FC2ブログ
2014-10-12(Sun)

産卵の時期

寒さがこたえる朝晩。
虫たちもそろそろ産卵を終えて越冬に入る時期になってきたようで、
クモたちの産卵が始まってきています。

P1030294_縮小

これはこの間のナガコガネグモの卵。
やはり新しいものは白っぽい膜につつまれていますね。
時間がたつとこれは茶色に変色します。

P1030314_縮小

こちらは産みたての女郎蜘蛛。
腹をパンパンにさせていましたが、ほぼ全てが卵なんすよね。
だから産卵後は激やせ、命尽きるまでこうしてそばにいてその年の命が終わります。
ただ、この状態で卵を除去すると、再び餌をとりだしてまた卵を産んだりします。
母は強しってやつですね。

P1030347_縮小

ちなみにですがクモの大きい奴はほぼメス。
たまに同居してる小さいのがオスです。
なかなか見つからなかったけど、同居してる巣を発見。

P1030349_縮小

このちっこいのがオス。

P1030350_縮小

こっちのでっかいのがメス。
別のクモじゃないですよ。
同じ種類のオスメスです。
オスのほうが小さいのって間々いますね。


P1030232_縮小

そんでもって今年は少し早いかなーと思ったカマキリの卵。
雪の量の目安になるとか言いますが、さて今年は・・・・


P1030233_縮小

あら-超低い。
今年は雪降らないな(笑
地上50センチのところで産卵です。
いつもの4分の1か。こりゃあ楽だな。
まあそんなわけはないだろうけどーー


P1010052_縮小
P1010054_縮小

頑張ってる奴らもいて、
なに見てんだよーとカメラ目線(笑
オス、食われないようにしっかりくっついてますね。
まあこのあとどうなったかは・・・・わかりませんが。

P1030313_縮小

そういえばこんなカマキリもいたねぇ。
クモの巣に引っ掛かってるというか、クモの巣を歩いています(汗
だからクモも下手に襲いかかっていきません。
カマキリにとってクモは糸がなければただの餌でしかないですからね。
強者と強者、捕食者の共演(笑
この後カマキリはあるいて脱出、何事もなかったように獲物を求めてさまよってました。
カマキリってクモの巣を歩けるもんなのね――


虫たちは冬の準備始めましたね。
冷え込みもきつくなってきたので、もうすぐそこにきてるんですねぇ。
カマキリの読み通り今年は少ない雪であればいいんですが。
もうすでにドカ雪の予感がしてならない(大汗


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村