FC2ブログ
2012-04-28(Sat)

原木椎茸とは?

前回「椎茸とは?」からだいぶ経ちましたが、
今回は「原木椎茸とは何か?」について書きたいと思います。

①原木椎茸と菌床椎茸

椎茸には原木栽培と菌床栽培があることは知っていると思います。
まず、原木と菌床の違いを説明したいと思います。

「原木栽培」
・原木(枯れ木ではない木を1メートル前後に切ったもの)に菌を植え、栽培するもの
・菌床に比べ菌を回すのに時間がかかる
・使用できる期間が長い

「菌床栽培」
・木材のチップやおがくずなどを殺菌処理し、袋詰めしたものに菌を蔓延させたもの
・原木に比べ短期間で培養できる
・使用できる期間は短い

対比してあげるとこんなものでしょうか。
「原木栽培での優位性って何?これだと菌床栽培でもよくないか?」
とか言われてしまうと困ってしまいますが、
原木椎茸の優位性を上げるとすれば
・データでみるとうまみの数値が菌床より高い
・自然発生のキノコがとれる
くらいですかね・・・

ただ、
原木の自然発生きのこ(自然子)は絶対菌床では取れないものです。
あの肉の厚さ、うまさは原木の特権です。
この自然子を使った乾燥椎茸は結構な値段で取引されます。


②原木栽培は絶滅危惧種?

スーパーや市場で流通する様々なキノコ。
今そのほとんどは菌床栽培です。
ナメコ、マイタケ、ブナシメジ・・・
本来これらのきのこは木材を分解し成長するもの。
需要に対応するため、同じ面積でもより多く収量が上がる菌床での栽培がメインとなり
原木きのこは姿を消しつつあります。
原木しいたけは唯一原木での周年栽培がなされているキノコです。
しかし、原木しいたけの流通割合は年々減少し、10%台となっています。
(原木しいたけの出荷量が減ってなくても、菌床椎茸の量が増えれば割合は減りますが・・・)

原木でのキノコ栽培には弱点があります。
それが「季節性」です。
促成栽培でない限り本来出る時期にしか発生しません。
椎茸はできますが、それ以外の促成栽培は聞いたことがありません。
出る時期に出るきのこはとてもおいしいですが、
年中ある需要を満たすことはできません。
それを補っているのが菌床栽培。
だから菌床栽培がだめであるとは言いません。
消費者が求める以上供給はしないといけませんので。


③栄養の違い

栄養といっても、椎茸菌の栄養素のことです。
原木しいたけでは、椎茸菌の栄養は木材です。
促成栽培を続けていると、どうしてもきのこの発生が悪くなったり
きのこが小さくなったりするんですが、
そんなときに「増収剤」という栄養を混ぜた水で浸水したりします。
増収剤と聞くとなんだかいやな感じがしますが、
食品添加物なんでそんなに気にしなくてもいいと思います。
ある地域では「増収剤」の使用を禁止しているところもあるようですが・・・

対する菌床。
木材チップや米ぬか、そして「栄養体」というものが入ります。
これは畑で言う「元肥」。
つまり菌床には最初から栄養が補われているってことです。
菌床の除袋時に大量発生するのもうなずけます。

上に書いたとおり、原木で増収剤を禁じるところもあるのに
菌床の栄養体はいいのかと種菌会社の人も言っていましたが、
調べもしないで「ある情報」であーだこーだと言うのはどうかと思います。


さて長々と書きましたが、なんだか原木椎茸って?から逸脱したような・・・(汗)
次回は植菌についてです。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村