fc2ブログ
2024-04-20(Sat)

古ホダが完全シーズンイン

今日も肌寒い1日だった。
雨のほうはほぼ降らなかったんだけどずっと曇りで風が強くて昨日より寒い感じ。
夕方近くに晴れ間も出てきたけど全然気温上昇にはならなかったしね。
どうもこの晴れ間のせいで?これから霜注意報、外の柑橘が心配ですね。
一応不織布かけてきたけどどうなることやら・・・・


RIMG0294_縮小

さてさて植菌が今週も1週間お休みになってしまいまして。
しょうがないので通常作業のほう頑張ってます。
本日をもって新ホダ冬季営業ほぼ終了となりました。
9000本で5か月近く冬場の営業を回したってことですな。
なかなかもって頑張りましたよ。

RIMG0296_縮小

新ホダが終わったので現在はすべて古ホダに置き換わりました。
古ホダってのは2022年植菌ホダですね。
冬場はずっとお休みしてたのでさぞかしキノコが出てくるだろうと思いきや・・・・

RIMG0298_縮小

うーーんってやつです。
質のほうままずまずなんですがとにかく量が出ない。

RIMG0299_縮小

この部分でもかなり頑張ってるほうです。
新ホダ一服して発生も一服状態っすね。
理由は完全に水分不足だと思います。
冬場は散水なしでここまで来ましたからね。
古ホダ終わってから5か月くらい散水なしでカラカラでしょう。

RIMG0297_縮小

休養舎が濡れてますが暑くなってきたのでやっとこさ散水開始してます。
これでちょっとずつ発生量が戻ってきてくれるといいんだけど。
今棚に展開した榾木にも手がけ散水しているような状態ですからね。
出てくるキノコのカピカピだったりするもんでー

RIMG0300_縮小

こちら収穫物、結構キノコ自体はいい。
いかんせん1日に2かごもないような状態なんで困ってますが―――

RIMG0301_縮小

古ホダと言えどもまだまだでかいのは採れる。
これがそこそこの量採れてくれれば産直販売としてはありがたい。
まあなんとも言えないビミョーな量になってるんですが(汗

RIMG0302_縮小

古ホダになるとこの細かいのもだいぶ増える。
細かいのは開きやすくもなるんでなるべく早どり推奨。
でかいのか細かいのか、なんとも両極端ですな。
なるべくでかいよりのサイズでお願いしたいところだけど・・・・・
とはいえ贅沢言わないからとにかく量回復してほしいね。


RIMG0295_縮小

古ホダの最初のところも地味に休養開始。
力を出し切れないまま休養なんでこっちで大発生とか勘弁だでー
古ホダに代わってちょっとブレーキ、散水で復活なるか???


スポンサーサイト



2024-04-19(Fri)

アリウムの球根回収しなかったけど無事だった件。

今日は肌寒い1日になった。
小雨降るのはいいんだけど全然気温が上がってこない感じ。
久しぶりに白い息が出る中作業してました。
ちょっとばかり生育にブレーキかける寒さ、まだ継続して暑いってはならないね。
まー今から継続して暑かったらもうそれは夏だ(笑
この寒さで桜は週末まで持つことができるでしょうかねぇ。


RIMG0216_縮小

それはさておき。
本日家の花壇もどきのほうのお話です。
ここに多葉クローバーを植えるべくやってきたわけですがね、
なにやらが生えているのに気づくわけですよ。
雑草?だったら抜けばいいだけだけどねー

RIMG0217_縮小

こちらですよこちら、雑草ではないですね。
明らかに何か花のやつです。
そういえば・・・・ここに去年アリウム植えてそのままだったんですよね。
忙しすぎて球根回収もできないまま雪降ったんで、
ネズミにも食われて無くなってるか腐って無くなってるかだろうと思ってたんですよ。
それがまあどうしたことか全然問題なく芽が伸びてきていましたね。
想定外の驚き。

P1140614_縮小
P1140615_縮小

これが去年咲いてた時に撮ったやつ。
去年なので旧カメラ、ちょっと白っぽく写っちゃいますねー
本当ならば久方ぶりに見つけたアリウム・カラタビエンセを植えるつもりだったんですが、
予約注文したら輸入元で病気が出たんで販売がオジャン。
しょうがなくという感じで買ったこちらはユニバース。
ギガンチウムばりにバカでかいらしいけどそうでもなかったのは私の腕のせいだろう(汗
無事であったことと芽数が増えてるので球根増加してるだろうってこと、
今年は複数咲いてくれるかもしれないので期待しとこう。
植えっぱなしでも無事なのであればこのままずっといきたいもんだけどねー

RIMG0218_縮小
RIMG0219_縮小

一方で心配になってきたのが西洋わさびの繁殖。
去年でかくなってきてたんで収穫したんだけどなんかさらに増殖したね。
やはり細切れになっただけ再生してくるという噂和本当なようで・・・・
ちょっとこれ本腰入れて回収しないと花壇もどきがわさびであふれそうだ(大汗
せっかくアリウムが問題なく育つ場所、わさびで覆うわけにはいかんぞ――
暇を見つけて掘り返します。
とりあえず今はあれやこれややることがあるのでちょっと置いときます。


球根はチューリップやってネズミに食いつくされたってこともあったんで、
アリウムも心配してたんだけどこっちは問題なさそうだ。
やっぱりアリウムとかには毒があってネズミは食えないのかな?
彼岸花を田んぼの畔に植えておくってがあるしね。
ネズミが食わない&植えっぱなしOKなら非常に気が楽。
アリウム栽培に希望が持てた春。


2024-04-18(Thu)

今年は山のキノコが早いぞ。

今年は雪が少なかった&急激な気温上昇であっというまに雪がなくなったわけで。
そうなると山菜類とかも急激に伸び始めてきまして、
産直にあちこちから山菜採ってきて並ぶようになってます。
山のキノコのほうも例外ではなくて、すでに数回収穫するような状態。

RIMG0252_縮小

今年は植菌がダラダラしてるのとあれこれ忙しいってこともあって、
山に偵察に行くのがオヤジさんのほうが早くてですね(汗
私が知らぬ間にしれっとキノコ沢山採ってきてたりしてね。
私も山菜類とか状況把握に行ってみないといけないなーと見に行ってきました。
もう雪がなくて4月半ばとしては異常な状態でしたね。

RIMG0253_縮小

既にキノコも結構出てましたし。
出てましたってそりゃもう7コンテナくらいは収穫済みですしねぇ。
それでいてまだまだ出てたってところですよ。

RIMG0257_縮小

一番最新のところも順調順調。
最新といってももう4年くらい前の榾木だしねぇ。
最近原木が少ないこともあって椎茸の植菌できなくてナメコだけでやってましたんで、
今年あたりやっとかないとあと数年で春の自然子はゼロになっちゃいますね。
それはつまり乾燥シイタケゼロみたいなもんなので何とかしないといけないねー
なんとかといっても原木がちゃんと来ないことにはどうにもならない問題ではあるけど(汗

RIMG0254_縮小
RIMG0255_縮小

周りを見りゃ相変わらず木がボキボキ。
これだけは今回も雪が降ってやられてんなーと実感できるものだ。
大した量ではないとはいえ雪害は毎年起きてますね。
ちょっと木が軟弱です。
榾木に落ちてきてる場所もあるんでやっぱ山の手入れって大事よねぇと思う次第。


RIMG0256_縮小

一通り見てまわるとなんとまあゼンマイが生えてました。
この時期にゼンマイとかマジかよ・・・・
そりゃあちこちで山菜採れてきてるわけだ。
キノコも結構出てきているし今年の山は収穫の春が早いぞー
ん?収穫の夏か???


2024-04-17(Wed)

セル苗唐辛子ポット上げ

RIMG0226_縮小

今日は午前中まで雨だった。
おかげで気温はそこまで上がりませんでしたね。
ただ最近の天候のよさってこともあって唐辛子苗も外に出して日光浴させてました。
大概この時点で日焼けして死んじまって数激減っていう流れになってしまうんですが、
今年はセル仮植をしたことで根っこが増えているため日焼けで死滅はしなかった。

RIMG0227_縮小

あのバカ暑い中でも焼けることなく無事。
やはりこの方法をとったことが功を奏した。
これからは毎年この方法で行こうと思ったね。

RIMG0239_縮小

さてそのセル苗もそれなりに大きくなってきまして、
本葉の展開が進む程度には育ちました。
これぐらい育てばポット上げしても大丈夫だろうと本日ポット上げです。

RIMG0245_縮小

7.5㎝ポットに148ポット分のポット上げ。
こんなに唐辛子やるのか?ってくらいの量だけど、
ここから生育に差が出てくるだろうし死滅してしまうようなもんも出てくると思うので、
これ全量定植という事にはならないと思いますが・・・・・
まあ唐辛子はあっても売れそうな感じになったんで全部植えても大丈夫かなーとは思ってます。

RIMG0246_縮小

ポットだとまだまだ小さい苗ですねぇ。
しかしここからしっかり育って行ってもらいますよー
例年よりまともに育ってるんでこれなら早めの定植に持って行けるかと思ってます。

RIMG0247_縮小

品種違いは分かるように。
混ぜたら最後4種類あるんで大変なことになる。
ちなみに数でいうと・・・・

・エトナ 81ポット
・ストロンボリ 21ポット
・満天星辣椒 6ポット
・子弾頭 40ポット


という感じになってます。
とにかくエトナだけやたら発芽した感じで数がめちゃくちゃ多い。
でも赤い唐辛子なんで売れ行きも上々、今年は多少多めに作っても大丈夫でしょう。
去年みたいに爆発しまくられると困りますがねぇ。
今年の夏以降の気候がどうかでしょうか。
ま、そこまで行く前に苗が無事大きくなってるかどうかが重要だけど―――


ヤーコンに続きポット化が終わったんであとはしっかり大きくしていく方向へシフト。
残ってるトマトやピーマンはまだかかりそうなんでこっちのほうをしっかり管理ですな。
あと春植えの育苗っていうとカボチャか?
うーんカボチャ全然うまく作れなくなっちまったんで肥塚南瓜にお任せってのも手だしなぁ(汗
育苗のほうは今年少なめで済みそうかな?
少数精鋭、管理しっかりして上々な苗をこしらえよう。
唐辛子は例年になく上々に進んでますぜー


2024-04-16(Tue)

山菜が知らぬ間に動いておった――

今日は暑さが控えめの夏日だった。
夏日・・・どこが控えめなんだろうね(笑
しかし曇ってたし途中から雨降ってきたりして体感的には昨日のバカ暑さから比べりゃ対した暑さではなかったね。
ま、予報通り雨が降ってきたんで鉢物にはちょうどいいお湿りになってくれればよしだ。


RIMG0220_縮小

さて鉢物を出すためにハウスの封印を解いたわけでして、
ついに無加温越冬場所が外の空気に触れる場所に変身。
風も通るし気温も高くなったんで水やりしなきゃなーと思っていたわけですが・・・・

RIMG0221_縮小

なんかやけに草生えてんなーと思ってよく見たらなんとまあミズがもじゃもじゃ。
途中で枯れて溶けるような感じだったものが多数発生していたため、
正直ミズ栽培は難しいなーと思ってほぼあきらめていたような感じでしたが、
諦めないでずっと散水して管理してたのが功を奏した感じです。

RIMG0222_縮小
RIMG0223_縮小

むかごまいて今年で3年目になるんでしょうかね。
ポットのままなんでひょろいのはしょうがないっすけど、
株数はずいぶんと増えてきている感じがします。
一応株としての成熟は進んでいたようですね。
じゃあなんで途中で地上部がなくなってダメになってしまうもんが多かったんでしょうかねぇ。
最後まで残ってむかごまでできた株もそこそこあったわけで、
何かしら地上部が死に絶える要因があったという事でしょうかね。
単純に言えば夏場の日差しがきついのと気温が高過ぎ問題だとは思いますが。
やっぱ日陰の作物ですかね。

RIMG0225_縮小
RIMG0224_縮小

その他ここにあるポットでいうと上のやつがオオナルコユリ、下のがアマドコロ。
どちらもなんとも言えないような状況でしたが無事生存確認できて来ました。
特にオオナルコユリはかなりの幼苗、最初の時に畑に植えて全滅するレベルでしたし、
今回のものもずっと直射に当てないように管理しても早い段階で地上部がなくなってたんで、
ミズ同様に全然ダメじゃねぇかってな感じでしたからね。
生きてただけでうれしい限り、アマドコロよりもでかい状態で収穫できるだけに、
オオナルコユリを何とかして増やしていきたいところではあります。
何株生きてるかそこも問題・・・・・

RIMG0240_縮小

ポットが動き出していたのはよかったなーってなところ、
外のはまだまだでしょうよと思ったら小屋近くのタラちゃんもうすぐ収穫できるサイズのが(汗
いやいや早すぎでしょ――
もうタラちゃんの時期かよ。今年もあちこち見て収穫しなきゃならんなー

RIMG0241_縮小

そういやタラちゃんって勝手にどんどん増えるよね。
なんか毎年大木の周りに小さいのが増えてるわ。
収量が勝手に増えるのは非常にありがたいぜー
でかいのはどんどんとりにくくなるけどね(汗


桜も咲いたし夏も来たし山菜シーズンだな。
ん?間が何かおかしい?気のせい気のせい。
山菜と言ったら夏ですよ(笑
春というものを忘れた当地、もうすぐ山のモノがあふれる時期だ。


2024-04-15(Mon)

夏が来たので鉢物を外に出す。

暑いね。
全国ニュースにも出たけど当地最高気温30度超えて真夏日
今桜咲いてきているんだけど夏が来ました。
こういう暑さはサツマイモ植えるあたりで経験はあるけど、
4月半ばでこの暑さは記憶にございませんことよ。
うーん、5月頭にこういうのがあったような気もしなくもないけど、
とりあえず4月中にこんなバカ暑さが来ることってまずないっすよね。
こんな暑さよりも名残雪のほうがめずらしくないと思いますわ。
(気象庁によれば横手の4月の記録として2015年4月29日の31,6℃らしい)

RIMG0228_縮小
RIMG0229_縮小

桜満開の夏!!
良い季節になったもんだ(笑
こう暑いとパッと咲いてパッと散りそうですな。
うちの小屋の前にある山桜も朝から動き出して夕方には満開になっとりましたよ。
ホントにヤベー気温でした。

RIMG0215_縮小

こうなってきたらもう鉢物は外に出しておきます。
昨日ブルーベリーを搬出しまして、

RIMG0230_縮小

本日柑橘を搬出。
あまりにも暑いんでハウスの封印を解きましたんでね。
鉢を出すことができるようになって早々に一気に出してしまった。

RIMG0231_縮小

もうすでにスダチの蕾はかなり膨らんでます。
こう暑ければもうすぐにでも開花しそうな気がする。

RIMG0234_縮小

蕾で言えばレモンの新人、璃の香もかなり蕾が大きくなってきた。
蕾と同時に新芽も動き出しているので今年は1個くらいならなっても大丈夫かもしれない。
今年の生育に期待だ。

RIMG0235_縮小

フィンガーライムも数本花火のようにバラバラと蕾が出てきた。
去年初収穫、今年はもっと収量増えるかな?
四季成り性があるんですが、うまいこと2回収穫できれば万々歳でしょう。
まずは春の開花で実ができるかどうか。


とりあえず鉢物で出せるもんは出した。
霜の心配はもうほぼないような感じではあるけどまだ予報では一桁台があるのでそこは注意だね。
急激な気温上昇で人間もだけど植物もびっくりだろうねぇ。
おかしげなことにならなきゃいいんだけど、ひとまず鉢物は外管理に移行しましたー


2024-04-14(Sun)

ハオルチアの水やり開始と一時的な日焼け

RIMG0206_縮小

どもー
ノンシュガーが実は無糖じゃなくてがっかりした椎たけ夫ですー
あ、一応無糖なのか。甘さはあるだけで。
なんとも厄介なことでこちらのノンスイートは完全無糖でした。
前も何か別ので無糖じゃないのに甘いってのに当たったことがあってがっかりしたんだよね。
アテクシコーヒーは無糖派なもんでノンシュガーで甘いときは非常にイラっとします(笑
ノンシュガーなら人工甘味料もなしで頼みますよ。
ジュースの甘さがほんとにダメになってきた今日この頃。


さてさて本日も暑い暑い1日となりまして。
昨日で植菌もまた一服状態ですんで午前中出荷行って来てから二度寝して昼めしまで寝てた(笑
暑いときに動きたくないので夕方から鉢植えいじりしたりしてからキノコ選別してきましたよ。
で、こう暖かくなってきていますので部屋で越冬しているハオルチアにガッツリ水やりしていってます。
ここ数日かけて1ケースずつ順番に水やりして水切ってから再び搬入という感じで。

RIMG0210_縮小

こちらは9㎝ポットの奴らですね。
きちんとこのサイズだけで集まったやつはこれだけ。
後はでかいのやら7,5㎝ポットやら様々混じってたんで、
でこぼこした状態で見た目が・・・でしたんでこちらを写真にしといたわけで。
花芽も結構出てきているんでもう完全に動き出しているんですが、
いかんせん部屋ではガッツリ水やれませんので外に持ってきて底から出る程度に水を与えておきました。
最低気温がいまいち安定しないのでまだ完全に外に置いとくのも心配なんで、
今の暑いうちに作業してもうちょっと気温の状況を注視です。
もう全部小屋のほうに持って行っておけば管理は楽でしょうけどねぇ。
小屋のほうでも置き場所無いんでもうちょっと辛抱してもらいますわ。

RIMG0200_縮小

んで小屋のほう、こちらは日が当たったりあたらなかったりの場所に置いてるんだけど、
ガッツリ日に当たったあたりから結構な黒を発現してきた。
といっても黒焦げで焼けてしまってるって状況ではないんですがねー

RIMG0201_縮小
RIMG0202_縮小

数株一時的に黒っぽくなったって感じです。
そもそも黒っぽい品種のものもあるんで日に当たったことでそれが一層強くなった感もある。
まあ一日中外に置いといてガンガンに日に当ててるってことではないので、
枯死するほどのことではないと思われます。
しかしまーちょっと見ないうちにいろんな変化を起こすもんですね。
こりゃヤバいっていう状態だけはならないように注意しとかないとね。
後は定期的な水やりで気を付けていきまっす。
もう少しすりゃ開花も始まるし交配楽しみではあります。


2024-04-13(Sat)

ウオー2000打ったった――

今日も激アツ、アチーアチーとハウスでお仕事。
我慢大会のような状況下での植菌作業、なんとまあ本日午前中に終了。

RIMG0207_縮小

終了といっても今回到着していた2000本分の植菌。
2000本とか来週までかかるかもなーなんて思ってたらまさか今日の、
しかも午前中に終わるとは思っても見なかったなぁ。

RIMG0208_縮小

まあ今回のやたら太いのが多かったせいで2000のうち100数十本はじいてるからだと思うんだけど、
それだとしても実質稼働5日で完了するとはねー
オヤジさんが残業しまくって400近く植菌してたからでしょうな。
アテクシも早いとこ終わらせるために昼休み少々早く切り上げて作業再開してたり、
まーみんなの力で頑張ってってところかね。
気温が高くて機械の調子がすこぶるよかったというのも付け加えておこう(笑

RIMG0211_縮小

午後は久しぶりにのんびり。
カロリー爆弾で一服だ。
コーヒーは無糖なのでカロリーは実質ゼロで(笑
いやー週の始めから激務続きだったけどよくやったわ。

RIMG0209_縮小

スーパー出荷に行ったら横手市内は桜がだいぶ咲いてきていましたわ。
急激に開花進むくらいの気温上昇です。
ちょうど週末でお花見にはもってこいかもね。
まあ植菌作業からしてみるとヤベー気温、植菌後の管理も難しくなりますしね。
なるべく暑くなる前に早いところ終わらせたいけど残り2000はいつになるやら。
ひとまず1回目の2000が終わり植菌本数で7000まで来ました。
頑張って残り1週間、早いとこ原木来いーー


2024-04-12(Fri)

ロックンロール

あっちーー

こっちーそっちーどっちー

じゃーなーくーてー暑い。
今日は植菌ハウスが激アツ、汗ダラダラでのお仕事になりました。
いやはや参りますね、これだけ暑いとのぼせてきちゃいますよ。
だからこそここまで遅くなってしまうのは困りもんってやつです。
寒い中やるのもきついけど暑いのはもっとキツイ。
まずあと1日頑張るしかないっすわ。


RIMG0181_縮小

本日はロックンロールなお話。
といっても音楽のほうじゃないけどねー
こちらロックンロールという名前の付いた奴。
正式にはロックンロールAだけどね。
ロックウッディとベヌスタの交配種なんでロックンロール。
ロックウッディの特徴がよく出た感じの形状ですね。
思ってたよりもずっとでかいです。

RIMG0182_縮小
RIMG0183_縮小

ロックウッディは玉葱みたいに薄い葉っぱが折り重なっていくんだけど、
交配種のロックンロールも似たような感じで育って行ってますね。
ただ葉っぱの厚さはこっちのほうがしっかりしているし、
何よりも葉の枯れこみがないので見栄えとしてはこっちのほうがいいです。
まあ葉っぱの枯れこみ含めてロックウッディの良さといえばそうなんだけどねー
私は枯れこみがないほうが好みなんでロックウッディよりこっちを入手しました。

RIMG0184_縮小

子株が切り離せる大きさでいたので植え付け時に分解しておきました。
時期的には植え替えするにはいい時期、
手持ちの奴らにも分解したほうがよさげなものがあったし、
仕事が少し楽になったところで作業していこうかなー
ロックンロール、入手早々に2株に増加しましたー(笑


2024-04-11(Thu)

クリーナーはきれいに。

RIMG0205_縮小

どもども。
連日暑い中植菌作業は順調に。
本日あの2000本の山がきれいさっぱりなくなりました。
残っているのはぶっとい奴らのみですね。
後はもう明日明後日精いっぱいやってどこまで行くかですか。
ラスト1台分2000本が来週来るかどうかが不明なのが困りもんですが・・・・
今はもうやれることをやるほかないです。

NEC_0008_縮小

そういやこれが携帯で撮った写真のストックラスト分ですかね。
本日はこのエアコンプレッサーのお話。
これで植菌機にエアを供給していまして、各部位の上下動だったり封ろうの吹き付けだったり、
様々なところで使うために大量に圧縮空気を作ってるわけで。
ところがここ数年どうもエアの不具合で機械が停止することがありまして、
あちこちからのエア漏れ要因ではなかろうかとパッキン交換してもなお起きる不具合。
いったいこれはどういうことか?
でこのコンプレッサー本体のほうで何かあるんでないかということになったわけですよ。

197TkYf8G83jEEC1712834927_1712834967.jpg

コンプレッサーの空気取り入れ口が最初の問題点でして、
2,3年前ですかね、あまりにおかしいんでここを開けたらハチの巣でふさがってたということが(大汗
それもあって毎年確認しててもやっぱり不具合が起きてたんですね。
そこで今回また別な点で見てみたわけで。

pWY9XxB0akAISnC1712834984_1712835026.jpg

こちらクリーナーですね。
えーっと・・・・汚いね(汗
そうですよ、こちら購入してから全然掃除も何もしてなかったはず。
そりゃあ目詰まり起こして空気取り込めなくなるわ。
最初のころは稼働して停止してしばらくしてまた稼働してを繰り返してたのに、
ここ数年はなぜか常時稼働してたのでおかしいなーと思ってたんですよ。
こんな簡単なことに気付かないのはいかんですね。
これを作業開始前に交換したところ最初のころの様に稼働して停止しての通常動作に戻ったし、
機械のほうもエア不足などによる機能不全も起きなくなった。
いやはやもっと早くに気付くべき問題でしたね。
なんとも残念なことだ(汗

NEC_0011_縮小

ストックなんでちょうど5000本作業終わったあたりのですね。
エアホースでずいぶん遠くまでつないで供給してます。
地面に這わせると劣化して穴が開きやすいので散水パイプ使って上部を通してます。
エア供給に問題なくなったし機械がガンガン動けばあっと言う間よー
あちこちメンテはしてたつもりだけどまだまだ見過ごしてることがあったもんでしたわ。
作業開始前に見るべきことまとめておいたほうがいいかもしれんね。


2024-04-10(Wed)

やっぱり多葉はいいよ

グワー疲れた。
エネルギー切れが起きてるってのもあったんだけど、
正直夕方の収穫したキノコ選別が精神的にガッツリ削りやがった(泣
植菌終わりでヘロヘロしてるところにナンジャコリャキノコってね・・・・・
晴れて暑くてキノコが進むのはいいとして乾きすぎ要因で変形が多いとめんどくさくてかなわん。
これもまた品種特性ってのもあるかもしれんけどさー
ちょっと現状試験菌の評価が悪い方向に針が触れてますなぁ。
あーもうマジやる気そぎ落とされて何もしたくない。
今日は早く寝るとする。


RIMG0131_縮小

まあそれはさておき本日の更新。
先日届いた荷物がこちらです。
もうちょっと箱の大きさ考えてくれりゃいいと思うんだけどね。
これ以下の箱のサイズがなかったという事でしょうな。
1ポットだけ届いたこいつの正体は・・・・

RIMG0132_縮小

久しぶりの多葉クローバー、グロリアスですよ。
グロリアスは2回目ですかね、1回目の購入以降なかなか見かけることがなくて入手できなかった品。
今回久しぶりに見つけて購入しました。
この手のクローバーって2月あたりから出てくるのか、
早い段階でなくなってることが多い感じがしますね。
当地じゃその時期からきても植えられなくて管理が大変になりがちです。
おかげで何度か買って植える前からなんか調子おかしくなって、
暖かくなってきたなーってときに虫に食われたり水切れ起きたりでダメになるパターン(泣
今年はすでに暖かいので植えるところの雪が消え次第早速定植したいところ。

RIMG0133_縮小
RIMG0134_縮小

グロリアスはとにかくきれいな多葉が多いです。
更に多葉なブリリアンはあまりに葉が多すぎてきれいな形状とはいかなかったっすからね。
まあきれいな13枚葉とかどうやっても難しいと思うけどさ――
グロリアスはすでに7枚葉とかあちこちに見られますんで、
これが増えてくれるととても面白いことになるなーといったところ。
今回こそは枯れることなくしっかり育ってほしいもんだけど・・・・・


クローバーは今まで何度も鉢植えにしてダメにしてきた手前、
今回はついに地植えの方向でいこうとおもってます。
いつもの花壇もどきなら湿度ありの日陰あり、もってこいの環境である。
それでもダメならもはや相性が最悪というほかない(大汗
あと1週間もすりゃ雪もなくなるだろうしさっさと植えて観察したいところ。


2024-04-09(Tue)

ヤーコンは比較的順調に。

昨日のバカ暑さから一転今日は冷たい雨となった。
今日はスーパー出荷に午後から行ってきたんだけど、
その時の温度計で6度、昨日の同じ時刻の気温からマイナス18度である。
朝から気温は下がる一方、結構冷え込んできてる感じがする。
流石に今日は汗だくで仕事なんてこともなく淡々と植菌作業してました。
明日からまた暑くなると思うけどまだまだ寒暖差が激しいですねぇ。


さて今日はヤーコンの現状報告会。
ヤーコンを始動したのって3月18日なんだねぇ。(2024ヤーコン始動
もう3週間以上なってんのか・・・・何とも時間が早いことで(汗

RIMG0113_縮小

いつもながらのこの状態、3月後半までは気温自体そんなに高くなかったけど、
暖房が入っていたので温水パイプで熱供給、芽出し促進はされてました。

RIMG0114_縮小

動き出しに気付いたのは10日くらいたってからですかね。
ポチポチッと芽が出始めたのがありました。
株分けの段階ですでに動き出してるなーってのもあったし、
そういうのが早めに出てきていたのかもしれないです。

RIMG0189_縮小
RIMG0190_縮小

んで現在はすでに結構な数が動き出して大きくなってきています。
昨日みたいな天気だったらもう外に出しておいたほうがよさそうなもんだけど、
まだ雪囲いがされてて早々に外に持ち出しができないところにあるもんで、
植菌作業があるなかではちょっと厳しいっすなー
しかしハウス内はかなり温度高くなりますし、暖房なくなったけど芽出しはどんどん進むと思います。
今んところは順調に来ていると思いますね。


やっぱりヤーコンは比較的簡単に苗作れますね。
今年は雪融けも早いし最速定植なるか??
ちょっと植菌が遅れてるってのが気がかりなんだけど畑始動までに終わらせられるかな?
それくらいにヤーコンはうまくいってますよ。


2024-04-08(Mon)

植菌再開でござい

今日も晴れて馬鹿暑かった。
そんな中朝一から原木到着、2000本の原木の荷下ろし作業から1日が始まった。

RIMG0187_縮小

ドギャーーンッと2000本の山。
やっぱりこの作業が一番きつい。
朝から汗だく死に物狂いだでー

RIMG0188_縮小

太いのが多いせいで山が高くなっちまって、
いつもよりもかなり高い山になってしまっています。
4m近くあるかもしれないですが、今度はこれを崩してハウスに搬入ですからさらにきつい。
1時間半かけておろした後休憩挟んですぐ搬入ですからね。

RIMG0193_縮小

とりあえず午前中でこれだけ運んで午後から私は植菌作業に入った。
激肉体労働の連続、もう今日の体力はからっからのすっからかんよ。
週の始まりからこんな状況で今週乗り切れるかしら(大汗

RIMG0191_縮小

ちなみにこれが午前中の切り崩し。
下から一気に崩すととっ散らかって危ないんで私が上に登って手渡し作業。
これでもまだ低いところで身長以上の高さだからね。
いかに今回の山が高いかって話よ。

RIMG0194_縮小
RIMG0195_縮小

おまけにやたら太いのが多いせいで体力の持っていかれ方がやべー
太いのはバシバシはじいて落としときましたが、
こうしてみると意外に細く見えるもんだけど実際は15㎝なんて当たり前の太さ。
このサイズになってくると1本重で20㎏近いのが出てくるんできついんだ。
こんなのを毎度棚に展開するとか地獄以外の何物でもない。
だから太いのはナメコとか打って外にほったらかすってのが常道になってるわけですよ。
しかし植菌本数の確保から言えば今回の太い奴もある程度植菌しないといけない・・・
いや、マジきついっす―――

RIMG0192_縮小

さて肝心の植菌作業、3週間くらいあいてるんで機械の具合もどうかと思ったんだけど、
気温が高いせいもあって機械の動き自体は上々。
植菌部は菌がおかしくなっていたんで廃棄してきれいに清掃してたんで問題なし。
蝋が最後のほうで出なくなった以外ほぼ順調に作業ができました。
やっぱり気温があると機械が良く動くんだよねぇ。
なんとも不思議だけどこれで苦しめられてた植菌ミスもほぼ解消、
チョットばかし楽に作業が進められそうです。

いやーしかし原木来るのが想定外に遅れてしまったもんだねぇ。
遅れ取り戻すってのはかなり大変になりますがなんとか頑張るしかないね。
もう1回2000本来るけどそれもいつ来るかだろうし。
今日みたいに月曜到着であれば来週末には植菌完了といけそうな気もしなくもないが果たして。
いずれにせよ明日以降もガンガン植菌作業、やっとこさ再開でまた忙しい日々が戻ってくるぞ――


2024-04-07(Sun)

原種系ってのもオツなもんですよ

今日は予報通りのバカ暑い1日だった。
スーパーへ出荷しに行った帰りの気温が23℃だったよ。
こう暑いしもう季節外れの雪ってことも無さそうなんでタイヤ交換したんだけど、
5時前だったのに汗がタラタラ。
いやはや急激な気温上昇はなかなかにこたえますなぁ。
明日は暑い中で植菌作業、というか2000本の原木をトラックから降ろさないといけない・・・・
明日1日で数キロやせるかもしんねぇ(笑


さて本日は週末ハオルチア、今日は最近気になってきた原種系のブツ。


DSCF2376_縮小
DSCF2377_縮小

原種系といってもこれはかなりメジャーな部類か、グロエネワルディですね。
グロエネ、グロエネ呼ばれてますが正式名でいけばグロエネワルディ。
窓の斑点が特徴的なやつですね。
窓が全体的に白いとかいうのは別にあるけど、これは斑点がものすごく多い。
艶々の窓にこういった斑点が出るようなのができると面白いかなーと思いますが、
とりあえず交配相手云々で買った初めての原種系統ですかね。

RIMG0088_縮小

そして最近になって原種系のあれこれを見かけるようになって入手したものがこちら。
ギフトベルゲンシスです。
今まで見てきた交配種とかとはまるっきり別物、こういうのもあるもんなのねーという感じで衝撃だった。
葉っぱは細長くて薄めですね。
立ち上がる系統でいうとダビディとかそういったものと葉っぱの長さ的には似通ってると思うけど、
肉厚な感じがなくすらっとした細長い奴は初めて見た。

RIMG0089_縮小

窓は大きくなくて斑点。
これもまた面白いもんであります。
原種系統は派手さってのはなくてもなかなか趣があります。

RIMG0173_縮小

次いでルファ
赤紫に色づくことが名前の由来らしいけどいったい何語のお話なんだろうか(汗
以前紹介したukukhanyaというのはズールー語で光って話だったけどね。
現状赤紫色っての感じではないです。

RIMG0174_縮小

赤っぽくなったら窓を透かした感じがとてもいいだろうなーというところ。
紹介されてた写真がいい感じだったんで入手しました。
そういやこれに関しては背が低くて地面に埋もれてるような感じの形状ですね。
生息域ではそんな感じでいるんだろうかねぇ。
まあ環境が全く違う当地で同じようにやる必要性はないでしょうけども――


いやしかしハオルチアの本買ってみてたぐらいじゃ知らんようなもんがゴロゴロあるもんで。
本にあるもんでもオッて気になるようなもんはあったけど、
それ以上になんじゃこりゃあーってのにふいに出会うから面白いもんだで。
まだまだいろんなのが見つかると思うんで、
その時は他にないような特徴あるようなもんは入手に動くかなー
収集熱はまだまだアチアチですぜ(笑



2024-04-06(Sat)

思った以上に回収した紅芯大根

今日は暑くなった。
久しぶりに半そで作業ができるくらいには暑かったけど、
実のところ明日明後日がもっとヤバくて早速夏日になりかねないような状況。
それでいて朝は放射冷却でガッツリ霜降ってるし気温の上下動がやばいっすな。
こんな感じだと当地の桜はバッと咲いてバッと終わりそうな感じがする(汗
まー毎年のことだけど―――(笑


RIMG0186_縮小

さて本日を持って畑の片付けがほとんど終わりました。
ほとんどというのはチコリーがまだ残ってるからですね。
残ってる量の多かったオクラのほうは昨日今日のガンガン日光で水が飛んでくれましたんで、
防草シートの片付けも無事完了となりました。
あまりに乾いて土を払うとホコリがすごくて鼻の中が真っ黒になりますね(汗

RIMG0185_縮小

チコリー横の防草シートも片付けましたが、
改めて今年のチコリーのところのネズミ被害はとんでもなかったなーというのがわかる。
こんな大穴開けてチコリーはもとよりマルチも防草シートも大穴開けてますからね。
どんなでかい奴らが生活してたんだろうねぇ。
まさかアナグマがいたってことはさすがにないだろうけど・・・・

RIMG0177_縮小

で、片付けで言うとカブは回収して販売したのは前に書いたんですが、
中身があまりよくなさそうな紅芯大根どうすっかなーと、
とりあえず残ってるもの全部引っこ抜いていったわけでございまして。
中になぜか外側も赤い大根が2個ほどあったり、
やっぱり割れが目立つ奴とか物自体そうでもないなーというのがゴロゴロ。

RIMG0178_縮小

しかしそれでも腐ってるやつとかを除けばこんなにいっぱいになってしまったわけでして。
これを家で消費するのはさすがに厳しいので、
やっぱり安くでも販売するかーという事で動き出しとります。
意外な事に割れてるのとかを確認のために真っ二つにすると、
スが入ってなくてきれいな赤い中身だったりするもんで、
これならまあ何とかなるかなーといった具合で様子を見ながら販売です。
割れてるのも包丁でぶった切って大丈夫そうなら訳ありで販売。
まー結局ゼロ円予定のだから多少小銭稼ぎできりゃ儲けもんって具合に投げ売りっすよ。
きちんとできてりゃそれなりの値段で売れるもんなんでもったいないっすけどね。
しくじってるのは自分なんで致し方なし。


なんやかんや言おうと春物が出てくるまでのこの時期の端境期に、
思いがけず売れるものが出てきたのは幸運だったと言えるのかな。
雪もほぼ消えたんでこの暑さだと山菜もあっという間に出てきそうなもんだけどさ。
やっとこ片付け終わったけどすぐなんぞの収穫開始だな。
ホント1年サイクル早くてまいりますな。



2024-04-05(Fri)

丸坊主のカラタチは無事生きていた。

なかなか来ない原木、しょうがないので通常業務やら畑の片付けやらで過ごしています。
畑のほうはまあまああらかた片付きそうで明日にはチコリー除いて作業完了予定。
なんとか原木来て再び忙しくなる前に作業終われそうでよかったなーといったところ。
その原木のほう、やっとこさ月曜日に来るとのことで来週から再び植菌作業開始です。
3月の季節外れの岩手県沿岸方面の大雪で1か月近く作業が止まってしまってるらしい。
うちも気づけば3週間止まるのか?ヤベーっす。
最速で4月20くらいかな、うーん今年は大幅に遅れてしまってます。


RIMG0119_縮小

まあそんなこともあって通常業務をホイホイ頑張ります。
時間ができるのですってんてんに棚をあけていくことができます。

RIMG0120_縮小

といっても追いばえがひどいのを集めたりするんで、
完璧にすってんてんに棚があくってのはまれですかね。
これだけきれいにあいてるのはもうひと手間欠けてるってとこ。

RIMG0115_縮小
RIMG0116_縮小

棚がきれいにあくと一番奥で眠っている柑橘の鉢物がちゃんと現れます。
榾木があると水やりしにくかったんでこのタイミングを使って水やり。
手前のほうにある大きい鉢は動き出しが見えてましたがこっちのほうは、と。

RIMG0117_縮小

お、いたいた。
ピント全然あってないけど動き出してますね。
周り見てわかるとおりこちらのカラタチほぼすべて丸坊主越冬です。
どうもカラタチは葉っぱがしっかり残っての越冬はほぼしたことがなく、
毎年越冬時には丸坊主になってしまっています。
それでも毎度何とか生き延びていまして、今年も無事動き出しを確認できました。

RIMG0118_縮小

ただ今年早速にカイガラムシの繁殖も確認。
いやーこの時期で言えば石灰硫黄合剤とかやりゃいいのかもしれんけど、
ハウス内じゃ使えないし外に出してからマシン油かなぁ。
越冬わりの春一番防除で対応します。
そういや果樹農家も春先から防除で忙しくなってきますね。
越冬害虫・病害防除はその年のいいスタートのために大事なんすなぁ。

カイガラムシなんてのは柑橘やるまでほとんど気にもしなかったもんだけど、
出てくるとこれはとんでもなく厄介もんでございますね。
木を枯らすような感じまではないけどとにかく葉っぱとか枝が汚くなってしょうがない。
去年マシン油で多少効果を実感したんで今年も適時防除で対応ですかな。
植物も虫も動き出したしもうすっかり春ですねー


2024-04-04(Thu)

畑の片付け開始 チコリー編

今日は昨日に続いて畑の片付けの話。
今回はチコリーのほうの状況確認ですかね。

RIMG0147_縮小

チコリーというかルシアですね。
去年は夏場が暑過ぎたせいなのか思ったよりも生育が悪くて収穫できるものが少なかったわけで。
しょうがなくそのままほったらかしになっていたんですが、
まあ葉物ってのは雪の下に長いこといると葉っぱが溶けてダメになってしまうもんなので、
この現状見てもやっぱりこんなもんだよねーという感じでした。

RIMG0149_縮小

それでも結構きれいな葉っぱをしたものがあったりしてね。
これらは収穫しても大丈夫かもしれないと一応採ってみたところ・・・・

RIMG0154_縮小

そもそもが大きくなってないしそれでいて外葉が溶けて小さくなってるんで、
雪の重みでぺっちゃんこになってこれはダメだろ状態(汗
それでもいくばくか食えるかなーというものを収穫しました。

RIMG0153_縮小

遮光がしっかりできていればこのきれいな葉っぱになるんだなーという感じ。
大きく育てることができさえすれば結果的に中身はこの色の葉っぱになるんで、
いかに株を大きく育てられるかが勝負ってところですかね。
このルシアはいい種に出会ったので揃いもいいし結構しっかり育つんですよね。
あとは自分の腕次第、今年もちょろっとだけやろうかね。


さてそのルシアなんですが形として残ってるものとそうでないものが実ははっきり。
溶けたんでしょってのはまあ確かになんですが、
実はそれ以上に今回の越冬後のルシアはやばいことになってました。

RIMG0150_縮小

分かります?、穴だらけなの。
今回ネズミが食い散らかしたようでかなりの数がなくなってました。

RIMG0151_縮小

底から全部食って穴があいてる状態。
こんなに全部やられてるのは初めて見る。

RIMG0152_縮小
RIMG0148_縮小

きれいに穴だけ開いてるのから土を掘り起こして外に運んでるやら。
とにかくもう食い散らかしやがってあっちこっち穴だらけ。
マルチもそうだけど防草シートにまで穴開けやがって最悪です。
しかし不思議なのはチコリー食ってカブや紅芯大根は食われてないってこと。
いったいこれはどういう事なんだろうねぇ。

RIMG0167_縮小

採れそうなもの採って食われた奴は廃棄して、
残ってる株はペちゃんこすぎて採りにくいんで多少葉が展開して盛り上がってから回収することにしました。
という事でチコリーのマルチとか防草シートはまだそのままですが、
他のところにマルチや防草シート剥いでここまで片付けた。
だいぶ片付いたけどもう少しかかりますね。

RIMG0168_縮小

後こっちのオクラの片付けもまだある。
こっちの防草シートがなかなか乾かないってのが厄介。
しばらく晴れ続きなんで日曜までに何とかなればいいねぇ。
早いところすってんてんに片づけたいもんだ。
春先にあれこれ忙しくなる前にやっぱり去年のうちにできることはやっておきたかったねぇ。


2024-04-03(Wed)

畑の片付け開始 カブ編

気温が高いので一気に雪がなくなった。
畑があっという間に出てきましたよ。

RIMG0145_縮小

出てくるとまあ去年片付け切れなかったものが大量に。
マルチやら防草シートやら収穫できなかったものやら・・・・
とりあえずやれることからやっていくことにして、優先順位としては収穫できるものは収穫だ。

RIMG0146_縮小

カブのもものすけが意外にでかいのが残ってたんで、
食えそうなサイズのものはすべて収穫。
意外に雪の下で育ったのかねぇ。

RIMG0158_縮小

葉っぱはすべてとろけてしまってるんでカット、
根っこも切って収穫したらこんなにあったわ。
なんか思ってたよりも残ってたし使えそうなのが多かったね。

RIMG0159_縮小

特にこれは去年収穫した奴らよりもはるかにでかい個体になってた。
ここまでしっかり大きくなるもんだねぇ。

RIMG0156_縮小

そしてカブといえばもう一つ西洋カブの残骸も発見。
なんかもうわけわからん物体になっとりますね。
カブというフォルムから大きく逸脱してやがる。
引っこ抜くとやけに長い奴もいてカブよりも大根に近くなってたよ(笑

RIMG0157_縮小

栽培期間がバカ長いし変なフォルムだし中身はダメだろうと思って切ってみた。
土がついてるけどスが入ってるわけでもなく腐ってるわけでもなし。
ものすごく瑞々しい状態だったんでこれ食えるんじゃね?
という事で何となく大丈夫そうなものを収穫してきましたわ。
残りともものすけのカットした葉や小さい奴は畑の外へ廃棄処分。

RIMG0160_縮小

洗うとより鮮やかなもものすけ。
水切れたら出荷しまーす。
中身のほうが少し心配なんすけどね・・・・
なんせ中身が詰まってて水に沈むなら判別つくけど、
そもそも去年の段階でも水に浮くという結果が出てるんで洗う段階では大丈夫か判断できず。

RIMG0172_縮小

凍傷おってちょっと傷みが見えるものを代表してカットしたところ全然問題ないことが判明。
西洋カブもそうだったけどカブって案外長持ちするもんなんですねぇ。
今年もものすけは保留ですが西洋カブはやるつもりです。
カブ臭さが少なくて甘くておいしいということが判明しましたからねー
デカさもあるし物持ちもいいとなれば優良根菜認定ですぜ。
・・・また秋口の作物増えるけどね(汗


これから先晴れが続きそうなんでボチボチ作業進めていく予定です。
特に防草シートは乾かないとたためませんのでガンガン晴れてさっさと乾いて欲しいですね。
まだ早速畑始動とはいきませんのでじっくりのんびりやれることやっていきましょ。
ま、植菌もまだ終わってないんでのんびりしすぎると作業終わらないまま大変なことになるけど―――


2024-04-02(Tue)

あんまし量が出てない試験菌

RIMG0126_縮小

だいぶ気温も上がってきているのでキノコの発生も徐々に良くなって来る時期。
ただまだ冬場の発生からダメージが抜けきってない状態、
1回目の発生からかなり期間は開いている試験菌だけどあまり発生のほうはよくない。
棚の矢印から試験菌の榾木です。

RIMG0127_縮小
RIMG0128_縮小

2回目の発生でも芽数が少ないよね。
全体量が少なくなるのが一番困る状態です。

RIMG0129_縮小

キノコ自体はでかいのがあるけどさー
ボツンボツンとでかいのが数個採れるだけじゃだめよね。

RIMG0130_縮小

たまにこれぐらい芽数があるのもあるんだけど、
ほとんどの榾木は数個しかないので現状谷間の時期でござい。

RIMG0142_縮小

その試験菌も昨日で浸水が終わったので今日からメイン品種の2年ホダの浸水開始です。
所謂古ホダという扱いになってきますがまだまだやれる。
ただし冬場に散水がゼロで結構抑制されているので、
休養期間長め 対 散水抑制 で芽数と大きさがどうなってるかですねー
ある程度の大きさのが量採れればよし、バラバラと細かいの多くなると・・・・残念。
全然ダメなのが量も質もダメなパターンだけどさ、
流石にかなりの期間寝かせてるから出てくれるとは思うけど果たして。

RIMG0143_縮小

一方でメイン品種の新ホダはやっとこさ長期休養に入るわけですね。
1回浸水発生から即W浸水で連続発生でここまで頑張ってくれました。
3か月くらい回しっぱなしですからね、古ホダ使い終わるまでですが長期お休みで回復させます。

RIMG0144_縮小

しかしよく見ていくとなにやらあちこちで追いばえが発生中。
今までは休養舎の温度が高くなかったんで抑えられてたんだと思うけど、
晴れるとハウス内20℃以上になりますからね、
朝晩と日中の気温差でキノコが出ちゃうんでしょうな。
立派なキノコなんでとれるやつはとって利用だー
何でも売れるもんは売る、商魂たくましく―(笑


浸水発生の試験菌がいまいちなんでしばらくはモノの少ない状態になります。
次のメイン古ホダでリカバリーきけばいいんですけどねー
冬季明けの今の時期はなかなか安定しないのが常、
厳冬期に頑張ってたぶん今は少しばかり充電期間とポジティブにとらえときましょう。


2024-04-01(Mon)

お久しぶりねー、浜ニュークリーム

気が付けば…4月!!
なんという事だ、新年度始まりじゃねぇか。
そういや今日は初心者マークつけてスーツ着た若いのが何人か運転してたなー
毎日運転してると必ずヤベー運転するのがいるからそういうのにならないように気をつけてほしいねぇ。
一昨日なんかパトカーの目の前で一時不停止して追っかけられてる馬鹿者がいたからねぇ(汗
何か悪いことしました?的な感じでいたのを見るに日常的にやってるからなんだよな。
車校で習ったこと初心者マークあるうちはしっかりやっときゃ間違いなし。
たまに初心者マークつけていきってぶっ飛ばす馬鹿もいるけどさー(笑
新社会人よ、気を付けて頑張ってくれたまえ―
農民生活ももう何年かで20年目になるアテクシからでござんした。


さて、4月に入ってしまいました。
そうなると畑も出てくるしあったかくもなるし作業がどんどん出てきます。
本日は種まき、夏物のオクラオンリーからの脱却、
今年は久方ぶりに白ピーマンの浜ニュークリームをいっちょやるかーとね。
ただ注文した後に時間がかかって本日種が来たので急いで種まきをした次第。

RIMG0135_縮小

浜ニュークリームをやるのはどうやら9年ぶりくらいのようで。
カテゴリ分けが2015になってるんで多分そこら辺以来の浜ニュークリーム。
最初は肥料やらずに育ててたこともあってちょこちょこの収穫しかできなかったけど、
実験農場で春から冬までカラーピーマン栽培した経験もあるし、
夏から霜降るまで頑張りたいなーという感じで。
とりあえず毎日収穫しなくても何とかなる範囲でやっていこうかな、と。
これ結構うまいピーマンで固定種扱いになってて種もとることができるしねぇ。

RIMG0136_縮小

そして地味に調理トマトを栽培してみることに。
調理トマトというと以前海外のリオグランデを育ててたけど、
最近海外のトマト種子ってなかなか入ってこなくなってるんだよね。
ってかダビデの星とかイタリア唐辛子のストロンボリとかいろんなものが手に入らなくなってきているのがね。
優良なものは自分で何とか残していかないといけないけど、
今回リオグランデが手に入らなかったのでパスタというまんまの名前のトマトをまくことに。
調理トマトなんて作ってる人ほぼいないんでニッチな作物としてどうかって感じ。

RIMG0137_縮小

唐辛子はボイラーで加温できたけど時期が時期なだけにボイラーも常時稼働してなくて、
加温ができないため今回は通常通りにセルまきでほったらかし。
温度が絶対的に足りないので発芽までかなりかかる可能性が高いけど、
晴れると20℃以上にはなるんで頑張ってほしいもんですね。

RIMG0138_縮小
RIMG0139_縮小

ちなみに先の唐辛子は意外に順調に育ってきていまして、
先にセル仮植したエトナは本葉が見え始めました。
灌水をかなり絞ってるんで徒長は最低限でとどめられてるかと思います。
ただ数株萎れてるのがありましたけど(汗
久しぶりに底面かん水してまた数日ほったらかしです。
唐辛子に早いところ追いついて欲しいトマト&ピーマンである。


夏物ばらけたことで今年は結構な品種を栽培することになりそうですね。
といっても秋冬の根菜はほぼほったらかしだし、
夏物は少なくばらけるんで作業時間はそこまで心配はしてないです。
まああれこれやるのにいまだ畑の割り振り考えてないっていう致命的なもんがありますがーー(大汗
新しいもんやるし仕立て方も考えなきゃ・・・・
4月に入って忙しさがやばくなってくるぞ―――


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村