FC2ブログ
2013-01-06(Sun)

久方振りのベランダ

今日は久しぶりにベランダへ行ってみた。
ベランダでは、

・アジュールブルー?(ルリタマアザミ)
・プチルビー(ラズベリー)
・ブルーベリーの小さいやつ数鉢
・クランベリー

と、たくさんの鉢植えが越冬中。
越冬中だからたいして手をかけないので、
見に行くのは1カ月ぶりだ。


IMG_3417_縮小

久しぶりに見た鉢植えは・・・
枯れ気味じゃないっすか・・・・

と言っても、ルリタマアザミは宿根草。
地上部が枯れてもいいんじゃないのか??
今まで地上部が青々してたけど、
これで普通なんじゃないのかな?
宿根草を育てるのは初めてなので、いまいちわからん・・・


IMG_3419_縮小

こちらも青々してる「プチルビー」
インディアンサマーやサマーフェスティバルは枯れてるんだけどね。
なんでかこれは1年中青いんですよ。
不思議なラズベリーです。


IMG_3418_縮小

最後はブルーベリー。
これは完全落葉。
枝先にはちゃんと花芽がついていました。
夏越しがうまくいかないと花芽が着かない事もあるようですが、
今年も無事に花芽が着き、果実が収穫できそう。


さて、ハウス内(ほぼ外の環境)で越冬しているブルーベリーと違って、
ベランダでの越冬には少しだけ問題点もあります。
それが「水やり

ベランダは密閉環境にあって、
外の気温が高いと、ベランダ内も10度を超えるような暖かさになります。
そうなると蒸散もしますし、
鉢がだんだん乾いてきます。

今日持ち上げてみたら、とっても軽くなってました。
かといって大量に水を与えると、
外気温が下がったときに凍ってしまいます。
水やりの時期というものがとってもシビアなんです。

そういった事もあってか、去年のイチゴは大半が死滅。
一昨年はうまくいったんですけどね、水管理の良しあしでこうも違うかと。

この鉢うえが外に出せるまではあと3カ月以上。
どの程度水をやったらいいか、気温との兼ね合い。
外にぶん投げておくだけで冬越しできる物に比べると、
ベランダ冬越しは色々気を使わないといけなくて大変です。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村