FC2ブログ
2013-07-20(Sat)

今年は害虫が多い

今日も晴れ。
しかしながら猛暑という感じではなく、
畑の草刈りにはもってこいであった。
やはり風が涼しいというのは作業をするうえで有利に働く。
刈り払い機でウィウィやってるだけだけど、
風があるのとないのでは雲泥の差だね。


さてさて、
きのこにしろ畑、鉢植えにしろ、
今年は害虫が多いように感じられる。

最も顕著に多いのはバッタだ。
ウラジロヒゴタイ、ブルーベリー、柑橘とあらゆるものを食い散らかしている。
ここまで多いのは初めてかもしれない。

逆に今のところ「蛾」が少ない。
去年はありったけプルーンの葉っぱを食い荒らしたんだけど、
今年は綺麗そのもの。
まあこれから増えてくるのかもしれないけど。


きのこに関して言うと、
今年はキノコバエが異様に多い。
数年前のキノコバエ大量増殖と同じである。

P1000572_縮小

いま最も多く被害を出しているのがこのキノコバエ。
ナガマドキノコバエと思われる。
成虫は、
ナガマドキノコバエ

こんな感じのキノコバエ。
キノコバエといっても姿形は蚊の様である。

IMG_3792_縮小

こっちは蚊ね。
そっくりである。

きのこばえの仲間は一般的なハエとは姿が違う。

IMG_1022_縮小

クロバネキノコバエと思われるものはこんなに小さいハエだし、
他のも銀バエとかイエバエのようなハエではない。

IMG_3318_縮小
IMG_4442_縮小

食害に関しても様々だ。
きのこの表面を溶かしたように穴をあけて食害したり、
内部に侵入して食い荒らしてみたり・・・
どれもこれもキノコバエの仕業だ。

きのこを食害するものはキノコバエだけではないけれど、
今年のキノコバエの多さはおかしいと言わざるを得ない量だ。
数年前の発生はクロバネキノコバエだったけど、
今年はナガマドキノコバエ。
何か発生周期みたいのがあるのだろうか。


発生する原因は休養舎。
発生舎が原因ではなく、休養舎内で生まれたものが、
浸水に耐えて発生舎内にやってきて、
きのこが発生したらそれを食害というパターン。

つまりは休養舎内で防除できれば被害は縮小できるはずという事ではある。
という事で今日は黄色い粘着テープを交換、
虫採り機の捕獲ネットの交換。
これでたくさん採れて被害が少なくなればいいなと。


きのこ栽培では薬剤はほとんど使われない。
というか使えないといった方がいいのかもしれない。
そのためこういった粘着テープや誘引捕獲器なんて言うものは非常に大事なものである。
対策を怠れば莫大な被害が出てしまう訳でありまして・・
まあ逆に言えばきのこ全般は無農薬栽培が当たり前だと。
そうしてみると、きのこは野菜類では
無農薬栽培のはしりといえるのかもしれないねぇ・・


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

>刈り払い機でウィウィやってる
機械があれば便利なので、短時間で出来るでしょう、
わたしは手鎌で根から引き抜いての作業です、
時間はかかりますが、次の草が出るのが遅くなるので
この方法です(機械も持っていないので当然ですが)

>今年は害虫が多いように感じられる。
そうかもしれません、いわれて思い出してみると
そのように感じられます。

>今年はキノコバエが異様に多い。
寒さが厳しい冬があけた年は、害虫が少ないと
思ってましたら、そうでもなかった、
冬越しにかっこうな場所を見つけたのでしょうか。
困りましたね、

Re:ノリじいさん

> >刈り払い機でウィウィやってる
> 機械があれば便利なので、短時間で出来るでしょう、
> わたしは手鎌で根から引き抜いての作業です、
> 時間はかかりますが、次の草が出るのが遅くなるので
> この方法です(機械も持っていないので当然ですが)

耕運した畑の中では草はむしってますが、
その周りのは機会で刈ります。
広さが広さですからね。手では刈ってられないです。

> >今年は害虫が多いように感じられる。
> そうかもしれません、いわれて思い出してみると
> そのように感じられます。

多い物、少ない物様々ですね。
今年のバッタの量は非常に多いです。
同じくイナゴが増えて稲に害が出なければいいんですが・・・

> >今年はキノコバエが異様に多い。
> 寒さが厳しい冬があけた年は、害虫が少ないと
> 思ってましたら、そうでもなかった、
> 冬越しにかっこうな場所を見つけたのでしょうか。
> 困りましたね、

ハウス内ではいつも同じ管理なんですが、
周期で大発生するのかもしれないです。
きのこについていても小さいと分かりづらく、
非常に厄介極まりないです。

害虫は困りましたね・・・。

やはり色々と害虫の出現にも影響が出ているのですね。こちらでもマイマイガの幼虫はかなり発生しましたが蛾は少ない気がします。あとアマガエル、ヘビも例年よりかなり少ないので、ハエなどは天敵がいないことも増殖している原因かもしれませんね。本業ではありませんが趣味(が高じて?)昆虫関係には縁があり、とても興味があるのですが、薬などを使わずに上手くキノコに寄せ付けない方法を編み出したいですよね^^

Re: maplelifeさん

> やはり色々と害虫の出現にも影響が出ているのですね。こちらでもマイマイガの幼虫はかなり発生しましたが蛾は少ない気がします。あとアマガエル、ヘビも例年よりかなり少ないので、ハエなどは天敵がいないことも増殖している原因かもしれませんね。本業ではありませんが趣味(が高じて?)昆虫関係には縁があり、とても興味があるのですが、薬などを使わずに上手くキノコに寄せ付けない方法を編み出したいですよね^^

害虫の発生というのは周期的なものなのか
異常発生する年と少ない年とがありますね。
数年前のクスサン大量発生にはまいりましたよ。
気候のせいなのか、あるものが減るとあるものが増えるという、
自然界のバランスが崩れている事があるのかもしれないですね。

きのこに関しては成虫を捕獲しまくる以外は方法が無いですね。
ありったけテープはっておくとか捕虫機導入する以外ないです。
大量発生させないことが重要ですね。
椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村