FC2ブログ
2013-09-08(Sun)

コガネグモとジョロウグモ

東京オリンピックが決まりましたね。
マドリードが残って決選なんて言われてましたが、
ふたを開けたら同数でイスタンブールが残った。
これがなかったらどうなってたか分からないーと、
まあこれは色々と思惑があるだろうからねぇ・・・
裏であれこれというのにはもう何も言わんとこ。
まずは東京に決まってよかったねーという事で。


今日は虫のお話で・・(汗

虫に限ったことではないけど、
違うものをごっちゃにしてしまっている事ってよくある。
トカゲかなへびとかコガネムシカナブンとか。
そういったものの中で、今日はコガネグモとジョロウグモの違いについてを少し。


この2種類、結構同じような色合いのため、
間違えて覚えていることが多い。
反対に覚えているか、コガネグモをジョロウグモと覚えているかのパターンだ。


P1000827_縮小

これがジョロウグモだ。
左奥にいるのが雄、大きいのが雌。
クモは大体雌が大きいものだ。

P1000829_縮小

糸を出すところのあたりが紅い。
また腹が全体的に細長いのが特徴だ。
あと、糸は黄色っぽい。
非常にネタネタした糸である。


P1000831_縮小

たいしてコガネグモ。
腹のがらが虎柄とでも言うのか、黄色と黒のシマシマである。

P1000830_縮小

ジョロウグモと違い赤みはほとんどない。
腹のかたちがジョロウグモに比べ丸いのも特徴だ。

P1000833_縮小

一番分かりやすいのは巣だ。
コガネグモは巣にギザギザの模様を作る。
ちょっと見にくいけど、クモがいる中心付近に縦にギザギザがある。
これで巣を見ただけでもコガネグモであることは分かる。
コガネグモの巣はそれくらい特徴があるという事だ。

大きさで言うとジョロウグモの方が大きい。
出てくる時期はコガネグモの方が早く、
ジョロウグモは出現が遅く、かなり遅い時期まで生息をしています。
見分けは特徴さえつかめば非常に容易です。
まあ特にためにはなりませんが、
覚えておいてもいいかもしれません。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

蜘蛛のことは全く知りませんが、ジョロウグモは名前だけは聞いたことがあります。
そう言えば、蜘蛛の糸でギザギザの模様があるのは見たことがあります。黄色っぽい糸もあるのですか。
椎たけ夫さんは、まるで虫博士さんみたいですね。(^-^)v
今度蜘蛛を見かけた時は、模様と糸の様子も一緒に見てみることにしますね。

Re: Reveilleさん

> 蜘蛛のことは全く知りませんが、ジョロウグモは名前だけは聞いたことがあります。
> そう言えば、蜘蛛の糸でギザギザの模様があるのは見たことがあります。黄色っぽい糸もあるのですか。
> 椎たけ夫さんは、まるで虫博士さんみたいですね。(^-^)v
> 今度蜘蛛を見かけた時は、模様と糸の様子も一緒に見てみることにしますね。

ジョロウグモの巣は巻きとってみると黄色っぽいのがわかりますよー
種類によって糸の強さとか粘り気というものは全然違います。
オニグモの糸は強くて多少引っかかっても切れないんですよ。
注意してみると面白いです。

私は今のようにゲームなんかしてませんでしたので、
色々と知識が増えたのかもしれませんね。
ただ子供のころよりも今の方が知りたい欲求があるので、
いろいろと気付くのかもしれないですね。

これは、結構間違っているケースが多いです

コガネグモとジョロウグモは腹部に縞模様があり、比較的に似ているので結構間違いが頻繁であります。当然ながら両者のクモはまったくの別物です。両者の特徴として、コガネグモは主に梅雨時期から夏時期にかけて完全体(成体)が現れ、全体的に体が肉厚で、腹部が大きく、脚も太めです。網は一般的なクモの網(専門用語で垂直円網と言うそうです)であり、中心部に前後2脚を揃えてX字の4脚に見せかけて停滞します。さらに中心部は隠れ帯といわれるギザギザ模様をつけます(クモの種類により模様のパターンが異なるし、個体によりつけないクモもいます。このX字型の4脚見せかけや隠れ帯はコガネグモ系の最大の特徴でもあります。)。性格はかなり攻撃的(S傾向)であり、網に引っかかた獲物はすぐに牙で攻撃し、糸で真っ白になるまでぐるぐる巻きにします。この性格を利用してか、鹿児島県や高知県では毎年このコガネグモのケンカ大会が開催されます。一方、ジョロウグモは初秋から秋時期に完全体が現れますが、最近は温暖化のせいかクリスマスや年末年始まで生き延びている個体まで見かけるようになりました。体は全体的にスリムで、腹部や脚は縦長に細いのが特徴です。網はかなり特殊で、下に長く上部にV字型に切り込みがあり(その為クモの定位置が中心部よりやや上側にあり、網の貼り方も一般的なクモのようにぐるぐる回る貼り方ではなく網上部の端から反対側の端までを往復する貼り方をします)、メインの網の前後に複雑な不規則な網があります。コガネグモ系のようなX字4つ脚配置や隠れ帯はありません(個体により前脚のみを揃えるクモもいます。)。性格はコガネグモは攻撃的であるのに対して、ジョロウグモは比較的警戒的な保守派(M傾向)が多いようです。網に獲物が引っかかたとしても、すぐに獲物のところには行かずに様子をうかがえて、獲物の体力が弱ったことを見計らってから牙で攻撃し、軽く獲物に糸を巻きつけます(個体によりすぐに牙で攻撃的するクモもいます。また、ジョロウグモは獲物を糸でぐるぐる巻きにはせずに、獲物が動けない程度ぐらいでやめます)。さらに引っかかた獲物が大きすぎる場所は、すぐさま網から避難して逃げだしてしまいます。両者はよく似ていますが、全く非なる異なるクモです。あと、コガネグモの欄の写真で紹介しているクモはコガネグモではなく派生種の「ナガコガネグモ」です。ちょうどプロ野球シーズン大詰め辺り(両リーグ優勝決定、クライマックスシリーズ、日本シリーズ辺り)まで完全体が現れ、コガネグモと体格と性格は似ていますが、網は体の割には小さめで低地に網を張り、隠れ帯はX字ではなく縦一直線です。

Re: 名無しさん

ずいぶん前の記事ですが専門的にどうもです。
うちの周りでも反対に覚えてる人がいるのであくまでこういった違いですよ程度の記事でした。
派生種がどうこうに関してはこの時点では考慮していないため間違ってたようで…
椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村