FC2ブログ
2013-02-05(Tue)

休養舎の散水

立春も過ぎ、暦の上ではもう春。
その立春の夜から当地は大荒れ。
今日もずっと風が強く、去年のハウスが飛ばされた時を思い出すような天候。
一応は春の嵐という事だろうか・・・
ちっとも春じゃないんだけどね。

ただ、最近の雪の量はだいぶ落ち着いた。
もう2・3回雪おろししないとならないかと思うくらいだったけど、
最近は積もった分消えるような感じ。
まあそんなこんなで春は近づいているようで・・・
危険個所の雪が崩落してました。
車つぶされなくてよかったねぇ。


はいはいさてさて、
今日は休養舎の散水のお話。

休養舎、これは発生し終えたホダ木を
次回発生まで休ませておく所。
次回発生がちゃんとしたものになるように、
温度をきちんととってあげて、水分も補給します。
これが散水というやつです。
散水と浸水を混ぜてしまってる人も時々見かけるんですが、
水分補給として水につけてしまうと、
椎茸が「キノコを出さないと」、となってしまうので休養になりませんので。


IMG_3584_縮小

ウチの散水方法は上からまくタイプ。

IMG_3585_縮小

雨のようにまき散らししながらの散水。

IMG_3586_縮小

これだとかけたくないところにはかけないようにできるので便利っちゃあ便利。
ただ、範囲が決まってるので、
水がかからない部分ができてしまう事も・・・


IMG_3588_縮小

一枚目の写真が白いのは、水が蒸発しているから。
温水パイプにかかった水が熱せられてもやになります。
これでハウス内の湿度が高くなる効果もあり、
冬場は湿度維持が簡単。

さて、散水頻度という点ですが、
冬場は温度がとれないという事もあり1週間に1辺とかの割合。
これが夏場になると2日に1辺とか毎日散水なんて言うふうに、
ホダ木の状態に合わせて管理しないといけません。

また、散水には芽づくりさせるという重要な事があり、
樹皮の下にきのこの元を作らせるという事があります。
なのでホダ木管理において、散水は結構重要な事。
自然状態で発生させる場合も、
あまりに乾いているなあといった時には散水しないといけません。
ホントはもっと専門的な事があるんですが、
まだまだ知識不足ですんで、
ここいら辺で・・・


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

おびただしい量のホダ木ですね。
移動はフォークリフト、運搬車、それとも・・・

Re: siyou110さん

移動には運搬車も使いますよ。
ただ、発生舎から休養舎への移動は、
ほぼ100%一輪車で運んでます。
ウチにはフォークリフトなんて言う文明の機器はありません(笑
椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村