FC2ブログ
2019-02-24(Sun)

ネギ乾燥本番と乾燥経過2

今日も快晴、天気がいいぜっ
だけども家に引きこもりーいざ行かんネギ乾燥作業


P1020756_縮小

以前下準備していたコンテナ入りのねぎを全量処理。
これだけですでに1時間半以上経過
ネギ乾燥は長き道のりである。

P1020757_縮小

カットしたねぎの本数はこの根元カットの量だけあるので結構な量になってます。
多分60本前後でしょうかね。
カットするのも1時間くらいかかってしまった・・・・

P1020758_縮小

今日はこの小口切りメインで6皿分。
根元カットタイプが1皿で合計7皿分カットした。
残りのものがあったため1皿なしになってることを考えると、フル乾燥するとそりゃあもう時間がかかるわな(大汗
ちょーっとネギ乾燥は時間がかかりすぎてしまって割に合わないっす。


で、乾燥試験の結果2のほうの報告。
今日やってる小口切りの乾燥時間はやはり短く済んでます。

P1020738_縮小
P1020739_縮小
P1020741_縮小

今日のように沢山でないから余計だろうけど、サツマイモの乾燥と同じく夕方ー朝でほぼ完了。
これだと時間がかからなくてとてもいいと思う。
乾燥ネギというと大体がこれで出てきますからね、使いやすさも考えるとこれをやったほうがいいか。

P1020742_縮小

1日ではまだ微妙だった1センチ切りのほうも2日で完了。
そう考えると長めのカットは時間がかかりすぎだな。
温度を上げられればいいんだろうけど、この乾燥機だとちょっと難しいし。
まとめて2台いっぺんフル乾燥じゃなく、生と乾燥しきれてなやつとで分けるのがいいかねぇ。


ネギ乾燥は初めてのことなのでまだ勝手がわかってなくて難しいです。
同じ温度域でも作物で全然乾き塩梅が違うもんだなーとあらためて思います。
水分量の差だけで乾き方が違うわけでもないという難問があるのがね(汗
いろいろ試して経験値を積み重ねていければとは思いますが。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

ひとことにドライと言っても奥が深いですね。ベストな方法が見つかると良いですね。

ネギって

生のものが年中あるから、ドライにしても用途が限られそうな気がする。
カップラーメンとかの小さなネギとか。インスタント味噌汁みたいなのは、ちょっと大きいかな…w
越冬したものは植え直しただけじゃだめなの?
(知り合いの家だと、いっぱいあるときは刻んで冷凍保存してた。)

Re: Reveilleさん

> ひとことにドライと言っても奥が深いですね。ベストな方法が見つかると良いですね。

そうですね、やってみないとわからんもんです。
粉末作るのも向き不向きあるようですし、
温度の取れない乾燥機使用していると意外とできないこととも出てきますね。

Re: きくちゃんさん

> 生のものが年中あるから、ドライにしても用途が限られそうな気がする。
> カップラーメンとかの小さなネギとか。インスタント味噌汁みたいなのは、ちょっと大きいかな…w
> 越冬したものは植え直しただけじゃだめなの?
> (知り合いの家だと、いっぱいあるときは刻んで冷凍保存してた。)

そりゃあスーパー行けばどんなものでも年中あるべやー
産直みたいなとこだとそうもいかんからある程度使い勝手はあるかな、と。
多く作ってるのに植え直しするんじゃ何の意味もないでよ(汗
椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村