FC2ブログ
2013-03-31(Sun)

3月のライオン

よく考えたら今はまだ3月だった。
だからと言ってこれ持ってきたわけではないよ。
将棋の電王戦というものと引っかけたんですよ。

電王戦というのは、コンピューターと人間が勝負するもの。
昨日初めて公式でプロがコンピューターに負けたわけで、
すごい1日となりました。

チェスではすでにコンピューターがチャンピオンに勝ったりして
コンピューターが強くなっていますが、
将棋や囲碁なんかではまだ人間の方が強いとされます。
昨日は2局目、その前の対局ではコンピューターらしい
負けそうになるとわけのわからない手を指すというのが見られ、
まだまだ差があるようにも思えました。
電王戦はあと3局。
最終局はA級棋士との対局。
一体どうなるのか楽しみです。


さて電王戦についてふれましたが、
3月のライオンというのは将棋の漫画。

IMG_3837_縮小

ヤングアニマルで連載されています。
作者は羽海野チカさん。
わたしゃ知らないんですが、
映画にもなった「はちみつとクローバー」の作者らしい。
そんな人がなぜ将棋という題材でしかも青年誌での連載を・・??
青年誌でも結構売れているようなので、
作者のネームバリューというものがあるんだろうね。

将棋という事で、一応監修しているプロがいます。
この漫画の監修は「先崎学八段」
先崎八段は去年亡くなられた米長邦夫永世棋聖の門下。
作中のコラムでも書かれていますが、
姉弟子が林葉直子さんです。
林葉直子さんは同じく将棋漫画の「しおんの王」で
かとりまさるとして原作者となっています。
あ、どうでもいいっすね(汗


中身は将棋の漫画であるんですが、
将棋指しとその周りの人間関係というのがメインのように思われる。
そもそも将棋というものを題材にして漫画を描くって難しい事。
将棋と何を組み合わせるかというのが問われるわけで。
その点これは、主人公の複雑な環境とその周りの人間関係が面白い。
そんでもって、必ず出てくる特定の将棋指しをモデルにした人物。
知らない人は知らないけれど、
これはあの人をモデルにしたんだなというのが見てて楽しい。
対局中のおやつとかね・・(笑


将棋知らない人でも面白いと評判の漫画である。
一度読んでみてはいかが?

・ヤフーに今回の電王戦と三月のライオンについての記事がありましたので。
 ↓↓↓↓
宗谷冬司というキャラクターのルーツ


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村