FC2ブログ
2014-03-16(Sun)

偽装

全聾の作曲家として有名になっていた佐村河内氏。
その実態が暴露され、嘘にまみれた実態が明らかになった。
先日の謝罪会見という名の何がしたいのかよく分からない会見で、
新たな諍いの第二幕が切って落とされましたが、
それと通じるものがあるように感じる、
「食品の偽装」
について考えてみたいと思う。


今回佐村河内氏は耳が聞こえない(全聾)というウソ、
そしてゴーストライターに作ってもらっていたというウソがあったわけですが、
ゴーストライターの新垣氏が言っていたように、
「何らかのハンデがあった方が売れる」
という考えの元、活動していたわけだ。

確かに同じレベルであれば、ハンデを持っていた方が関心度は高くなるだろう。

 A |実力 |        
 B |実力 |ハンデ| ←こちらの方が注目度は高い

これを利用してひと儲けしていたわけだ。
実際これによって「現代のベートーベン」などと報じられ、
クラシックとしては異例のヒットを出した。

要するに、これはハンデ=ブランドとして考えていることではないだろうか?
普通にやっていたんでは儲けられないので、
付加価値としてハンデというブランドをつけたのではないだろうか。


さて、ここから食品の事に入っていきますが、
この「ブランド」と言うものが偽装と関わっているように思えるんですね。

上の例えと同じように、
売り手側とすれば儲けを出すために偽装を行う事が多いように思われる。
思い起こされるのが比内鳥社による比内地鶏の偽装
ミートホープによる牛肉コロッケの偽装だ。
ミートホープ←ミートホープに関してはこちらでどうぞ。

比内地鶏の偽装は卵をうみにくくなった廃鶏や卵を加工して比内地鶏として販売していた事件。
ミートホープは牛肉コロッケとして様々な肉などを混ぜて偽装して販売していた。
どちらも正規のものからすればコストは非常に安いわけで、
それにブランドがプラスされてぼろ儲けである。

なぜこれが成立していたのか?

比内地鶏についてスポットを当てて考える。
先ず比内地鶏は、
「歯ごたえはあるが加熱しても固くなり過ぎず、肉の味が濃い」「濃厚な脂の旨み」
というものが特徴なのだそうだ。

たいして廃鶏はと言うと、
肉は固くなり、正肉用には適さない
と言う事のようだ。
しかし、飼育期間が長くなっているため、うま味はある様で、
加工肉として利用されるそうだ。

つまり、
歯ごたえがありうまみがある⇒地鳥に似せられるんじゃない
ここから偽装が来ていたわけだな。

これがうまいことヒットし、売れたわけですが、
なんで早速にばれなかったのか?

答えは簡単

消費者がその物を知らないから


比内地鶏の件で、料理関係の知り合いが、
「歯ごたえがあったし、そういうものだと思っていた」
と言う事を言っていました。
そういうもんである。

なんと言うか、ブランドに対する妄信と言うものが存在している。
メディアでは〇〇牛がどうこう、〇〇産の野菜がどうこう果物がどうこう紹介されるけど、
ブランドのものが一般のものとどう違うのか分かっていないのが実態ではないだろうか。
むしろ作物そのものについての知識に疎いのではないだろうか。
(あるいい年した人が小豆や椎茸のでき方を全く知らなかったことにショックを受けたものだ)

そこにつけこんで偽装をする企業側には大きな問題があるけれど、
つけこまれる様な落ち度が消費者側にあるのも事実だ。
その食材がどこでどのような方法でできたからブランドを名乗っているか。
最近の人は食材がどのようにして作られているのかを知らないことがあるようだが、
「でき方」を知らないって深刻じゃないかな・・・・
知っていたから防げるものでもないけれど、知らなければ何もできないはずだ。


食品偽装については、
安い物を求める限り偽装は起きる
と言っていた人もおり、
コストを払わずに利益の享受を受けようとすれば、
こんなことが再び起こるのは必然なのかもしれない。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ブランドを

知らないので、ひっかかれません?w

Re: きくちゃんさん

> 知らないので、ひっかかれません?w

いやー知らなくても知らないうちに引っかかってるかもしれないっすよー
誤表示問題なんかはみんなやられてると思います。
ブランド物に限ったことでもないですし、
栽培方法、農薬、そんなことだっていくらでも騙せちゃいますからね。

本当ですね

おっしゃるとおり

今の世の中、便利になったけど今ある物の元を知らない。
魚だって切り身ばかり食べて元の形を知らない。
便利さを求めて端折り過ぎなのでしょう。便利さが人間を退化させる。

野菜だってそう、だからいくらでも騙せますね。

Re: 素流人

> おっしゃるとおり
>
> 今の世の中、便利になったけど今ある物の元を知らない。
> 魚だって切り身ばかり食べて元の形を知らない。
> 便利さを求めて端折り過ぎなのでしょう。便利さが人間を退化させる。

完全消費するだけの人が多くなったという事でしょうかね。
作物を作って食べるというプロセスが完全にないため、
食べ物の元がどんななのかが分からないんでしょうね。

> 野菜だってそう、だからいくらでも騙せますね。

何か事が起きるたびに手が打たれてきているんでしょうけど、
それでもなお簡単に起きてるのを見れば、
消費者側の意識もその一時にしかかわらないってことなんでしょうか。
なんだかオレオレ詐欺みたいなもんですね(汗
椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村