FC2ブログ
2012-12-21(Fri)

品種紹介 F103

今回の紹介は富士種菌の「F103」です。

F103の最大の特徴は何と言っても初回発生量の多さ。
これはほかの品種では考えられない量。


IMG_1005_縮小
IMG_2975_縮小

初回発生は主に「穴発生」
植菌した穴から出るわ出るわの大騒ぎ。
一つの穴から2~4個出る事は珍しい事ではありません。
1本でこうですから、大量になると・・

IMG_1033_縮小

このようにワーーっと発生します。
これで分かるように、F103は「質」よりも「量」という品種。
だいたい3回目までの発生で1代発生の大半が発生するとされます。


また、F103は形状にも特徴があり、
完全に傘が開ききらないというこれまた妙な形をしています。

IMG_2996_縮小

大きくなっても縁の部分がこのまま大きくなります。

IMG_2997_縮小

比較対象として、これが普通の椎茸。
大きくなっていくに従って傘が開き、このように縁が完全に開ききります。

IMG_2999_縮小
IMG_3000_縮小

ところがこの103はこのような形状のまま大きくなります。
なので、丸みのある形ではなく、角ばったような形状。
このような大きい肉のあるキノコであればカッコは付きますが、
小さいキノコであるとなんというか椎茸らしからぬ形になります。


また、メイフラッシュ(増収剤)との相性が悪い事もあげられます。


IMG_1589_縮小

メイフラを入れた水で浸水発生させると、
なぜか腐りやすくなります。
普通に成長し始めたと思いきや、この写真のように突然腐り始めます。

IMG_1593_縮小
IMG_1595_縮小

傘の部分がだめになる例と、軸がだめになる例。
ただの水での浸水では起こりづらいのですが、
メイフラを入れると途端にこういう事例が多発。
現在では103を浸水する際、メイフラを使う事をやめています。


さらに言うならば、木に押しつけられると悪くなりやすいという点。


IMG_1249_縮小

ホダ木に椎茸が触れるとこのように黒くなりやすいのも特徴。
なのでなるべくホダ木は水平の状態で栽培するようにした方がよさそう。


全体でみると、
・栽培管理は簡単である
・初回発生はまず間違いなく超大量発生。
・メイフラと相性が悪く、腐りやすい
・きのこは軽め。ただ質はいまいち。一昔前の菌床椎茸っぽい椎茸
・1代発生量はかなり安定

と言った感じ。
市場出荷向けに特化した椎茸というのがいいのかもしれない。
それ以外に
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

富士種菌の「F103」

すごい、すごい
おびただしい量の椎茸の上がりよう
フワンになりそうです
この地方にはないのでネットで調べて見ます

Re: siyou110さん

> すごい、すごい
> おびただしい量の椎茸の上がりよう
> フワンになりそうです
> この地方にはないのでネットで調べて見ます

この椎茸はあくまで「促成栽培向き」の椎茸ですんで
自然発生には向かないと思います。
自然発生したキノコはあまりいいとは言えませんし。
促成栽培でも賛否両論ある品種だと思います。
オヤジさんはあまり好んでは無いようですが、
この発生量は経営には不可欠ですから、文句のいえない品種です。
椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村