fc2ブログ
2023-06-30(Fri)

しれっと小豆

去年育てた結構良好だった花嫁小豆。
白小豆を犠牲にして無事収穫できたという何とも言えない経緯をたどった小豆ですが、
今年は花嫁小豆オンリーでしれっと栽培。

P1140785_縮小

小豆というと私の場合なるべく早播きしてカメムシが本格化する前に収穫という流れにしたいので、
遅くともサツマイモの定植が終わるころ、
つまるところは5月下旬のうちに種まきをしておきたいもんだったんですがね、
今年は遅れに遅れ種まきしたのが6月13日でしたのよ。
1畝分植えられるようにセル1枚半程度の播種。
小豆は発芽しながら豆が出てくるタイプではないので食害の心配はないんですが、
畑の準備なんかの兼ね合いで大体セルまきで対応するようにしていますね。

P1140915_縮小

無事発芽したのがこちら、自家採種になるんでどの程度の発芽率かなーと思ったんですが、
案外問題なく90%程度はきれいな状態で発芽してくれましたね。

P1140839_縮小

畝は去年みたいな高畝で。
特にこだわってるわけではないんだけど去年よかったんで今年もやってみた。

P1140918_縮小

定植は2株ずつ30㎝ピッチで。
明日気はオクラ同様に根切りにばっさばっさやられることが多いので、
ガードベイトをまいて対策をとっておきます。
今年は数きちっとやってるので種はたくさんあるけどまき直しはしたくないっすからねー

P1140952_縮小

現状は防草シートを片側に張ってる状態です。
もう半分はトウモロコシってことで支柱どうしようか問題と、
そもそも防草シートの長さがちょうどいいのがあるのか問題でまだやってません(笑
ちょっと畝の長さ調整したのでいつも使ってる防草シートが1m位短いのが多数を占めてまして。
残っている数枚の中からちょうどいいのを探さないといけないのでね。
まあ草だらけになる前にやろうと思いますわ。


さて今年は生贄になってくれるものもないので去年ほどまともに収穫できるかどうかが問題。
遅まきになったことでカメムシ侵攻も激しくなるだろうしねぇ。
とにかく豆と言ったらカメムシ、あれをどうにかしないことにはまともな収穫が望めないよー
全てを覆うのも難しいし豆のカメムシ対策って結構難題よねー
しれっと今年もアズキやることにしたけど先行きは不安だ。


スポンサーサイト



2023-06-29(Thu)

トマト大工作

今日も降りそうで降らない日中の天候、
それじゃあお仕事やってしまおうかとトマトの大工作を完了させてきた。

P1140930_縮小
P1140931_縮小

まず先日唐辛子畝づくりのために一時撤去していたアーチ支柱の立て直し。
最初は3本だったけどとある事情で5本にすることに。
そんでもって建てた後は吊り紐を準備して吊り上げのほうの準備も完了。
後は屋根をかけるだけというところまで昨日の段階で終わってました。

P1140932_縮小

株はこんな感じの大きさになりました。
時々脇芽欠いてたんだけど最近天候の関係もあって手を出せなくて茂ってますね。

P1140933_縮小

そろそろ支柱も限度なんで吊り紐に絡めていきます。
この後はくきタッチではさみながら伸ばしていく感じ。

P1140934_縮小

花も咲いてぼちぼち実もでき始めましたね。
去年もこの辺までは順調に来てたんだけど突然死しちゃったのよねぇ。
ホント青枯れって恐ろしいですよ。

P1140936_縮小

花というと花房直下の脇芽が伸び放題になってどうしようかと思ったんですが・・・・
天気予報では今日は降りそうにないとのことだったんで信用してカットしておきました。
脇芽はまだ数本伸びてますが、脇芽かきは一気にやると株にダメージになるので何回かに分けてやります。
今日は花房直下の奴と地際のやつを欠いておきました。
地際のやつ一度欠いてるはずなのに再生してやがったよ(汗

P1140935_縮小

生育の具合からいうと肥料は過不足ない感じがしているので順調かな。
極端に強くて株が大変な状態になってる感じは今はしませんが、

P1140937_縮小

一部脇芽がぐっと巻いていたりしたので部分的な肥料の強いところに当たったのかもしれない。
まあ一時的なもんだろうから大した影響は心配してません。
肥料よりは…青枯れが起きないといいんだけどというのが大きいね。

P1140938_縮小

ちなみに食用ホオズキは活着して伸びだした感じ。
これも伸びだすと大暴れするからね・・・・
きっちりコントロールしてやらないといかんね。

P1140962_縮小
P1140963_縮小

そして本日屋根工事を実施。
天気がーと思って晴れた時にやろうと思ってたんで来週予定でしたが、
思った以上に天気がなんともなかったので今日で工事完了ですぜ。
去年は横に使って張ったんだけどあまりに風で飛ばされてしまったので、
今回はご近所さんスタイル、縦張りで屋根というかトンネル仕様になりました。
ビニールの幅の関係上支柱3本ではこのスタイルができなかったので5本仕様になったわけですよ。
これがまたドンピシャ、うまいこと張れたんであとは飛ばなければ(笑
去年と違ってビニールだけではなく下手すりゃ支柱ごと持って行かれることもありかねないからねぇ。
それが非常に怖いので結局今年も風には戦々恐々ってとこです。

これにてトマトの大工事が終わりました。
場所変えたから今年は枯れの心配は薄いと思うけど無事収穫できるかねぇ。
高畝・雨除けで糖度のったミニトマトできりゃ最高。
実験農場クラスの糖度2桁以上たたき出してみたいもんである。


2023-06-28(Wed)

やっとたくさんのアスパラ植えた話。

夜間に雨が降って日中はほぼ雨降らずの1日。
作業的には非常にありがたいといえばありがたいんだけど、
降ってる量が量なだけに畑仕事を精いっぱいとかは不可能。
チョコチョコッと仕事して後は中の仕事してました。
というわけで本日は少し前のアスパラのお話。

P1140924_縮小

早い段階でアスパラの畝を作ってたわけですが苗がなかなか育たずに定植遅れていたアスパラ。
その後もイマイチパッとせずにダラダラと時が過ぎ・・・・・
肥料やっても動きないしポットから出してみたところ意外と根っこがありまして。
地上部がさっぱりだけど地下がある程度あるしもう植えちゃおうといざ。
一気に植えられるだけ植えちゃいましたー

P1140925_縮小
P1140926_縮小

棒切れをずらーっと定植。
なになに?種まいてすぐのセル苗でも植えてんのって感じ(汗
それぐらい地上部がぱっとしないのはどうやら茎枯れ病が蔓延しているようで。
出ては枯れ出ては枯れを繰り返すためなかなか育てなかったみたいだね。
という事で定植と同時に防除をしておきましたよ。
ちょうど収穫株の防除もしないといけなかったし殺虫剤と殺菌剤を混合して散布しました。
ちなみに使ったのはアミスター20とアディオンです。
収穫株はアディオン2回目なので次は別のを使わないといけないっすね。
ジュウシホシクビナガハムシがおさまればそれに越したことはないんだけどさ。

P1140927_縮小

そして更なる問題が、苗結構余っちゃった問題。
思った以上に苗が余りましてね、これの処遇をどうしようか検討中。
茎枯れ蔓延で20株前後なくなったっぽいけどそれでも50以上は残ってるのでね。
アシタバがほぼ死滅しているのでこの荒れ地にアスパラどうにか植えようかと思ってます。
機械入れられないので全人力、かなり大変になるけどやるっきゃねぇなー
苗のほうは今更長々置いといたところで変化ないだろうし時間がかかっても畑作ろうと思います。


という事で今年の一大事業になってたアスパラ定植、準備分約200株定植終了です。
苗の塩梅があまりに悪いので紫アスパラの様に順調に生育してくるとは思えないんだけど、
定植したことで環境変わってちょっとでも大きく育ってくれるといいんだけどね。
しかし植えてみると改めてこの畑の土質が最悪であることに気づかされますねぇ。
引き屑まきでだいぶ改善してきているのでこの畑の土がかなりまともになるまで気長に改良だわ。
数年後にはアスパラ三昧になることを夢見て。



2023-06-27(Tue)

今年は種採りしたい白皮ロング南瓜

蒸れる。
汗かきまくって非常にだるいです。
それでいて今日は残業アリです。ヒエーつらい(泣
まあまだ体力的に無理は来てないんで大丈夫ですがね。
その辺じゃないところでいろいろあってまーごたついとりますわ。
何事もない日常になるのはいつのことやら。


さて本日は南瓜のネタ。
南瓜は毎年作ってはいるんですがね、畑でちゃんと植えたものが何だか毎年ダメダメ。
状態悪いものしかできないので種を採ることもできないまま数年、
このまま種更新できないとせっかく自家採種で固定した南瓜が途絶えちまいます。
という事で何とかして今年はしっかりとものになった南瓜がとりたいもんでして。

P1140661_縮小

最初にまいた2019年度の種はさすがに最早ダメで発芽しなかったため、
第2弾として2020年度種子Aを使ってみることにした。
ちなみに2020年度は2系統とっていたためB種子もありますが、
こちらのほうは種が割れたりしてあまりよくないと判断してAを使ってます。
ちなみに隣の16セルはメロンの残りですよ。
最後のメロンです。

P1140914_縮小

こちらのカボチャほうは発芽が7/8まだまだいける感じの発芽率でした。
セルで出たのちポット上げが遅れてしまって老化苗の出来上がり。
それでも何とかポット苗完成したのでいざ定植。

P1140916_縮小

今年は水はけのいい畑なのでおかしな感じにはならないと思うけど・・・・・

P1140917_縮小

伸びていく方向はヤーコンの方向です。
オクラ栽培で毎年防草シート張ってた割に今年はやたら草生えてきていたんで、

P1140928_縮小

去年同様防草シート張りました。
これで心置きなく蔓が伸ばせますな。

P1140929_縮小

って全面シート!
草むしり面倒なんでやっちまいましたよ。
ここ使わないのかって感じですが、定植遅いものを3畝ほどつくる予定です。
畝作るまで1か月以上あくのでそれまではこうして草を抑えとこうという寸法ですよ。
なんせ両側に定植物があるため機械はいって掘ることができなくなりますからね。
風でぶっ飛ばされないようにブロックおいたりして対策取ってるんで多分大丈夫。
1か月後に剥がして畝作りますがどうなってるかな???


南瓜自体は他にもいい品種がたくさんあるんで無理に種を採らなくてもいいっちゃいいんだけど、
やっぱり数年かけて自家採種固定したってのがあるんでもったいないからねぇ。
今年は納得いく大きさや甘さ、肉質のカボチャが無事に収穫できるといいんだけど。
ここ数年は野良のほうがはるかにいい南瓜になってる始末ですからね、
野良に負けないように頑張らないと(笑


2023-06-26(Mon)

2023年度の植菌分組みあがり。

今年は本伏せするための井桁組みを自分がやらないといけないだろうなーと思ってたんですがね、
結局今年もオヤジさんたちがメインで作業が終わってしまいまして(汗
今年植菌分9000本のハウス内組みが終了です。

P1140823_縮小

こちらが途中の図。
この辺はA511、見てまわるとやたら木が白かった。

P1140825_縮小

こんなにガワが真っ白になってるのは初めて見た気がする。
木口が真っ白はよく見るんだけど、全体が真っ白とかこんな風になるもんなんだねぇ。
木全体に菌が回っていいんじゃないのって感じもするけど、
あくまでガワですからね、重要なのは内部にしっかり回っているかどうかだ。
つまるところここからが本当の勝負ってやつ。

P1140824_縮小

今年はハウス内に全部組むためかなり高い積みになってます。
あまり高いと散水がうまくいかなくなるのでその辺の調整も難しい。
ぎりぎりの高さでうまい具合に積んでいくまさに職人芸だね。
私がやってもこううまくはいかんですよ(汗

P1140901_縮小

最終的にかなりぎりぎりになったけど無事組みあがってました。
最終のほうは品種の違いもあるけど菌のまわり方が全然違うなーと思ったね。
まあ最初のほうの物とは1か月近い差があるから単純比較はできないっすけど。
今差があっても最後に使って発生させるときにちゃんとキノコが出てこればよし。
これからこれから。

P1140902_縮小

いやーしかしハウス内にこれだけビシッとくみ上げられてると壮観ですな。
後はここからじっくり内部に菌を回し切れるかどうかですね。
ぎっちり高さもあって積んでるんで蒸れが心配される点もあるんだけど果たして。
今年は使う前から廃ホダ大量なんてのがないといいなぁ。


2023-06-25(Sun)

アスパラの食害がひどいようで。

P1140903_縮小

前回倒伏防止線を張ってからまるで手をかけられてなかったアスパラ。
前回記事→アスパラ、今年は早めに支柱たて
天候崩れたこともあったし畑のほうもだいぶ落ち着いたので、
やっと残ってたところの草をむしって支柱を立てた。
作業してるとどうも立ち上がったアスパラの具合がよろしくないことに気付くんですよね。
自転車で毎日通って見てても良くないな―病気かなーだったんですが・・・・

P1140905_縮小

どうもこの枝先が白化しているのは食害のようでして。
遠目に見てると茎枯れの症状かと思ってたんだけど、
よく見てみると茎枯れのような病斑がなく齧られたような跡。
茎枯れ防除かー薬剤あったかな?と思ってたんだけど、殺虫剤防除にシフトっぽい。
これやるのはお分かりの通り以前も記事にしたジュウシホシクビナガハムシですぜ。
1度防除はしたけどあまりにも数が多くてどっからともなくやってくるのよね。
今回は株整理もした後でガッツリやらんといかんですな。

P1140904_縮小

とか言いつつ今年立茎本数が全然足りてないのよね。
出て早々食われてるのとか多いのでいいものを準備できていないんですよ。
しかも育ても食われるからとにかくよろしくない状態です。
葉っぱが足りないよ。

P1140908_縮小
P1140909_縮小

アスパラの葉っぱ、いわゆる擬葉と呼ばれるものはまだ幼い紫アスパラのほうがふさふさ。
全然足りていないアルジャントゥイユの収穫株がいかにやばいことになっとるかですよ。
全くあのハムシ野郎は困ったもんだで。

一応ありもので対処できそうなので明日あたりやろうかと思います。
なんせ明日以降だいぶ長い期間雨降りそうですからね。
明日は結構やること山積み、せかせか動いて雨前仕事をコンプリートだ!


2023-06-24(Sat)

今年もいざオクラの引っこ抜き補植

天候が崩れるという予報になっていざ作業。
通常はそういう時は畑仕事はお休みだけど天気が悪いからこそやる仕事アリ。
それがオクラの引っこ抜き補植でございますよ。
まずは芽の出ている補植苗を植えた後足りない分だけ引っこ抜いて補植していきます。

P1140888_縮小

引っこ抜き補植ってのは毎年のごとくやってますが、
ようは多い部分のものを抜き去って無い部分に植えるという作業ですよ。
まずダビデの星からですよ。
3粒まきしていったはずなのに時々4本出ているものがあったりするんでそこから引っこ抜く。

P1140887_縮小

穴が開いてますが株の横に指突っ込んで直根をなるべくちぎらないように引っこ抜きます。
普通に何もせずに引っこ抜くとまず間違いなく根っこがちぎれるんで、
この方法を編み出してから補植の活着率はよくなりました。

P1140886_縮小

という事で最低限の1株補植。
1株さえ育ってればよし、特にダビデとか島の恋は脇芽で補充できるほど強く育ちますからね。

P1140889_縮小

ダビデの星は今年非常にいい感じで育ってます。
過去一そろって育っているので期待したいところですね。

P1140891_縮小

続いてこちらも過去一発芽率のいい島の恋。
補植個所はたった2か所、選び放題抜き放題の中適当に補植しておいた。

P1140890_縮小

発芽そろったけどダビデに比べると生育が遅めかな。
発芽良すぎるのでもう少し育ったところで間引きが必要です。

P1140895_縮小

逆に困ったのが島の唄。
4品種で一番成績が悪いですわ。
引っこ抜き補植したくても数が少ないんで選ぶのも大変。

P1140892_縮小

選ぶ基準もなるべく小さいもの、生育に差が出ているようなものを優先的にしているんで、
3つとも大きく育ってるとかいうのは引っこ抜きにくいんすよね。
小さいものを選ぶ理由は
葉が展開していると千切れた根っこで蒸散が間に合わなくて枯れるリスクが高くなるからですよ。

P1140893_縮小

この根量ですからね。
しかもやたら地下が深いってのがわかるかと思います。
ただ引っ張っては難しい理由がこれですね。
なるべく小さいうちにうまいこと根を維持しつつ引っこ抜けるかどうか、
婆さんは結構こういうのホイホイやってたみたいだけど案外難しいもんだで。

P1140894_縮小

で、島の唄の生育は2番目か3番目かな。
島の恋が一番遅れ気味であと2品種はどっこいどっこいってところ。

P1140896_縮小

今回引っこ抜き補植が必要なかった白ひすいはこんな感じですからね。
まあまだまだじかんはかかりますねー


P1140906_縮小
P1140907_縮小

そしてこちら1日たちました引っこ抜き補植の一部。
補植自体は昨日の夕方、そこからずっと雨を予想してたんだけど降ったのは夜のみ、
今日は朝から昼まで晴れというなんとも残念ことになり・・・・・
やっぱり一部分枯れが起きてしまいましたがなんとか全滅は免れそうだ。
今年の引っこ抜き補植はかなりうまくできたようで生き残りそうですわー
後は数日たった後にどうなってるか、再度補植必要かどうかを見極めです。
という事で完全なる間引き等はそのあとで・・・・・

天候との兼ね合いも必要な面倒な引っこ抜き補植ですが、
うまくやれば株再利用にもなるんで覚えておいて損はなし。
そんなことしないで済むように沢山まいて間引くほうが間違いはないんだけどね(汗
種をケチるか余裕を持つかは・・・あなた次第だ―


2023-06-23(Fri)

花を畑に植える。

今年はいろいろと花の種をまきまして。
花壇もどきに植えようかしらーとか畑の隅っこに植えてるところに植えようかしらー
なんてことを思案しつついたんだけど、
思った以上にセルトレーでの発芽が良かったこともあったので畑の一部を利用することにしましたよ。

P1140833_縮小

オクラを植えた場所の一部、多少の余裕がありましたんでね。
ここは今年アマドコロを掘り上げた場所、実に3年ぶりくらいに掘ったところだね。
草ボウボウなのは見て取れるかと思いますが、まあ仕方なしで畝作ります。
ちなみに右のはオケラ、これは毎年問題なく出てくる強者ですね。
栽培できる山菜としては非常に優秀で手のかからないものだと思います。

P1140836_縮小

今回植えるのは宿根草になるものなのでじっくり効くタイプで施肥。
ただあまり花の施肥ってのがわかってないんでかなり適当といえば適当(汗

P1140837_縮小

いつも通りの60㎝の畝を作って、

P1140841_縮小

白黒マルチ張って防草シート張って完了。
隣のオケラとの間隔が全くないんでそっちにはシートが張れません(汗
隣から侵略してくるクローバーにおびえる・・・・・

P1140858_縮小
P1140859_縮小

植えるのはこちらのオステオスペルマム
もうすでにバカでかくなってしまったんで早いとこ植えてしまわないといけなかったんだけどねー
野菜優先で動いてたんで変に曲がって伸びたりしてて大変ですよ。

P1140882_縮小

40㎝ピッチの千鳥植え。
しかし場所が余ってしまうんでここで登場したのが購入した奴ら。

P1140878_縮小

まずは緑の菊。

P1140879_縮小

自家採種の苗として産直で売ってた余りのエキナセア、

P1140881_縮小

花壇もどきに植えるつもりだったけど結局戻ってきたキキョウ、

P1140880_縮小

毎年買っては消えてってるエキノプス(汗
これらをうまいこと植えたらばっちり隙間なく定植完了になった。
全部が全部宿根草なんで動かす必要なくてこのまま生きてる限りは栽培続けますよ。
流石に畑の一角使って育てるんでなんぞ切り花として使えたらいいかなーとか思ったりはしてますが、
果たしてそううまく育つかどうかはなんとも言えないね。
なんせ花を枯らす男ですからねぇ。

P1140786_縮小

植えた以外にも苗はいっぱい。
最近ようやっとジギタリスのポットを分解して個別ポット上げしたんだよね。

P1140787_縮小

包丁でぶった切り!というのは嘘で水に浸けつつほどいてばらしましたよ。
絡まり方が半端なかったけどね。

P1140900_縮小

何とか現状19株無事に育ってます。
このほかにアルメリア、カンパニュラ、オーブリエチアが全部で250以上あるかねぇ。
まあそっちのほうは自分が植えるのと売ってしまおうかと思ってるのとがあるわけだけども。
数が数だけにまた畑の一角利用も視野に入れとりますよ。
一応全部宿根草だし。
1年草はまるっきり手におえないんでやるならもう宿根草オンリーだ(笑


花のほうは野菜ほど力が入らないんで時々様子見しつつおかしなときは消毒くらいかな。
後々フラワーネットやって倒伏防止くらいはしとこうと思ってますが、
近所にないので注文しておかないといけないですなぁ。
とりあえず今年はどんなもんか花が咲けばよし程度で。
枯れなければ俺の勝ちだ(笑


2023-06-22(Thu)

トウモロコシはきっちり1畝で。

今年は赤いスイートコーンを2畝作る予定をしてたんですよね。
第1弾の種まきして1週間後に第2弾の種まきも完了。
トウモロコシの発芽に関してはさほど問題なく出てくるだろうと思ってたんだけど、
今年は予想以上に発芽が悪くて数がそろわなかった。
そんな中で第1弾のトウモロコシを定植して第2弾の定植をどうすべきかと思案。
使えそうな苗の数を数えるとよさげと思ってたら第1弾よりもダメダメで(泣
これだと第1弾の畝の続きに植えて間に合うんじゃないか?
そう思って畝のドッキング建設をすることに。

P1140776_縮小

そもそも第1弾定植したところも畝が余ってたんですよね。
数数えて長さを計算して作った割になぜか余る始末。
この余ったところの続きに畝をつなげてドッキング。

P1140777_縮小

こういうことっすね。
これにマルチを張ったらドッキング工法完了だ。

P1140778_縮小

完成。
なんやかんやで結局丸々1畝作ることになりましたね。
本来だと20m位の畝2本作るはずだったのがどうしてこうなった・・・・・

P1140779_縮小

継ぎ目に関しては土をのせて剥がれないようにしといてます。
これはマルチが寸足らずの場合の継ぎ足しでも使える方法ですね。
まあえてしてこの継ぎ目に定植位置がぶち当たることが多いんですが(汗

P1140784_縮小

そうそう、このマルチ張りをしてた時にものすごいカンカン照りになりまして。
残ってたマルチが足りるかどうか全部伸ばして確認していざ作業をと思ったんだけど、
風が吹いてクシャっとなったら熱くて溶けて張り付いちゃって使用不可になっちまった――
こんなことあんのかよーとがっくり。
別のマルチもってきて張り直しましたわ。
ガンガンの日照りの時は注意が必要ですぜ。

P1140873_縮小

第2弾の苗はだいぶ老化してきちゃってましたね(汗
ちょっと定植しようと思ったときに落っことしまして。
べシャ―ッと苗のほうからダイブしたもんで折れた可能性ありと様子見したことで遅れちゃいました。

P1140872_縮小

そしたらまあ今度は様子見で置いといた場所でネズミが暗躍して芽の出てない種を掘り起こして穴だらけ。
出てるやつも引っこ抜いてたりして数本が犠牲になったし。
別件であまりにネズミの被害が多いので罠仕掛けて9匹駆除したんですがね、
今の時期のネズミの暗躍具合がひどいですわ。
油断できませんな。

P1140875_縮小

苗のほうは端のほうから継ぎ目のほうに向かって定植。
足りるかなーどうかなーと定植していくと、

P1140874_縮小

こんなにかっちりきっちりいくかってばかりにちょうど隙間なく定植。
穴あけ棒の右が第2弾、左が第1弾だよ。
第1弾でまだ早いと思ってた4株も定植したことできっちり使い切りとなったね。
ここまでうまいこと使い切りになると思ってなかったわー

P1140876_縮小

これでトウモロコシの定植は終了になった。
数が少なくなったのは残念だけどまあ1畝きちっと160本定植完了です。
第1弾は順調に根付いて肥大してきているんで、
第2弾も続いてしっかり大きくなってほしいもんですね。
初っ端躓いたけどこっから巻き返しだぞー


2023-06-21(Wed)

イタリア唐辛子と新しい唐辛子の定植

今日も晴れ渡った夏至当日。
最近日差しにもろ当たってるせいかだいぶ日焼けしてしまって腕や顔が火照る。
それと同時に疲れもくるんで大変だね日差しってのは。
明日からちょっと落ち着くかな?
雨はなんか期待できそうにない気配だけど(汗
地味にそれを期待していただけに今日の定植は大丈夫かな?


P1140856_縮小
P1140857_縮小

昨日頑張って作った畝に唐辛子を植えていきます。
今年もいつも通りイタリア唐辛子、そして去年から作ってる子弾頭です。
まずは午前中にエトナの定植をしました。
苗自体の生育はまだまだですが、液肥効果などもあってだいぶ生育が進んできてたんでもうやってしまおうと。
数なんかの関係で今年は畝を2つ作って、きっちりエトナだけ1畝使い切りです。
残りはもう1畝にまとめる算段で午後の定植。
午後定植にしたのはちょっと天気が良すぎて苗がばてそうだったからですよ。

P1140791_縮小

そのばてそうな苗ってのがこちら。
今年はまーた別の唐辛子を買ってみたわけで。
注文したときが遅かったのでだいぶ老化苗になってしまってるんで、
早く植えたら日差しで萎れかねないと判断して夕方定植の明日の雨待ちという流れ。
まあ雨は期待できそうにはないけどね(汗

P1140860_縮小
P1140861_縮小

今回注文した苗は3品種です。
こちらタイの唐辛子プリッキーヌ・オームです。
結構有名どころの唐辛子。
だいぶ色が悪いですが致し方なし。

P1140862_縮小

意外と葉っぱが大きいですね。
実は小さいんだけど株自体はでかくなりそうな雰囲気だ。

P1140863_縮小
P1140864_縮小

こちらは同じくプリッキーヌ・スアンという品種。
オームに比べると唐辛子らしく少しほっそりした感じ。
すでに実がついた状態でやってきました。

P1140865_縮小
P1140866_縮小

実はかなり小さいです。
小さいけどバカ辛い唐辛子です。
イタリア唐辛子も似た大きさだけどどう違うか楽しみですな。
実の付き方から違いがあるので大きさが同じでも間違うことはないですね。
ちなみにプリッキーヌはネズミの糞って意味、それくらい小さいよって話だ。

P1140867_縮小
P1140868_縮小

そして最後に満天星辣椒(マンテンシンラージョウ)
名前がかっこいい中国の唐辛子。
といっても特に変わったことがあるかと言われると何とも言えない(汗
名前にひかれて買った苗、タカノツメとほぼ同等だと思われる。
どうなるかは育ってから。

P1140869_縮小
P1140870_縮小

後は残りの場所でイタリア唐辛子のストロンボリ及び子弾頭の定植。
上記の購入苗の大きさからするとどんだけ小さいんだよって感じ(大汗
まー今年はやらかしたからねぇ。今の段階でこれは仕方ないわ。
ここまでよく育ったといっといたほうが正しいと思うくらいですぜ。
遅れるだろうけど収穫はできると思いますよ。
なんせ7月に定植してた時もあるくらいですからねぇ。

P1140871_縮小

今年は2畝分、6品種で39株定植になりました。
唐辛子もだいぶお遊び栽培の感じが強くなってきてるんで、
様々なもん栽培して試していってますね。
最たるもんがロコト実験だろうけど、子弾頭だって闇ルート栽培ですしねぇ(笑
唐辛子は一般使いしにくくない面白い品種を作っていこうと思ってます。
今回選んだ3品種はどうだろうか1年実験だー
今年の唐辛子栽培始まりました。


2023-06-20(Tue)

オクラの補植とか防草シート張り

今日もガンガンに晴れて暑かった。
日差しがきつい中鍬ふるったんで今日もヘロヘロしてます(汗
ガンガン日差しで暑いなぁと思ったら明日夏至だもんね。
そうか―もう夏やね。


さて鍬ふるった話は置いときまして昨日に続いて防草シート張りをしてましたの。
本日はオクラをメインに。

P1140818_縮小

先日草刈ってようやくまともに見れる畑になったオクラ。
周りの草はひどかったけど畑の中にも草が目立ち始めてます。
さっさと防草シート張ってこれ以上草だらけにならないように・・・・

P1140834_縮小

今年は畝が少ないのですぐに終わりましたけど、
毎年張って早々に風ではがされて株に影響が出たりするため、
今年はピンの間隔を狭くしっかり止めた上にブロックおいて重しにしておきましたよ。
ある程度オクラ自体が大きくなるとそれ自体で防風になるんではがされることはなくなるんだけど、
そこまでの期間はすぐにひっぺがえされてしまうのが悩みの種なんすよねー
今年は飛ばされないといいんだけど。

P1140819_縮小

その上で補植のほうも着手。
やはりマルチの下で芽が出て焼けたりしたものが欠株になってしまってるんで、
そういった物を中心に補植できるものは補植しておきました。
といっても株がしっかりあるのは白ひすいのみ、なので白ひすいだけ補植完了。
じゃあ他のはというと・・・・・

P1140838_縮小

グエー
ポットに残った種まいたけど全然発芽しねぇ。
ダビデの星が3ポット5本、島の唄に関しては1ポット1本だよ。
数十本単位で必要にはなってないんでそこまでやばいことにはなってないんだけど、
やっぱり補植用に残った種まいてもなぜか出が悪いのよね。
白ひすいは今回に関して非常に珍しくほぼ全ポット出たんで補植ができた感じ。
長く水につけ過ぎて腐ったんだろうねぇ。

P1140835_縮小

補植苗がそもそもない島の恋、
これは毎年やってるけど引っこ抜き補植をする予定です。
4株のところをメインに引っこ抜いて補植していきますが、
天気が良すぎて枯れること請け合い、天候が崩れてくる木曜日にやろうと思ってます。
もちろん島の唄やダビデの星も同じく。
天気が良すぎるのも考えもんだで。


オクラのほうもひとまずあらかたの作業が終わりました。
補植が終われば後は1回目の防除するまではほったらかしですかな。
今年は発芽もそれなりによくそろったんでここまでは順調。
ガードベイトのおかげかネキリ被害も皆無ですしねー
ま、ここまでよくてもまだわからないのがオクラってのは栽培して身に染みてます(笑
今年は一発目の収穫からロケットスタートがうまく決まればいいねぇ。


2023-06-19(Mon)

短形自然薯は元気ですよ。

今日は主立って防草シート張りをした。
さっさとやってればよかったんだけどあれやらこれやらで今年は遅くなってしまって、
張る前に多少除草作業もしつつシート張りしました。

P1140826_縮小

去年もやったけど短形自然薯も防草シート張ると楽だったんで今年も。
むかご採るのも楽だったしね。
ただ畝に直でシート張るんで、畝に生えてる大きくなった奴は除草しつつだったもんで、
想定よりも時間がかかってしまって今日中に他の防草シート張りを終わらせられなかった。

P1140830_縮小

まあ・・・長さが足りないのに何度も当たってしまったってのもあるんだけど(汗
ホントビミョーに長さ足りなくてイラつきますね。

P1140829_縮小

最後はしょうがなくて諦めた(笑
多分残ってるの全部やってもこんな感じ。
100mサイズのをしっかり25m4等分とかしてたらすべて間に合うような畑なんだけど、
余裕持ってカットした割に24mくらいずつになってるらしくて長い畝作った場合こうなるのよね。
特に今回アスパラ畝の関係で全体で多少畝の長さが伸びてるんで寸足らずになってんだと思う。

P1140827_縮小

まあそれはさておき短形自然薯は元気に育っていますよ。
捕まるものができてからぐいぐい伸びてきてすでに頂上。
一気に駆け上がっていきますね。
蔓の本数も増えてきているし地上部の生育は順調そのものですよ。

P1140828_縮小

ただやっぱり3畝目の芽が出てない芋を植えたところはさっぱり出てきませんね。
多少伸びてきているものもあるけどほとんど空畝になってしまってます。
待てば出てくるとは思うけど芽が出てるやつはすでに頂上まで伸びてるのにって思うと、
短形自然薯はちゃんと芽がついてるのじゃないとこれだけ生育に差が出てしまうってことよ。
分かっちゃいるけど厳しい現実だ。

防草シート張り終わったんであとは他の仕事終わり次第除草作業きちっとやって追肥、
そしてまたほったらかしという流れになりますかね。
3畝目は心配だけどそれ以外は順調なんでまあ今のところはよしですかね。
何事もなければ今年も芋はしっかりとれるでしょ。
頑張って育ってくれたまい―


おまけ。

P1140831_縮小

ここの支柱建てる際になってたやつの皮がそろそろとれそうだ。
水ぶくれになって痛いわけではなかったんで比較的ましでしたね。

P1140832_縮小

べろーーん
〇ンパンマン新しい皮よー
無事新しい皮に生まれ変わりました。
右手はもう少ししたら。
相変わらずすぐに皮がこうなるんで面倒ですわ(汗


2023-06-18(Sun)

やぐらネギの生育は面白いね。

今日は予想以上に雨が降ってしまった。
明日から畑仕事進められるか微妙なところ・・・・・
まあやれるところから進めるほかないわね。
まず今日はお休みで明日に備える。

P1140812_縮小

本日はやぐらネギ。
やぐらネギってのは分けつ型ネギで、うまくやりゃずっと収穫可能な葱。
その上でネギ坊主の代わりに珠芽(しゅが)というのが出てきて即ネギになるわけで。
春先にこの状態になったんだけど、現在その珠芽がだいぶでかくなってましたよ。

P1140811_縮小
P1140810_縮小

もうね、ネギの上にラッキョウがいるんですよ(笑
なんというかもっと細かいのかと思ったら球根レベルに肥大。
これだとほんとに簡単に増殖できちゃいそうだ。
ポロッととれてくるらしいけど現状だとまだ簡単にはとれない感じ。
これを植えとくと簡単に根が出て増えていくという寸法。
これがあるとネギ自体の収穫はいったん置いといてだけど、
もう少ししたら取り除いてネギの生育のほうに移りたいと思いますね。

P1140813_縮小

いやしかしね、1株2段ロケットになってるやつがあるのよ。
これって・・・・何段目まで伸びていくもんなの???
なんかやぐらネギの生育ってのはおかしなもんでござんすよ。


やぐらネギは後々同じ場所で増やしていきます。
今はシブールが大半植えられてるけど今度は大半やぐらネギ化ですよ。
ネギは苗作りが面倒なんでこういうのはホント優秀な葱だ。
うまいことやってネギに困らない生活したい(笑


2023-06-17(Sat)

草刈りとトマト

やはり日差しの中仕事するとだるい。
昨日大雨降った後の快晴なんで湿度もあったから余計ですかね。
暑い中やっと畑の草刈りができましたのよ。

P1140820_縮小

ここまで遅くなったのは初めてかな?
ヨモギとかすでにメータークラスとにかく刈るのが大変だった。
草刈りはなるべく早めにやらないといけないんだよねぇ。
2時間半ほどかかって何とか終わりました。

P1140821_縮小

刈り上げるといろいろと見えてくるもんで、
相も変わらず肥塚に生えたワサビダイコンが巨大。
なぜ畑だとだめなのかというレベルである。
ちなみに家の花壇もどきもこんな感じ。
栽培となるとへそ曲げるのがなんとも憎たらしい。

P1140822_縮小

後はオレガノの陣地がまた広がっていた。
栽培ハーブで現状最強なのがオレガノ。
一番最初に植えた面積の多分4倍くらいになった。
肥料もなしでガンガンに強く育つ不思議。
ミントの様に荒れ狂うわけではないので特に問題ないし、このまま茂らせておきますよ。
あまりに増えたらさすがに刈り取ればいいだけよ。
とまあ草刈り終わってようやく畑の大がかかりなところが終わった。
後は順次植えて防草シート張ってひと段落だな。
畑仕事も先が見えてきた感じ。


P1140531_縮小

んでその畑のほうの作物、今日はトマトの話題も。
今年も去年に続いてプチぷよ栽培。
10粒を2年で栽培なんで今年も5粒まきして苗作りしてました。
ナス科ではトマトが一番苗作りが楽ですね。

P1140719_縮小

なかなか外に出せずにぺろーんと長くなってしまってたけど、
ぼちぼち育ったところで定植でござい。

P1140730_縮小

去年同様に雨除けをして栽培予定、現在は屋根がまだついてません。
植えたのはいいんだけど実は・・・・・

P1140731_縮小

グエー畝が余っとる。
何をどう勘違いしたのか、畝計算でなぜか5株に対して5m畝を作ってた。
株間1mとか何考えてたんだろうねぇ。
そんなに必要ないんでだいぶ余ってしまったのでどうしたもんかという感じです。
脇芽育てて増殖したらいいだろうかと思ってますが、
今回一つだけ別のものを植えてみることに。

P1140816_縮小

食用ホオズキですよ。
トマティーヨではなく本当に食用ホオズキ、甘い黄色い奴ね。
ちょっと別口で苗買った時に一緒に買ってみたやつ。

P1140809_縮小

葉っぱの感じがロコトとそっくりだねぇ。
ロコトはトウガラシでありながらホオズキにも近い感じがします。
全くもっておかしな作物ですよ。

P1140817_縮小

食用ホオズキのおかげで若干畝が狭まった。
あと2株くらい何かあれば十分かな?
トマテイーヨはもう多分出てこないだろうから期待はできないんで、
やっぱりトマトの脇芽栽培かなー。

P1140814_縮小
P1140815_縮小

現在トマトは活着して葉色がだいぶ良くなってきた。
定植前から少々伸びたので今日テープナーで2か所目を止めてきました。
節間短めでよく締まって葉色良し、今のところ肥料の塩梅はかなり良さげですね。
後は早目に雨除け作って吊るし紐下げて誘引してやらないといかんですね。
伸びだすと一気にぐいぐい来るのがトマト、のんびりもしてらんねぇ(汗


明日は予想外に雨が降りそうだったので畝づくりもできそうないのでお休みかな。
疲れも出そうなんでじっくり休んで来週頭から一気に行こうかしら。
皆さんも梅雨時の疲れが来るかもしれませんで体調にはご留意してくだされ。
では本日は早めにお休みだ。


2023-06-16(Fri)

木に触るのが気に障る

なーにうまいこと言おうとしてんだこの野郎、
的なタイトルつけてみましたけどー
実際問題真面目にこの通りなんでね。
ちょっと見ていただければわかるでしょうよ。


P1140799_縮小

最近収穫しているキノコが変色しているのが多くて気になるんですよ。
椎茸は金気に触れると変色を起こすもんでして、
榾木を展開しているパイプに触れてたりするとこうして変色するもんです。
これはこれで仕方がないことではあるんだけど、
今回は榾木にキノコが触れて変色しているからたちが悪い。

P1140800_縮小

そもそもはキノコが榾木に触れたところでそこまでひどく変色が起きるもんでもない。
どうしてもひだを下にして育っていく手前、出てくる場所によっては木に触れてしまうわけで。
でも触れても多少の変色が起きることはあっても普通に出荷できる範囲でおさまることが多い。
今回はそうじゃないのが多くなってることが大問題。

P1140801_縮小
P1140803_縮小

流石にこれぐらい変色するとまともな出荷ができない。
スーパーだったり市場出荷も厳しい。
キノコ自体はよくても榾木に触れて育っただけで出荷できないとなるとね。

P1140805_縮小
P1140804_縮小

こういった変色はひだの変色も起こしているからねー
だからこそまともな出荷ができないってわけ。
一応キノコ自体完全にダメだというわけではないため、
かなり訳ありとして産直に安売りして捌いてたりはします。
流石にこれを売り物にならんーと廃棄する訳にもいきませんからね。
0円よりまし程度、売れるなら売りましょうの精神(笑

P1140807_縮小
P1140806_縮小

こういった全然問題ないようなやつでも・・・・・

P1140808_縮小

やっぱりって感じ。
古ホダのせいでしょうかね?
でも別の品種の古ホダはこれより問題が少なかったし、
品種によってというのもあるかもしれない。
とにかくこういうのが多すぎてまともなものが少なくなるのは痛い。

P1140797_縮小
P1140798_縮小

自分が出荷選別するようになってこんな感じで作業してますが、
産直行きにする奴が多くなりすぎるときがあって大変です。
選別厳しいからじゃね?というのもあるかもしれないけど、
現状の榾木に触って変色事象が発生している状況だと致し方なし。
安売りしている分には捌けているから何とか回せてはいますけどねー
なんともこの状況は気に入らない。
なまじキノコの質がいいだけに由々しき問題ですぜ。


2023-06-15(Thu)

今年も本伏せの時期だね

モヤモヤジメジメ梅雨時期だねぇ。
一度夏仕様になってしまうとちょっと動くととたんに汗が出てきてしまうんで面倒。
ちょっとお出かけして帰ってくるだけなのに汗かくから着替えないといけないとかね。
洗濯もの増えて申し訳ないわ(汗
そろそろシャツも新調しないといけないなぁ。


さて本日は椎茸です。
6月ですからね、もうそそろそろ本格的に植菌した原木を組んで本伏せする時期。
今年は私もうごかないといけないかと思ってますが、
なかなかそれ以外の仕事が多くなってしまってきつい。

P1140752_縮小

すでに覆っていたビニールは剥がされていますよ。
これを井桁に組んでいって散水管理していくわけですが、
まずこの量をすべてくみ上げてしまわないといけませんからね。
今年は9000本をハウス内に組むので場所がギリギリだったりします。

P1140753_縮小

最初の原木は結構な萌芽が見られましたね。
これが楢の木の特徴ってやつでしょうか。
伐ったら株元からまたこうして出てくるので勝手に更新されていきます。
というか原木のほうでもこうして伸びるんですよね。
これが枯れるくらいとかで水分量が判断できたりするわけで。

P1140754_縮小
P1140755_縮小

木口は真っ白、結構菌回りはいい感じのようです。
なんかキノコらしき物体がついてるのもありますね。
まあこうして真っ白だから最高というわけでもないようなのが菌回しの難しいところ。
しっかり内部まで菌が回せるかどうかですからね、
表面がびっしりだからうまくいったわけではないという事だ。
まだまだここからが勝負。

P1140756_縮小

今年もトリコデルマついてたしねー
ガッツリついててまいったわ。
周りがうまいこといってるようでもこうして害菌がついてしまうこともある、
それが菌を扱う難しさでしょうかねー目に見えないもんですから。
ま、これ以上広がらないよう椎茸菌の状態をよくするような管理をするしかないです。


本伏せは6月中には終わらせてしまいところではありますが、
自分が担当する分の仕事が増えたこともあってなかなか手を付けられないっす。
天気悪くて畑も遅れ気味だしねぇ。
畑のほうは来週で先ずひと段落付けたいところ、そこから勝負かねぇ。
まあハウスでの仕事なんで残業すりゃ何とかなるけどもー
体力勝負、気合入れて頑張るか――


2023-06-14(Wed)

ロコト苗は順調ですが。

今日も午後から大雨。
昨日よりもだいぶ強く降りましたね。
明日明後日も雨みたいでやっぱり梅雨って感じなんですかねぇ。
でも昨日今日とほぼスコール、これは…夏仕様じゃねぇか(汗
しばらく畑はお休みですな。


さて今年はロコト実験の苗が無事に作り出すことに成功していました。
ただ種まきの時期とかいろいろあって苗の生育自体はだいぶ遅れていました。

P1140714_縮小

なかなか外に出せない状態が続いていましたし、
そもそも直射が強いと生育不良になるという頭でいるのでじりじり待つだけの日々。

P1140716_縮小

ちなみにイタリア唐辛子などやらかした唐辛子もじりじり待つ日々。
こっちは7月まで植えられないかもしれないとか焦る焦る。
で、霜の心配もないしかなり暑くもなってきた最近になってようやく外に出して様子見。
これでどうなるかと思いきや・・・・

P1140748_縮小

でっかくなりましたー

思ったよりも外に出してからグダることなく生育してくれましたね。
1年当地で育ったことによる順化でも起きてるんでしょうか。
まあこれでよーしとばかりに畑に植えてダメだったでは元も子もないんで、
毎度おなじみの鉢植え化して生育させていきますよー
生育次第で置き場所も変えていくことになるかな。

P1140749_縮小

イタリア唐辛子とかもそれなりに育ってきていますが、
やはりこの時期としては苗がかなり小さいっすね。
それでも何とか今月中には定植に踏み切りたいところではありますが・・・・・
ちょいちょい液肥やって生育を促してみようかしら。
ま、苗焼いたやらかしがだいぶ尾を引いてるってやつなんで、
こればっかりは私の責任だからどうしようもないわな(汗

P1140751_縮小

苗は順調ですが残念ながら大株はダメでした。
霜の威力はさすがにすごかった。
しかし次世代の種をつなぐ大きな役目を果たしてくれたんでよし。
後は生育中の苗どもに任せてくれ――
その苗も自家和合性の獲得なってるかな?
ロコト世代交代、今年のロコトは注目だでー


2023-06-13(Tue)

花の咲いたヤーコン、特に問題ないかも

今日は昼過ぎにスコールが来た。
一時的にレーダーが真っ赤になる雨雲が通過、これで気温下がるかと思いきやその後晴れて蒸れて暑い(汗
体はだいぶ夏仕様に変化、汗が良く出るようになってきたんだけど、
やはり日差しがきつくてそっちのほうにやられてしまっている感じです。
梅雨入りした割になかなかにキッツイです。

P1140783_縮小

さて本日はヤーコンのネタ。
今年なぜか苗の段階で開花してしまったヤーコンのアンデスの乙女。
定植時には開花してない奴を選んで植えたんですが、
実のところ定植後に開花した株がちらほらあったんですよね。
ここ最近やっと活着してグイッと大きくなってきた感があったので見回りをしてみた。

P1140780_縮小

苗がでかかったこともあって定植後の日照りで水切れが多少起きているため、
少々下葉に枯れがあったんだけどもう問題なく新しい葉っぱでがっしり。
しかしこれ、よく見ると・・・・・

P1140781_縮小

開花苗です。
しかし開花した後この花は全然栄養を食ってる感じなくひょろいまま色が悪くなっていってますね。
もっと苗に多大な影響が出てしまうかと危惧したもんですが、
案外苗段階で開花しようとも問題にはならないのかもしれませんね。

P1140782_縮小

全然生育状況が違う。
これから伸びる成長点のでかさに比べりゃ屁でもなかった。
他の開花苗も似たようなもんなのでこれから先特に問題なく育つと思います。
いやー一安心。


ホント今年はいきなりイレギュラーが起きてびっくりでしたけどねー
定植して見りゃそんなに問題にならない感じで助かったよ。
問題ないとわかった以上後は秋までほったらかし、
楽チンヤーコン、収穫が楽しみだ。


2023-06-12(Mon)

大和ルージュの1作目の定植

今年は札幌八行トウモロコシに変わって大和ルージュという赤いスイートコーンを栽培。
非常にに珍しい奴なんでどうなるだろうかってのが一番。
種まいて苗作りしたのはいいけど今年はトウモロコシ全般苗作りがうまくいってない。

P1140769_縮小

それでもまあどうにかこんな感じで。
立ち枯れのような症状が出て枯れてしまう苗が多少。
大和ルージュはまだいいほうでゴールドラッシュはかなり枯れてしまって売り物にならない(泣
外だしが遅れて陽にあまり当てられなかったってのもあるかもしれないけど、
トウモロコシがここまでひどいのは初めてのことだ。
種が古いとかそういうのはまるで関係なし、ちょっと異常事態。

P1140770_縮小

ちなみにこちら、赤いスイートコーンってことで葉脈も赤い。
赤い何とかっていうと葉や茎にもその感じが現れてくるのはヤーコンですでに経験済みだ。

P1140771_縮小

しかし驚いたのは根っこまで赤いってこと。
根っこは基本白いってか無色っぽいもんで酸化鉄のせいで茶色に見えることもあるけど、
これに関しては完全に赤を発色してんで驚きですね。
あらゆるところに赤い色素があるってことだわね。

P1140772_縮小

今日植えたのはまともに育ってそうな84本分、
128セルで7割もないとかやばい数字ですわ。
まだ小さいのがあるんでもう数本増えるかもしれないけど予想以上に少なくてまいったな・・・・


定植後にオクラと同じくガードベイトまいて定植は終わりました。
1発目はいまいちですが2発目はもう少しよさげなのでそちらに期待しようかね。
まずは畝作らないといけないけどー
今年のトウモロコシの出来やいかに。
赤くて甘くてうまかったら最高だねぇ。


2023-06-11(Sun)

今年の新顔

本日もモヤ―ッとした暑さでしたね。
雨が少々落ちてきた程度でしたが本日梅雨入り発表。
さて今年の梅雨はどんな具合かねぇ。
さしあたっての天候は大崩れはしなさそうな感じですが・・・・・


P1140693_縮小

さてさーて今年も苗物の新顔がいろいろとやってきております。
完全ニューフェイスもあるし以前購入したものの再購入もある。
相も変わらずいろんなもの買うのが好きだねぇ。

P1140743_縮小

今年はアジサイを色々育ててみようかなーと思って探してはいたんだけど、
品種はいろいろあるけれどやっぱりそれなりの値段になってしまうわけで。
あれこれ悩んでたら時期過ぎて苗がなくなったんで路線変更、
今年はキキョウを数品種育ててみることにしましたよ。
家の花壇もどきに植えるためにかごに入れてます。
桔梗はアポイキキョウと絞り咲きのキキョウの2種類を植えたんだけど今年行方不明になってます。
今回は八重系のを中心に購入しましたー

P1140744_縮小

そして今回の大物はこちら。
見る人が見ればはヤベー奴買ってんなーと思うかもしれない代物。

P1140745_縮小

こっちのでかい奴はプロテアですね。
見切りで約5000円オフだったもんで。
そもそもの値段いくらだよって話(汗

P1140746_縮小

こちらはリューコスペルマム。
これも見切りで半額程度でしたんで。
これを知ったきっかけが産直に持って来ていた花屋さん。
ピンクッションという名前というのを聞き違えてピンク何タラ
探してもピンクの付く彼岸花みたいな奴なんてのは・・・・で良く調べたらこれだったという話。
苗がバカ高いという話をしてたんだけどそもそも苗として売ってないじゃん。
だから高いんだよねーとその時は手を出さなかかったんだけど、
今回安売りしてたんでつい(笑
鉢植えなら越冬も可能だと思うのでとりあえずやってみますよ。


畑が縮小した手前簡単に見てまわれる鉢植えとか
ほったらかしの地植えできるものを最近は注目してあれこれ買ってしまってますね。
だからメインは宿根草、調べるとおもろいもんはいろいろあるもんだ。
これらを植える場所もそのうちに準備しておかないといけないね。
畑はもう少し忙しいのでひと段落つくまでちょっとこのまま置いときますー


2023-06-10(Sat)

オクラが発芽したのでベイト剤をまく

今日は暑かったねぇ。
最近風呂入ると気付くだいぶ腕焼けたなぁ、という事。
まだ6月だけどなんやかんや日焼けが始まっとります。
そのせいかな、なんか夜うとうとして気付けば2時とかなってる(汗
太陽に焼かれると疲れますなぁ。


さて本日オクラの様子を見に行ったところ発芽を確認。
という事で今年予定していたベイト剤の散布をしてきた。

P1140759_縮小

ちょうどいいタイミングで確認できたかな。
それなりに発芽がそろっていたんで散布タイミングとしては上々。

P1140761_縮小
P1140762_縮小

おまけにこういうマルチ下にかかってしまってるやつの救出もできた。
これ明日だったら多分皆焼けてましたね。
なんというかここまでタイミングよく見に行ったのは運がよかった。

P1140763_縮小

まあ…焼けてるもの結構あったけどね(汗
こればっかりはまき方の問題とかいろいろ、ちゃんとマルチに穴開けてまけばこうはならないだろうけど、
そこまでしっかりやりながら種まきしてたら時間ばかりかかるんでしょうがない。
そうならないように気を付けながらやってはいるけど起きてしまうからねぇ。
焼ける前にしっかり救出できていれば問題ないんで今回位いいタイミングでできれば。

P1140757_縮小

さて今回散布するベイト剤ってのはこちら。
簡単に言えば誘引殺虫剤って感じでしょうかね。
根切り虫に毎年伐採されてしまってその補植とかが非常に大変なので、
今回はそれを防ぐ手段としてベイト剤を散布することにしましたよ。

P1140758_縮小

こんな感じの薬剤で、一つまみほどを株元にパラパラするだけ。
これを根切り虫が食って死んじまうという寸法だ。
量あるとこれに頼ったほうが安上がりだからね。
果たして被害がどれだけ防げるかでしょう。

P1140765_縮小

今回出てきている奴を中心にパラパラしてきた。
大体発芽そろってましたが、島の唄と白ひすいのそろいが悪かったんで、
その2種類に関しては出てないところは確認後に散布という事で。

P1140766_縮小

同じ日にまいたのに差が出る不思議。
特に今年はいつもなら発芽の悪いダビデの星にすら負けている島の唄と白ひすい。

P1140760_縮小

ダビデのほうがほぼそろってるとか奇跡的だでー
今年の種はよかったらしいね。
まあ種の量が多かったししっかり発根しているものをまいたからだろうけど。
だけど市販品に負けてなかったというのはすごいことだわねぇ。

P1140764_縮小
P1140767_縮小

1か所だけ既にやられている箇所があった以外はまだ大丈夫。
今年は島の恋の補植がゼロなんで特に気を付けないといけない。
他3品種は一応補植ポット準備しているけど、
最近補植用にセルとかにまいてもまるで発芽しないとかあるんでちょっと心配はある。
まき直しの種はあるけどまき直しだとかなり時間差、
そうなると引っこ抜き補植・・・・最終手段は使いたくないけどねぇ。
とにかくガードベイトが効果を発揮して初期生育まで行ってくれることを祈るのみだ。
根切り虫、こっちくんな。


2023-06-09(Fri)

運搬車のパンク修理は大変

ノーパンクタイヤというものがあるけれど運搬車のタイヤはそうじゃない。
何かの拍子にパンクしたらしくずっと左に左に―
空気減ったからかなと思って入れても次の日には同じ症状だったんで、
こりゃあちゃんと直さないとだめだなーとパンク修理をしたんですよ。

P1140698_縮小

このタイヤの修理は初めて。
この運搬車の前輪の修理はしたことあるけど、そっちの時も結構めんどくさかったんすよね。
後輪もまず運搬車から外してホイールを外して・・・・というのがものすごく大変。
前回の前輪でもそうだったけどホイールが外れないのよ。
バールでなんとかかんとか外したけどこれうまくやる方法ってのがあるのかな??

P1140699_縮小

ちなみにこちら外したところね。
車のタイヤ交換と同じ要領なのでこれから外すのは簡単でした。
ただそのあとが問題でしたがね(汗

P1140701_縮小
P1140702_縮小

タイヤチューブはでかいドーナツだ。
パンク修理の要領は自転車の奴とかと同じなんで特にこの作業に関しては問題ない。
毎度やってるようにやすりで削ってゴムの理つけてパッチ張って完了だ。
よく見るとすぐ隣に修理跡があり、以前オヤジさんが修理した箇所だと思われる。
すぐ近くという事はこの周囲で何か異変があるってこと、
そんなわけで外側のタイヤの様子を見たらやっぱり以前から裂けてたか所だったので、
そこから砂利とかが入ったんだと思われる。
一応以前の修理後にカバーを入れてたんだけどそれがずれてたのかもしれない。
今回修理後に位置を調整し直して同じようなことが無いようにしときました。


修理後は今のところ問題なく動いています。
タイヤを装着する際にちょっとゆるいかな?と思ったけどそこは締め直したんで大丈夫。
空気も抜けてないんでひとまず今回の修理は成功です。
自転車のパンクはもう何度もやってるんで慣れたけどこういったでかめのタイヤは修理が大変だねぇ。
でかいタイヤというかホイールついてるタイヤかな。
まあこれも経験、やれるようになることはいいことだわ。
すげーめんどいけど(笑


2023-06-08(Thu)

アスパラ、今年は早めに支柱たて

今日はやけに暑かったっす。
久しぶりにキノコの仕事しながら汗が流れてきましたね。
昨日も暑かったけど今日は湿度が高めだったからかな。
明日は雨か。久しぶりのお湿りになるかな。


さて本日アスパラネタ。
アスパラは毎度作業が後手後手になっているんだけど、
今年はぼちぼちの収穫もあったりしてますし、後のことを考えて支柱たてを早速することに。

P1140663_縮小

といってもこれだ。
今年は特にスギナの繁茂がすごい。
通路なんかにひき屑引いてることもあって他の雑草は多少抑えられている感はあるんだけど、
地下茎のスギナは全く意に介すこともなくここぞとばかりに繁茂している感じ。
こいつどうにかしないと大変だなぁ・・・・・
春先につくしが出てくるタイミングがアスパラよりもだいぶ早いんで、
そのタイミングで除草剤使ったほうがいいのかもしれない。

P1140662_縮小

草むしりすると中からアスパラが出てくる。
まだ多少とれていますがほぼおしまいって感じかな。
それなりの太さのものが採れているので後は数増やすためのしっかり立茎だわ。
そんな管理しっかりできたら苦労しないんだけどさー(大汗

P1140742_縮小

アスパラにはアスパラの支柱みたいなのがあるんだけど、
去年ある程度太目のイボ竹を大量購入してたんでそれでやります。
まあ…コストの問題よね(笑
倒伏しないように紐張ってるけど横倒し問題もあるんでねぇ。
フラワーネット使えばいいんだろうけどそこまでしっかりやるのも。
つまりはものぐさってことよ。

P1140740_縮小

短いほうの畝も2つほど。
とにかくスギナを除去するのが大変で仕方ない。
前腕筋が死ぬ―――

P1140741_縮小

というわけでまだ作業は終わっとりません。
残りも暇を見てやることにします。

P1140738_縮小
P1140739_縮小

一方で今年植えたばかりの紫アスパラはマルチなので簡単に支柱建て完了。
こっちはまだ小さいながら細いのが立ち上がってるんで倒れ放題なんすよね。
活着して時間たてばモリモリ出てくるだろうからさっさとやっときます。
これは去年経験してるんでねー
倒れ放題の細い奴相手にするのは大変だったよ(汗


アスパラホントにちゃんとやってりゃすごい高さのやつがモリモリになるんだけど、
管理適当だから倒れ放題で残念な感じにしかなってない。
今年は早めにやって多少まともになるといいんだけど。
まあ年々状態は良くなってる感じがあるんで一歩ずつ進んでいきましょうかね。


2023-06-07(Wed)

ネギ類生育順調に。

今日はお休みのネタ。
ネギ類総動員している畝の様子です。

P1140666_縮小
P1140667_縮小

まずシブール・ルージュの周りに草がひどくなってきていまして。
これを引っこ抜いて生育を促進だー
活着してからぐんぐん生育している感じでだいぶ太くなりました。

P1140668_縮小

もやしっ子は太くなって根本が膨らんできましたね。
若干赤みも感じられるかもしれないけどまだまだ収穫は先かな。

P1140669_縮小
P1140670_縮小

きれいにするとわかる太くなったこと、葉の枚数が増えたこと。
霜焼けしたりして危篤になった後よくぞここまで来たなーという感じ。
収穫までもう少し待ちましょう。

P1140675_縮小

次いでジャンボニンニク、こちらはかなり太くなってきた。
やっぱり種がでかい奴が一番でかいのは間違いない。
でかくするためにはでかい種を使うこれ鉄則。

P1140676_縮小

茎は3㎝くらいになったかね。
前に育てた時はこんな風になることはなかったので期待が持てそうだぞー
さてどのくらいジャンボに育つことだろうか。

P1140673_縮小
P1140674_縮小

お次はネギニラ。
これももやしっ子だった時期からするとだいぶ葉が増えて長くなりましたね。
分けつも進み株が増殖してるし。
でも最初が最初だけに収穫できるまでかなり時間が必要だね。
とにかく今は株の充実優先で。

P1140671_縮小
P1140672_縮小

最後はやぐらネギ、やぐらが大変よ。
これはネギ坊主じゃないのよね、この部分がすでにネギだ。
これが面白いやぐらネギ、どんどん増殖しろ―

P1140737_縮小

ちなみにこれが本日のやぐらネギ、やぐら成長中です。
よく見ると1個1個球根みたいに分かれていて生育していました。
これ、分割して植えればいいのかね?
やぐらネギの生態がいまいちよくわかってないっす。
勝手に落ちる?まあちょいと調べてみるか。


ここのネギ類で一番最初に収穫が来そうなのはシブールでしょうかね。
もしかしてジャンボニンニク?意外と全部どっこいどっこいで生育している感じです。
今のところは追肥追肥が機能して順調に来ている感じ、
あとこのままほっといて収穫までいけるかな?
適当にやっとりますが今年のネギ類は意外とよさげ。


2023-06-06(Tue)

ネット張り、あと熊

今日もタイムリーネタ。
今日はガンガンの晴れの中短形自然薯のネット張りをしました。
今年は3畝なので簡単簡単―といきたいところ。

P1140721_縮小

といっても一気に作業が終わるわけもなく。
なんせ場所が去年と違うわけで、こっちは作土層が浅く底が礫。
支柱建てるためにすべての箇所で金でこで穴をあけてやったのでヘロヘロよ。
これ去年の量だったら1日がかりの大仕事だったろうね。
多分次の日死んでると思うわ(汗

P1140733_縮小
P1140734_縮小

今日は午前中に上下の紐を張って午後からネット張り。
毎年やってることだけど1発目は毎度手間取る(汗
2つ目3つ目は簡単にできたんだけど何やってんだろうねぇ(苦笑

P1140735_縮小

張るに当たって大変だったのがやっぱり放置期間が長くて伸びすぎてたってこと。
地を這うやつは案の定先端切ってしまった物も出てしまい・・・・
やっぱり伸び始めくらいの段階でやらないといけないっすね。
この伸びて遊んでるやつらが無事ネットを捕まえて伸びてくれるといいんだけど。
ダメなら全部誘引だー
全く手がかかっちまうぜっ。
そんなわけで短形自然薯は一応の作業全部おしまい、あと防草シート張るくらいで収穫待ちになります。


さてここからはおまけ。
今年も熊出てます。

P1140705_縮小

ネット張りの前別の畝作るときに気付いたんだけど熊畑を横断してました。
毎年1回は現れてたけどオクラやって防草シート張ったりするんで足跡がつかなかったのよね。

P1140706_縮小

デカさからいって完全に熊。
15cmくらいの跡でしょうか。

P1140707_縮小

熊って意外と器用に歩くもんで、畝は全然破壊されてません。
ホントに器用、マルチに穴さえあけてませんからね

P1140708_縮小

ただ短形自然薯の畝をよけた時についた足跡がバリバリの熊だった。
アハハ、マジもんだでー

P1140709_縮小

足跡の行く先には小屋がある・・・・
熊、近くにいるもんで。
とはいえあまりにも普通にいるもんで目撃情報とかが大っぴらにならない不思議(笑
そんな田舎に住んでおりますよ。
夜だけはさすがに気を付けたいね。


2023-06-05(Mon)

1/2オクラ、種まき。

今日はタイムリーネタ。
お休みのごたごたで播種が遅れてしまっていたオクラの種まきが完了しました。
明日までかかるかなーと思ったけどうまいことやって今日中に終わらせた。

P1140710_縮小

種まきの準備は先週末から。
種を浸水して芽出ししてから播種してるんで、種まき2日くらい前に浸水開始です。
今年ダビデの星の種を莢から出してなかったのでそこから作業スタートですよ。
今回まく分は去年の半分、1/2なので毎年1dlを2袋くらいまいてることからダビデの星も1dl計測。

P1140712_縮小

他の3品種は1dl入り袋なので1袋ぶちまけて浸水。
この時曇り・雨続きなので気温上がらず芽出しに時間がかかることを懸念してましたが、

P1140722_縮小

特に問題なく芽出し完了。
というか心配して長めにおいといたら島の恋が伸びすぎた(汗
島の恋は他の品種から比べると芽出しが早いんだったね。
毎年一番最初にまくのは島の恋ですし。

P1140723_縮小

同じ時の島の唄はこんな感じ。
まきごろだけどもう少しおいといてもいいかな、くらい。
それに比べると島の恋は伸びすぎなんで急いだ。

P1140724_縮小

という事で島の恋2畝分を先にまき終わり。
これが昨日の夕方で、たった2畝だけどやたら時間がかかったことで今日で終わらないと予想してたわけで。
ただとある方法を思いついたことで一気に時短したんだよね。

P1140725_縮小

という事で今日の午前中1時間半ちょいかかって島の唄・白ひすいの播種完了。
並びに関しては左から白ひすい2畝、島の唄2畝です。
4品種ありますが肥料多くて大丈夫そうなのとそうでもない奴と半々、
なのでこの並びごとに施肥量変えてるんですよー
まーめんどくさいことやってますがこれも今までの経験の積み重ね、
良いものを多くとるための努力ってやつよー

P1140726_縮小

さて最後はダビデの星、これは自家採種ってこともあるんですが一番芽出しに時間がかかります。
今年のものは例年になく芽が出たと思いますが、
毎度発芽率3割くらいであるという悲惨な状況を考えて先に手を打ち、

P1140727_縮小

追加で浸水しておいたんですが・・・・・
実はこれ丸々余計なことになってしまいました(笑
まーそんなこともあるさ。
種は今回使った分の多分3倍くらいあるから大丈夫よ。

P1140724_縮小

ダビデの星が畑の右端に少量まいておしまい。
流石に最後になると腰痛くて作業がたらたらしてしまったね。
まき終わったからいいんだけど。

P1140729_縮小

同じ1dlでも島の恋が一番多く入っていて4粒まきできましたが、
他の3品種は少なくて3粒まきで対応しました。
芽出しはうまくいってたので最低1株くらいは全箇所で育つと思いますが、
発芽後のネキリ被害を考えると・・・・ね。
一応今年はベイト剤を使ってみる予定ではありますが効果はどうかねぇ。
去年に比べりゃ仕事量も半分になる予定ではあるオクラですが、
今年の夏も大忙しになる予定が組み込まれましたね(笑


2023-06-04(Sun)

古ホダのキノコがおかしかった件

椎茸栽培では発生操作して発生させて収穫、休養舎でしばらくお休みというのを繰り返すわけで。
その回転の中で古い榾木新しい榾木、あの品種この品種と回していきます。
今回5月の下旬はA511の古ホダ(一昨年植菌)の発生だったんですけど、
どうもいつもと違う何やらおかしな症状がみられたんですよね。

P1140694_縮小
P1140695_縮小

傷んでいるわけではないんですが、ひだに斑点が出てくるもんで。
特に後半になったら顕著に発生、だいぶ出荷できないものが増えましたね。

P1140696_縮小

原因と思われたのはキノコバエでしたが、
キノコバエによるものとはまた別に整理障害的なものも混じってたかもしれません。
この写真の軸のボコボコ感はキノコバエによる食害、
最近は出てなかったんですがショウジョウバエ的なキノコバエによるもの。
蚊に似たナガマドキノコバエとかクロバネキノコバエとかとはまた違う症状ですね。
キノコを溶かして食べるような症状が出るのでボコボコします。
カサをやられると目立つ穴ぼこになるんで厄介です。
結構前に大発生して以来の目立った症状ですね。

P1140697_縮小

キノコバエであれば表面症状、ボコついても内部は問題なし、

P1140703_縮小

ただ今回の症状は内部にスが入るようなものもあり、
キノコバエだけではない何らかの症状が出ていると考えています。
ただしこれが一体何によるものなのかは不明、次の品種の発生ではまるで出てませんからね。
同じ水で浸水してても症状がないですし原因不明としか言いようがない。
何らかの異変があったとしか言いようがないので次の発生が心配ではあります。
まあ多分次の発生で廃ホダになるとは思いますがね。


とまあ時々こういった謎症状が出ることもあるキノコ栽培です。
謎症状に限ったことでなく、管理次第でキノコが大発生したり大きくなったり小さくなったり。
なかなかどうしてキノコも難しい作物ではありますよ。
作業自体は毎日同じことの繰り返しなんすけどねー
単純そうで単純じゃない、奥が深いもんです。


2023-06-03(Sat)

4年ぶりのサツマイモ

さて本日より通常営業。
とりあえず1週間の間に起きてた作業なんかをつらつら。

P1140664_縮小

まずはアスパラ横に畝づくり。
中途半端な長さですが株数の問題があったんでこんな感じに。

P1140691_縮小

苗が到着後に定植。
4年ぶりのサツマイモです。紅はるかオンリーで100株。
久しぶりにいつものところで注文したけど、値上がりしてたり送料が変わってたり時の流れを感じる。
ただ変わらないのがおまけの量ですな。
100注文で17おまけがついてきた。
ただ今回は100プラス数本のていで畝作ってる手前間に合わなくてですね、
しょうがないので35㎝ピッチで植えたところと30㎝ピッチで植えたところがでてしまったー
おまけが多いのも善し悪し(笑

P1140692_縮小

定植後の天気を計算して植えたんだけど、
定植した日にまさかのカンカン照りになってしまい(汗
相変わらず葉っぱが良くない感じになってしまって初期生育がどうかと心配です。
今回は白黒マルチ使ってやってるんでそれなりにうまく育ってくれるといいんだけどねぇ。
一応定植後の天気は雨が多めだったので例年よりは活着はスムーズにはいきそうですが。

サツマイモを久しぶりにやったのは畑に手をかける時間が少なくなるので、
手間がかからなくて済むものであるという事で。
完全に椎茸の出荷に関してまかされてしまったんでなかなか畑ばかりとはいかないっすからねー
時間を作るためにあれこれ手は考えてますがとにかく手がかかるものは今年は控えめに・・・・
久しぶりのサツマイモ、今年の出来はどうなるかねー



椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
05 | 2023/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村