FC2ブログ
2020-03-20(Fri)

今年からの新品種

昨日はかなり暑くなったのに今日は打って変わって暴風雨の大荒れ。
時々あられが降るような天候でござんして。

P1050548_縮小

昨日雪が溶けて出てきてたアスパラガスチコリーのビニールがぶっ飛んでました(大汗
最初はこんなになってなかったんですがね、夕方には人工ホダ場パイプに絡んでましたわ。
ハウスもぶっ飛ぶんじゃ中ってくらいの暴風、恐ろしかったです・・・・


さて、そんな暴風吹きすさぶ中、ハウスの中では新たな品種の植菌を開始。
まさに今年から始める新品種の植菌ですよー

P1050546_縮小

今年はこちらの菌興537という品種をやってみるようです。
初めて菌興の品種に手を出しました。
この品種はどういった品種かというと・・・・・

・高中温性の中でも晩生で、きのこの成長、膜切れとも遅いが古ほだになっても品質劣化が少ない
・植菌翌年に完熟ほだ木となったことを確認して本格使用
・冬季使用の場合は加温(10から25℃)が必要
・夏場が旬の美味しいきのこで肉は厚く、肉質や美味しさは697号と同等
・多湿条件下で成長しても柄のヌメリは少ない
・低温耐性は697号よりもやや低いので、早めにハウス内休養へ切り替える


ということのようで。
発生適温が13~18℃の周年性品種のようです。
しかしながら使用時期が発生翌年からとなっているので、今年はいったいどうするんでしょうかねぇ。
構わず冬から使用開始とするんでしょうか??
初めての品種なので何とも言えません。

P1050547_縮小

オガ菌の感じなんですが、初めて菌興のおが菌を崩してみた感じからいうと、
森産業のおが菌に近い感じがしますね。
瓶の中身ががっちり固く締まっていてほぐすのに苦労しました。
この菌をほぐすという作業も時間がかかってしまうため固すぎるものは困りもの。
ほぐしやすさを企業別で言うと、
富士種菌>秋山種菌>キノックス>菌興>森産業
こんな感じですかね。
あくまで自分がやった経験則なのでちゃんとしたデータではないかとは思いますが。
菌興と森産業の固さ自体は同じような感じですが、
森産業のほうがもう少し水分があったかなーという感じ。
水分が多いとばらけにくいってこともあってそういった点もほぐしやすさに影響しますね。
まあ最近森産業の菌をやってないから改善されているかもしれませんので、
この比較経験則は崩れるかもしれませんがねーー

内容量も他と違う1300㏄、打てる本数も違うのでデータを収集しつつの植菌作業になってます。
ちなみにほかの企業のは富士が1200cc、森産業は1500㏄、秋山が1000㏄です。
同じ1ケースでも企業によってバラバラ、なんでこうなってんだか不思議ですねぇー
最終的に何の話かよくわからなくなってきましたが、
とりあえずのところこれから10ケース分の植菌が始まっていきますよ。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村