FC2ブログ
2014-10-20(Mon)

椎茸 Q & A 椎茸の品種はどれくらいあるのか?


Q 椎茸の品種の数はどれくらいあるのか?

A 2014年最新で品種登録されているのが220、
  現行登録維持されているのが77件です。



椎茸の品種に関してはこのブログでも触れてきていますが、
農家で使っている品種は品種登録されているうちの一握り。
毎年数種類ずつ新品種が出て、古い品種は消えていきます。

農林水産省品種登録ホームページによりますと、
椎茸の品種登録は2014年4月28日出願が最新となっており、
その時点での品種数は220とされています。
しかし、品種登録を取り下げたり、
育成権の消失などで登録が維持されているものは77
となっています。

育成権の消失というのは法律で守られる年数が満期を迎え、
登録者の権利がなくなったことをさします。
つまりだれでも利用できるようになった状態のことですね。
育成権が消失しても会社が作っていれば利用できるわけです。
逆に言えば作られていなければ消えてなくなるということでもありますね。


椎茸の品種は様々な会社で作成されています。
登録されている数は220でも、沢山の品種が試され、厳選されたのが220ということになります。
それでも何か不具合が出たり、販売不振などで消えていく品種も沢山。

P1030394_縮小

こうしてパンフレットに載ってくる品種は優秀だということですね。
どんな植物でもそうですが、毎年いろんな品種ができては消えているんですね。
椎茸も例外ではありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちなみに小話として、
乳酸飲料で有名なヤクルトや、チョコレートでおなじみの明治製菓もキノコ種菌を作っていました。
ヤクルトの菌はすでにありませんが(訂正、現在も限定ながら生産があるようです)
明治製菓の菌は森産業でまだ販売されています。
意外な組み合わせですが、椎茸に携わっていた過去があるんですね。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

「菌」は未知の部分もたくさんありそう。。。
ひょっとして、意外な分野で何かすごいものが出来そうだよ。。。
例えば医療とか健康食品とか・・?

きのこ菌って、これを使った農法もあるよね?
作物にとっても有益なものらしいし、
将来楽しみな菌でもあります。
ちなみに、地元企業がCMで、
「菌活」というワードを使っていました。

Re: なおさん

> 「菌」は未知の部分もたくさんありそう。。。
> ひょっとして、意外な分野で何かすごいものが出来そうだよ。。。
> 例えば医療とか健康食品とか・・?

菌はまだまだいろんなことに利用されていくでしょうね。
有益にもなり害にもなるでしょうから。
これからです。

> きのこ菌って、これを使った農法もあるよね?
> 作物にとっても有益なものらしいし、
> 将来楽しみな菌でもあります。
> ちなみに、地元企業がCMで、
> 「菌活」というワードを使っていました。

私が知っているのはキノコの害になるトリコデルマ菌利用の農法ですが、
それ以外にもあるかもしれませんね。
菌活は最近盛んに見かけます。
キノコは体にいいってことです(笑
椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村