FC2ブログ
2017-08-17(Thu)

こねぎは越冬可、リーキは越冬不可

今日から通常の日程になりました。
農場へ行くと、あれやこれやが無くなっていて、だんだんと春夏物が終わっていきます。
なんだかあっという間に季節が移っていきますねぇ。
そこは家で仕事してるのと同じか(笑


さて、私の畑では農場と違ってあらかたがぶっ通し栽培。
その中でおかしいのがネギになりますのよ。
なんといっても苗作りから無駄に時間がかかってしまっているため、
定植後に1年で収穫サイズにまででかくなりきれませんから・・・

P1110612_縮小

こちらがそのネギ、これは去年種まきして越冬、今年の春に植え直したもの。
草むしりと同時に土を寄せておいた。
平らに見えますが、かなり溝掘って植えているので下には25センチくらい入ってます。

P1110613_縮小

越冬しているのでネギ坊主ができて花が咲きましたけど、それでも普通に生育中。
このこねぎは越冬しても死に絶えることなく生育できるみたいです。
本来は1年でこのサイズになるようにしないといけないんだろうけど・・・
まあそもそもこねぎですからここまで大きくする必要のある品種ではないか(汗

P1110622_縮小

対してリーキ。
こちらも同様に去年種まき、越冬したものを植え直ししたものですよ。
同じく開花して種ができてきたわけですがね、こちらは生育無く種できて終了。

P1110623_縮小

ねぎと違って玉ねぎみたいにとう立ちして芯が立つって感じかな。
要は本体が完全に種を残すために使われるって感じ。
こちらは越冬してしまうと使い物にはならないようだ。


という具合に、こねぎは越冬して大きくすることは可能だけど、
リーキは越冬して生育させることは不可能である
ということが分かった。
リーキを収穫するなら苗作りからうまくできないとだめってことだな。
こねぎ栽培はのんびりやれると考えればこのままでもいいけど、
経営を考えたらこんな無駄なことしてられないね(苦笑
最終手段として収穫できなかったものを越冬して来年使うってのならアリか。
まあどの道1年でどうにかできるような栽培をしていかないとね・・・・・


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村