FC2ブログ
2012-12-05(Wed)

椎茸にもカビが生える

今日は雪。
というか、今日からしばらく雪。
明日は大荒れになりそうとかで、暴風に注意とか・・
この時期ハウス飛ばされたらシャレにならない・・・・・

今日はホントにひさしぶりに横手に行ったんだけど、
帰ってくるときに天気が違う事に気が付いた。

横手を走行中は雨だったんだけど、
山内に近くなるにつれて雪が混じってきて、
相野々トンネルを抜けると・・・・

そこは雪国でした――


トンネルを通過、つまり山を越えるという事だけど、
たかだか小さい山一つでこれだけ雪の塩梅が違うんだなーって感じ。
山内の中ですらこうですからね。
一つの村の中でですよ、まったく。

まあ何にせよ、
横手(盆地)<<<山内(山地)
で雪が多いという事ですよ。




前置きが長いですな。
本題に入ります。

椎茸は「菌」でありますが、
その椎茸にも「カビ」が生える事をご存じだろうか?


IMG_3162_縮小
IMG_3163_縮小

これは軸の部分ですが、「カビ」が付いています。
成長している最中にこうしてカビが付く事があります。

カビが付くのは大体が冬場。
ハウス内で温かく、そして乾燥してくるとこうやってカビが発生します。
カビが付くのは軸だけでなく、笠にもつきます。
カビをとれば食べられますが、
こうなったものは売り物に出すことはできなくなってしまいます。

なぜか湿度が高いと発生しないという不思議。
なぜ冬場のしかも乾燥した中でカビが出るのかは分からないんですが、
菌類にさらに菌という全くもってよく分からない世界であります。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

きのこの説明、
ありがとうございます!

なるほどなるほど・・・
わかったような、
わからないような。。。^_^;
やってみないと、
想像つかないです!
アホです!
だって、
取り扱い説明書読むの
一番にがてなんだも~~ん(>_<)

Re: タイトルなし

取扱説明書は分からなくなったら読むものだ
なんて格言どこかで聞いたような・・(笑

そうですね、なかなか説明が難しいんですよ。
野菜のように毎日種蒔いてそれを一日おきに収穫とも違いますからね。
一度菌を植えると後は植えたりしませんから。
ホダ木の中にいる「椎茸菌」という生命体が
刺激に応じてきのこという子供を生み出している、
なんていうかんじなんでしょうかね。
椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村