FC2ブログ
2014-09-06(Sat)

白オクラ、ネバネバがだだもれ

2018・5 ムチンに関する訂正入ってます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は晴れ。
快晴で結構な暑さ。
なんだ、まだこんな残暑が起きるのか・・・
まあしとしとと秋雨ばかりなのも困るからいいけど(笑

さて、

無肥料栽培で成長鈍いので、今収穫期を迎えている白オクラ。
収穫機といっても1日に10本もとれないんだけどね(汗
株は70~80株あるけど・・・・

その白オクラ、めちゃめちゃ粘るんですが、
その粘りの主成分ムチン多糖体とか言えばいいらしいです。
オクラの中だけじゃなくいたるところでだだもれ(笑

P1030093_縮小

茎に見える無数の球。
これはムチン多糖体の球。

P1030092_縮小

オクラ本体に関しては外側のうぶ毛にとんでもない量の液体。
触ればネタネタ――超だだ漏れ。
収穫時には注意しないと手がひたすらにべとつく(汗
これが白オクラの特徴かな。


収穫期ですけど、
来年用の種取りも同時並行で行ってます。

P1030094_縮小

種取り用という名の収穫遅れといえばそこまで(爆
オクラは霜降るといっぺんに終わるので、
なるべく早い時期から種取り用の物を準備。
ついてるところを見てもわかるとおり、1番果だったりする(笑
ま、果菜の種取りは難しいのでしょうがない。
難しいのは私だけかもしれないけど(汗


今年はとりあえず数キロ収穫できれば万々歳というところだろうか。
ちょっとオクラの時期が過ぎてきたことと、
うまいとわかってくれた人がいるもんで、作りがいがあるもんだ。
やっぱり自分が作ったものをうまいといってもらえるとうれしいよねー
農家はそれが一番の薬なのだよ(笑

白オクラは今のところ病気がないので作りやすい。
年を重ねるとどうなのよってなもんだけど・・・・
でも来年も作ること決定。
もう少し量増やそう。



おまけ。

オクラのムチンねばねばって虫から身を守るという役目もあるらしいけど、
それでもやつはやってくる。

P1030090_縮小

どこにでもいるねーカメムシのやつ。
インゲンも黒豆も小豆もたかり放題だ。
オクラも実の付け根を吸うので黒く変色するんだよなぁ・・・
こいつらが一番の問題かもしれない。

ちなみに・・・

P1030089_縮小

珍しい脱皮したてと思われる奴もいた。
どちらもご臨終していただきましたが。
まったく、カメムシの害虫度は高いな(汗


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

美味しいっていう言葉、
一番の薬かな?
何よりの励みになるじゃん♪

百姓は天気を味方につけたほうが勝ち!
(きのこは違うか?)
白オクラもうまくいったようで♪

No title

白オクラってそんなに凄い粘りですか、、。

ネバネバが大好きな者としては興味津々

そうか虫を寄せ付けないための防御策か、フムフム。
我が家は今年はオクラは全然だめでした。昨年は、うんざりするくらいあったのに、、、、。

私は出荷はしてないので経験ないけど美味しいって言ってもらえるのはこの上なくうれしいものでしょうね。

Re: なおさん

> 美味しいっていう言葉、
> 一番の薬かな?
> 何よりの励みになるじゃん♪

大量生産してると、なかなかお客さんの反応というのは届かないもんで。
近場でうまいねーとか言われるとうれしいのは当たり前かもね。

> 百姓は天気を味方につけたほうが勝ち!
> (きのこは違うか?)
> 白オクラもうまくいったようで♪

白オクラ「は」ですな(笑
その他はほぼ壊滅ですだ。
やってもやってもうまくいかないフラストレーション爆発状態。
去年もひどかったけど、今年はよりひどいですな。

Re: No title

> 白オクラってそんなに凄い粘りですか、、。
> ネバネバが大好きな者としては興味津々

婆さまが「まんつ粘るな」というくらい粘ります(笑
珍しいですしなかなかいい品種ですよ。

> そうか虫を寄せ付けないための防御策か、フムフム。
> 我が家は今年はオクラは全然だめでした。昨年は、うんざりするくらいあったのに、、、、。

オクラだめなとこはだめみたいですね。
天候ですかねやっぱり・・・

> 私は出荷はしてないので経験ないけど美味しいって言ってもらえるのはこの上なくうれしいものでしょうね。

何気ないことかもしれないですけど、
買ってもらった相手からうまかったといわれると作ってるかいってのがありますね。
逆に文句言われるとへこみますし(汗
そうならないように妥協しないで努力はしたいですねぇ

照会(みと・あかつかカンファレンス)

学術秘書
池田です。

「ムチン」と記述する根拠についてご教示くださいますようお願いいたします。

※参考
[1]デジタル大辞泉:
ムチン(mucin)
動物の上皮細胞・粘膜・唾液腺などが産生する粘性物質の総称。糖たんぱく質の一種で、アミノ酸がつながったポリペプチド鎖に糖鎖が枝状に結合した構造をもつ。
[補説]オクラや山芋などに含まれるぬめり成分もムチンと呼ばれることがある。これは高分子の多糖類とたんぱく質が結合したもので、動物の粘液に含まれるムチンとは異なる。
https://kotobank.jp/word/%E3%83%A0%E3%83%81%E3%83%B3-140618
[2] 丑田公規「クラゲの有効活用の限界とムチンの化学」『化学と教育』Vol. 65 (2017) No. 5 p. 228-231:
ムチンという化学物質については,一般人のみならず専門家の間にも誤った情報や呼称が広がっている。そこで,一般の化学教育に携わっている方に正確な情報をていねいにお伝えするため本稿を執筆することにした。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/kakyoshi/65/5/65_228/_pdf#page=3

では。


この件に関するお問い合わせ先:
みと・あかつかカンファレンス事務局長
ラクトース研究班「いもいち2025」班長代理
有限会社学術秘書
本店営業部
池田剛士
〒311-4141
茨城県水戸市赤塚1-386-1-107
電話:029-254-7189
携帯:090-4134-7927

Re: 池田剛士さん

学術的なことは教育機関などで習ったわけではないためこうでこうだとは何とも言えませんが、
自分が調べた範囲でオクラの茎葉につく丸い粒はムチン玉と呼ばれるものであるとありました。
一応、日本植物生理学会のホームページで質問の答えとして載っています。

https://jspp.org/hiroba/q_and_a/detail.html?id=2295&key=%E3%83%A0%E3%83%81%E3%83%B3&target=

情報提供(みと・あかつかカンファレンス)

学術秘書
池田です。


"ムチン"の誤報にかかる詳細な資料をご提供できます。

必要な場合、ご請求ください。

よろしくお願いいたします。

では。


この件に関するお問い合わせ先:
みと・あかつかカンファレンス事務局長
ラクトース研究班「いもいち2025」班長代理
有限会社学術秘書
本店営業部
池田剛士
〒311-4141
茨城県水戸市赤塚1-386-1-107
電話:029-254-7189
携帯:090-4134-7927

Re: 池田剛士さん

要は動物性粘性糖タンパク物質がムチンで植物性はそうでないってことですかね。
学術的なことに関してはそういうこむずかしいサイトではないので遠慮しておきます。

お願い(みと・あかつかカンファレンス)

CC 警視庁; 東京地方検察庁; 消費者庁表示対策課食品表示対策室; 厚生労働省健康局健康課栄養指導室
BCC 首相官邸; 日本学術会議; 経済産業省 特許庁; 法務省; 外務省; 宮内庁



学術秘書
池田です。

記事の修正をお願いいたします。

修正が必要な記事の一覧、Googleキャッシュ検索の結果(site:genbokushiitake.blog.fc2.com ムチン)も併せてご確認ください。
https://www.google.co.jp/search?q=site%3Agenbokushiitake.blog.fc2.com+%E3%83%A0%E3%83%81%E3%83%B3&oq=site%3Agenbokushiitake.blog.fc2.com+%E3%83%A0%E3%83%81%E3%83%B3&aqs=chrome..69i57j69i58.4359j0j7&sourceid=chrome&ie=UTF-8

修正の際のポイントは、3つあります。

(1)「ムチン」という言葉を使うこと自体が誤り。
(「植物」の話をしていて、「ムチン」について語ること自体ナンセンスです。)

(2)「ムチン」と関連付けて語られてきた、夏バテ解消、スタミナ食材、疲労回復といった健康効果も全く根拠なし。
(「健康効果」は、ヒトや動物から分泌される「ムチン」本来の働きから想像された話であって、食べてどうこうの話ではありません。)

(3)「ネバネバの正体は『ムチン』」も誤り。
(「ムチン」は「糖たんぱく質」といわれますが、「植物の『糖たんぱく質』」はネバネバしていません。)

「植物の粘性物質をムチンと呼ぶことの根拠や起源」が判明いたしました。
(「『mucin』と『mucus』の混同」ないし「『mucus』の誤訳」、
「『mucin』と『mucilage』の混同」ないし「『mucilage』の誤訳」が誤報の原因でした。
つまり、動植物の粘性物質をムチンと呼ぶ「学説」は存在しません。
http://acsec.jp/mucin.html


“フィッシャーの呪い撲滅キャンペーン”へのご理解、ご協力をお願いいたします。
http://acsec.jp/maffgo.html

※虎の門外の変:
家来たちは、子どもを殺した。
http://toranomon.nokyoko.jp/

では。


この件に関するお問い合わせ先:
みと・あかつかカンファレンス事務局長
ラクトース研究班「いもいち2025」班長代理
有限会社学術秘書
本店営業部
池田剛士
〒311-4141
茨城県水戸市赤塚1-386-1-107
電話:029-254-7189
携帯:090-4134-7927

Re: 池田剛士さん

ムチンで記事検索して出てきた3件に関しては訂正等しておきましたが、
検索で引っかかってしまう分に関してはわかりませんので。
椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村