fc2ブログ
2023-01-24(Tue)

やさい畑 2002・12月号

P1130877_縮小

久しぶりにやさい畑を買っていました。
この雑誌自体は以前3年ほど購読していましたが、中身が同じようなのが続いたためそこで終了、
そのあとはたまに面白そうなものがあったときに購入して読んでいました。
定期購読やめてからは3回目の購入ですね。
今回気になったのは菌で土づくりってやつね。
まあそれ自体はずっとあったことだけど、この記事になってる人のほうが気になったんだよね。
実験農場で1つ後から入ってきた方がこれについて話題にしてたんでどんなもんなのかと。
ちょうどタイミング良く記事として出ていたので読んでみましたよ。

まあ中身に関しては菌ちゃんふぁーむで調べてもらえれば分かるかと思われます。
肥料をやらなくても菌が野菜を育ててるってやつ。
ブログ巡回しているとそういったのを実践しているところにも巡り合ったりしますんで、
それ自体は栽培方法としてあるってのはわかるんだけど、
じゃあそれってどういう仕組みで成り立ってるのかってのが不明なんだよねぇ。
野菜に限ったことではなく植物は菌と共生しているってのは理解してますが、
じゃあそれを畑でやった場合何が起きて何を肥料として利用しているのか。
そしてそれで収穫量がどうなるのかそのあたりがいまいちわからないんだよね。
実際それで収穫できているってのはすごいことだと思うけど、
それを科学的に説明してくださいって言われると…??
なるほど!これがこういった働きをしてこうなるからよくできている。
ってのが科学立証されてるとよーしやったろうじゃねぇかってなるんだけどねー
まだ謎が多いです。
つまりこれを読んでもモヤっとした、が感想(笑

こういうのは炭素循環農法とかと似ていると思いますが、
あれも結局何がどうなってんのかってのが自分の中ではっきりしない。
人によっちゃ非科学的なところに行っちまってたりするしね。
そういった農法自体別に否定するもんじゃないんだけど、
科学的な根拠がないと「なぜそうなるのか」が説明できない。
頭固いなーと思われるかもしれないけど、説明できないもんは再現できないからねぇ。
皆が同じようにやって同じように結果が出るそういう技術が自分としちゃうれしい。
この方法に似たようなことブルーベリーで見てるような気もするが・・・・・
なんでこれでブルーベリーの生育が良さげなのかはわからんし(汗
菌との共生で肥料がいらずにバンバン収穫できる、
そんな事象を誰かわかりやすく化学的に説明してくれんかのぉ。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

椎たけ夫さん、こんばんは~。

共生菌、気になりますよね〜。
私はブルーベリーの栽培にDrキンコンと言う菌根菌をよく使ってますけれど、最初は菌根菌がマルチの樹皮を分解するから肥料が少なくてすむ、と言う情報から使い始めました。
使い始めたら、暖地で育たなかったブルーベリーの「おおつぶ星」が実を付けだしましたし、コガネムシでほとんど根がかじられた「ノースランド」が今ではラビットアイ並の収穫ができるくらい復活しました。

菌は根の中に入り込んで植物に必要なリンなどの成分を植物に与える代わりに、菌は植物から光合成で作った栄養をもらって生活している。だから、植物は花芽をたくさん付けて甘くて美味しい実を付ける…、みたいなことだったと思いますが、椎たけ夫さんはきっともっと高尚なことを知りたがっていらっしゃるのでしょうね。
お役に立てなくてすみません。

私は菌がどうこう、より、今使っている種類の菌が成長するとどんなキノコが生えるのか、それが楽しみでなりませんでしたよ。(笑)何年か観察しているうちにうちのブルーベリー園には白いキノコがたま〜に生えてるので、これが菌の正体だったのか気になってます。

確かにブルーベリー栽培で12年くらい前だったか、キノコ栽培で使わなくなったキノコのおが屑を栽培に使う方もいらしてブログ記事にされていた方がいらしたけれど、当時そんなもの使ってるんだぁ、と思ったものでした。まだ菌根菌に知識もありませんでしたので。

勿論、キノコの種類によってそれぞれの植物に効果のある無しがあるみたいですが、VA菌と言っても色んなキノコ類の総称なのではないでしょうか。だけどどの商品に何というキノコの類の菌根菌を使っている、と言うところまでは表示がありません。

現在、バラ専用とかネギ専用とか、色んな菌根菌がアマゾンとかでも販売されてますが、私はネギ用を試しにブルーベリーに使ってみましたけど、普通に効果を感じましたよ〜。
ブドウは品種によっては微妙でしたが。(笑)

だから、考えてもわからないなら数種類の菌根菌を数種類の野菜や果実に試す実験をして、椎たけ夫さんなりにどの植物にどの菌根菌が合うか実験されてはいかがでしょうか。
答えが無くてモヤモヤされるくらいなら、ご自分で実験されて導き出したほうが絶対に楽しいです。



Re: Reveilleさん

どもーこんばんはー
菌に関しては多少調べたりして知識はあるもののまだまだ奥が深いもんです。
植物の根域の大半は菌であるっては知られてきていることだと思います。
植物がそれら菌と共生して菌から栄養を受け取っているってのことも。
そこまでが科学的にわかってることとしてまず前提で見ているんだけど、
じゃあどうして肥料与えないでいいのってのがでるわけで。
慣行栽培で施肥するけどなんで木片大量にやっとけ、丸太埋めとけで施肥の必要無くなるのって話。
木片を菌が分解したところで施肥している量の窒素など全量カバーできるのか?
その辺が少しでもデータとして出てきてくれると嬉しいんですよね。
自分の実験だけで経験則を得るだけより裏打ちされたほうが納得できるもんでー(笑

あと謎なのがほとんどで紹介されるのが有機物を分解する菌ってこと。
たいていは木材系なんでほぼ白色腐朽菌になるんで、
なぜこれが植物と共生になるのかが謎なわけですよ。
まあこの白色腐朽菌が分解したものを植物と共生している菌が二次利用しているのかもしれないっすけど、
菌というのをひとくくりにしてしまっててそれぞれ性質が異なるもんであるってのが抜けてるんで、
余計分かりにくい感じになってモヤモヤするなーと言う感じがします。
ちなみに菌根菌は木材分解しませんのでマルチ分解してるのは白色腐朽菌ですな。
またVA菌というのは現在アーバスキュラー菌根をさすようですね。
アーバスキュラー菌根で調べるといろいろと研究について出てきていたので
今度読み漁ってみようかと思いますー
キノコ屋ですが菌は難しい。
椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村