FC2ブログ
2020-12-13(Sun)

カステルフランコ撤収

思ったよりも雪が降ってこなかった本日。
朝方に雪がようやく舞い始めたものの全然降り積もることなく拍子抜け。
明日以降嵐の前の静けさって感じかね。
寒気本番明日以降はついに冬本番だ。


さて―昨日で畑の撤去は完全終了、
昨日は西洋わさびのこと、本日はカステルフランコの撤去に関して。

P1070487_縮小

カステルフランコはこの状態のまましばらく待っていたんですけどね、
どうも今回の雪は降り積もったままになりそうだったんで撤去することに。
去年のアスパラガスチコリーは1度の降雪までトンネルしてましたけど、
ちょっと今回の雪では潰れたままになりそうだからね。

P1070488_縮小

トンネル外して遮光も取っ払ってみてこんな感じ。
手前と奥の色の違いがはっきりしますね。

P1070489_縮小

遮光したほうは薄い緑。
レタスっぽい色合いだけどもう少ししっかり遮光してたら黄色みたいになっただろうね。

P1070490_縮小

遮光がはがれたものは緑。
こっちと比較すると一応遮光が成功している感はありますね。

P1070494_縮小

遮光したものは収穫。
遮光した中で唯一これだけがカステルフランコ本来の姿に近いと思う。
これだけきれいに斑入りしてくれれば商品価値は十分にありますね。

P1070493_縮小
P1070492_縮小
P1070491_縮小

そのほかは微妙に色が入ってる程度。
もっとバシッと入ってくれればねぇ。

P1070495_縮小
P1070496_縮小

収穫物の中でやはり見た目が飛びぬけてますね。
この色合いをいっぱい作ることができれば・・・・

P1070497_縮小
P1070498_縮小
P1070499_縮小

ちなみに新聞紙遮光のほうも全部取っ払ってみた。
こちらもほうも斑がほとんど入ってなかった。
一応色は抜けてはいるものの全体遮光より形が悪いやら傷み激しいやらで使いようがない…
新聞遮光は失敗だった。

P1070500_縮小


結局のところ葉に色を付けるためにはもう少し遅くに遮光を始めたほうがよさげであるという事らしい。
遮光できなかったものが一番色が入ってましたからね。
寒さを受けたから色が出るのであれば他のものだってしっかり色が入るはずだし。
あくまで株をしっかり大きくして色が入り始めたら遮光が一番いいかもしれん。
一応の収穫はあったものの今年の試験栽培は失敗多かったね。

残ってる遮光できなかった大株の中で色づきのいいもの、葉が大きいものなんかは来年種採ろうと思います。
なんせあまりに形状の安定性がないのでしっかり選抜して安定させたいですからねぇ。
新しいもので情報も少ない中カステルフランコ栽培1年目は終了となりました。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村