FC2ブログ
2012-09-24(Mon)

湿度の違いで色が違う

最近は雨が降り湿度が高めです。
晴れても気温があまり上昇しないため、水分があまり飛びません。

椎茸は成長するとき、空気中の水分の影響を受けます。
あまり乾きすぎるとひび割れが起きたり、
湿度が高いと水っぽくなります。

IMG_2517_縮小
IMG_2518_縮小

これらは同じ品種のキノコです。
でも上の椎茸は水分が多く湿った感じ、
下の椎茸は水分があまりなく乾き気味の状態。
同じ品種のキノコでも湿度で色に差が出ます。


IMG_2519_縮小

採って並べて見ると差が分かります。
左が乾き気味、右が湿り気味。
水分が少ない方が白っぽく、多いと茶色が濃く見えます。


実はこのきのこの水分というものは結構重要でして
あまり湿度が高くなると茶色を通り越して黒っぽくなります。
そうなると悪くなっているというイメージをもたれ、市場価格が落ちます。

後で書きますが、こういう事があるため
品種改良によってきのこの色が水分が多くても白っぽく見えるよう
椎茸とは思えない明るい色の品種がつくられています。
これも結局は「見栄え」というもののため。
そんなことでいいんですかねぇ・・・
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村