2013-12-02(Mon)

2013振り返り ひもとうがらし編

12月になったので、今年の畑について振り返ってみたいと思う。

今日は「ひもとうがらし」


IMG_3970_縮小

今年は去年よりも早く植えようと、
人肌催芽なるものを実施。
種をティッシュで包んでぬらした状態で袋に入れ、
それを肌身離さず持ち歩くというもの。
結果、何の施設もなく発根させることに成功。

IMG_4054_縮小

発根までは約10日。
これをポットにまいて発芽させるはずだったが・・・・

IMG_4070_縮小

発根まではうまくいっていたんだけど、
今年は春に寒波がひどく、ハウス内の温度が予想以上に低く、
発芽が非常に遅くなってしまった。


IMG_4185_縮小

ポットまきから約2週間後から発芽開始。
やはり当地では植え付けから逆算で種まきするのは難しい。
特に春先は低温が続くので加温施設が無いと大変だ。
ここ数年の大雪が影響しているんだけどね。

IMG_4286_縮小

種まきから約1カ月でようやく発芽がそろう。
今年はここで大失敗。
いきなり直射をガンガン当ててしまい、
双葉が枯れてしまうものが続発。
この時点で今年の苗づくりは失敗したといっても過言ではない(汗


IMG_4538_縮小

それでもどうにか大きくなっては来た。
ただ今年は天候が安定せず、低温晴れ大雨。
ずっとハウス内で育苗することになってしまったため、
明らかな日光不足。
生育が遅く、いつまでたっても植え付けサイズにならなかった。
いかに天候不順が影響するかということを痛感。


P1000434_縮小
P1000435_縮小

種まきから約3カ月後植え付け。(4・7⇒7・2)
ちなみに去年は7月7日に植え付け。
去年は種まきが5月1日なので、今年はどれだけ遅れたかがわかる。
気温とれないのは非常に厳しいね。

P1000599_縮小

植え付け後3週間ほどで開花。
ここまで順調に成長するものもあれば、

P1000598_縮小

今年は初めて枯れた株も出た。
多分これは雨による過湿が原因だと思う。
今年は家のピーマンも同じようになって枯れたらしいので、
過湿には注意しないといけないようだ。


P1000673_縮小

開花から1週間ほどで実が大きくなってくる。
実がついてる割に株が小さい。
去年もそうだったけど、やはり肥料が無いと株が大きくならない。
これが種採り連作で改善していくのかどうか、来年から実験だ。
駄目なら別の手をとらざるを得ないが・・


P1000790_縮小

収穫が本格化したのが8月後半。
この時点で夏野菜としては遅すぎる。
早く植えて早く収穫開始というもくろみは今年は大失敗。
苗作りの段階で失敗しているため、去年よりひどい(汗

P1000903_縮小

収穫最盛期でも、今年は去年の失敗を受けて種採り開始。
去年より1カ月早い種採り開始。
それでも色づきが遅く、今年も失敗したかと思ったが・・

P1010156_縮小
P1010214_縮小
P1010273_縮小

雪が降るぎりぎりに色付き終り収穫までこぎつけた。
やはりもっと早く種採りしないといけないらしい。
種採りを考えると植え付けを早くしないといけない。
だけど種まきを早くし過ぎるとどうにもならない。
今年の種まきくらいで温度をもっと取るようにしないといけない。
夏野菜を種から育てるのは大変であるという事が良く分かる。


P1010432_縮小

現在は乾燥中。
種がしっかり採れるのは来年。
私のひもとうがらし栽培は、
4月種まきから1・2月の種採り終わりまで約10カ月。
恐ろしく時間のかかる野菜だ(笑


去年今年と育ててみて、課題点を上げると、

・雪が多い当地での育苗は温度をとるすべを考えないときつい
・育苗期間が長いため気温天候異常をもろに食らう
  -ある程度余裕を持って育苗期間を設けた方がよさそうだ。
・種採りは8月から開始しないと雪ぎりぎり

あくまで秋田県横手市基準(笑
育苗と種採り以外は栽培は容易だと思う。
辛くないので、甘味噌炒めでよく食べてます。
油と相性がいいのは間違いない。
一度天ぷらにしてみたいけどどうだろうね。

来年は今年とった種からの栽培なので、
どういった成長になるかは全く不明。
ここが自家採種の怖いところではあるが・・・
来年は今年を越える収量になるように、工夫をしなくては・・・


スポンサーサイト

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

ケノーベルからリンクのご案内(2013/12/03 08:55)

横手市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村