FC2ブログ
2018-05-24(Thu)

南瓜の花いろいろ

どもー
相変わらずのカボチャネタで失礼、今日は花について気付くことがあったので。


今人工受粉作業で忙しくなってきているんですがね、
自能受粉で使うために雄花を調達すると、品種ごとに違いがあるんですよね。
どんな違いかといいますと、

DSCF6290_縮小

花粉が落ちてるか落ちてないか
これが一番スタンダードで使いやすい恋するマロンの雄花。
花粉はほぼ落ちてなくて、受粉するときに雄蕊をフルに使いやすいんですよね。
この落ちたやつも花をさいた時に少しこぼれた程度。

DSCF6292_縮小

プリメラ115の雄花も似たようなもんですけど、こちらのほうが花粉量は少なめな感じがします。
雄花1個で作業できる個数が違いますからね。

DSCF6294_縮小

自家採種のほうも同じで花粉はこぼれにくい。
花粉量はプリメラと似たようなもんでしょうかね。

DSCF6295_縮小

唯一違うのがこの特濃こふき。
こればっかりは花粉がこぼれまくってて、花粉の大半がロスした状態。
そんなわけで、この雄花では人工授粉は2個程度で限度が来てしまいます。
ミツバチとかが仕事してれば花粉がつきやすくていいのかもしれないので、
これは虫が活躍する場合に有利な雄花といえそうですよ。
人工授粉では使いづらいですが・・・・

現在は雄花が潤沢にあるので、1本で大量にやる必要もなくなりましたけど、
雄花の数が少ないときは花粉のロスが少なくて量も多い恋するマロンが非常に優秀でした。
受粉相手としては恋するマロンはとてもいいなーという印象。
雄花一つとっても品種間差異あるもんです。

もちろん雌花もありまして、

DSCF6293_縮小

丸い系統はたいていこういった感じの雌花でしたが、

DSCF6273_縮小

自家採種の長いやつはこう。
なんだかシンプル(笑
長いのと丸いのではめしべ形状も違うらしい。
じゃあもっとおかしな形のカボチャどもはいったいどうなのか、結構気になってきた。
とはいえそんなのは育てないから、もしかやってる人がいたら教えてほしいもんですね。
品種やら形状やらで花も様々、いろいろやると新たな発見がありますねぇ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

恋する

マロンは恋しやすいんだ、とか、特濃こふきは、やっぱり花粉も吹いちゃうんだ、とか、こじつけて覚えやすい特徴だったりして…w

Re: きくちゃんさん

> マロンは恋しやすいんだ、とか、特濃こふきは、やっぱり花粉も吹いちゃうんだ、とか、こじつけて覚えやすい特徴だったりして…w

それ以外も特徴ありまくりだで(笑
やってみるとわかる特徴だらけ、しっかりデータ取ってますぜ。
椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村