FC2ブログ
2019-09-20(Fri)

2019秋、アスパラガスチコリー

今日も冷え込んだ。
横手市の最低気温では15℃くらいとなっているけれど、当地山内ではもっと冷え込んでいる。
外の育苗ベッドに下がりっぱなしの最高最低温度計では8度を記録していました。
知らぬ間に気温一桁を記録しているようで、夜間の冷え込みがだいぶきつくなっている模様だ。
道理でブルーベリーが紅葉する訳だ、と納得できます。
これから先は横手市の気温では比較にならなくなるので注意しないとだめですね。


さて、秋冬物はいろいろとありますが、その中の一つアスパラガスチコリーの現状です。
3度目の正直で無事収穫できるのだろうか。

P1040320_縮小

まずは植え付けからしっかり活着した8月24日。
初のマルチ栽培のためどうなるかと思ったんですが無事に活着。
セル苗はさっぱりだったので、やはり夏場定植はポット苗のほうが無難だ。
夏定植なのでマルチも白いほうがいいのかなーと思ったけど、
まあ今年グリーンマルチでよさそうならこれで行こうと思います。

P1040401_縮小
P1040402_縮小

次いで9月7日。
約2週間後ですが、この時点でだいぶ葉が大きくなってきていました。
アスパラガスチコリーに関しては全く害虫の恐れがないといっていいと思います。
それぐらい葉がきれいな状態を保てるので栽培自体は非常に楽ですね。

P1040492_縮小
P1040493_縮小

そしてさらに約2週間後の現状。
株自体もだいぶ大きくなりましたけど、まだまだとう立ち部分が出てくる気配はないので、
もっともっと株が充実してこないと収穫は望めません。
まだまだ先は長いです。

P1040494_縮小

一番でかい株でこのくらいです。
葉物として収穫してもいいような株の大きさではありますが、
こぶ高菜のような部分を収穫する以上これでの収穫はありません。
この倍くらい株が大きくならないとだめかな。

アスパラガスチコリーはこのようにして株が充実した後でとう立ち部分ができてきます。
なので気温があって日当たりがあるうちにもっと十分に育たないと最終的な収穫ができないまま終わります。
まだ一度も本格的な収穫をしたことがないもの、今年こそうまくいって収穫できるといいなーというところであります。
唐辛子の様にマルチ効果で今までにない生育をしてくれるといいんだけどねー
最低気温もぐっと下がったし、停滞しないでちゃんと大きくなってくれよーー


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

虫の害がないって

いいよね。毎朝、虫取りしてるから、余計そう思う…w
やっぱり葉に穴があると、気分が盛り下がるし…w
やっぱりキク科なのかな。
虫が付くのと付かないのとかを混植して、防虫効果とかもねらいたいので、虫の付かない野菜っていうのを、ちょっと選んで植えてみたい気になってきた…。

Re: きくちゃんさん

> いいよね。毎朝、虫取りしてるから、余計そう思う…w
> やっぱり葉に穴があると、気分が盛り下がるし…w
> やっぱりキク科なのかな。
> 虫が付くのと付かないのとかを混植して、防虫効果とかもねらいたいので、虫の付かない野菜っていうのを、ちょっと選んで植えてみたい気になってきた…。

害虫に気をもむ必要がないって楽だよねー
キク科は確かに他と比べると害虫被害は少ないかもね。
ただつくやつはつくけどー
レタスは意外とつきにくいのでレタスはお勧めだよ。
椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村