FC2ブログ
2012-12-01(Sat)

品種紹介 KX-S055

発生するまでなかなか紹介できなかったもので、
かなり間が空いてしまいましたが、
今回紹介する品種は「KX-S055」という品種です。


ブログの中でよく出てきております055という数字。
この数字があらわしているのがこの品種。

この品種は、キノックスという会社で出されているもの。
このキノックスという会社は「明治製菓」の椎茸の所から分かれたらしく、
明治製菓の菌の血をひく菌が作られているようです。

なのでか知りませんが、
055の事を5Kモドキなんて呼ぶこともあります。


IMG_2515_縮小
IMG_2514_縮小

きのこは大型。
ここら辺が5Kに近いとされる所以かもしれません。
菌の回りを早めて年内発生させる品種。


IMG_2884_縮小

早ければ半年程度で椎茸が普通に発生します。
浸水発生する前に秋の自然発生が少しあります。
自然発生のキノコは5Kの自然発生よりも肉はありません。
ここら辺は5Kとの違いはあります。


椎茸の品質はとてもいいんですが、
休養管理が結構難しい品種です。

IMG_2267_縮小

普通の椎茸は椎茸が発生すると、ホダ木内の水分が奪われるんですが、
055はホダ木からの水分喪失がかなり少なく、
休養管理では「水抜き」をうまくやらないといけません。

これがうまくいかないと上の写真のように「害菌」に冒され、
早い段階でホダ木がだめになってしまう事も多い品種。
ウチではここ最近でようやく管理のコツをつかみつつあり、
駄目になるホダ木の数が少なくなってきています。


良い点悪い点を上げていくと、

 よい点
・椎茸が大きくしっかりとした肉がある
・年内発生でもちゃんとした椎茸の発生が望める
・椎茸が大きいため規格としてA品を多く採る事が出来る

 悪い点
・管理が難しく、駄目になるホダ木が多くなりがち
・夏場の発生には適さない
・冬場の気温がとれないと成長がかなり遅い

と言ったところが目立った点でしょうか。

総合的に見ても、ウチで導入した品種の中ではかなり優秀。
こういった大型の椎茸をとれる品種は重要なものだと思います。
ただ、会社ページでは「完全契約制」となっているため
一般人は手に入らないのかも。
このきのこが食べてみたいという方は、ご連絡くだされば手配します。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村