FC2ブログ
2013-02-28(Thu)

大きい椎茸について考える ~「のとてまり」は家庭で出来るか?~

先日siyou110さんのブログで、
「のとてまり」
という原木椎茸があるというのがあった。

そう言うものがあるという事はまるっきり知らなかったので調べてみた。
調べてみると、
奥能登の「菌興115号」という品種の原木栽培椎茸の事らしい。
この椎茸は「のと115」として出荷されているらしいが、
この椎茸のうち、

傘の直径が8センチ以上
肉の厚さが3センチ以上
巻き込みが1センチ以上

という基準をクリアしたものが
「のとてまり」として出荷されるそうだ。
まるで知らなかったんですが、(汗)
1箱6個入りの物が2011年の初競りで15000円もの値段がついたらしい。
椎茸はこういったご祝儀価格というものがつかないと思っていたけど、
ぶっ飛んだ値段がついてたんですね。
1個2500円計算か・・・ありえねぇ・・・


さて、このしいたけ、家庭で作ることが可能なものだろうか?
実際栽培しているキノコを引っ張ってきて検証してみた。

①大きさについて

大きさ8センチ以上というのは、
3つの項目のうち最もハードルが低い。
ウチでLサイズ以上として売っている物でも7センチ以上はあった。

IMG_3739_縮小

大きめなものを見つくろってきて9センチくらい。
大きくする事っていうのは難しい事じゃない。
ある程度大きめな芽を探して、放置しておけば8センチくらいなら軽い。
家庭で栽培するような自然発生型だとなおさらきのこは大きくなるため、
8センチ基準はクリアしやすいものと考えられる。


②肉の厚さについて

これが多分一番難しい項目。
肉の厚さというものは成長スピード等で変わるからだ。
成長速度が速いほど肉というものは付かない。
なのでじっくり成長させる必要がある。
また、品種によっても肉のつき方というものが違うため、
肉がつきやすい品種を植菌しないとできないという事はある。

IMG_3741_縮小

これもいろいろ探して見つけてきた。
これで大体3センチ以上。
促成栽培物では見つからなかったので、
休養中のホダ木に発生した追いばえ物から。

IMG_3742_縮小_

薄いようにも見えるけど、肉の厚さは確かにあります。

成長速度は気温に比例します。
気温が低いほどじっくり成長するため、
秋から冬にかけて発生する自然発生物は肉がつきやすいです。
まあ自然発生物はえてして肉付きがいいと思うので、
春の自然発生物でも十分に作ることはできるはず。


③巻き込みについて

巻き込み言われても分からないと思いますが、
外周の事だと思ってください。

IMG_3740_縮小

巻き込みって言うのは外側のドーナツ状のものと考えてください。
ここが1センチ以上。
このきのこはクリアしています。

ちなみに上2つのキノコは傘が開いてしまい、
この巻き込み部分が1センチ以上ないので駄目という事になります。
きのこを大きくしながら巻きこみ部分を残すためには、
やはり成長を遅くしないといけません。
成長をじっくりさせることで、傘が開ききるのを遅らせる必要があります。
なので上2つをクリアしてもこれをクリアできないきのこは沢山出るはず。
まあ上2つの条件クリアするだけでも十分いいきのこですけどね。


さて以上考察してみましたが、
のとてまりの条件は決して無理なことではないと思います。
無理ではないけど限りなく難しいかな、と。

家庭栽培では、ほとんど自然発生型となるはず。
自然発生型でだと、

IMG_1172_縮小

こういったがっつり肉のあるものがとれるはずですし、
品種から初めて、気温や湿度を気にして育てると必ずできるはず。

ちなみに・・
促成栽培物でもそれらしきサイズになったものがあったので。

IMG_1364_縮小
IMG_1361_縮小
IMG_1362_縮小

見てもらうと分かるんですが、
かなり立派なキノコになります。
また、ホダ木のサイズを見てもらいたいんですが、
きのこと同サイズの太さ。
つまりホダ木の太さはあまり関係ありません。
太ければ大きい物が出るという事ではありませんので、
太い物じゃなきゃだめだーという事はありません。
ただ、新しいホダ木ほどパワーがあるのでできやすいかも。


さてさて、こういったものを高値で売買する所もあれば、
ウチのように・・・・ねぇ・・・・
1個数百円なんてきのこ売った事ないよ。
ブランド化ってそういうもんなのかねぇと思うこのごろ
まあそれだけ手間かかってるってことだ。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

こうなったら、椎たけ夫ブランドを作ってしまおう~

きっと、長野のあの人も買ってくれるはず…( ̄▽ ̄;)

のとてまり

色々調べて頂いたんですね
椎茸の特性を熟知しているからこそ判るんですね
JAとタイアップして【あきたてまり】挑戦して見ませんか

なるほど椎茸の事は全くわかりませんが
大変あご苦労が有るのですね。

そうですとも♪ よっし~さん。。。
たけちゃんきのこ
欲しい。。。(^_^;)

見てたら、
よだれ出てきたし・・(#^.^#)

Re: よっし~さん

> こうなったら、椎たけ夫ブランドを作ってしまおう~
> きっと、長野のあの人も買ってくれるはず…( ̄▽ ̄;)

ブランド化・・検討する価値はありますなぁ
法外な値段であの人に売りつけようか・・・(笑

Re: siyou110さん

> 色々調べて頂いたんですね
> 椎茸の特性を熟知しているからこそ判るんですね
> JAとタイアップして【あきたてまり】挑戦して見ませんか

JAとタイアップしちゃうとごっそりもって行かれちゃいますからねぇ(笑
極秘開発でブログ限定販売でもしてみようかな・・・

Re: 伊東ファームのクイムシさん

> なるほど椎茸の事は全くわかりませんが
> 大変あご苦労が有るのですね。

何事も生物相手では苦労があると思います。
だからこそ農業というものは難しいんだと思います。
農業を経済面ばっかりで見ているから農家は大変なんじゃないですかね。

Re: なおさん

> そうですとも♪ よっし~さん。。。
> たけちゃんきのこ
> 欲しい。。。(^_^;)
> 見てたら、
> よだれ出てきたし・・(#^.^#)

ではお買い上げ――(笑
ぼったくりきのこ発送しま――す(爆

>農業を経済面ばっかりで見ているから農家は大変なんじゃないですかね。

素晴らしい。
このブログに惹かれるわけが解ったような気がします。
良いご縁に感謝!!

Re: 伊東ファームのクイムシさん

なんだか照れますね。

最近の農産物の価格破壊は目に余るものがあるように思います。
食べるため=命をつないでいくための産業というよりも、
いかに安く大量に生産するかという、もはや農業というか工業に近い物になっているように感じます。
農業の意義というものをもう少し考えてみてほしいです。
椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村