FC2ブログ
2015-03-05(Thu)

椎茸 Q & A なぜ植菌は寒い時期にやるのか?


Q なぜ植菌は寒い時期にやるの?

A 木の休眠期や害菌の動きが鈍い時期などの理由です。

原木椎茸の植菌は寒い時期に行われます。
これは原木になる木の休眠期が寒い時期であるということが関係しています。
木の休眠期というのはその植物に適さない環境のときに、一時的に活動を停止する期間のこと。
原木になる木はナラやクヌギなどの落葉樹。
秋を過ぎると葉を落とし休眠に入ります。

休眠にはいると木は水分を止めます。
これが重要で、水分が通っている間は木に水分が多くなり、
植菌後の菌の成長が悪くなる
ということがあります。
(木を切った後に水分を抜く作業がありますが、余計時間がかかる)
また、水分が通っているときは皮がはがれてしまいやすいということもあります。
そういった事情から、木の休眠期に作業を行うことが一般的です。


また、害菌が活発に動かないという理由もあります。
害菌も寒くなれば活動は鈍ります。
原木栽培は菌が活着(根付く)まで時間がかかるため、
原木に椎茸菌が回るまでになるべく害菌がつかないようにしないといけません。
そういった点で見ても寒い時期の植菌の方がメリットが大きいということになります。

細かいことでいうといくらかありますが、
上記2点が特に大きな理由となり得ます。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村