fc2ブログ
2024-02-29(Thu)

既にレモンは動いてる。

今日は2月の最終日、4年に一度の29日。
4年に一度というとうるう年にオリンピックなんだよね。
ついこの間オリンピックやったと思ったら今年もオリンピックかー
時の流れが速すぎるぜ・・・・・
あ、そうそうこの4年に一度の2月29日、意外な事に後輩に誕生日の人がいたりします。
結構レアな誕生日、まだ10歳にもなってないな(笑
通常は3月1日計算だったかな?
4年に1度しか本来の誕生日祝えないってのも困りもんですな。
まあクリスマスが誕生日でお祝いまとめられるってのと似てる気もしなくもない(笑


ま、そんな話はどうでもいいかー
本日2月最終日は結構暖かくなりまして。
朝の出荷に行く際に燕が飛んでいるのを目撃してしまいましたよ。
2月に燕は早すぎるだろってくらい今年は異常な気象ですね。
そういう事もあってハウス越冬の柑橘はすでにお目覚め。

DSCF2811_縮小

いつもなら雪で真っ暗越冬になるんだけど今年はずっと明るめだったな。
まあ雪降ればやっぱり暗くはなってたけどね。

DSCF2813_縮小

明るさもあるせいでしょうか葉がそこまでひどく落ちなかった気がする。
丸坊主もなくはないっすからね。
葉が残るのは大事なことです。

DSCF2812_縮小

残ってる秋果レモンもだいぶ色づいてきたんで、
もう少ししたら収穫しようと思いますね。
遅いレモンは葉がなくなって生育不良になることが多いんだけど、
今シーズンは状態が良かったおかげでものになりそうですわ。

DSCF2814_縮小

そのレモン、動いてます。
これは璃の香ですが動いてます。
ってかわかりづらいな(大汗

DSCF2815_縮小

これで・・・・
うーんどうもこのカメラはマクロがうまくいかない。

DSCF2816_縮小

これがようやく何とかなった。
それでもどうしても手袋に行っちまってるよなぁ・・・・
年代モンのデジカメだからしゃーないといえばしゃーない。
新しい奴探しておかないといけないんだけどね。
ま、カメラどうこうは置いといて、しっかりレモンは越冬できて生育が始まりましたー
今年も生きて無事冬を越せたぜっ

去年はまさかのカボスが枯死でしたが今年は何も問題はなさそうです。
暖冬だと柑橘の越冬は通常よりも楽かもしれませんね。
3月入れば早速雪無くなりそうなんで、日光浴も早めにできるかな?
去年並みに生育維持しつつ果実数個収穫を目指したいですね。


スポンサーサイト



2024-02-28(Wed)

毎年恒例!大台突破記念

DSCF2824_縮小

今週も毎日原木が来ています。
原木の入りは順調すぎてもう半分以上きたんじゃなかろうか。

DSCF2825_縮小
DSCF2826_縮小

ただ最近の雪降ったりやんだりのせいでしょうかね、
地面がグズグズになってるのかやたらきたねぇ(笑
あんまり原木に土ついて欲しくないんだけどねぇ。
まあこの場合土というよりも泥なんすけどモ。
ヘタに雪が少ないとこういう事もあるからあるべき時にあるべきものがないってのは良し悪しだ。

DSCF2848_縮小

さて本題のほう、植菌作業はまずまず順調に進んでいます。
今日は騙し騙しながらも結構いい感じのペースで作業ができたんですよね。
現在4列目に入りまして・・・・

DSCF2846_縮小

恒例の大台突破記念。
これで9分の1が完了です。
あと8000、まだまだ先は長いですよ。

DSCF2847_縮小

1000超えた段階で・・・・
あっ、例の正の文字がある!!
という事で実際1000カウントではプラス5本、1005でした。
今年もやっぱり何度か作業途中で続行不可で停止しているものがありまして。
今日で6本くらい止まったかなぁ。
カウントされない本数はこうして毎度別途カウントで最終的に足し算です。
機械のカウンターは間違えないけどこっちは記録しないと間違うからね。
軽微な数なれど全体量がどうかってのはしっかり把握しておかないといけないからね。
なんせ原木は1本単位でしっかり請求きますからー

てなわけでひとまず大台突破です。
明日までに2000くらいと最初の段階では考えてたけど、
思ってた以上に機械のガタがひどくて進みが悪い状態です。
それでも昨日今日で1日300以上は達成できそうな感じになってきているので、
それがうまいことできていけば3月中に終わるのも夢ではないかな。
もう少しガツッとできて終わりが早まればなお良しだけどねー
1日1日が勝負だわ。

2024-02-27(Tue)

巷で話題の確定申告を終わらせる。

どもー
絶賛背中痛の椎たけ夫ですー
植菌期間の職業病ですね。
とにかく息苦しいくらい背中が張ります。
肩甲骨グイ―ってやると筋肉がミリッミリッってきしみますよ(汗
毎年のことですがまいっちまいますねぇ。
毎日按摩器に寝っ転がって何とか頑張ります。


DSCF2827_縮小

さて、本日税務署行ってきた。
といっても所得税申告自体はすでにe-taxで終わってるんですが、
今日は消費税のほうでわからないことがあったんで聞いてきました。
そうです、うちは個人事業主でインボイス発行業者なんで消費税の申告もあるんですよ。
これがまたでかくなりそうで・・・・マイッタ
おまけに消費税の申告は自分でやるのが初めてなんで勝手も分からず。
というわけで気になってること聞いてきただけ、後は自分の打ち込んでるデータを使ってまずやってみてどうか。
ただ平日は作業の関係できついんで日曜日にやろうと思ってます。
週明け2日ですがもうガタガタよ(笑

毎年確定申告の帳簿の打ち込みはなかなかに面倒ですが、
2回目である程度の型を作ってるんで今回の分は意外とスムーズにできましたね。
毎度打ち込むのもがめちゃくちゃあるんでとにかく量との勝負。
出荷明細からレシート、経費になるもん全部取っておかないとね。
こんな面倒なこと一般ピーポーですらやってんのに国会議員もちゃんとやれよな。
マジくそめんどい事こちとらやっとるんじゃー
あ、めんどいめんどいって言いますが、一応青申(青色申告)なんで複式簿記なんす。
通帳の金額から買掛金の残高やら全部きちっと合わせて完了なんで、
マジくそめんどいんです。

マジくそめんどいんです――

重要なんで2回言いました(笑
毎年ファイルがパンパンになるだけのもん仕事しながら打ち込んでんの。
議員さんなんでそれできないの。
1円単位でちゃんと金額出してよ。
学ないアテクシだってできんのよ。マッタクマッタク。

とはいえとりあえず急ぎの所得税申告おしまい、残りの消費税申告はぼちぼち。
グワーってなる前に少しずつやるべきですな。
今年の確定申告は荒れ模様のようですが、一応きちんとやっておきましょうねー


2024-02-26(Mon)

今年は夜勤短めに

本日より本格的に植菌作業が始まりましたよ。
しかし今年はちょっと事情が違います。
私がきのこの出荷作業の担当官ですからね、朝一から速攻作業開始とはいきません。
おまけに夕方収穫したものの選別もしないといけないので、
いつもであれば6時近くまで引っ張るんだけど今年は5時過ぎには停止です。

DSCF2822_縮小

夕方になって暗くなったら明かりをつけて作業。
所謂ナイターである(笑
今年は私がやるナイターはずいぶん短いっす。
今日は5時10分過ぎには終了しましたからねぇ。

DSCF2823_縮小

作業時間が例年よりも短いんでなかなか数がはかどってないですが、
今日で2列目のほとんどまで来た。
今年も1列300くらいで積んでるんであっという間に1列なっちゃうんだけどねー
今日中に500は越えたかったけどやっぱり機械の機嫌がいまいちなんで490で打ち止め。
ドリルの反動が強すぎて位置がずれるという今までない状態なので、
どう対処したもんかと思案しつつ動かしている状態です。
そこをできれば何も問題ない状態ではあるんで何とかしたいところではあるが・・・・
時間が限られているだけに早々に直ってほしいもんだけど。
いつもといろいろと勝手が違ってちょっと手間取ってますわー



2024-02-25(Sun)

海外品種のハオルチア

今日もハオルチアのお話。
今回は海外の品種を見つけたんでね。

DSCF2679_縮小

こちらukukhanya
全く読めないこの品種、メルカリで何度か購入してるところで発見、
親株が結構いい感じだったんで面白そうだなーと思ってたらヤフオクに出回りだしたんでね。
ちなみにこちらの名前、ズールー語で光という意味らしいです。
南アフリカの言葉なんでハオルチアの自生地ですね。

DSCF2680_縮小

子株なんで安かったですが、親株のようないいフォルムになるのはどのくらいかかるかな?
子株をいい感じに育てるのも面白味の一つか。

DSCF2772_縮小

もう一つはインジャブロ
こちらは読める品種でしたね。
上の品種とともにメルカリで発見、調べるとヤフオクで過去に出回ってたんでいつか出るか?
そう思ってたら意外と早くに出てきたんで落札です。

DSCF2774_縮小

こちらは2000円くらいで買えました。
メルカリだとその倍以上だったんで安く買えたなーという感じ。
こちらも親株の感じが非常に良かったんでこれからが楽しみ。


そもそもハオルチア自体が海外の植物なんで海外品種がーといってもなんか変な感じだけど、
日本での品種改良というか交配種の作成がすごいんで、
海外の交配種がーってのは実はこれが初めての入手でした。
交配種ってか原種の採種地違いってのでいろいろとあるので、
そっちのほうであれこれ買ってるってのはあるんですけどねー
個人で輸入なんてそんなことはさすがにしないけど、
海外から来た面白そうなのが見つかったらそれはそれで・・・・
まあしばらく日本で育種家の作り出してるスーパーなやつをチマチマ買い足しですな(笑


2024-02-24(Sat)

2024、植菌始まる。

いよいよ一大イベントの植菌が始まりましたよー
今年は例年になく早いスタートになりました。

DSCF2801_縮小

今日じゃなくもう2,3日前からやろうと思えばできなくはなかったと思うんですが、
なんやかんやとダラダラ別のことやってたりしたもんで本日よりスタート。
まあダラダラしつつ準備はあれこれ思い出してやってまして、
こちらは手直しの植菌代をオガ菌入れるケースを小屋の2階から降ろしてきたところ。
ケースはこれまでに何個も破壊してきましたが、
真ん中の青い蓋のケースは唯一初期から使ってるやつで残ってる奇跡のケースです(笑
積んでる木が落ちて粉々とか洗って干しといたら風で飛んで割れるとか様々でした。
少なくとも5個は壊したかな(汗

DSCF2819_縮小

色々と準備はしたけど運転も今日からなんで速度は速くない。
最初の1日目からドカーッとスタートするにはそこまでにしっかり運転が正常である状態まで準備しとかないとねー
こちらがまず正午までにできた分。
去年と違ってハウスに全部入れとかないことになったので、
最初から置く位置がハウスの端っこに近いところになってます。

DSCF2820_縮小

昼休みで停止中の機械。
この時に右のロウの不具合調整中、やはり初っ端から完璧に動作はしてくれません。
年季が入ってきてるからあちこちガタガタなんで、
いかに騙し騙し動かせるか、そこの打ち合わせしてる感じです(笑

DSCF2821_縮小

最終的に今日は150本ちょいで終了です。
調子は良くないけど頑張ったほうかな。
今年はエアの量の問題は大丈夫なんですが、量があっても動作が鈍くて・・・・
左のドリルの穴あけ位置がずれるのが一番きつい問題ですね。
最初からしくってるからオガ菌も穴に入らないわけで、
そこのところは全部やり直しになりますからね。
今日は延々打ちミスの修正作業で大変だったわ。
これ、ずっとこのままだとヤベーけど改善できるかねぇ。


そんなわけでこれより1か月ちょいの一大イベント開幕。
原木の入荷が順調なこと、開始が早めだという事、9000本であるということ、
それら踏まえて去年同様に緩めの作業で行けるかもしれないですが、
なんにせよ機械の調子次第でしょうかねぇ。
まず2月中に2000に限りなく近くなれば最高かねぇ。
ガンガンやるのは月曜から、ついに決戦の時来る!!



2024-02-23(Fri)

ヤーコンのスカスカ現象が気になる季節

今日も寒い寒い。
雪は全然だけど気温だけはまだまだ冬だわね。
しばらくこの寒さは続きそう、今週頭のあの暑さから急に冬へ逆戻り―
まあこのくらいの気温が通常だろうから逆戻りも何もね。
異常高温過ぎただけの話ですわ。

DSCF2817_縮小

そうやって異常な高温とかが気になるのがヤーコン、
まだまだ腐ることなく状態はいいんですが、暖かくなると気になってくるのがス入り。
比較的長持ちするヤーコンであっても暖かくなってくるとどうしてもスが入る。
やっぱり大根とかと同じく水分が多めの野菜だからでしょうかねぇ。

DSCF2818_縮小

ヤーコンの場合は大根とかのス入りとは異なって、
水分抜けで縮んでしまう事でスカスカになる現象が起きるようで。
これがまた厄介なのが洗って乾かして数日置くだけでも最近では発生してしまうのよ。
それだけ中身の水分量が少なくなってきているってことかね。
これだけ大きな空洞になってくるんで洗う際にバケツに沈めると何となくダメかどうかはわかります。
後はこれが進みやすくなる高温になる前に捌けるかどうかでしょうか。

今回のヤーコンは出来がいまいちってこともあってなかなかはけが悪くて、
おかげでダラダラと出荷が長引いてしまってます。
全部出荷するのは厳しい感じがしますがスカスカになる前にいくらでも捌きたいねぇ。
もっといい状態で長期保存できるような手法も何かあればいいんだけど。
やっぱどっかに穴掘って埋めるのがいいかねぇ。
雪が降ると収穫できなくなるけど(大汗
ヤーコンはなるべく2月中位までで捌けるだけの量を栽培するほうがいいな。



2024-02-22(Thu)

久しぶりのポット苗への散水

昨日の夕方からの雪は日付が変わるころにはおさまっていたので、
朝までに積もり積もってという状態にはなってなかった。
まあそれでも20㎝弱くらいは降ってたんですがねー
日中は穏やかで気温は上がらずとも道路は乾いた。
やはりもう雪が積もり積もって真っ白銀世界ということはなさそうである。
今シーズンは奇跡の屋根の雪下ろしゼロってことだなぁ。


DSCF2802_縮小

本日はですね、久しぶりに無加温で毎年越冬させている場所のポット苗に散水してきました。
毎年何か下の苗を越冬させている状態、
今シーズンは去年動かせなかったミズがそのままあるので、
主だってこれに散水し、ちょこっとある他の物にも散水しておいた。

DSCF2810_縮小

ミズも生きてんだか死んでんだか分らん状態、
去年育ったものがまだ残ってるやつは多分生きているんだろうと判断できるけど、
他は乾いて死んでるかもしれないし全然問題なく生きているかもしれない。
なんとも言えない中で散水しておいたわけで。

DSCF2803_縮小

地上部があることで生きていることを判断できるものというとアシタバ、
こいつは無加温でも青々と越冬、強さは尋常ではないですな。

DSCF2808_縮小

もう一つないもので言うとオオナルコユリの小さい苗。
これも生きてんのかどうなのかわからんですよ。
小さい苗なので地下に塊根があるかどうかも判断できない次第。
春になって芽吹けばオーライ、ダメなら大金をどぶに捨ててる仕様(大汗
前のやつもそうだったけど小さい苗を育てるのがしこたま難しいと思う・・・・・
あ、そういや生き死にがわからんのはどっちも山菜やね。
山菜苗は育てるのが難しいとここ数年で嫌というほど味わったなぁ

DSCF2804_縮小

なんだか適当なところにあるやつらもいますがこちらも散水。
こちらの正体は何か??

DSCF2805_縮小

もやしっ子ですがシブール。
シブール・ルージュではなくシブール。
わけわからんこと言ってますが、分葱タイプかニラ・チャイブタイプかの違いですね。
こちらはニラ・チャイブタイプのいわゆるハーブのほうのシブール、
ポットのまま植えることもせず肥料管理もせず何年このままだよ(大汗
いい加減植えてやらんといかんですなぁ。
それにしても数年このままでも枯れてはまた伸びる最強格。

DSCF2806_縮小
DSCF2807_縮小

そういうのでいうとやぐらネギもそのタイプだね。
こちらは去年できたやぐら、つまりはむかごを植えて作ってる苗ですね。
雪降るころに枯れて今週の高温で動きが活発化してきた感。
ネギとしては異質のむかご増殖が可能、分けつもするし1株あれば大助かりなやぐらネギ、
どんどん増やして周年ネギ使える状態にできないかなー

DSCF2809_縮小

ラストで芝桜、芝桜が状態次第で常緑って驚きの事実。
露地のって冬場枯れるからね。
びっくり仰天の仕様でしたわ。
というか・・・・買ったんだったら植えろよって話だわね(大汗


とまあ無加温越冬苗は今シーズンもひとまずなんとかなってそう。
水とかオオナルコユリみたいにまだ何とも言えないような苗はたくさんだけど、
動いてるやつらがいるくらいだから無事越冬できたとみていいかと。
まあ今から動いて光が足りなくて徒長し放題ってのも問題あるんで、
もう少し暖かく明るくなるまで待ってほしいもんではあるねー
散水したことでさらにスイッチ入ってさっさと動いたりしてね(大汗


2024-02-21(Wed)

総菜薄皮パンがうめぇ件

久しぶりに雪が降ってきてます。
夕方から降り出した雪があっという間に積もってきた感。
朝までに20㎝は覚悟しないといけないかも・・・・
振り出しから積もる速度が結構あるからねぇ。
除雪の人たちは仕事が来て喜ぶだろうな(笑


DSCF2784_縮小

今日は先日食べてよかったハンバーグパン、
その流れでまた見つけてしまった総菜パンを買って来て食ったわけで。
薄皮ナポリタンパン。
説明がいいよね、ナポリタンを包みました。

まんまじゃねぇか(笑

麵とパンというと焼きそばパンが最強ですがナポリタンのほうはどうかね?

DSCF2785_縮小

割るとマジでナポリタンですね。
ソースの量が多めなのはパンとのバランスでしょうかね。
味わいはしっかりした濃い味のナポリタン、結構うまいですよこれ。
パンなんだけどしっかりとナポリタン食ってる感、ハンバーグに続きこれはあたりだ。

DSCF2791_縮小

更にもう一個ポテトサラダパン。
こちらもポテトサラダを包みましたの文言。
もう少しなんかないのか(笑

DSCF2792_縮小

しっかりポテサラ。
ポテトサラダってのは一口に言ってもいろいろあるもんで、
自分の家で食うポテサラとはまた違うポテサラ。
しかしやはり薄皮パンと合わせるためにしっかりとした味がついてます。
ポテサラなんだけどいろんな味を感じますねこれ。
ナポリタンよりうまいかもしれないと個人的には思った次第。
まーなんやかんやいってハンバーグから3連ちゃんで総菜パン総当たりだと思った。
甘い系の味が飽和しちまったんで今度はこっち路線で行くのかな?
総菜系は色々出せそうなんで出るなら楽しみかもしれない。

DSCF2800_縮小

とはいえ薄皮パンガツガツ食うっていうわけでもなし、
春のパン祭りの間だったらたくさん出てもいいんだけどさ(笑
去年まで1点だったのが今年は1,5点だしたくさん出るなら稼ぎ時―
ヤマザキさん、うまいの出すなら早めにお願いしまーす

2024-02-20(Tue)

2月に大根掘りに行ってみる。

ガンガン冷えこんできています。
最高気温が朝5時前、そこから気温は下がるだけー
明日は久しぶりにかなり寒そうだ。

DSCF2794_縮小

そんなわけでまた寒くなって雪が積もるならばと、
だいぶ雪融け進んだ畑の様子を見に行ってきました。
といっても意外と雪が深くゆるい雪ってこともあって埋まる埋まる。
何度も長靴に雪が入るなかやっと大根のところへやってきた。

DSCF2795_縮小

斜面の雪はかなりないんだけどねー
畑はまだそれなりの量あります。

DSCF2796_縮小

畝の形に盛り上がってるので大体の場所はわかる。
ここが大根畝だなーと掘ったらまだ40㎝くらいの雪があった。
意外にあったんで掘るものも持って来てなくてザラメ雪で手がいてぇのなんの(汗

DSCF2797_縮小

やっとこさ引き上げ。
意外にグズグズに腐って来てなくてきれいな状態で残ってました。
雪解け後になるとほとんどとろけてる感じになってるもんだけど、まだまだ現役でしたわ。
意外と雪の下でも生育が進むってのもあって、
キャベツがまだ巻ききらない状態のものを放置して雪の下から掘り出すとそこそこ物になってたりします。
大根も収穫諦めた状態からすると少しでかくなった感じがあります。

DSCF2798_縮小

紅芯大根ですからねそんなに大きくならないんでこれでもいいサイズ。
諦めた時はもっと小ぶりだったんで十分だ。

DSCF2799_縮小

ただしひっくり返すと割れが発生していますね。
大根って寒いときに収穫すると触っただけで爆発することがあるんだけど、
雪の下で生育してバリッといったのかもしれない。
まあその前からバリッとしてたかもしれないけどね。
こうなってるんで中身がどうかですが・・・・・
後ほど漬けるときにでも記事にしてみますかね。


かなり久しぶりに畑に行って掘ってみたけど意外ときれいな状態だったのは驚き。
もう少し雪融けたら残ってるもの収穫できないこともないかな??
チコリなんかの葉物はダメだろうけど根菜はもしかすると・・・・
種まき遅くてダメだったもんがものすごい時間かけて収穫まで持ってこれたらすげぇな。
これから先のたぶん最後の寒波超えたら3月あたりに収穫にまた行ってみるかなー


2024-02-19(Mon)

収量増えたキノコ、在庫増えた原木

今日は横手市の最高気温が19.9℃だったらしい。
2月にほぼ20℃とかどういう事でしょうかね。
全くもって意味不明な気温上昇で下がこれも今日まで、
明日は一桁気温らしいのでまーた気温の乱高下で体調崩しやすくなりそうだ。
マジで体が追い付かないっすよね。

DSCF2788_縮小

気温が異常に高くなるんでキノコのほうも突然進み塩梅が早くなりまして。
昨日今日は一気に収量が増えて久しぶりにドカッと採れました。
ほとんどダブル浸水のところに入ったんだけど、
やっとこさ収量安定してくるのかなーという感じ。
まあ暑くなったり寒くなったりで生育速度に結構な影響は出そうではあるけど。

DSCF2789_縮小

収量増えてきてでかいのも増えてきた。
ダブル浸水でもでかいのが一定数量採れるのはいいこと。
力が落ちてくるとでかいのって少なくなってきますからね。

DSCF2790_縮小

ちょっと形状に不安定さがあるけど物としてはなかなか。
ダブル浸水のところの発生に移行しても一応は安定しそうかな。
キノコの発生のほうは何とかなってそうです。

DSCF2775_縮小

一方でこちら、植菌のほうも間もなく開始。
原木は毎日なだけ入荷してたんで在庫がたくさん増えた。

DSCF2776_縮小

いっぱいなので隙間開けて積むと置ききれないという事で、
最新の井桁組はがっつり大量にガチガチに組んでますね。

DSCF2777_縮小

それがこれだけ大量に。
多分4000本くらいはすでに来たと思います。
後は種が届いて機械の調整終われば植菌開始ですね。
今週中にはスタートになるかと思います。
今年は私の仕事が変化して初めての植菌、
どういったペースで進めていくことになるのかちょっと不安はありますね。


2月も気づけば終盤戦ですし、いよいよもってあちこち忙しくなってきます。
今年も3月中くらいには植菌終われるくらいだと後が楽。
原木はこのペースなら問題なさそうですが、
一方でキノコが増えると植菌作業どうすんだ―ってなりそう(汗
この時期の作業はいろんな面で骨が折れる(大汗



2024-02-18(Sun)

越冬中2回目の水やり

今日もいい天気。
放射冷却はきつかったけど最高気温が16度にもなったらしい。
といっても当地はそこまで気温上がってないと思うけどね。
雪のない横手市内と雪がたくさん残ってる当地じゃ全然よ。

DSCF2786_縮小

夕方5時過ぎてようとも明るい明るい。
今年はハウス周り除雪もほとんど必要なくて大助かりだな。
ただでさえぐにゃってるからねぇ。
雪の攻撃がないことに越したことはない。

DSCF2787_縮小

ま、屋根から落ちた雪ってのはまだまだあるけどね。
これがあるから気温もそんなに上がらないし。
しかし明日も予想気温18度、かなり雪融けるだろうねぇ。


DSCF2778_縮小

さて気温も上がってるってこともあるので本日ハオルチアに2回目の水やり。
今回は10ミリでやることにしました。
前回分はちょっと少なすぎるきらいがアリアリでしたからね(汗
1回目と配置がビミョーに変わってるのはぼちぼち増えてるせいです(笑

DSCF2779_縮小

水やりしていくとやっぱガリガリなものがいるよねぇ。
ジプシームーンは小苗ってこともあってやせ細ってしまって(汗
これ回復するのどれぐらいかかるかねぇ。

DSCF2783_縮小

やせ細ったのは前回の水やりでも確認したんで今回はまた別の点。
今回気付いたのは色の変化ですね。
タイガーピグ錦の緑色の部分が色抜けしてグレーみたいな色合いになってた。

DSCF2780_縮小

その変化はこのダビディ交配種でも同じようなのを確認。
ハオルチアは紅葉するってのは知ってたけどこういった変化が起きるとはね。
こういった色合いもなんか面白いです。

DSCF2362_縮小

以前のものと比較すると緑がグレーになってるのがわかるよね。
あんまり紅葉する個体がなかったんだけど、
ここにきて紅葉ではなかったけど色変化は起きたっぽい。

DSCF2781_縮小

赤というとこのOMオブツーサがちょっと怪しげな赤を出してきた。
水やりしてたら中央部に赤が発現してるのを発見。。

DSCF2782_縮小

ただ紅葉の赤でないことは隣の葉っぱに滲んだ線が浮いて出てきていることでわかる。
なんか調子おかしくなった?
水やりしても今の時期は株に直だとよくないってことで全くかからないようにやったんだけど…
ここまでやってきておかしくなっちまったら残念だでー
腐らないでいてくれるといいんだけど。

越冬もだいぶ期間が過ぎていろいろと変化が見えるようになってきました。
いやしかしここまで変化なかったというのが良くわからんのですがね(汗
痩せるというのはまあわかるけどこんな時期になってやっと色の変化とは不思議だ。
次の水やりの時までにまた何やら変化起きるかねぇ。
あったかくもなってきたしいろいろ動き出てきそうかな。



2024-02-17(Sat)

最近のホームセンター榾木。

今日は快晴、昨日は寒かったけどかなり暖かくなって気温V字回復。
一昨日暑くて昨日寒くて今日暑くて明日はもっと暑くて明後日はもっともっと暑い。
路面状況とか気温見てるともう4月くらいの感じ。
なんせ明後日の予想気温18度、いかれてやがる。


さて、本日買い物でホームセンターに行きまして。
もう時期的に椎茸の原木やら榾木やらが置いてるんですよね。
久しぶりに見てみるとそこにあったのはいつもの森産業のものではなく、
初めて見るホダキングというものでしたわ。

DSCF2758_縮小
DSCF2759_縮小

ホダキングといってもイマイチぴんと来なかったけど、
よく考えると椎茸菌のパンフレットに入ってたこれのことだったね。
富士種菌の榾王ってやつでっす。
これって頼まれて植菌してた人がいたよなーとか思ったりして。
森産業の奴は成形コマで発泡スチロール蓋だけどホダキングはオガ菌なので封ろうされてます。
つまりは機械植菌でやってるものになりますね。
まあ機械植菌だろうとそうでなかろうとしっかり菌を回した榾木なのは変わりないだろうけど。

ただ気になったのがこの売られてたものの品種、
一般の人はあまり品種に関して詳しくないと思うのでそこを確認する人がどの程度いるかですが、
今回私が見たものに使われてた品種がF206、これうちで使ってた夏菌ですね。
一応周年型ではあるだろうけど高温で使える品種、
一般向きではないような気がするのはどうだろうか・・・・・
森産業のは自然子出やすい290(にく丸)が多いんで一般向きだと思うけどさー
夏菌のやつ一般人が期待できるほどキノコ採れるかね???
榾木買ったはいいけど収穫できなかったってのは残念ですぜ。
正直・・・農家見てもああいった榾木で元とるのって難しいだろうし(大汗
ちょっと気になった次第。


まあ榾木自体が悪いってわけではなく、
あくまで一般向きの品種かどうかっていうが問題でしょうね。
つまりは置きっぱなしで季節が来ると勝手に出る自然子が良く出てくれるタイプかどうかって話。
家庭栽培で椎茸手を出すときは品種に関してみてみることをお勧めしますよ。
一応品種名はついているはずですからね。
高い買い物でがっかりしないためにもぜひぜひー


2024-02-16(Fri)

トランシエンスというやつ

今日も今日とてハオルチア、
本日はトランシエンスというやつ2つばかしご紹介。

DSCF2673_縮小

大型のトランシエンス、双子座。
こういった形状のってオブツーサ含めピリフェラやらクーペリーやらなんかよくわからんくらいある。
なにがどう違うのかってのが・・・

DSCF2674_縮小

トランシエンスは裏のほうに格子状の模様があるみたいね。
この模様はとても分かりやすいと思う。

DSCF2675_縮小

大型の品種なので葉の幅がある。
丸っこい小さなトランシエンスに比べるとでかくてへらべったいねぇ。
先っぽもツンと尖ってなくて丸い感じ
これはこれで面白い存在だと思う。

DSCF2753_縮小
DSCF2754_縮小

トランシエンスの手持ちはもう一つあってこっちは赤海亀。
これも大型トランシエンスだけど今のところ双子座より小さい。
こっちのほうがよりはっきり格子模様が出てますね。
赤海亀というぐらい色合いも赤っぽくなるみたいです。
これもまた先っぽは丸い角の取れた優しい奴ってかー(笑

ハオルチアって窓の出方だとか色合いだとかいろいろな面で模様があって楽しいんだけど、
トランシエンスは模様の出方ってのが他と一味違うのでそこがいいね。
こういった模様が活きるような交配ができたら面白そうだ。
なかなかどうして面白さが次々見つかってきますな。


2024-02-15(Thu)

これはこれでレアなかまくら

今日は予報通りの雨。
ザーザーぶりの強い雨ではなかったんでそこはよかったかな。
なんせ今日からかまくら、大雨降ったら最悪ですからね。
本日はスーパーへの出荷があったんでちょうどいいと思いまして、
ちょうど通り道になってる市役所通りで写真撮ってみた。

DSCF2769_縮小

道路には雪がないです。
そんな中にあるかまくら、雨のため屋根付きです(笑
こんなかまくら初めて見たよ。
こうでもしないとやばいくらいの状況です。

DSCF2768_縮小

結構建ってますが皆屋根付き。
これはこれで激レア個体、こんなのを見ることってまずないからね。
非常に厳しい状態でありながらなんとか開催ですなー


明日は冷えてきそうな感じなのでブルーシートは外されるかも。
このブルーシートかまくらを見れるのは今日だけか??
意外とレアなものを見れたのでよかった・・かな?
屋台もいっぱいあったし雪がなくて歩きやすいでしょうから見に来る分にはいいかもしれないっす。
こういうかまくらも時にはあるさって感じで。


2024-02-14(Wed)

やっと追いついてきたダブル浸水

今日は異常に暖かかったっすねー
最低気温がかなり高いのに加えて最高気温が13度とか、
明日かまくらなんすけど――ってくらいの高温でした。
明日も最低気温から7℃程度、この時点で2月の気温じゃねぇなって感じがするわけですが、
最高気温も今日と同じく二桁になる予報、そしてプラスしての雨。
いやはや真面目にかまくらやってる余裕あるのかって状況ですな。
もし来られる方、寒さは大丈夫だと思いますが状況はあまりよろしくないんで、
その辺注意してくださいませませー
ほんとに・・・かまくらの周りに雪がねぇ。


さてそういったお祭りごとにはてんで縁のない生活をしておりますんで、
本日も明日もあいも変わらずお仕事の日々でございます。
本日ようやっとダブル浸水のキノコが追い付いてきていることを確認しましたんでご報告。

DSCF2765_縮小

気温が高かったってことも大いに関係していると思いますけどね、
もう少し遅れる可能性も考えてたダブル浸水のキノコ、
思ったより早く収穫開始することができました。
といってもやっぱり谷間はできてしまってるんで、収量は結構少ないっすね。

DSCF2766_縮小

数は少ないけどしっかり大きいキノコではあります。
この点産直出荷で有利なんでそこは助かります。
でかい原木椎茸ってだけで他と差別化できますからね。
これのおかげで12月からずっと産直での売り上げがいい状態でしたー
今は週1くらいで県庁のほうにも出張販売いってるっぽいです。
明日も15袋ほど出荷予定でっす。

DSCF2767_縮小

ダブルなんで収量少なくなるのは致し方ないことですが、
さてこの収量ダウンがどの程度で収まっててくれるかだね。
最低でも1日に4かご以上は欲しいけど難しいかもなぁ。
無ければ無いで致し方なし。
これが冬場の後半戦の収量維持の難しさよ。
今年はそれでも頑張ってるほうですよー


ダブル浸水分の発生は多分今月いっぱいはあると思われます。
3月もどのくらいまであるかな??
これから先完全にダブル浸水分のものオンリーになってどこまでやって行けるかでしょうな。
植菌も始まるしあまり忙しすぎるほどにならないようほどほどで頼みますわ。


2024-02-13(Tue)

原木は今年も順調かな

2,3日前から原木が到着するようになった。
今年は去年と同じ業者に全量お願いしているはずなんだけど、
去年同様意外と順調に搬入されてきていますよ。

DSCF2760_縮小

私がスーパー出荷して家で申告のあれこれやってるうちに原木がハウス内に入ってた。
ここんとこ毎日少しずつ到着しているので作業する分にはドカッときて忙しいというのがない分楽。

DSCF2761_縮小

何やら1本残ってますがこれは枯れ木。
楢枯れの立ち枯れはまだ使えるものだったりしますけど、この枯れ木は全くダメ。

DSCF2762_縮小

見ての通り白色腐朽菌が既に存在しています。
菌の栽培は陣取りゲームですんで、先客いればそこを利用することができません。
まっさらな原木にいかに早く椎茸菌を蔓延させられるかが勝負なのに、
この状態では全くもって無駄な努力ってことになります。
そういうわけでこれは返品、1本だって貴重な戦力ですからねー
無駄にはできませんよ。

DSCF2763_縮小

ハウス内部のほうですが、あまりにも雪の心配がないですし、
機械の移動をする際に邪魔になるんでツッパリ棒はすでに取り外されてます。
今年は消石灰のみの消毒ですがそのあとに早速原木搬入してます。

DSCF2764_縮小

もりっと1000数百くらいですかね。
2月上旬からこれだけきてれば上々です。
なんたってまだ機械の準備すらできてませんからね(汗
他の所だともう植菌終わりの時期なんてところもあると思うけど、
うちは3月いっぱいで終わらせられたら最高ぐらいのもんですかねー
植菌始動にはもう少しかかると思います。
その間にとんでもない量の原木がハウスいっぱいになってたりして(大汗


今年も9000本の植菌を予定しています。
うまいこと2月からガツガツやって3月中に終了がベスト。
それまでにコンスタントに少量ずつ原木来てくれると非常に助かる。
今年は雪が少なくて山の状態がどうなのかは何とも言えないんだけど、
業者さんは頑張ってくれてますねぇ。
コンスタントに来てくれることにありがたやありがたや-


2024-02-12(Mon)

オブツーサの苗あれこれ

今日はまだ紹介してない奴らの中のオブツーサ系のやつを紹介。
あれこれ見ていくととにかく系統というかなんとうかめちゃくちゃ多いっすねぇ。
その中でも人気者になるオブツーサ、数種類は紹介してたけどあとから買ったやつらが数個ありますんでね。

DSCF2280_縮小

まず一番古い奴、桃太郎です。
紹介分には最大級のオブツーサとなってるくらいでかくなる奴。
まだ小さい苗だけどそれでもなかなかの大きさ、
これが完全体になったらどのくらいでかくなるだろうかねぇ。
大きさもそうなんだけど紫風味をしてますよね。

DSCF2364_縮小

大きさで言うとこちらもでかくなるマックス錦。
マックスと言っちゃうくらいですからね。
桃太郎よりはそれでも小さいかな?
斑入り具合がなかなかいい感じの苗です。

DSCF2396_縮小
DSCF2397_縮小

斑入り具合といえばこの雪花が一番きれいだと思う。
斑入りというかこの品種、窓に白い点がまるで雪が降るように散らされてるんですよね。
そこもあいまっていい名前つけてるなーと思います。
他のオブツーサに比べるとそこまで大きくはないかな。
しかしきれいさ加減では今んところ自分の持ってるオブツーサ系では一番手ですね。
こういった特徴あるきれいなもの作ってみたいもんです。


オブツーサというとプクプクした丸っこい奴、
私のはまだそこまで丸っこくなってないんでこれからに期待。
潘氏オブツーサはかなり丸くなったけど長いからちょっと違う感じ(汗
雪花が一番形状がいいってところですかね。
もっと葉が増えて丸っとしたいい形状に今年は生育できるかな??


2024-02-11(Sun)

今日ももっさり

DSCF2757_縮小

今朝は思ったよりも雪が積もってまして。
先日の首都圏大騒ぎくらいの雪が積もってました。
除雪の始動が遅かったんでどうも積もったのは夜明け前近くなのかもしれない。
夜間に降ってた場合は2時3時には動いてますからね。
そう考えると道路除雪の人たちってのは大変ですよ。
おちおち酒も飲んでられませんね。
おかげさんで普通に車が走れます、ありがたいことです。

あ、ちなみに上の写真、今年の原木第1弾がすでに到着しました。
ついに植菌シーズンです。
本格的に忙しくなる前に確定申告やっときたいんだけど・・・・・
まーまーめんどくさい作業、何とか今月中には終わらせたい。


DSCF2756_縮小

さてさてあれやらこれやらとお仕事出てくるわけですが、
今一番大変というと出荷作業ですかね。
キノコの量はついに落ち着く時期に来たってなもんで、
選別パック詰めでてんてこまいからはやっとこさ解放。
今はパック詰めよりも袋詰めで産直出荷が大半なんでそれが大変。
今日は休みってこともあって詰める量がもっさりですからねー
休みの人になると大体90から100袋詰めてます。
平日だとその半分とかその辺かな。
今日もいつも通りもっさり道の駅で52個出荷してきまして無事完売しましたわよー
ホントよく売れてくれます。

これだけよく売れるんですが明日も休みだってのにキノコが落ち着いてきちまってチャンスをふいにしそうで(泣
おまけに来週はかまくらウイーク、お客さんは平日だって多そうだから稼ぎ時なんだけどねー
なんともタイミング悪く谷間になるのが残念。
明日ボチボチ明後日からは・・・カー
もっさりもっさり出荷も終わりが近い。


そういや確定申告の打ち込みで判明したけど、
去年より産直の売上1.5倍以上増えてましたなー
いい値段で量捌ける、ありがたやありがたや。
出来る限りもっさり出荷でここに来ればこれがあるってところまで行きたいねー
産直1000万プレーヤーとはいかずともその半分くらいは・・・・なんてね。
市場出荷激減の産直出荷もっさり、そんな感じで頑張っとりますよ。


2024-02-10(Sat)

越冬中ハオルチアの水をやってみた

ハオルチアの室内越冬始めてそこそこたった。
前回水やりのために注入器を買って来てたんですが、
それを使ってついに水やりをしてみることにしましたよ。

DSCF2741_縮小

とりあえずは全部生きてます。
まあ早々に枯らすようだと最悪じゃねぇのって話ですからね。
寒いのに水じゃぶじゃぶやって腐らせるとかそんな馬鹿な真似はさすがにね。
かといって室内に入れてからも全く水やってませんのでさすがにきついかな、と。

DSCF2742_縮小

よく観察してみると物によってシオシオに痩せてきているものがあった。
やっぱり水分がかなり少ない状態だってことですね。
最後の水やりは12月中にあったかどうか、2か月近く水切ってたことになるね。

DSCF6906_縮小

ちなみに写真探したら見つけたまだ太ってた時。
大減量って感じよね(汗
大丈夫かしら??

DSCF2743_縮小
DSCF2744_縮小

そのほかにもムチムチしてたブラックレディ・ハイブリッドも痩せ気味だった。
はっぱがへこんでるよねぇ。

DSCF2750_縮小

名前なしもちょっとシオシオ。
形状からして品種名は祝宴かなーと思ってはいるけどなんとも言えない。

DSCF2745_縮小

物によるってのがあるんだけど、最初きたときシオシオで復活した酒呑童子は痩せてない。
若干痩せたかなってのはあるけど他の痩せた奴らに比べるとね。
だからもともと株に水分があったものは大丈夫そうで、
そうじゃないのが痩せてしまっているってところでしょうかね。
灌水量も均一ってわけではないですし状態はそれぞれだったんでこうした差があるんでしょうね。

DSCF2751_縮小

それにしてもプクプクのオブツーサ系統はそんなに痩せないですね。
土が色変わってますけど株周りに5ミリずつかん水しました。
少なすぎるけどまあこれ週1くらいでやってきゃいいんじゃねくらいで考えてます。
まとめて水持たせるのは怖いし、なんといっても鉢から水を溢れさせてはいけない状態ですからね
押入れが水浸しになっちまいますから――
今回は急ぎだったんで排水対策ゼロ、来シーズンの越冬はきっちり対策取るつもりではいますがね。


しかしまー注入器でチマチマかん水してると時間がかかりますね。
80株くらいあるんで20ミリ吸って株ごとかん水、それでも20往復だ。
まあ往復といってもバケツリレーで長い距離どうこうってわけではないから大したことはないけどさ。
ここんとこ暖かいし来週には気温二桁の予報もあるし、
そのとき外に持って行ってジャバっとやっちまったほうがいいんじゃね?
なんて考えたりもするんだけどどうだろうかねぇ。
水やりは少なめで越冬といってもやはりゼロではちときつい。
上手い人たちはどのくらいやってんだろうねぇ。
園芸店で聞けばよかったか(汗


2024-02-09(Fri)

まるでゴーストな越冬ロコト

今日はロコトなお話。
コルヒチン処理モドキやって自家受粉できるかどうかチェックしたロコト、
去年はまるでダメなまま越冬に入ったわけですがね、
久しぶりに休養舎の奥地にある鉢植えを見に行きました。


DSCF2729_縮小

うわーお化け屋敷。

やーいおまえんち、おっばけやーしきー

くゎんたぁー!

今日ちょうどネコバス見ちまったんで組み込み(笑
マジっすよ、某保育園の送迎バスがマジネコバスでした。
色々ついてたけど・・・・あれって車検パスできんのかな???
まあ野暮な話か。

DSCF2730_縮小

余計な話は置いといてとにかく葉が枯れてシオシオ、
真面目にゴーストな状況ですね。
寒い中越冬しているんで葉がすべて枯れ落ちてしまうのは自然な症状、
問題は枝が完全に枯れてないかどうかだからね。
今んところは大丈夫そうですけど、

DSCF2731_縮小

この鉢の草が生き生きしている奴以外は水切れ気味でしたわ。
この大丈夫そうなやつは多分雨だれが落ちる場所にあるからだと思われる。
ホントはハウス内の雨だれって酸性度が高いので良くはないって話もありますが、
(植物の呼吸によって出る二酸化炭素が結露にとけこむため酸度の高い水になるらしい)
今回ばかりはそれのおかげで命拾いしてそうです。
そのほかのは水くんできて1リットルくらいずつかん水しておきました。
大丈夫かどうかはわからんです。


そこそこ数あるんで数株でも生き残ればまずはヨシくらいで。
ちょっと置き場所の関係で見に来ることがなかなかできなかったからなぁ・・・・
そんなのはフィンガーライムと同じ、結局あっちも水切れしれたからね(大汗
やっぱ冬場の管理って簡単そうで難しいなー
無事越冬して今年は無事に自家受粉するだろうか??
デカ株スタートで間膜ロケットスタートが炸裂すると面白いんだけど。
とりあえずあと2か月、これ以上おかしくならないように見れる時見つけて確認しとこう。


2024-02-08(Thu)

ダブルは相変わらず遅い。

DSCF2740_縮小

雪が降らないね。
今日も晴れ、うちではそろそろ原木が到着する準備を始めまして、
置き場所の除雪をしたようですけど今年はあっという間に終わってますね(汗
いつもならここに150㎝くらいの雪あって何往復もして除雪完了するんだけど、
今年は行って帰っておしまいみたいな感じですな。
週明けなんか15度くらいになるとかんとか、かまくら絶望的じゃねぇか(大汗
穴開けたけど気温高すぎるためにおもてなし中止とか言う話も・・・・
うーむ、暖冬過ぎるのも考えもんか?
なんと贅沢なお話(笑

DSCF2734_縮小

さていつもの本業の椎茸のお話。
爆裂発生でとんでもなく忙しかった日々もそろそろおしまい。
ついに新ホダ1巡目の発生がラストです。
思ってる以上に早く進んでいるので来週頭にはガクッと来てるかも・・・・
というのもですね、次のやつがだいぶ遅れてるからですな。

DSCF2733_縮小

こちらがすぐ次の部分。
同じ品種の2巡目、いわゆるダブル浸水ってやつです。
休養なしで連続回転ってことです。
やはり一発目に大発生しているので育ちが遅れるのが常。
毎年やってることだけど今回も例にもれずがっつり遅れてる。

DSCF2735_縮小

手前の棚が1回目のやつ、奥の棚がダブル浸水のやつ。
同じ日に浸水してこれだけ差が出てます。

DSCF2737_縮小

やっとこさこれくらい芽が出てる状態ですからね。
ゼロではないけどひたすらに遅い。
かなりタイムラグができそうです。
ちょーっと先行き不安アリだな・・・

DSCF2738_縮小

その先にはホントのダブル浸水、つまるところ棚から直で浸水作業した榾木が並び始めてます。
上の奴は一度無加温のハウスに移動してるんで、
厳密にダブル浸水とは言えないとは思うんだけど、
まあ結局連続回転ですからね、ほとんどダブル浸水状態ってところ。

DSCF2739_縮小

ガチのダブル浸水は生々しい採り痕が残ったまま浸水です。
本来のサイクルだと休養してこの部分が褐変して次の浸水という感じ。
ホントに休みなく2回転目っていうのがこれでよくわかる。
冬場は使える榾木が限定されてしまうのでこれも致し方ないもんです。
2月いっぱいはダブル浸水かな。

新ホダ使い始めてからずっと突っ走ってきたけど、
ダブル浸水に入ってついに一息つけるような状態になるかもしれない。
それはそれで売り上げの面で言えばちょっと残念なもんではあるんだけどねー
暖冬傾向のおかげってこともあって産直の売り上げが非常にいい状態ですんで、
物がなくなるのはとってもイタイ。
なんとかタイムラグも少なくてそこそこなんとかなる量出てくれることを祈りたいもんです。
頑張れA511!!


2024-02-07(Wed)

久しぶりに罠をかける

今日は昼まで非常に天気よかったけど午後から雪が舞いました。
といってもやはり降り積もるような降り方ではなかったっすね。
なんだかこのまま降れないんじゃないかと思いますねぇ。
屋根の雪下ろしなし!!とか最高なんだけどねー
どうなることやら。


DSCF2726_縮小

さて本日、久方ぶりに罠を仕掛けた話。
私が罠を仕掛けるといえばネズミだね。
しばらくおとなしかったんだけど冬も終盤に近付くにつれ食いもんがなくなってきているんでしょう、
あれやこれやと齧られる被害が出始めました。

DSCF2727_縮小

今回こちらの短形自然薯が被害にあった。
休養舎に置いてるだけなんでいつでも食われておかしくない状態ではあるんですが、
この芋に関してはホントに最後のほうになってから被害が出ますね。
最初はサツマイモとかの甘い系統、後は豆類ですね。
それがなくなってきてやっとこれってな感じ。
だからここまで問題なかったんだけどついに来たかって感じ。
ちなみになんですが既に犯人捕獲されてますね(汗
仕掛けて即逮捕、罠職人です(笑

DSCF2728_縮小

置き場所に悩んだんだけど被害の出てるコンテナの下に設置、
どっち方面からやってきてるかを考えて通路側に置いたらドンピシャってところで。
どう通っているのかを理解しないといつまでたってもかかりませんからね。
通るところを制限してかけるって言う手もありますし、
ネズミをひっかけるのは面白いですわ。
ここだと流石に何匹も引っかかるってことはないと思いますが、
1枚に7匹くらいかかるとこいつらホント馬鹿やなーって笑えます。
しばらく置いときますが最終的に何匹かかるかねぇ。

DSCF2732_縮小

短形自然薯はぼちぼち売れてますがやはり今回の芋がでかいという事と、
非常に形が悪いってことがあって去年ほど捌けてないっすね。
全然腐らない芋なんでまだまだ食う分には余裕なんすけどね。
残ってるのがさばききれるかどうかわからんけどボチボチ売ってま~す。
ネズミに食われる前に頑張って売らないと!


2024-02-06(Tue)

順番守らんとこうなる。

どもー
今日は少し早めの帰宅、椎たけ夫です。
仕事がごちゃごちゃしてますねぇ。
という事で何がどうしてこうなったかってなお話。


DSCF2717_縮小

とりあえず昨日の夜はこんな状態でした。
選別終わったーって段階で7時近かったか過ぎてたか・・・・
てんやわんやで時間覚えてない(汗
このくらいしかないのにそんなにって?
NO NO

DSCF2718_縮小

この山盛りがー

DSCF2721_縮小

2杯。
これがスーパー用の選別だけどあまりに多いのでこれからさらに選んでパック詰めというわけ。
このパック詰めが一番時間がかかります。
このほかにLS規格のものも2杯ありますし。
LS規格のパック詰めはもう慣れたもんで選別したものバシバシ詰めるだけですからね。
スーパーの奴は6M8M規格なので大きさをそろえるという手間がかかるわけで。
だいぶ選べるようにはなってきたとはいえ15㎏くらいから選んでパック詰め、
パック詰めが終わったのが結局9時過ぎというわけでして。

DSCF2719_縮小

キノコの量がありすぎてとにかく選別段階から大変。
ありすぎとそして芽が浸水前から出ていた弊害もあってより大変。

DSCF2720_縮小

芽がついた状態で浸水するとキノコの表面にこういった黒い部分が生じることも。
傷みと違って腐ってるとかそういうわけではないので、外観が非常に悪いってもの。
これはこれでまたはじかないといけないのでこれもたくさん出るわけで。
後は細かい奴が2パターン、でかい奴にLS規格とスーパー用なんで、
それぞれがかなりの量、昨日1日がやべーことになってました。

DSCF2722_縮小

原因になってる椎茸の発生のほうですが・・・・
今回馬鹿みたいに出た要因って順番を守らなかったからってのが大きいと思われる。
収穫後なんでそんなにないですがこれが今出てるところ、

DSCF2723_縮小
DSCF2724_縮小

そしてその次の発生場所がこっち。
キノコが全然追いついてないんだわ。
ちょっと変なことになってますけどこれの要因は、
浸水した榾木を棚に展開する順番を守らなかったからだと思われる。
順番というとアレですが要は次の日展開するはずだったものまで並べてしまったため、
本来1日遅れるはずのものまでまとめて発生してしまったという事ですね。
そのため次の奴とタイムラグが起きてしまってるし、
無駄に大発生しててんやわんやしてしまったということになります。
昨日急激に増えた反動で今朝はガクッと収量落ち込んでましたし(汗
いらんことするといろいろと支障が起きるんで困るんすよねぇ。
まだ次も同じことしてる箇所があるんでかなり心配がある・・・・・


まあ何事も報連相が大事ってことよ。
うちは結構各自判断が多いから余計だね(汗
判断するにしてももちっと周り見ないといかんです。
そうじゃないとアテクシがパンクしちまうで――
まだまだ大変な日々は続くぜっ

2024-02-05(Mon)

春のパン祭り

大雪だー
首都圏が大雪だー
大変大変。
まーたノーマルタイヤで爆走する馬鹿がいるんだろうな。
何度言えばわかるんだろうねぇ。死にたいんだろうか。
ちなみに雪道ノーマルタイヤで走ると道交法違反になるらしいです。
これは今日知ったことだけどやっぱり危ないからねぇ。

DSCF2715_縮小
DSCF2716_縮小

ちなみに当地は今日は曇り、雪はかなり少ないねぇ。
これをかなり少ないというと大雪だーの騒ぎがかすんでしまうんだけどさ(汗
それはまあ雪国との差ってことで。
湿った雪は冷えて凍ると厄介なんで明日の朝はかなり警戒したほうがいいですぜ。


さて、今日は残業長引いたんですいませんが訪問お休みさせていただきます。
とにかく眠いっす(汗
サクッと記事を書きます。

DSCF2714_縮小

残業長引くことがあるんでエネルギー補給の物資は必須。
今回ランチパックでうまそうなのを買ってきたんだけど、
今年も春のパン祭りのシールがつきだしましたね。
2月1日からスタート、毎年なんやかんやと集めてお皿もらってます。
意外と体のいい奴なんで重宝してるんですよね。

DSCF2725_縮小

ただ必要点数は増えたのに年々サイズがしょぼくなってきている・・・
もう少しどうにかならんのか?
自分がしれ―ッと点数溜めてもらってきたサラダボウルがものすごくよかっただけに、
今年のはちょっと残念な感じに見えなくもないな。
まあ実物見てみないことには何とも言えないんすけど――

収集は3か月、その間に3枚分は集められるかねぇ。
期間中に週1ロイヤルブレッド買ってるんで20数点は自分の分で固いけど、
後はそのほかの部分でどれだけ溜められるかだわね。
いよいよ始まったパン祭り、今年の成果はどうなるかな??


2024-02-04(Sun)

ムチムチ②

今日は立春か。
暦じゃ春、今年は確かに当地としては異常に暖かく春めいてきていますね。
屋根の雪下ろし1回もしてないまま立春だし。
こっちではこれから雪まつりシーズンだってのにねぇ。
何年か前の雪のないかまくらを思い出しますなぁ。
ちなみに今年のかまくらはもうすでに結構な数出来上がってます。
穴も開いてるので暖かい日が続くようだとちょっと心配なんだけどねー
何事もなく雪まつりができればいいんだけど。


さてさて休日だってのに休日という概念を忘れてしまうような生活のせいで、
全くもって新たなネタを探し出す余裕がないんでして(大汗
節分だとか立春だとかそういったこともあ―そういえばそうだ的な感じ。
なんかもう曜日とか行事とかまるであいまいな状況。
ということもあって本日も連日のハオルチアストック。

DSCF2637_縮小

こちらはまた違うムチムチ、ジェリーフィッシュ×M10
実生なんで名前ははっきりとはない。
同じ交配で全く違う個体が複数存在してます。
これは1枚1枚がごつくて肉厚、それでいて窓の形状が複雑な特徴がありますね。

DSCF2638_縮小

きれいに整った窓ではなくてぼつぼつと穴の開いた感じ。
こういうのも面白いもんです。
玉翠の光よりは角ばってる感じ。
形としてはショコラ姫に似てると思う。
もっと肉厚でムチムチだけどねー
オブツーサの丸いのもいいんだけどこういったムチムチででっかい奴もいい。

個人的には葉っぱが広がって寝るよりは立ってるほうが好きかな。
まあ寝るタイプにも面白いのはいるんだけどねー
結局は自分がいいものはいい(笑
そんな感じの感性で集めておりますよー


2024-02-03(Sat)

どでかいムチムチ

気が付けば80個体に迫るハオルチア。
かぶってる品種もあるけどかなり増えてきましたね。
その中にあるもので一番肉厚ででかい個体をご紹介。

DSCF2352_縮小

それがこちらの玉翠の光。
ムチムチのごっついフォルムしてます。

DSCF2353_縮小

鉢からはみ出すほどのでかさ。
径の大きさだとミッドナイトとか天の川のほうがでかいと思うけど、
それを差し置いての肉厚っぷりよ。

DSCF2406_縮小

親株はもっとはっきり斑入りでしたけどこちらはチョコチョコ斑入り。
もうちょっと生育してくると斑入り具合も進むかもしれないし、
そうじゃなくぼんやりな斑入りかもしれない。
まあ斑入り具合はおまけ、それよかこのフォルムがもっとごつくなるようなら面白いもんだ。

DSCF2354_縮小

遠近もあるけど小さいルビスタと比べるとものすごいでかさ(笑
巨人とアリみたいな感じですよ。
それでいてどちらもハオルチアですからねぇ。
ホントいろんな個体があるから見てて面白いもんです。


似たようなデカさ、フォルムで大紫水晶オブツーサがあるけど、
なかなかそれの斑入り個体に縁がなくて入手できないでいます。
何度か販売されてるけど人気があって即完売、帰ってきてサイト見たらもう売れてましたーってね(汗
なかなかこういうのは縁がないと出会えないっすわ。
この玉翠の光も巡回してて今んとこ1回しか出回ってないので縁があったんだねぇ。
これから先も縁あって面白い個体に出会えるかな?
増やし過ぎじゃね?とかいう声は聞こえませんよ(笑




2024-02-02(Fri)

シオシオにしちまったリューコスペルマム

連日の雪ではあるものの積もれない雪って感じで、
あっという間に道路に雪がなくなるような感じ。
こんなに雪ないのに稼働日数が少ないせいか除雪車が仕事してる感で回ってました(笑
それでいて市の除雪費用がーとかなるんだからお笑いですよ。
年度末になるとあちこち道路補修なんかしてるのと同じですが、
税金ですからねぇもちっとうまいことやってほしいもんですよ。


さてさて本日のネタは・・・・

DSCF2688_縮小

こちらでございますよ。
ハウス越冬中のリューコスペルマムです。
プロテアと同じくあったかい地方の植物、何とかハウスで越冬してたんですがね、
見てわかるとおりにシオシオになっちまいまして(大汗

DSCF2689_縮小

くたびれて枝が下向いちまってます。
これは結構大きな水切れっすね。
水はけのいい用土ってこととこの時期でもそれなりに水分抜けていくってこと、
あまり見回りに来れなかったことなんかが重なった結果ですな。

DSCF2690_縮小

葉っぱもしわが入るほどにシオシオ。
正直これはやっちまったな・・・・おしまいかもと思った。
最初の写真では底から水が出てますが、バケツにどぶ漬けして一気に満水にしました。
正直ここまで乾いてるとミズやってもしみこまずに通り抜けるんですよね。
ガリッと乾いたらどぶ漬けするのがベストだと思います。

DSCF2691_縮小

もう1株のほうはまだ全然問題なかったんですが、
一応こちらのほうにもしっかり水をやっておきました。
こうしてみると品種間で葉の形状が全然違いますね。
これも蒸散量の違いが出て水分が抜ける速度に差が出た要因かもね。

DSCF2692_縮小
DSCF2693_縮小

ちなみにプロテアのほうはどちらも安泰。
まあ小さいほうはほぼ植替えから水抜けてないから、
正直越冬終了までこのままで大丈夫じゃないかとさえ思いますよ。
でかいほうはさすがに定期的な灌水は必要だと思います。

DSCF2701_縮小
DSCF2702_縮小

んで水やりから数日、様子のほうは…と思って見ると、
意外な事に立ち上がって復活していました。
ダメかなーとも思ったもんだけど意外に強かったっすね。
葉もしゃきっと感があります。
ひとまず命拾いしたけど今回のはかなりストレスになっちまっただろうから、
今年の生育にちょっと支障が出てしまうかもしれないですねぇ。
花は期待できないかもしれない。
それでも枯死しなくてよかったよかった。
1本でウン千円もする高価なもんだからね(汗

DSCF2687_縮小

今年はシキミがすでに開花しちゃうような暖冬。
それのおかげもあってなのかな?あったか植物も越冬に支障なしってな具合で生きてます。
環境がぼちぼちでも管理する野郎がダメダメなのがね(大汗
フィンガーライムとかでもやらかしてたしいい加減にしないといかんですな。
あと最低2か月、目標は何とか枯らさず越冬完了だな。


2024-02-01(Thu)

総会に行ってきた。2回目

今日は久しぶりの雪。
おまけに風が強くて寒い寒い。
モリモリ降ってくるわけではないのでホワイトアウトの心配は少ないものの、
久方ぶりに雪が積もりましたねぇ。
こんな中今日は去年も行った十文字の道の駅の総会に行ってきました。

ちなみに去年の記事はこちら⇒総会に行く。



DSCF2713_縮小

今回は総会の後に懇親会があるってこともあって場所が違いました。
私としては市内なので距離が近くて助かりましたけどね。
なんせ今日は総会があるってのにバカみたいにキノコが出てくるやら、
スーパー出荷に行かないといけないやらやることてんこ盛り。
月曜日に秋田に出荷してやっとこさすかッとなくなったと思ったところから、
どんどこどんどこキノコが攻め立ててきていたんだけど、
どうも椎茸は私が忙しくなるように仕向けているようなそんな風に感じてしまいます(汗
まあそんなこんな昼めし食って早速スーパー出荷に行って、
買い物すまして会場に行くと開場時間少々過ぎたあたりなのに私がほぼビリケツでした(大汗
どんだけ早く来てんだかってねー
おかげでアリーナ席の最前列で1人座ってましたよ。

総会といっても今回は特段大きい議題になるようなことはなかったんで、
特に紛糾するようなこともなく淡々と進みました。
最後になんぞ質問があればってところで私も一つ聞いてきましたよー
こちらの道の駅だと商品ラベルが登録制になっており、
かなりあれこれと名称がついているんでそれをまとめたり整理したりできないかとね。

※登録制ってのは・・・
 データベース上にあるものをすべての人が使えるわけではなく、
 自分が出荷するであろう品目をそのデータ上から引っ張ってきて、
 自分の販売品目データとして登録していくっていうスタイル。
 なので私は椎茸とかオクラなんかをメインで出してるので登録してますが、
 去年作った蕪とかサツマイモなんかは新しく出荷するためにデータ登録してもらった次第。
 この登録の際に大元に登録されてないようなのは大元にも新規登録して使うことになるんだけど、
 その時の登録名があれこれありすぎるような状態ですかね。

回答としてはずっとデータが蓄積されてるので、
今から整理するとそれまでのデータからの比較ができなくなってしまうんでちょっと難しいかなーとのことでした。
まあ店側も名称がごちゃついてるってのは把握してるっぽいっすけどね。
これは初期の段階から一本化できなかったってのがあるかな。
特殊な登録制ってのもあると思うけど。
ちなみに山内とスーパーの産直は同じ機械なんでラベルのデータは大元のやつをすべての人が使える状態。
なので名称はみんな同じもので一本化されてます。
こっちのほうがよかったんじゃないのかなーとは思うものの、
そこはそれぞれでしょうからあれこれ言ってもしょうがないかなと思いますね。
ただおかしな名称だけは何とかしてほしいかなーとは思うけど・・・・・
(むかごがぬかごになってるとかその辺)

なんやかんや言っても県内でも最大級の売り上げ持ってるどでかい産直。
コロナどうこうでも売り上げ伸びてたわけで、
去年度は約5000万くらい伸びたらしいです。
そのうちのウン万円は私の売り上げかー(笑
微力ながら売り上げ貢献してるアテクシ、こちらとしても市場に出してた分がこっちでガツーンと伸びてありがたい。
今年も頑張って売り上げ伸ばすぞーってね。
産直1000万プレーヤーにはかなわんけど上位50番目くらい目指したいぜっ。
そんなこと確認して今回の総会はおしまい。
懇親会なんぞ出てる余裕なくさっさと仕事に戻りましたわ(汗
全くもって忙しくて金もうかって大変(嘘



椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村