・
火を焚いている以上もっと気にするべきだった――


まあ苗が完全に死んでないからまだよかった。
発見したのは数日前でその時は完全枯死を覚悟したからね。
数日様子見した結果何とか持ち直しているのが確認できてほっとしたよ。
もうそろそろ株分けしていっちょ前の苗にしてやらんといかんね。
その辺は植菌終わりの来週にでもという感じで。
ひとまず唐辛子の命はつながりました。


2023-03-29(Wed)

ラスト2000は乾燥気味

P1140192_縮小

植菌期間最終週(予定)はグダグダのまま進んでおります。
どうやっても機械の機嫌がよくないんだけどその中でも最適解を見つけて頑張ってるわけで。
どうにかこうにか300本いくように手を尽くしている状況です。
そんな作業をしていてふと気が付いたのが、
最終で来た2000本が去年同様に乾き気味だなーという事。
これを見てどうしてそう思うのかって?

P1140193_縮小

木口にひびが入ってますよね。
これが乾燥して割れが起きているってこと。
つまりはこれは伐りたてじゃなくて伐ってから期間たって水分が抜けている原木ってことになる。化
これは去年もそうだったことなんだけど、
ホダ化管理をそろえてしまう手前乾燥しているものとそうでないものが混ざるとムラができてしまうんですよ。
今年の場合だと最初の原木は氷漬けで水分多め、今の奴は乾燥気味。
同じように散水管理してたら片方過湿片方水不足みたいなことになりかねないわけで。
去年はそのせいもあって極端な良し悪しが出たからねぇ。

P1140186_縮小
P1140187_縮小

乾燥していてもA511のように強い品種だと問題はないんだけど、
今植菌しているF305はどうなんだろうねぇ。
A560より遅く打ったのにA511はすでに白くなってるのがはっきりわかるくらいでしたよ。
A511は榾木が作りやすい感じですかねー

P1140194_縮小

あとは今回の原木、悪すぎってことはないけど前回のより格落ちですね。
この写真だけでも皮がむけている、枝うち不足、枝原木でボコボコ
これ以外にも太すぎやら細すぎ、かなりの曲がりに長さのムラなどなど・・・・
伐り出しの班が違うらしいけど人のやる仕事ってのはこういうことがありますねぇ。
結構いい値段の売りもんだからもう少し丁寧にやってほしいもんではある。
とはいえ悪すぎるわけでもないので作業自体は普通にできてます。

P1140195_縮小
P1140196_縮小

2000本もあっという間に外にあるのはこれだけになった。
あ、ほとんど植菌したわけではないっすよ。
今日で大体5分の2くらい植菌済み程度です。
でかい奴はまたナメコ用にはじいたりするんであとどのくらいになるだろうかねぇ。
いずれにしろ今週あと3日で終われるかどうかです。
それに関しちゃやるっきゃない!ですがねー
ガタガタの体を振り絞ってがんばるどー


2023-03-28(Tue)

アスパラ見えてきた

昨日に比べりゃだいぶましになった植菌作業、
だいぶましになっただけで正常とは程遠いけど疲れ塩梅は雲泥の差だね。
ただ昨日今日で首が張って頭痛発生し始めた(汗
最終盤でガタガタだ―
まずはあと4日何とか頑張るしかないっすわ。


さてさて本日のネタはー


P1140184_縮小

アスパラでござい。
暖かくなってポット苗が動き出しましたね。
動き出したのはアルジャントゥイユ、恋むらさきは動きなしです。

P1140183_縮小

出てるポット出てないポットかなり生育にばらつきがありますが、
とりあえずアスパラが起床しました。
伸びてきたのはいいけど外で日に当てることができる状態じゃないので、
まだしばらくここで伸びててもらうことにしますよ。
植菌ひと段落したら育苗ベッドのほうに移してある程度育ててから定植します。

そして見えてきたのはこれだけではなくてですね

P1140188_縮小
P1140189_縮小

畑のほうでもアスパラ畝が出始めました。
こちらは去年植えた白黒マルチのアスパラ。
ちなみに品種はアルジャントゥイユ。同じだわ。

P1140191_縮小
P1140190_縮小

そしてこちらは先に植えたアルジャントゥイユ。
こちらは引き屑とかもみ殻とかやってるんだけど、
結構な高さを作ってても雪の重さでどんどん押しつぶされていってしまいますね。
完全に雪が解けた後に土の盛り直しをして通路にひき屑をまく予定。
こっちは家の除雪したものがぶち込まれてるのでとけるのに時間がかかりますね。
ま、それも最近の気温だとあっという間だと思いますよ。
なんせ今年3月中には畑丸出しになりそうだし。
例年なら4月後半まで雪残ってるのがデフォだからねぇ。


畑も露出してきたし苗も動き出したんで、
想定よりもだいぶ早くアスパラの定植に入れるかもしれないです。
といってもまだ先のこと、肥料のことも植え付け可能な株数のこととかまるで決まってないしね。
それよか今は植菌植菌、考えるのは4月に入ってからにしときましょ。


2023-03-27(Mon)

仮植え球根、ずいぶん育つ

週開け、植菌作業としてはラストの週になる予定。
雨降るかもしれないような天候の中原木到着。

P1140185_縮小

同じような写真だけどまた違うやつね。
今日到着したこれを打ち切れば今年の植菌はおしまいだ。
午後から早速やってたけど今日はとんでもなく機械の調子がクソでとても疲れた・・・・
週明け一発目で原木の荷下ろしで肉体的に、
そして機械の調子がダメで精神的に、
いきなり体調赤ランプが点灯するような状況になっとります(汗
今日はもうだめですね。寝ます。


P1140171_縮小

植菌作業はまあぼちぼち進んでいくだけなんで置いといて本日は苗の話。
仮植え球根が芽が出たと思ったらぐんぐん育ってきましてね、
あっという間にほぼ生えそろってきてしまってますよ。
露地でも雪解け進んで水仙とかが出始めているし、
時期が時期なだけに生育進むのは当然のことではあるんだけども。

P1140173_縮小

やっぱりアリウムのでかい奴はそもそもがでかいですね。
立派に育ってきています。
仮植ポットでもこんなに育つもんなのね。
根っこはどうなってるんだろうか??

P1140172_縮小

スカシユリは赤いのでアリウム系とは別だとすぐわかる。
出てくるのが遅かったけど無事越冬できた模様。
スカシユリが出たことでほぼすべての芽出しが完了、
このままポットでどのくらい置いといて大丈夫かわからんけど、
一応今週末程度に定植予定地の雪が消えると思われるので、
植菌作業が終了した段階で定植することになろうかとは思います。
それまでは何とかこの狭いポットで我慢してもらいましょうかね。


この球根ズは初めて育てるものばかりなので花が非常に楽しみではあります。
もう間もなくそれに出会える時期がやってきますなぁ。
早いとこ窮屈なところから広い大地に移してやりたいもんであります。
とか言って以前ネズミに球根食われた経験もあるからねぇ(大汗
案外ポットのほうが安全?
なーんて思ったりしなくもない仮植ポット球根なんであります。


2023-03-26(Sun)

育苗箱でもそれなりに。

今日はお休み、週末出荷にでかけて来た。
といっても出荷できるもんがなくなってきているので乾燥シイタケだけですがねー
来週にはまた芋出しに行くつもりですが。
それと同時に肥料のチェックもしてきたんですが、
去年はさほど感じなかったけど今年は目に見えて自分が使ってるものの価格が上昇、
なんやかんや数年前の倍ですからね。
私の肥料使用量はそこまで多くないためコスト増は1万円程度だとは思うけど・・・・・
しかしそれを吸収するために商品10円価格上げたとして1000個分、
いやはやわずかと言えどなかなかのもんなんであるよ。
大量生産してる所なんかもっと大変だろうなーと思う次第であります。


さて

本日は肥料ネタとはいかずにちょっとした葉物の話題。
まあ少しばかり肥料に関わるかもしれないけど。

P1140169_縮小

去年何度かつくった台湾小白菜、植えて収穫できんのかってぎりぎりで種まいたんだけど、
結局苗作ったのに定植が間に合わなくてそのままになってたんですよね。
そんでもってそれをそのまま枯らすのももったいないなーという事で、
育苗箱に廃土を詰め込んでそこに定植したのが去年の12月あたりのこと。
真冬には葉物がなくなるからその時期に収穫できりゃ最高じゃね?
とばかりに大きくなることを期待したんだけど、やはり当地では光も温度も足りないんで生育がストップ。
それをそのままほったらかしにしておいたのだけど、雪が溶け始めて気温上昇で生育再開、
今現在こんな感じになってとう立ち始まったわけで。

P1140168_縮小

白菜なんで当地で言うふくたちなんだけど、
育苗箱でもそれなりに収穫できるみたいですねぇ。
廃土なんで肥料がまるでない状態だったんで生育はよくはないけどさ。
もう少し肥料やっとけばもうちょっと大きくして収穫できたと思う。
固形じゃなくて液肥2,3回でもだいぶ違ったでしょうね。

P1140170_縮小

生育が少し良かったもう1箱はすでに収穫してしまったんでこんな状態。
結構おいしかったんで冬場はこうして栽培するのもありかなーと思ったね。
ホントにな冬に育てるならハウスに取り込んで光ガンガンあてないとダメだろうけど。
そこだけがちょっと難しい点かな。
ただ育苗箱に土入れてある程度の葉物なら育てられるってことが判明。
結構ギュウギュウに植えたけど大丈夫なんでこれは使えるかもしれんなあ。
育苗箱栽培も悪くないと思うちょっとした家庭菜園でござんした。


2023-03-25(Sat)

4週目、7000

植菌生活も4週目、あっという間にここまで来たね。
毎日機械の機嫌がころころ変わる中なんとかかんとか数こなす日々です。

P1140178_縮小

今日で追加でやってきた2000本も打ち切りました。
つまるところ合計で7000本完了という事になります。
7000本完了とともにA511の植菌も完了。
続いて今年試験的に入れる別品種の植菌に入りましたよ。

P1140180_縮小

F305です。
これは富士種菌の物なんですがはじめての品種。
富士種菌も品種は数年前のF206でラストだったので久しぶりですね。
ここ数年は秋山種菌の2品種だけでうまいことできていたので、
この品種がそこに割って入ってくるかはやってみないとわからないです。

P1140181_縮小

久しぶりの富士種菌のオガ菌、なつかしきやたらパサパサでほぐしやすい。
そんでもってやたらに色が茶色で濃いです。
これだと何とも言い難いけどひきくずを比較するとはっきり。

P1140182_縮小

濃いです。
だから何よって話だけどね。
別に色が濃かろうが薄かろうがそこに違いはない。
ただオガ菌の水分量の違いで機械の具合が変わるのでそこだけは重要かな。
富士種菌のはパサついてるんでつまりが少なくて使いやすいですよ。
残りの本数はこの品種で打ち切りです。


さてという事で来週に再び2000本がやってきてそれを打ち切れば今年はおしまいだ。
残り2000、今週同じく1週間かけて打ち切る予定。
何事もなければ4月1日には終われるのかー
とんでもなく早く終わりますな。
あとは機械の機嫌次第、ラスト1週やるっきゃないぞ――



2023-03-24(Fri)

浸水のころ

暑さダメージは結構深刻だね。
日に日に体がダル重だ―
あと1日でお休み、何とか持ちこたえたいところ・・・・・


P1140177_縮小

ここ数日の急激な気温上昇で雪解けが一気に進んでハウス周りも雪がなくなってきました。
雪がなくなると水になるわけでして。
そうなると毎年恒例、植菌ハウス内に浸水の時がやってくる。

P1140174_縮小

引き屑をまいてると浸水してくるのがよくわかる。
じわじわと水が広がってきますよ。

P1140175_縮小

まあ実際じわじわとというか水浸しになるんですがね(汗
場所にもよるけど毎年雪解け時にはハウス内が水溜まり多数みたいな状況に。
今年は植菌速度が速いのですでに入り口付近のため、
水たまりの中バシャバシャしつつ移動して歩くことはないです。
水たまりの中歩いてるとどんどんぬかるんできて大変なんすよねー
今年はそれがないので良かったです。

P1140176_縮小

特に電気関係は気付かず水没させてたりするんで注意が必要。
こうなることは毎年のことなんでちゃんとコンセント部分は宙に浮かせてますよ。
感電死とか最悪だからね(大汗
注意しないといけないっす。


まあ今年は浸水のころとはいえあと1週間でそれも終わりだからね。
例年だと水浸しで作業で大変だーだけどほぼ関係なし。
早い時期に植菌が終わるっていろんな意味でいいなーと思ったわ。
とはいえなんぞ水没させて大変なことにならないよう最後まで気を抜かずに・・・・・
カメラなんぞおっことさないようにしないとな(笑



2023-03-23(Thu)

ついにロコトを収穫する

P1140164_縮小

昨日に引き続き結構気温上昇。
晴れてないだけ昨日よりましでしたがね。
流石に暑さにやられて昨日は仮眠したらタイマー音も気づかず目が覚めたら12時前(汗
季節外れの観測史上最高温はやはり体にダメージを残しましたね。
雪解けも一気に進んで川の増水がすごいです。
この時期の20℃はなかなかですわ。

P1140120_縮小

さてそんな中でのロコト、3月に入ってからだいぶ色づきが進んできていたんですよね。
株もどうにかそのまま越冬できそうという中、
果実がそろそろ収穫時というところまで色づいてきていました。

P1140122_縮小
P1140121_縮小

緑だったところは完全な赤、黒っぽくなってたところは赤黒い感じ。
赤黒いのがはっきり赤になるのかどうかという流れで少し放置しようと思ったのが1週間ほど前のこと。

P1140162_縮小

そこからの今日、だいぶ株は疲れてる感じがするけど・・・・

P1140163_縮小

色づきはほぼ変化なしでした。
という事はこのまま待ってもしょうがないので収穫とすることにしましたよー

P1140167_縮小

小ぶりな感はあったけど重さは43グラムとそこそこいい重量。
手に持つと大きさ以上にずっしり実が詰まってる感じがある。
購入した冷凍の実はもっと大きかったので、
ちゃんと育てることができればこの倍くらいの重量は収穫できるかもしれないっすね。
まあその前にしっかり結実させる方法を確立しないといけないけど――


この実は食べるのと同時に採種、そして例の実験をして自家和合性獲得なるか。
雪解けでコルチカムも出てきたし今週末にでも実験実行かねー
果たしてどうなるか、今年はロコトが熱い!かも(笑
とりあえず結実から6か月近くなってようやくロコト収穫できました。


2023-03-22(Wed)

暑いんですけどー

昨日の天気予報で今日は暑くなるらしいぞというのは確認してたんだけど・・・・

想定以上に暑いんですけど―――

まだ外には雪があるのに20℃、雪があるのでまだ朝晩は寒いわけで。
寒暖差がヤベーっすわこれ。
特にハウス内なんて熱がこもって汗だくになるよ。

P1140156_縮小

午前中はまだ耐えられたけど午後からはもう扇風機回してないとやってられなかったよ。
時々水分とったり最早夏じゃねぇかって中作業してました。
まあこれだけ暑くなると機械の調子はすこぶる快調になったりするんだけどね(笑

P1140158_縮小

だいぶ進んだねぇ。
6000突破でござんす。
月曜日に来た分3日で半分終わってしまった。

P1140159_縮小

すべてハウス内に搬入も終わったし。
スムーズに作業進んでますよ。
なんやかんやあんだけあったもんをあっという間にやってしまうんだから、
うちの人たちは体力があるなぁと思いますわ。

P1140160_縮小
P1140161_縮小

最初に植菌したA560は最初の換気。
保湿してー水抜いてーの繰り返し。
伐りたての原木じゃないからまたちょっと管理が違うかもね。
一応植菌穴は発菌していて白くなってる感じ。
死んではないからいいのかな。
まだまだこれからですよ。


なんだか春分過ぎて急激に気温が上昇しましたね。
寒暖差20度くらいあるとヤベーっすよ。
自分も機械も(笑
もうちょっと緩やかに生きていきたい、頼むから今からガンガン暑くしないで欲しいもんだ。


2023-03-21(Tue)

今年のヤーコン塊茎は特大で。

どもー
植菌植菌の椎たけ夫ですー
ここにきてアフォみたいなエア漏れが発生してまた面倒なことになってますが、
なんとかかんとか頑張っとります。
植菌作業再開したんでまたほかのことに手を出せなくなってますが、
先週の土曜日を利用してヤーコン苗の準備に取り掛かってました。

P1140144_縮小

ヤーコンの苗作りってのは収穫した株を保存しといて次の年分解、
種芋に相当する塊茎部を分解して芽出しをして苗を作るわけで。
今年は置き場所がなくてアンデスの乙女は休養舎に積んでただけだったんだけど、
これが意外によかったのか例年起きる腐敗や過乾燥がなく塊茎の状態がすこぶるよかった。

P1140145_縮小

うまいことバラしたらとんでもなくでかい塊茎ができた(笑
このぶつぶつしてる白いのがヤーコンの芽になります。
芽が残るようにカットして大きさを整えていきますよ。
この時の塊茎の大きさは大きいほうがでかい苗にしやすいので、
今回はぜいたくに特大にしてやってみることに。

P1140146_縮小

かなり贅沢に分解したのでバカでかい奴ばっかりになったね。
かなり贅沢にやった割に数があるのはとっておいた株数がものすごく多いからだよ。
毎年腐敗・過乾燥で大きめの物がとれないことが多かったので、
今回は数で勝負とばかり採っておいたら思いのほか状態よくて塊茎が多くなったわけ。

P1140140_縮小
P1140141_縮小

ちなみにこちらアンデスの雪の塊茎。
こっちは例年と同じくダンボール保存してたんだけど、
やっぱり腐敗しているものが出てそんなに大ぶりなものができなかったね。

P1140142_縮小
P1140143_縮小

大きくても30g前後、まあ20gでも十分大きいと思うので大丈夫でしょう。
生育に影響はあるけど5gくらいあれば収穫できる苗はできるみたいよ。

P1140147_縮小

まずはポットにアンデスの雪の塊茎を。
いつも使う7,5㎝ポットじゃなく9㎝ポットで。
やはりでかい苗作るなら9㎝は必須だ。

P1140149_縮小
P1140150_縮小

アンデスの乙女はあまりに数があったもんでポットが足りなくて育苗箱仮植にすることに。
2箱で56個、これ全部出たら・・・・まいるね。
そもそもポットで43と48だし(大汗
どれだけつくる気よー――


ま、苗もたくさん作って選抜して植えると言う手で行こうかとは思ってます。
毎年芽出しに差が出て1か月近く遅れる場合もありますからね。
良いもの収穫するなら定植は揃えてでかい苗を。
今年はみんなでかい塊茎だから揃いまくって大変だったりしてね。
いやしかし、予想外に保存が良くて想定してた以上になっちまってどうすっかねぇ(汗
悪いほうに想定外じゃないからいいんだけどさー


2023-03-20(Mon)

来たぜ2000

週開け、予定されていた大型での原木到着。
去年もあった2000本が一度にやってきましたの。

P1140151_縮小

流石に2000本、相変わらずとんでもないことになりますな。
荷下ろしに1時間、植菌作業に入る前から汗だくですよ。

P1140152_縮小
P1140153_縮小

今回きたのも去年と同じく岩手県から。
今回のものはちょうどよいサイズのまとまった原木でした。
運ちゃんも言ってたけどちょうどこの原木の現場はいい奴が出るらしいです。

P1140154_縮小

ミズナラも入ってたけどコナラが多いしね。
特にほぼほぼまっすぐな原木、整形作業の必要性がないためどんどん機械にぶち込んでいけるのはありがたい。
とにかくいい原木である、その一言である。

P1140155_縮小

前回のものと比べると木口の色合いからして全然だ。
これだけいい原木には文句の言いようがない。
作業もガンガン進みやすい、いやー違いますな。


という事で本日2000きてあと2000になりました。
つまりもう1回大型でやってくるわけですよ。
またこの巨大な壁を作り出さないといけないわけで。
まだまだ大変な作業が残っとります。
植菌のほうはひとまずこの2000で今週いっぱい作業はあるかな。
やりやすい原木であっという間に終わったらいいんだけど―――
とにかくもうひと踏ん張り、体力維持を第一に・・・・


2023-03-19(Sun)

2022ヤーコン最終出荷

今日は休日、ということで出荷に向かいましたよ。
今回の出荷で去年収穫のヤーコンはラストになりましたよ。

P1140138_縮小

植菌前であと2袋まできていたヤーコン、
植菌作業が終わって夕方ちょっとした時間使って少しずつ洗って週末出荷してまして、
今回ようやくラスト1袋分の洗浄作業を終えて出荷です。

P1140139_縮小

例年2月くらいからすが入ってきてしまって終了になりますが、
今回のものはなぜか今でもすが入らなくて最後まで持ってくれました。
置いている場所は同じなのに何が違うのかわかりませんね。
しかし保存は効くってことが証明できましたねぇ。
毎年ここまで引っ張れれば長い期間冬の出荷物として利用できるんでいいんすけどモ。

P1140148_縮小

ラスト出荷は20袋くらい、よくぞまあ捌けたもんですよ。
出荷先が2つになったおかげもあるけど大量に収穫したもんを廃棄する破目にならず良かったー


相変わらず虫食いのせいで外見が悪いのが多いのは問題なので、
その対処をしっかりできれば年々栽培技術が上がってきているんでどんどん良くなるかとは思います。
去年の収量でも捌ききれたので徐々に増やしていければいいなーと思いますね。
産直での認知度がもう少し上がってくることを祈りつつ・・・・
今日の出荷分がさっさと売り切れるといいっすな。


2023-03-18(Sat)

やらかし太郎②

昨日の夕方から寒かったけど今日は1日その流れで寒かった。
晴れるか晴れないかの差ってのはでかいなーというのもそうだけど、
まだまだこうしてぐっと冷え込んでしまうときもあるよってことだね。
間違いなく春は近いけどまだ寒の戻りあり、気温の乱高下には気を付けたいところだ。


さて本日のネタはやらかし太郎のパート2である。
前回のやらかし太郎は細い木に大量の植菌をしてしまったーでしたけど、
今回はさらに悪いやらかしをしてしまったわけで(大汗

P1140128_縮小

こちらは今回のやらかし。
一見特に問題ないように見える。

P1140129_縮小

実際種を少なくやったわけでも多くやったわけでもない。
ということは・・・・・

P1140132_縮小

そうですねー
枯れ木に植菌でござんすよ。
しかも今回の枯れ木はただの枯れ木じゃなくそのさらに上の枯れ木だったわけで。

P1140130_縮小

キノコ生えとる・・・・・
原住民がいる木に植菌してしまったわけですよ。
キノコの菌は陣取りゲームなわけで、まっさらな原木にいかに早く椎茸菌の陣をとるかなんですがね、
そもそも原住民のいる奴にやったところでそこは陣地は使えないから無駄なわけで。

P1140131_縮小

いやーこんなにはっきりヤベー原木はさっさとはじかないと・・・・
全くぼんやりにもほどがありますね。
気を付けないと。


といっても今年の原木の木口の色合いが悪いってのも発見の妨げになってるんで、
言い訳がましいけど自分のせいだけでもない(苦笑
伐りたてだとものすごくはっきりわかりますからね。
土ついてたり長く置いて茶色に変色してるんでわかりにくいのは本当だ。
でも・・・・キノコが生えてるのは気付かないといかんかった。
この1本完全な無駄だからね。
またしても大きなやらかしをしてしまいまして反省です。
残りの4000ではこうならないよう、やらかし太郎③が来ないことを祈る。


2023-03-17(Fri)

5000本の植菌が終わったどー

本日をもって原木第1段だった5000本の植菌が終わりました。
思った以上に早く終わった感じ、明日までかかると思ってたからね。

P1140126_縮小

今日の初めの段階で大量にあった原木も残りこれだけになってた。
これだけといっても隙間なく積んでいるんで1山70本くらいあるのが5つなんで、
1日がかりの仕事にはなりましたがね。

P1140133_縮小

途中不具合あって間に合うのか?とか思いながらもなんとか今日中に終わりましたよ。
5000本という大量の植菌ですが気が付けばあっと言う間に終わりました。
それぐらい淡々と作業してるってことですね。

P1140134_縮小

今年は山が低いため5000本でもハウスの半分以上きてしまってますねえ。
残り4000置けるのかどうか不安がある(汗
まあその辺は後々調整しつつでしょうかね。

次の原木が来るのは来週頭らしいので明日明後日はお休みだ。
例の2000本積んだ大型がやってくるわけか・・・・・
ヒエー恐ろしや―
とりあえずは今年の過半数越え、残り半分しっかりとってところだわな。
ここまでよー頑張ったった。


2023-03-16(Thu)

今年の原木の色々

相変わらず植菌作業が進んでいます。
最近だいぶ筋肉に張りが出てきてあちこちガタが来てます(笑
昨日なんか急激な眠気が来てダウンしましたしね。
まあ確定申告で気が張ってたのが切れたからだと思いますがー
がたは来てても作業は通常通り、頑張っとります。

さてそんな作業中、今年の原木は例年と違うことが多いなぁと。
業者が違うこともあるけどいろいろとあるんでちょっとご紹介。

P1140104_縮小

もう雪と氷の世界から解き放たれてるんでどんどん作業が進む。
今ハウスにあるのはすべて乾いた原木になってるんで選ぶことなく次々植菌ですがね、
そうしてるとあれ?っていうのと出会うことがある。

P1140105_縮小

そういったのって大概こうして植菌されずにはじかれていきます。
例年であればこんなにはじかれていくものってないわけなんですよね(汗
まあ太すぎるのでなめこ用にするってのはありますが。

P1140107_縮小

今年もそういう太過ぎってのはもちろんあります。
太過ぎってどう判断するのかっていうと、単純に太いからですよね(笑
その辺自分の感覚ってのもあるけど木口の径が15㎝以上ありそうだとはじきますね。
太すぎは機械にセットすることすらできない場合がありますし。

P1140109_縮小

太過ぎに続くのは長すぎ。
長すぎは機械が挟めないのではじかれます。
機械が対応できる長さ以上のものは作業できませんのでチェーンソーでカットされます。
長いだけの場合はカットして使えるんだけど、そもそも機械植菌用原木なんだから、
長さはそれ相応にしっかり合わせて持って来てほしいもんである。
とにかく今年の原木は長いのがやたらある。
カットしてたら100本単位であるため、ある程度はもはやそのまま作業してますわ。

P1140106_縮小
P1140110_縮小

逆に短すぎってのもあったりする。
同じロットで長さがこれだけバラバラってのも考えもんである。
短いのは機械が挟めないので長すぎよりダメ、完全に機械で作業できない奴です。
これはもはや取り換え必須のレベル。
長さ問題なら長いほうが短いよりましっていうやつですね。
しかし長い奴と比べて20㎝くらい違いがあるってヤバいよ(大汗

P1140108_縮小

あとはこういった二股部分のカット。
これ結構機械壊しの原木。
多少は大丈夫だけどきつい奴が紛れてきているんでよろしくないね。

P1140123_縮小
P1140124_縮小

ここまで文句ばっかリな感じですが、
例年のものと比べてミズナラの率がかなり低いのは高評価だと思います。
こんな毎年何本もよく見てきたミズナラの皮がブサブサした奴は、
今年ほんのわずかしか出会ってない感じがしますね。
ほぼコナラのガチっとしたいい原木だと思いますよ。
細々というと上記の文句がたくさん流れ出てきますけど(笑
こんな感じで今年の原木はいつもと違っていろいろあります。
業者違えばこうも違う、業者の個性ってのがあるもんですよ。



2023-03-15(Wed)

確定申告

P1140125_縮小

確定申告忘れてたー
なんてCMがここんとこユーチューブ見てると何度も出てきてたんだけど、
本日が確定申告の期限でしたね。
私も無事確定申告終わりましたよ。
今日。

オイオイまじかよーってね。
実際のところは昨日の時点でe-taxで申告は終わってたんだけど、
添付する奴が必要ってことで今日税務署いって提出してきたわけで。
一応e-taxで送れる仕様なんですけど、わたしICカードもってないのでできなかったんす(汗
面倒だけど仕方なく税務署いってパッと出してきましたわ。
添付する奴もe-taxだと省略できる奴もあるんすよねー
今回のはそれでも必要なやつだから出しに行かないといけなかったけど。


さてさて確定申告は実は3年ぶり?4年ぶり?
実験農場時代に市からお金をもらって研修してたんでその申告をした以来ですね。
今回は白じゃなく青なんでそこは初、非常に大変でしたわ。
一応研修で農業簿記のやり方は習うんだけど、
実際経営で出てくるものを打ち込んでいくとその打ち込む数の多さよって感じ。
打ち込んで終わりじゃなくて数字があってんのかの確認、
通帳ごと、買掛金やらなにやら作業始めて2か月かかった(大汗
これを今度から毎年ですぜ・・・・気が滅入る。

しかしこれをやるから控除がでかいし恩恵は結構でかいもんがあるわけで。
実際実験農場時代の申告よりも所得税少なかったりするしね(笑
面倒だけどやる価値はある、そんな青色申告を頑張ってますー
とりあえずようやく数字から解放されてほっと一息ですわ。
仕事で疲れてきて数字に終われるって拷問だでー
来年はもっと余裕を持って頑張りたい、そう思う確定申告が完了でござい。


2023-03-14(Tue)

開店休業の時期かね

今日は朝に雪がちらつき久しぶりに寒くなった。
晴れてきたものの全体的に風が冷たくて思ったより暖かさがない感じ。
まあそれでもハウス内で作業してると太陽光で結構温度上がるんですがね。
ハウスの外に出た時の気温差がやばいですよ。
まだまだ寒さのぶり返しはありますなぁ。


さて、
毎日日中は植菌作業ですが朝方の収穫作業もあるわけでして。
真冬の新ホダの回転も終わってしまい現在は古い榾木の発生に移ってきています。
そうなるとどうしても収量は落ち込んできちゃいますねぇ。

P1140115_縮小

ここがちょうど新しいのと古いのの境目。
古いののキノコが少ないじゃーんってのは、やっぱり古い分生育が遅いからなんですよね。
新しいのは採り終わってるのに古いのが追い付いてきていないって感じ。

P1140116_縮小

新しい榾木はぼちぼち残りを採るばかりってところ。
ホントに量がない。

P1140073_縮小
P1140074_縮小

新しい榾木もA511の爆裂発生からちょっと温度の必要なA560の発生だったので、
量的にどうかと思った割に結構収量は確保できてたんですよね。
やっぱり新しいパワーってのがあったってことでしょうね。

P1140075_縮小

この品種というか夏型特有のすぐに開く感じはあったけどー
まだ気温が低いのであっという間に前回のペラペラにはならないので質的にはそこまで。
もっと気温が上がってくるときついけどね。

P1140118_縮小
P1140117_縮小

今から発生、収穫になる古い奴は・・・とにかく量がなさそうだ。
この時期、つまりは新しいのを使い終わって冬と春の境目当たりの時期って毎度こうなる。
ここをどうにかできんかーってなもんだけどそこがなかなか難しい。
一時期の開店休業状態入りでしょうかね。
しゃーない。


まあ植菌作業で体ガチガチになってくる手前朝の収穫が楽になれば助かる。
パッと行ってさっと終わってもう一休みだからね(笑
よろしくはないけど開店休業入りで体力は少し余裕ができそうなそんな感じでござい。


2023-03-13(Mon)

原点回帰

違いは別に気にしない、椎たけ夫です。
違いがわかる男ではないっすね。
とりあえずコーヒーは飲めればいいです(笑
そんなわけで常飲してますコーヒーネタ。

P1140119_縮小

コーヒーといえば最近はこれを箱買いして週2くらい飲んでますが、
缶コーヒーと言えどインスタントとはまるで濃さとかが違いますね。
缶コーヒー飲むと小便もコーヒー臭い(笑
濃い分あんまし一気に飲めないけどね。

P1140101_縮小

逆にコーヒーといっても特にこだわりあるわけでない違いは気にしない男、
インスタントで十分だわってなもんで毎日飲んでおりますよ。
我が家はコスパでブレンディなんすけど、これもだいぶ紆余曲折経て原点回帰しましたね。
ついこの間店頭で元の重さになってるのに気づきましたよ。
でももともとは250gだったかね?そうだとすればまだ少ないけど、
ここんところの減少が200⇒180⇒160⇒140ときていたんで、
200でもだいぶ重さが戻ったもんだなーと。
これは少なくすると袋が大量になってコストかかり増しとかってのもあるのかねぇ。
なんにせよ結局重さ戻すんだったら重さかえないで価格に転嫁で良かったと思うんだけど・・・・・
最近のは重さも少なく価格にも転嫁が多すぎてやってられん。
だからこそこの重さが戻ったのは結構画期的だと思うねー
味の素ゼネラルフーヅさんはさすがですよ。
なんたって「ヅ」ですし。

ちなみに・・・重さ変わって価格のほうはどうなのかというと、
案外量少なくなってた時期に定期的にあった特売価格よりも、
200gになって通常で売られてた価格のほうがグラム当たりで安かったりする。
やっぱり大袋のほうがコスト下げられるってことかねぇ。
無駄に小さく少なくするよりもやっぱり多く入れてほしい、そう思う次第でござい。



2023-03-12(Sun)

椎茸の無添加って?

干しシイタケ

先日乾燥しいたけを出荷中にとあるお客さんに尋ねられた。

「これはどういう栽培で作ったものですか?」

「これは原木栽培なんで木から採れたものになります。
 (隣にあった菌床乾燥と比較して)こっちのはブロックでできた奴なんで違いますね」


「農薬とかは使われてるんですか?」

「いえ、使ってませんね」

「じゃあ無添加ってことですか?」


「(・・・無添加??)まあ、そうですね」


ここで思った、乾燥シイタケで無添加ってなんぞ?
いや、そもそも無添加って加工食品の添加物使ってない奴ってことよな。
つまるところ乾燥シイタケってほぼほぼ無添加???
そんなわけで無添加に関して考えてみた。

無添加って一言でいうものの製品によってその意味が異なってくるもんで、
食品の場合は、
厚生労働省が認める保存料、甘味料、着色料、香料などの食品添加物が使われていない製品
という事になるらしいですね。
じゃあほとんど乾燥野菜なんてのは無添加で通るんじゃね?と思ったもんだけど、
多分そこではなく栽培過程でのことを問いたかったんでしょうね。
だからこその無農薬なのかってことだと思うし。

・・・じゃあその生産物に関するもので無添加かどうかという事で考えると、
原木椎茸は無添加ですかと問われれば・・・微妙!

なーにが微妙よこのすっとこどっこい、原木栽培は木を分解して育つから無添加でいいじゃねーかってなもんだけど、
一応古ホダの生産力をよくする栄養ってのはあるわけですよ。
浸水時の水に溶かして使うわけですけどね、
これをもって榾木に栄養を添加しているととらえられればアウトでしょ。
まあ・・そう言ってしまえば野菜で肥料使うのもアウトじゃねぇかってなことになってくるわけだけど。
この辺はだから人によってとらえ方が違ってきてしまう問題ですね。
一応栽培中に農薬使うことは皆無であるため、その点の心配はゼロだとは思います。
原木椎茸栽培における添加というのは浸水時の榾木の栄養補給ぐらいのもんだと思っていただければ。
ひとまず家で作っている乾燥シイタケにおいては無添加でも大丈夫だと思います。

菌床栽培に関しては菌床を作る際にいろいろと配合しているのでどうかはわかりません。
その点が原木栽培と異なったところだと思います。
無添加を気にするならぜひ原木の乾燥で。
意外と出汁が強すぎて私は苦手だったりしますがー(笑


2023-03-11(Sat)

植菌2週目、目標はクリア

今日で震災から12年目っすか。
干支一回りか・・・・なんだかあっという間に日が過ぎたな。
あの時も今日みたいに植菌中だった。
機械が倒れないか心配な状態で機械は動きっぱなしだった。
縦揺れじゃなかったから倒れなかったようなもん、かなり長い振幅の横揺れだった。
そう考えるといまだにはっきり覚えてるんだよね。
12年は長い月日ではあるものの衝撃的なものは記憶は薄れないもんだ。
なんせいまだに課題があるわけだからね。
あんな地震はもうこりごりだが・・・・・


P1140103_縮小

さて本日は植菌2週目が終わりましたね。
実質稼働日数9日、目標としていた3000本はクリアです。

P1140111_縮小

はい、この並びで10列目ちょうど3000ですよー
山ができたらすぐにビニールかけておきます。

P1140113_縮小

湿度維持と気温確保ですね。
時にここ雄最近は晴れる日が多くて乾きやすいんで、

P1140112_縮小

菌が乾く恐れがあります。
せっかくやったのにすぐに乾いてダメになっちゃもったいない。
ビニールかけるだけでもかなりの保湿になるんで
なるべく晴れてるときはビニールかけを積極的に。

P1140114_縮小

雪もかなり解けてきたんで、あの氷漬けだった原木もだいぶ乾いています。
乾けばこっちのもん、あとは植菌するだけですからね。
5000のうち3000植菌ですからあと2000弱。
こっちも気づけばあっと言う間に進んだなー。
目安の350本平均もクリアしているのでホントに今月中に終われるかも・・・・
あとは残りの原木がさっさと来るかどうか、機械の調子がくるわないかどうかとか結構他力本願。
うちらはやるだけ、体が資本じゃーい。
明日は休養日、しっかり体休めて来週に備えましょ。
まだまだ忙しい日々は続きますぜ。


2023-03-10(Fri)

今から落果

ロコトが日に日に色づいてきています。
こりゃ収穫の日も近いな。

P1140095_縮小
P1140090_縮小

株のほうも何とかなりそうだし。
あとは色づきを待つばかり。

P1140094_縮小

上から2日後。
きてるきてる――


その一方で。


P1140102_縮小

今から落果するのね。
2個ほど落果しました。
1個は色が入ってきていたやつだけどダメだったね。
つまるところある程度の大きさがない奴は落果しそう。
・・・・という事は今色づいてる大きいやつ以外はやっぱり無駄だったか。
取っ払っちまうのが正解かもしれんね。


全体的に色づくにはあと1週間くらいでしょうかね。
気温次第でもっと早まるかもしれない。
いよいよロコト初収穫、収穫前に落ちるなよ―――


2023-03-09(Thu)

ヘーゼルナッツ、芽吹く。

あたたかい。
気温が高くて作業中汗だくになってきた。
3月頭でこんな感じ、結局今年は暖冬だったなー

P1140096_縮小

そんなせいでか越冬ヘーゼルナッツが芽吹きだした。
置き場所!って感じの適当なところに置いてるわけですけどね、
別に寒さで死に絶えるようなやわなもんじゃなし、耐寒性はあるんで問題なく越冬。

P1140097_縮小

ちょっとした日差しを受ける場所ってこともあって芽がほころんできましたね。
小屋の中ってこともあるだろうけど思った以上に速い動き出しだ。

P1140098_縮小

完全に芽吹いてますね。
こうなると逆に寒さが心配になる(汗
まだ朝晩晴れて放射冷却がきついときがあるからね。
当分外に出すことはできませんよ。

P1140099_縮小

カマキリの卵と芽吹きのセット。
そのうちカマキリ大発生か・・・・
今からあったかくしとくのはまずいね。

P1140100_縮小

ちなみにカマキリの卵の位置はだいぶ低め。
今年の雪の量が少ないことを見越したのだろうか。
なかなか先見の明があるカマキリだ(笑
まあ…まだ外には1mの雪があるわけだけど―――

とまあ越冬鉢植えも徐々に動き出しを見せていますね。
という事はブルーベリーももしかすると・・・・・
まあまだしばらく見には行けないんすけどね。
今年も春近し、植物はすでに春モードに入ってますよ。


2023-03-08(Wed)

今年の2品種目に入りましたよ。

昨日1日かけてA560の植菌が終了!
今日から2品種目の植菌に入ります。

P1140091_縮小

2品種目はこちらになります。
まあ毎度おなじみになってますA511です。
昨日の段階で届くかと思ってたんだけど残念ながら来なかったので今日は少し遅れてのスタート。
といっても昨日最後にやり残した掃除をしたりしないといけなかったんで、
遅れて到着してタイミング的には悪くなかったっす。

P1140092_縮小

A560は今年は1800ちょいでした。
300本くらいずつ置いてきているので6山分です。

P1140093_縮小

今年はこのあと一山分間をあけて並べ始めました。
これは今年の分はすべてハウス内に展開するため、ある程度余裕をもって並べたかったため。
300本一山と少なめに積んではいるんだけど、展開すれば1列で200本ちょいくらいですからね。
段々と場所の余裕がなくなるのでこうした緩衝地帯を作ったってわけ。
まあこれでうまくいくかは何とも言えないっすけど――


今日はスタート遅れもあったとはいえ機械は問題なく動いているのでそこまでロスなく・・・・
と行けるはずだったんですが、ちょいとばかしロウに問題発生。
ヤニがごそっと入ってしまってものすごい詰まり方をしまして、
一切ロウが流れてこない状況になりこれを直すのに一苦労。
何とか2000本は突破しましたが3時間くらいロスしたんじゃなかろうか・・・・・
なんともアンラッキーな品種交代になってしまいましたがなんとか復活したし明日以降頑張るべー
目指すは今週中の3000だ――


2023-03-07(Tue)

子弾頭がやっと発芽

はぁ・・・・
話が通じないってのは疲れるね。
イライラしすぎて眉間がけいれんしてたわ(笑
完全に結論ありきでイエスと言わないと先に進まない某RPGの会話みたいな。
精神力ごっそりもってかれてかなりきついっす。
おかげで非常に寝つきが悪くなったった―――
マジ最悪。


さてさてイライラしすぎはお肌に悪いわよっ
なーんてなもんでムカムカしすぎてもどうしようもないんで次いきます。
ここ数日晴れてやたらと気温が上がってきましてね、
ハウス内も20度以上を記録してきましてだいぶ春が来ていますよ。
そのせいでしょうかね、ようやく唐辛子の発芽試験に動きが出た。

P1140086_縮小

まあようやくといってもエトナはかなり出てたしストロンボリも出てた。
今回はやっと1つだけど子弾頭が発芽したよって話。

P1140089_縮小

なんでこんなに遅いのよって話の子弾頭。
やっと1つ発芽、20分の一。
発芽率悪すぎるねぇ。
もう1個やっぱ種採ってみるべきかしら。
もしくは残ってる種をまき直してみてどうかですかね。
3月も1週間過ぎたし唐辛子は育苗に時間がかかるためなるべく動きは早めにしないと・・・・

P1140087_縮小

一方でエトナは群生ですね。
こちらは種の問題はなさそうなので同じくらいもう1回まけば数そろいそうだ。

P1140088_縮小

ストロンボリは遅め、数もあまりないのでこっちは割増しでまくべきか。
子弾頭といいストロンボリといいあまり発芽試験の内容はよろしくないな。
やっぱりこうして一度確認してみるのは必要ですね。


気温も上がってきたのでこれから先は発芽も早目に進むでしょうね。
試験結果がいまいちなだけに本まきはしっかり量でカバーだ。
去年もさほど育てられなかったし今年は何とかある程度まとまった数育てたいもんだ。
明日あたりまきましょうかねぇ。


2023-03-06(Mon)

やらかし太郎

週明けでござい。
今週も頑張って植菌だーといきたいところではあるんですがねー
ちょっと余計なめんどくさーいことに巻き込まれそうな気配があってモヤモヤ、
ちょっとばかしぼんやり考え事しつつ作業してたんですよね。
ぼんやり運転は事故の元、大事故じゃないけどやらかした。

P1140080_縮小

こちらさん細めの原木です。
何をやらかしたのかといいますと・・・・

P1140081_縮小

よく見りゃやけに種植えてんな(汗
そうですよ、穴の数の選択をミスりました。
いつもはこのくらいの原木には6列、36穴で植菌なんですがね、
何をぼんやりしてたのか10列60穴も開けてしまった(大汗

P1140082_縮小

大量に穴開けたせいで穴の間隔が指2本分しかない。
いくらなんでも狭すぎる。
だからといってダメではないんだけど資材の無駄遣いですわな。

P1140083_縮小

ちなみにこちらが通常、同じようなサイズの原木ですよ。
こちらには36穴の植菌、どんな感じかといえば、

P1140084_縮小

指3本分の間隔です。
種菌会社の人からもこのくらいでというのを初期に教えてもらってたんですよね。
まあどういった使い方をするかで植菌数は増減するんであくまで目安ですが、
大体に物はこれぐらいになるように植菌していってます。
下手こかない限りはね(笑

P1140085_縮小

そんなこんなぼんやりしつつも作業は本日順調。
節目の1234通過。
今日は400くらいできたんでだいぶはかどりました。
機械が止まらないってのはいいことだわとあらためて思いました。
ぼんやりして止めないよう気を付けないといけませんけど――
それ以上に怪我しないよう気を付けないと。
うわの空で作業はいかん、そんなことを思った1日でござい。


2023-03-05(Sun)

3月5日を振りかえってみる。

今日は休日。
とはいえ植菌作業をしていると出荷にも行けないので、日曜日を利用して出荷に向かいます。
日曜しか出かけられないのでなかなか出荷するのも一苦労になった(汗
なんせ植菌終わりでヒーヒーいってるのにそこから芋洗ったりするわけですからねぇ。
最近は人が来るようになって売れ行きが良くなってきてるのに週1出荷はちといたい。
ま、こればっかりは一大事業が優先ですから致し方ないっすわ。
という事で特に目立ったネタもないので過去を振り返ってみた。
そうなると結構面白いことがわかってくるもんで。

IMG_3783_縮小
IMG_3782_縮小

2013
過去の写真を掘り起こして3月5日に関して振り返ってみた。
まず2013年、ちょうど10年前っすね。
この時点ですでに自動植菌機が入っていて一人で作業してます。
この時の植菌品種S505、今は昔のキノックスの品種だった。
この品種もだいぶ良かったけど菌の変質で販売が終わった品種。
振り返ると植菌でトップ切って植菌している品種が年ごとに異なってましたねー

P1040251_縮小

2015
2015年はまだ植菌が始まってなかった。
2013年は結構早めに始まってたんだなーというのがわかる。

P1070492_縮小
P1070493_縮小

2016
2016年は15年から一転だいぶ進んでいます。
この時点でたぶん4列くらい大体1500くらい植菌している模様。
この時の品種がF309、この品種も2,3年くらいでやめた品種ですね。
最初はF420という名前だった気がします。

P1050462_縮小

2020
17,18年あたりは農業研修に行ってたこともあって特になかったのでその次で20年。
このあたりまで最初の品種がF206でした。
20年も最初は結構飛ばしている感じですが終わったのは結局4月半ばとか。
大体いいペースで始まってるけど終わりが4月半ばになるのがほとんどですね。
なので今年ももしかしたら3月中終了ってのがいかにおかしなことやってるかって感じ(笑
おかしいってかそもそも4月後半まで原木がなかなか来ないっての事のほうが異常ではあるんだけど(汗


こうして振り返ると意外と3月5日くらいまでに1000本以上植菌している年って結構あった。
10年間で品種もだいぶ変遷をして今のA560に落ち着いてんのかーってね。
いかに品種選定が難しいかって感じがします。
今年もこれらの年に並ぶようなペースで進んでますが最終的にどうなるかねぇ。
まず明日以降植菌2週目でガツッとできるか。
ぼちぼち頑張っていきましょ。




2023-03-04(Sat)

植菌1週目、1000達成

気が付けば週末。
3月に入っての1週目、そして植菌生活の1週目が終わりました。
まあやってる作業は特段変わりなく植菌作業オンリーなので簡潔に。

P1140076_縮小

本日無事1000本達成。
カウント1000ですが実は試運転でいきなりストップしたためカウントされてないのが1本、
この時点で実際は1001本となっておりまする。
今年は9000の予定となっているので9分の1が完了になりました。
大体週に2000本くらいずつやっていければという流れになっているので、
今のところは順調に作業が進んでいると思いますね。
まあ相変わらず機械の不具合は出てますけどねー

P1140077_縮小

あとは今はいってきている業者の原木が本日をもって入荷完了ですな。
多分だけど5000本、すでに半分以上の原木が来た計算。
残りは岩手から大型2台かな??どっから来るかはわからんですが残り4000です。
いやしかし3月頭に5000も入るとは思っても見なかったね。
順調順調ー


まだ1週目で始まったばかりですが今年は早く植菌が終わりそうです。
何があるかわからんから安易なことは言わんときますかね(笑
でももし3月中に終わるとか言ったら軽い事件だ。
毎年こんな感じだといいんだけどねぇ。
明日1日お休みから来週また頑張りますわ。


2023-03-03(Fri)

組み直しほどだるいものはない

今日もガシガシ植菌作業。
2日目だってくらいで特になし。
というわけで植菌前最後の通常作業中に起きた悲劇について・・・・

P1140051_縮小

通常作業なんで休養舎へ榾木を移動させてたんですよ。
そろそろ植菌始まると見込んでなるべくできるだけやっときたいと頑張ってたんですがね、
ちょうどこの品種の終わりの部分の積み上げをしてたんですが、
積んでるとミシミシ音がし始めて・・・・・

P1140052_縮小

最初と最後は井桁に組んでいくんだけど、そこが押されて動いてしまった(泣
多少動くくらいならまだわかるんだけど、積んでるとどんどん動いていってしまうことが判明。
なんせ延々ミシミシ音が止まらないんだもの。

P1140053_縮小

こりゃあまずいと思って作業を止めた時点ですでに木1本分動いてしまった。
太い奴に載ってた部分が丸々1本分右に移動してしまってます。
これだと次に置くときに隣に置けなくなってしまうので組み直しです。
ありったけ積んでからの積み直しほどだるいことはない。

P1140054_縮小
P1140055_縮小

今回こうして移動してしまったのは棒積みしてる部分がしっかり組めてないから。
榾木も曲がってるのやら太い細い様々あるわけで、
それらをうまいことカチッと組めてないと力のバランスが悪くなって崩れてしまうわけで。
今回特に最後の部分で隙間とか崩れる要因になりやすいものが多かった。
と言えどここまで大規模に崩れてくるとは思わなかったね。

P1140056_縮小

井桁部分を組みなおすためにそれまで積んでた前の部分を一度動かさないといけない。
それを慎重にやってんのにあとからあとから崩れてくる始末。
ホントにだるいことこの上なし。

P1140057_縮小

何とかずれた部分まで移動完了、ここから組み直し。
完璧に1本分ずれでガタっと落ち込んでしまってる。

P1140058_縮小

その反動で皮がベロベロだ・・・
めんどくさいうえに傷つけるとは何事か――
今回の事態は過去を振り返っても最大級のヤバさだ。
まあ・・・・積むのが下手だって言えばそうなんだけど―――

P1140059_縮小

無駄に30分ロスしてようやく組直し終わった。
30分でもう1台持ってくることができるってのに―――
非常にだるい作業して1日ムカムカしてましたわ。
無駄に疲れた気分。マイッタマイッタ


時々こうした無駄なお仕事が増えることがありますね。
要因つくってんのは自分だったりしますけど(汗
丁寧にやってる分こうしたことが起きるとかなりイラっとしてしまいますわー
木を積み上げるって単純作業ながら意外と難しい仕事だったりするもんだ。


2023-03-02(Thu)

2023植菌スタート

本日より一大事業植菌作業が始まりましたよ。
今年は例年になく原木が入っているので一気に作業が進められる状況ではあります。
まああれだけ氷漬けだったんで乾くかどうかにかかってるんですがね。

P1140068_縮小

大量大量、こんなにハウス内に原木があるのは初めてじゃないだろうか。
植菌開始してからこうなることはあったけど始まる前からこうなってるのは史上初だ。
やっぱり原木自体あることはあるんだけど出てこないってやつよね。
需要があるんで高いところに流れるってのが常になっちまってるってこった。

P1140069_縮小

大量に入れているのはいいんだけどあの氷漬け状態で積んだから氷がなくなってバランスが悪くなり、
あちこちぐらついてるやら倒壊してしまってるやら(汗
全く困ったもんですよ氷漬けってのは。


P1140067_縮小

さていざ作業、ついにマスクを使い切った。
いったい何年前に買ったやつだったかすら覚えてない。
作業中はホコリがすごいし封ろうの霧もすごいんでマスク必須。
やらないと次の日から喉鼻がヤベーっす。
コロナの時にもこれでマスク不足のりきったった。

P1140063_縮小

また今年は機械のほうもメンテが入った。
大きいところは植菌棒の交換、オガ菌を穴に打ち込むやつね。

P1140064_縮小

もう10年以上になってるからすっかり角が取れて丸くなってしまってます。
おかげで隙間が大きくなってしまってその隙間にオガ菌が入り込んで筒の中で詰まるんですよね。
稼働中1時間ぐらいおきに詰まって動きが悪くなるんで大変だったので交換。

P1140065_縮小

新品はピカピカできれいだ。
本日の稼働ではまるっきり詰まることもなく順調でしたわー

あと悩まされてきたエア漏れ解消でパッキン交換もしましたね。
交換したらだいぶ動きにキレが戻ってきた感じがします。
案外簡単にできることだったので定期的なメンテをしてやるといいかもしれないなーと思った。

P1140066_縮小

まずスタートの品種は今年もA560です。
去年植菌のは原木の良し悪しに当たったせいか使う前からダメなのが出てしまってたけど、
今年の原木だとどうなるかねぇ・・・・・
氷漬け原木でダメだわーとか出るだろうか。

P1140070_縮小

それにしても今年は原木が多いせいで作業場所が狭い!
アップアップしながらお仕事でしたわ。

P1140071_縮小

なんせ置いていく場所の先にも山があるわけでして。
だからまずこの山を使い切ってしまわないと置けないといういきなりケツに火がついてる感じ(汗
動きにくいのに遠くから一々持って行かないといけないとかま―面倒。
しかし原木があるだけありがたい、文句ばっかいってらんねぇので黙々と作業です。

P1140072_縮小

昨日試運転して動作確認したんで今日は丸1日作業できた。
今日で1山並べ終わり、320本到達です。
毎日もう少し多くやっていけば今月中に終われそうな気配。
オヤジさんもそのつもりでいるらしく今日はもう少しやるつもりだったらしいが・・・・・
やるつもりだったら先に言っておけよって思ったね(笑
わたしゃ時間が来たから封ろうが切れた時点で作業止めちまったもんで。
明日以降は最低ラインで350目指して頑張ろう。
ま、機械次第、原木の乾き次第でしょう―
今年も大変な日々がスタート、1日1日が勝負だで―――



椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
02 | 2023/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村