FC2ブログ
2012-11-24(Sat)

055は廃木、5Kは存続

この時期は廃ホダにするものとそうでない物の選択が多くなります。
休養舎に入らないためというのが理由なんですが、
使える物を捨てなくてはならないという苦渋の選択をしないといけない事も。


IMG_2979_縮小

これは相変わらず変なキノコが少しだけしか出ない5K。
でも、これはまだ使う事になりました。
菌を回して出ていない分使いたいという事でしょう。


IMG_2976_縮小

こちらは出ているにもかかわらず廃ホダになる055。
これは去年植菌したホダ木です。
去年のものなのでだいぶ収穫したんですが、
今の5Kに比べればまだまだ発生が期待できそう。

IMG_2977_縮小

見るからに問題なく出そうだよねぇ・・・
だけどこれは廃ホダ。
理由としてはこれから次の発生まで回復が望めないからという事。
使えば使えるけど、そこで見切りをつける大きな理由として、
この次の発生まで時間がかかってしまうというのが挙げられます。

大体促成栽培では、浸水から次の浸水までが約1カ月。
ただ、ホダ木が古くなる事と気温が低下するという事で
菌が次の浸水までに十分回復できなくなってしまう訳です。

十分に菌が回復していないと、きのこの小型化収量の減少・最悪発生しないとういことが起きます。
それを回避するために十分な休養が必要となるんですが、
そうすると休養舎内ではいつまでもホダ木が残ってしまいます。
そしてもったいないもったいないで残したもので埋め尽くされ、
休養舎がパンク、キャパオーバーでどうにもならなくなるわけだ。



それを避けるためにも、ある程度で見切りをつけるんですが、
この5Kと055の選択はどうだったのだろうか・・・
出る物を切り捨て、出ない物を残す。
簡単にいえばいる物を捨て、ゴミを大事にしまっとくと言ったところか。

5Kがうまい事菌が回って発生量が増えれば問題はないものの、
回復が望めない古い055の方が今の段階ではまだ望みがありそうな気が・・・
判断は難しいところですが、
なんにせよ椎茸が発生しなければ、どっちをとってもだめなわけで。
5Kが次の浸水で良いきのこがバッと出てくれればいいんですけどね・・・・




スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村