FC2ブログ
2014-02-24(Mon)

災害対策の大事さを思い知る

今シーズンは異常な降雪が続いた。
当地では降り始めにドカ雪となって、ようやく回復しかけた果樹に再びの大打撃。
しかし、2度にわたった週末豪雪で普段降雪の少ない地域では、
こちらとは全然比較にならないほどの大打撃を受けた。

なんと言っても農業被害額が600億円をゆうに超えてしまっている。
横手市の初雪でも被害が数億な点で見ても被害額が尋常でない。
とはいえ億単位で被害が出てしまっていることは、
比較どうこうするようなものではないね。
もうすさまじい被害だとしか言いようがないわけで。


これは雪に対する想定を全くしていない施設が要因だろう。


IMG_3205_縮小

例えばハウス同士の間隔。
当地では間にハウスがもう1つ立つ様な間隔が普通。
こうしないと落ちた雪でハウスが押される・もしくは落ちれずに潰れるためだ。
雪の降らない所のハウスと言うののは、
えてしてハウス同士がつながっているものだ。
これに雪が降れば落ち場所が無いため簡単に潰れてしまう。

また、パイプの太さも違う。
太いほどやはり丈夫なので雪に対する耐性は強い。

ただまあ雪がめったに降らない場所に雪国仕様でハウスを立てるのは理にかなっているかと言うと・・
こうした降雪でむやみやたらに施設をつぶしてしまうよりはいいとは思うけども。


今回の様な豪雪と言うのはホントに稀で、
何十年に1度とかのことだったかもしれない。
しかしながらここ最近は異常気象と言うものは毎年のことのように起きている。
大雪・大雨・旱魃・高温・台風・竜巻・・・
これから先は毎年のようにこう雪が降るかもしれない。
まさに災害はいつ襲ってくるか分からないものある

どこぞの党が「200年に1度の災害に備える必要性はあるのか」
なんて言って予算ぶった切ってましたが、
まさにその災害が起きてしまっているわけで。
災害に対する備えなんてのは、し過ぎという事はない。
大は小を兼ねても小は大を兼ねることができないのだ。
今回の事を教訓として、除雪対策や避難対策なんてのはしっかり準備してもらいたいものだ。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村