FC2ブログ
2021-02-20(Sat)

GIいぶりがっこ

P1070819_縮小

いぶりがっこをもらった。
といってもいぶりがっこはGI(地理的表示保護制度)の名称になったので、
GI規格ではないものの名称はそれぞれ。
これの場合はいぶりたくあん漬けになってるようですね。

このGI規格、以前にもやったと思うけどいぶりがっこの規定として、

・秋田県いぶりがっこ振興協議会の会員(秋田県漬物協同組合、秋田いぶりがっこ協同組合、
 横手市いぶりがっこ活性化協議会 傘下の生産者)が生産している。

・生産地は秋田県内

・国内産の大根の使用

・ぬか床に40日以上漬け込む

・着色料(食用黄色4号、食用黄色4号アルミニウムレーキ)、保存料(ソルビン酸)、
 甘味料(サッカリン)などの指定添加物を使用していない


いぶりがっこを名乗れなくなるのは1番目と5番目が主でしょうね。
写真のものは5番目だけだと思います。
実際5番目のもので燻製風味調味料によるパチモンをはじいてるので重要でしょうね。
ただそう考えると規定に燻製部分が入ってなかったのに驚き
燻製工程が入ってればそもそも燻製しないたくあんで燻製風味の味付けしたものを排除できるはずだからね。
また、燻製に使う木材に関しても少しばかり絞ってもよかっただろうし。
というのも木材何ら何でもいいとばかりに廃材使うようなところもあったりするらしいんで。
すすがひどくて大根真っ黒とかいうものが実際あったりするんですよね。
その辺の整備はあってもよかったのかな、と。


規定を見ると意外と緩かったなーと思った。
元々のいぶりがっこは各家庭ごとに製法が異なってそれぞれの家庭の味ってのがあるわけなので、
あまりぎっちり絞めるといぶりがっこを名乗りにくくなるからってのがあるからでしょうね。
大根の品種から燻す時間、燻す木材の種類、漬ける材料の比率に漬ける日数、
細かく言えば畑の状態やら漬け樽付近の乳酸菌とかいろ---んなファクターがあるわけで。
そういうのを考えると燻し風味たくあんを本流から排除できるGIは意味はあるのかな。
ま、それが本当に有効なのかどうかは何とも言えないんだけどねー
いぶりがっこ名乗りにくくなるだけっぽい印象だったけど、
意外と緩くてこれならやっていけそうかなーと思った次第。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村