FC2ブログ
2015-01-29(Thu)

お相撲と日本の色

今日も雑談で。
なんせ畑なんてまだまだ雪の中ですし、
種の注文はもう少ししてから、苗は3月以降かな―ですしねぇ。
種まきはなので4月くらい、んーそれまでは一体何にすがってネタを探せば・・・
ま、3月はずっと植菌ですからそれどころの騒ぎじゃないんですがね(汗


ということで?
今日はお相撲と日本の色について。

相撲も最近は人気復活してきて先場所は15日大入り達成してましたね。
遠藤やら逸ノ城なんていう若いのが出てきて、なかなか注目が集まってます。
そのせいなのか相撲内容も簡単なはたきばかりが目立った昨今からすれば
暑い相撲が幾分多くなってきた感じですかね。

そんななかあの横綱がまたいらんこと言って叩かれてますが、
結局のとこやっぱり外面のいい朝青龍だったということですよ。
やってることはホント同じ。
カーッとなればいらぬ張り手にエルボー、だめ押し。
んー品格って何だ?
そういうところは引退してしまった豊真将を見習うべきだで。

今回の件はたぶん手をついたかつかないかを気にしたんだろうけど、
(稀勢の里が手をつきにいったのでそれを見て自分が勝ってると思ったんだろう)
みられてたのは自分の足の方だったとは・・・て感じだろうか。
私も検証されるまで稀勢の里が早いかも・・とは思ったけど、みてるところが違ったんだよねぇ。

俺勝ってたじゃん。おかしいよ。

そればっかりでああ言ってしまったのが悪かったね。
「勝ってたと思ったけどどうだったんですか?」
これくらいでどう判断されたので取り直しになったのかを聞いてみるべきことだったのかねー
命がけで一生懸命やってるから正確に判断してもらいたいのはわかるけど、
周りに5人いてかつビデオも参考にして判断してるものに、
なんやかんやといちゃもんつけるのはどうなのかねー
優等生の皮かぶってても中身は・・・というやつですか。


さて、
本題はお相撲で出てくる色についてだっす。
今場所の中継で、舞の海氏が
「相撲ではピンクとかそういった色を使わないですが、何か勉強するのか」
という質問をアナウンサーにしてました。
確かにカタカナでの色の表現はなく、しかも簡単な色の名前ではない色が出てくることが多い。

例えば、
銀鼠(ぎんねず)の締め込み
葡萄茶(えびちゃ)色の装束
臙脂(えんじ)茄子紺(なすこん)若草色(わかくさいろ)
(色見本参考、実際の色はこんな感じらしい)
とまあ様々、和色というもので表現がされています。
なんかこういった「和」という色ってかっこいいね響きが。
ピンクのタオルよりも桃色のタオルの方が相撲に関してはしっくりくる(笑
やっぱ和の物は和で表現する方がいいんだねぇ。


実物で考えてみると・・・


P1020817_縮小

瑠璃玉薊という名前になってるエキノプス。
瑠璃色とはこんな色のようだけど、比べてどうだろうか?
ちょっと違うような気がするねぇ。
花色の方が近いね。
はないろって・・・アバウトすぎねぇか(大汗

P1030094_縮小

こちらは白オクラ。
これや緑色のナスは翡翠色と表現されるけど(白翡翠というオクラ、翡翠ナスがある)
んー見本の色じゃないねぇ。
浅緑かなぁ。
まあ実物とパソコンの色見本じゃ違うだろうけどね。


和色って調べていくといいね。
わけわからん色の名前とかたくさんあるし(笑
檳榔子染(びんろうじぞめ)、薄縹(うすはなだ)、蘇芳香(すおうこう)
こんなの一生に一度でも使うことがあるのかね(大汗
日本語の奥深さってやつか?
んーもっと日本語勉強しないといかんかな・・・(笑


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

色を日本語で表現していくと、
いったいいくつあるのだろう。。

以前見つけた「浅葱色」
これもわかるようなわからないような。。。

でもね、嫌いじゃない。
むしろ日本的情緒があって好きかも。。
同じような色を言い表すのに、
ちょっとした色の濃淡で違う言い方を思いつくなんてすごいと思うのだが。。

秋田の子どもちゃん、
勉強しておくれ!(笑)

色の区別が

難しい…w
個別に離して、それぞれの色があったら、ちゃんとわかったのかな、昔の人でも厳しいんじゃないかな、などとw
慣れなのでしょうかね、言葉の発音だって、外国語だと、日本語にない発音がたくさんあるし、使ってない音はわからないものな…。

Re: なおさん

> 色を日本語で表現していくと、
> いったいいくつあるのだろう。。

んーたくさん(笑
知らん色だらけっすな。

> 以前見つけた「浅葱色」
> これもわかるようなわからないような。。。

浅葱色は有名どこですな。
新撰組の羽織と言えば一発だ!
と言ってもネギはいってるのに何で青っぽいのかねぇ(汗

> でもね、嫌いじゃない。
> むしろ日本的情緒があって好きかも。。
> 同じような色を言い表すのに、
> ちょっとした色の濃淡で違う言い方を思いつくなんてすごいと思うのだが。。

そうですね。カタカナでこうだって言われるよりも、
日本独自の和風で言われるとかっちょいい(笑
これを初めて使った人たちはすごいですよねぇ。

> 秋田の子どもちゃん、
> 勉強しておくれ!(笑)

おほほいおほほい、おらぁもうアラサ―に浸かってる年ですぜ(爆
まあまだまだいろんなこと勉強したいですけどね―

Re: きくちゃんさん

> 難しい…w
> 個別に離して、それぞれの色があったら、ちゃんとわかったのかな、昔の人でも厳しいんじゃないかな、などとw
> 慣れなのでしょうかね、言葉の発音だって、外国語だと、日本語にない発音がたくさんあるし、使ってない音はわからないものな…。

分かってないと、いやわかってても素人目には無理でしょうね(汗
もう職人技ですよ。
色の名前すらさっぱりですから―
椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村