FC2ブログ
2014-11-13(Thu)

侵攻!黒こぶ菌 対 椎茸菌

今日は大荒れ、暴風警報だよ。
最高気温が夜中に観測、あとは気温が下がるだけ。
時間が進むにつれて寒い寒い。
夕方にはみぞれになった。
とうとう白い固形物が降ってきそうだ。(まだ今の時点で白色固形物(笑)は降ってない)
ついにきてしまいましたね。


今日はひたすらに忙しく木を動かしまくってたので、疲労困憊だでー
そのせいか今日のネタにするべく写真撮ったのに、
カメラを置いてきちまった(大汗
駄目だ、疲れてんな・・・早く寝ます。

ということで急きょ代行のネタに持ってまいりますのは菌の話。


今現在古くなったホダ木を廃ホダとして処分しているんですが、
その中のホダ木に黒こぶ菌がついていたのを見つけたので紹介。

黒こぶ菌というのは読んで字のごとく、黒いこぶがホダ木に出てくるものだ。

P1030493_縮小

こんな感じで切り口に発生することが多いですが、
ひどくなると木の全面に発生したりします。
そんなホダ木はもう駄目なんですけどね。

このホダ木は黒こぶが出ているものの椎茸菌がまだ生きているのでキノコを出します。
捨てるホダ木なので皮をめくって見てみました。

P1030494_縮小

分かりますかね、黒こぶの下のところに菌があるため、
椎茸菌との境界線ができています。
まさに戦線、椎茸菌と黒こぶ菌の戦いです。

P1030495_縮小

更にめくっていくと、ずっと菌の戦いが続いてるんですよね。
つまり、切り口に表れているこぶの内部はずっと黒こぶ菌が入ってるってことだ。
そこには椎茸菌が繁殖できないので、ずっと椎茸黒こぶ戦線があるってわけ。
雑菌がつくとこうして椎茸菌は戦い続けてるんですねー。

椎茸菌の状態が良い場合は雑菌にすぐにやられたりはしませんが、
管理次第ではすぐに菌に敗れてホダ木がだめになることもあります。
特に植菌で開けた穴にうちもらしがあったりする場合は簡単に雑菌が繁殖するので注意です。
菌対菌の戦い、胞子は目に見えないけれど、
えさ場になるホダ木につけば熾烈な戦いになります。
こんなのは原木だから見れること、自然界では菌も必死なんですな。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村