FC2ブログ
2012-12-23(Sun)

曲げわっぱなお話

秋田には「曲げわっぱ」というものがあります。
この曲げわっぱに使われているのが秋田杉

しかもただの秋田杉じゃありません。
天然杉です。
山を見れば大量に杉の木がありますが、大半は人工林。
なので天然杉はとても貴重なものなのです。


今回、その天然杉が伐採できなくなるという事で、
曲げわっぱがピンチだという事がニュースでやっていました。

杉なら人工のものでもいいんじゃないのかという疑問が出ますが、
人工林の杉は天然杉とはまるで性質が違うようで、
曲げている最中に割れてしまうらしいです。

八方ふさがりかと思っていたんですが、
ここにきておもしろい事が。


IMG_3204_縮小

この写真を見てください。
奥で杉が倒れていますよね。
ここも人工林。手を入れないため、杉の生育も悪く、
倒れてしまうものもあります。

なぜ手を入れないかという事は、最近のTPPなんかともつながるんですが、
海外の木材輸入自由化によって木材の価格が暴落したためです。
人工林というのは常に手を入れないといけないんですが、
手をかけても利益にならないため放置されるようになりました。

山内でも山に大量に杉が植えられ、大きく育てばかなりの利益になる
なんて考えられてたそうですが、
価格が下がり、今じゃまるで手が入ってません。
自由化ってそんなもんです。

おかげさんで荒れてしまった山は、
雨が降れば水害が起こり(人工林は保水力が低い)
古木になり楢枯れが発生(楢の木は若いと抵抗できるようです)
よくない事が多発してます。
山、森、ってのはとても重要なものだと痛感します。


さてさて、話をもどします。

この荒れてしまった杉林が問題解決の救世主かもしれないとのことです。

というのも、人工林では、大きくするために「間伐」
という事が行われる訳なんですが、
その間伐がされず放置され手をかけられずに育った杉の性質が、
天然杉の性質とよく似ていて、曲げても割れないらしいんです。

何やら、抑制されじっくりじっくり育った事がよかったらしく、
試験で使ったものすべてが割れずの曲げられたという事です。


けがの功名とでもいいますか、
放置された杉を使うってよく考え付いたものです。
これで放置された杉林に手が入って、
曲げわっぱ用に使われ、材木として使われれば
森の環境がまた若返るんじゃなかろうか。

こういった事象から考えられるとおり、
まず日本の中で出来る事は日本でやってりゃいいと思うんですけどね。
頼らざるを得ないとこはしょうがないにしても、
食料にしろ森林にしろできるのにやらないのはどうかと。
今はどこもかしこも経済経済でこういった事が置き去りにされ過ぎじゃなかろうか。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村