FC2ブログ
2015-05-09(Sat)

ごぼうの作付下準備

今年初めて作ってみるごぼう。
品種名は大浦太ごぼう
ごぼうは細長いけど、この品種はごつくて太い奴らしい。
気になってしまって作ってみることにした。

・・・・といっても

P1040739_縮小

私の担当畑は作土層が非常に浅い。
つまり長いものを育てるのには不向きということだ。
この畑の持ち主は大根を育てていましたけど、
大根は地上部が出ていきますから、土さえ盛れればそこまで苦労はしません。
しかしながらごぼうは・・・厳しい。
なんせ「こごだば5寸ばりしか掘らいねここだと15センチほどしか掘ることができない)」
と言ってましたからねぇ(汗

確かにここの畑を掘るとすぐにゴロゴロと礫が出てきます。
中にはこんな大物も潜んでいます。

P1040741_縮小
P1040742_縮小

やばいね(大汗
こういったものをどうにかやっても20センチあるかどうか。
最低でも60センチほしいけど・・・ということで袋栽培を実施することにした。

P1040740_縮小

30-30くらいでやりたかったけど、地下部分は20センチくらいが限度なので、
地上部に40センチものタワーが完成。
これをどんどん建設していくわけなんですが、
その前に溝をほるのに一苦労。

P1040743_縮小

ここまでが昨日。
この時点で隣に出てる礫の多さは異常だね(苦笑

P1040749_縮小

更に今日のお昼までである程度のところまで掘って、そこからまた深く掘るように2段構え。
ちょっと掘ればすぐ大当たり。まいるね。

P1040750_縮小

夕方までにどうにか12袋までは完成。
まだ溝掘りも不完全で、まだまだ下準備には時間がかかる。
袋を止める支柱も調達してこないとね。
下準備から大事業だわ(大汗
こんなんでごぼう栽培なんてやるもんじゃねぇよ(苦笑


ひたすら大工事してると、1列やるのもめんどい・・・
他の方やってる波板での栽培と併用しようかな。
それでも深さが全然足りないんだけどね―
ここの畑では不向きなゴボウやろいうとした時点で負けだわ。
うまいごぼう作ってこの苦労を忘れたいね。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

お疲れ様

ひょっとしてず~っと向こうの端までやるの?
うわあ~気が遠くなるわー

近所の畑にごぼうの大きな葉っぱがわっさわっさ茂ってて
さぞかし立派なのが出来てるんだろうなと
羨ましかったんだけど、
掘ってるとこ見たら 散々な様子でね~

ごぼうも作ってみたかったけど
素人には無理っぽいね。
健闘を祈る!

Re: ウルトラぴーさん

> ひょっとしてず~っと向こうの端までやるの?
> うわあ~気が遠くなるわー

そうですね、端までやっても足りません(汗
この列ととなり半分くらいです。
数にして82を予定中ですよ(大汗

> 近所の畑にごぼうの大きな葉っぱがわっさわっさ茂ってて
> さぞかし立派なのが出来てるんだろうなと
> 羨ましかったんだけど、
> 掘ってるとこ見たら 散々な様子でね~

ごぼうはうちでも当たり外れの大きい野菜ですね。
ごつくて短いのが多い感じ・・・
地上部と地下のバランスがばらばらなのが怖い野菜ですね。

> ごぼうも作ってみたかったけど
> 素人には無理っぽいね。
> 健闘を祈る!

短いタイプならいいかもしれませんよ。
私のがうまくいったらやってみてちょ(笑
椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村