FC2ブログ
2018-08-22(Wed)

メロンのうどん粉病耐性の違いと新たな病気発生

今日も随分と暑かったですね。
あまりに暑かったので防除を考えてたけど延期にしました。
雨降るかもって予報だったからできるかと思ってたけど、残念ながら暑すぎだーー


防除というとメロンのうどん粉の防除もしておきましたのよ。
3品種植えてますけど、それぞれでやっぱり耐性って違うもんですね。

DSCF7014_縮小
DSCF7015_縮小
DSCF7017_縮小

抑制栽培もできるシャロンチロルに関してはうどん粉病耐性があるためかほとんど発症はなし。
多少の発生はあるものの耐性があるとやっぱり出方が違いますね。

DSCF7016_縮小

一方抑制栽培向きではないルパン2世はやっぱりうどんこが強く出始めてます。
本葉のあちこちに出始めているのでかなり病気は進行してきていますね。
もう少し前でたたいておかないといけなかったですが、農薬の準備が間に合わなかったので遅れました。

DSCF7018_縮小

3品種並べたところでははっきりと出る出ないが出てます。
強めに発症しているルパンの隣で平然としているチロル。
耐性あるなしってここまで違うかーと思わさせる次第ですよ。

DSCF7028_縮小

今回は農場かぼちゃでも使った、まずはぶっ叩くための治療薬ラリーを使いました。
これでしっかり止めてあとを有利に進めるためですね。
南瓜での初期発生だとはっきり効果がわかるのでいいですよ。

DSCF7012_縮小
DSCF7013_縮小

まあうどんこに対する対策はまず1回やったわけですがね、
台風も来るし泥はね予防もしないといけないと草マルチしたんですが、
その前に降ったスコールの影響で泥はねが結構起きてしまいまして・・・・
案の定新たな病気が蔓延し始めました。

DSCF7030_縮小

これ、防除してる時に気付いたのよね。
上の写真の時はまだうどんこだけだったのでラリーを選択したんですが、
防除中に激発したこれを見て選択ミスったーと(大汗
直接メロンの防除対象でないですが、同じ薬剤で多品種の防除対象になってる薬を買っていたので、
そっちを先に使ってればよかったなーと失敗しました。
あ、ちなみに同じ農薬でも防除できる対象に違いがあったりしますのよ
今回はメロンではうどん粉だけだけど、スイカだと炭疽にも効くよってやつね。
ラリーはうどんこのみだったので、選択肢がある他のを使ってみたらよかったというわけよ。
まあメインはうどんこだから効果のほどはわからなかったけどね。


1回目の防除をしてしまったので少しおいてからの再防除を考えないといけないですね。
ちょっと激発気味なのでなるべく間隔は開けたくないけど、
ラリーは残効性もあるので早速は厳しいだろうねぇ。
ちょっとした選択ミスでどうにもならなくなることほど無駄はないですなぁ・・・・・
農薬使うときはいったい何が起きてるのかをしっかり把握してやらないとだめだなーって話です。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村