FC2ブログ
2012-02-02(Thu)

いぶりんぴっく

今年で6回目を迎えるいぶりんぴっく
2006年から、いぶりがっこの技術を競う大会としてここ山内地区で開催されています。

なんで山内でなのかといえば、ここ山内は
いぶりがっこ発祥の地と言われているからです。

大会は、純粋に大根のいぶりがっこの技術を競うクラシカル部門
様々なものをいぶしたフリースタイル部門に分かれます。


「いぶりがっこ」と一口で言っても、実は様々な工夫がされているんです。

ここでは、クラシカル部門のいぶりがっこについて少し説明します。(全部はよくわからない。笑)

クラシカル部門には制約があります。
着色料を使わない事や重さも制限があります。
あと、漬物の元は全員が同じものを使う事。

着色料を使わないので、「たくあん」のように黄色にはなりません。
そのため、紅花などの自然のもので着色を施します。
このように、色の付け方や味付けは個人の腕の見せ所となります。


フリースタイル部門は、本当に何でもありです。
いぶしニンジン、アユの燻製、干し柿をいぶしたもの・・・
いぶし干し柿は、第3回の特別賞に選ばれています。
どんな味なんですかねぇ


今年は大人の事情というやつで、横手市のセントラルホテルで行われました。
今回は横手市全域からの受付らしいです。

地域特産、いわいる地域ブランドっつうのは大切だと思います。
でも、合併したから全体のモンっていう訳でも無いっすよね。
今年はまあ大人の事情ってものがあるから市全体開催なのかもしれないけど、
あくまでいぶりがっこは山内特産であることを考えてもらいたいです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村