FC2ブログ
2014-05-24(Sat)

あれ?あきらめたひもとうがらしの芽

今日10年ぶりに同級生の弟に出会った。
最後にあったのは彼が中学生だった時だったから、
久しぶりに見た彼はまるっきり別人(笑
まあ中学生と成人じゃあまるで違うわな。
わたしゃ30近くにもなっていまだ学生さん?とか言われるほどに変わりないので、
相手からすればすぐ分かるようだけど(汗
この間も7年ぶりにあった友人に変わらないねぇと言われたばっかだ(大汗
変わらないことはいいことなのか悪いことなのか・・・


さて、
今年も人肌催芽で芽出しをしたひもとうがらし。
今年は自家採種の種だったせいなのかいつまでたっても芽が出ず、
どうにか発根確認した1粒のみの栽培と思っていたんだけど、
発芽しなかった種をプランターに埋めて放置しておいたらなんと発芽。
しかも結構発芽してきた。

P1020246_縮小

エー予想外・・ってか予定外ーー
1株だけだと思って畝作り変更しちゃったあとだってのに・・・
まあ別の場所に畝作るしかないか。
嬉しい悲鳴というのか・・・うーん予定狂うのは困ったもんだ。

ちなみに、発根確認の1ポットは

P1020185_縮小

10日ほど前に発芽、現在は立派に双葉を開いて成長中。
虎の子の1株、と思っていたけど、
その他大勢の出現で重要加減のレベル低下(汗
それでも早く育っているので、重要な株であることは間違いないか。


今年は忙しくなるので、ひもとうがらしの量が少なくなったのは好都合かと思ってたけど、
そんな思惑がこれで外れてしまったね(汗
1株しか育たないーで1回目の思惑外れ、
その後大量発芽ーで2回目の思惑外れ。
こいつは私をおちょくってんのかーー!?


2014-05-03(Sat)

ひもとうがらしの人肌催芽終了

去年実践してなかなかの結果を出した人肌催芽。
今年はちっとも、まったく、さっぱりだめで、終了。

P1020118_縮小

まともに発根したのがこれ1個。
去年は4月中にすべての作業が終わってたので、
今年はいかにダメダメかがわかるというもの。

P1020119_縮小

その他大勢はさっぱりだめ。
これは一応別の物にまいて発芽したら儲けもん程度の期待薄。
やっぱり種が駄目だったのかな?


要因はいろいろ考えられて、

・種取り失敗=種取り初めの時期が遅かった・乾燥がしっかりできなかった
・人肌催芽中に温め続けることに失敗した=たまにど忘れしてポケットに入れるのを忘れた
・人肌催芽中に換気をしくじった=1日1回換気するのを怠った
       
大きい要因だと種取りの失敗と催芽の失敗。
なかなか難しいんだねホントは・・・
去年はたまたまビギナーズラックで成功したということなのか(汗
まあ今年は仕方ない、この1粒の種は必ず大きく育てないと。


今年は畑に手をかけられないということなので、
収穫に時間のかかるひもとうがらしは引退も考えたけど、
それが伝わっちゃったのかもね・・・
でも種はつながってたわけだから、この虎の子の1粒、絶対今年もつないでやるぞ-


2014-04-07(Mon)

ひもとうがらしの人肌催芽再び!

今日は風が強いのなんの。
軽トラが風でもってかれるほどの暴風。
ハウスも「これ大丈夫か?」ってくらいの風。
恐ろしいねぇ。風だけは勘弁してもらいたいだよ。


さて、

去年自家採種したひもとうがらし、
去年と同じ日に人肌催芽開始します。
ひもとうがらしの人肌催芽
こちらが去年の人肌催芽の記事。


P1010913_縮小

今年は去年の3倍くらいの種じゃないだろうか。
と言ってもこの自家採種の種が発芽するものかどうかが分からないので、
とりあえず大量に催芽をしてみて、
うまく芽が出たものを使おうという考え。
ヘタな鉄砲数うちゃ当たる作戦だ(笑

濡れたティッシュで種を挟んでビニール袋に入れて
芽と言うか去年からすれば「根」が出てくるまでずっとポケットで保温。
それこそ寝食を共に状態(笑

去年は発根までに約10日ほどかかったので、
今年もまずは10日ほど待ってみてどうかだ。
駄目なら駄目で・・・また考えてみるしかない。
やはり種採り時期が遅い感があるので、はたしてどうなることやら。
まずは今年の畑の苗づくり第1号の出陣です。


2014-01-12(Sun)

ひもとうがらしの種とりおわった

相変わらず降り続いておりまする。
昨日の教訓か、今日は除雪がしっかりしてました。

どうも今年の除雪はうまくなくて駄目だ。
グレーダ2台とロータリーがセットで動いてるんだけど、
グレーダが道路の端に寄せた雪をロータリー素通りしていくからね・・・
そのせいで昨日みたいになっちゃったんですよねぇ。
いやあ昨日はすごかったわ・・・

そういったときに県民性というか人間性というか出ますね。
交互通行なのにもかかわらず絶対止まってやるもんかって(笑
乗用車はほぼ止まりませんでしたね。
トラック運ちゃんだけでしたわ。
運ちゃんかっけーとか思ってましたよ。


そんでもって今日は積もり積もった雪おろし。
老体鞭打って車庫の雪降ろした。

P1010575_縮小

車庫埋まるわー
梯子いらん(汗
一気に軽い雪積もったから量あっても楽だった。

雪下ろし中に発見したんですが、

P1010572_縮小

木が倒れて電話線に引っかかってるーー
大木がぶっ倒れたのに切れなかったすごいね。
ここらでは毎年のごとくこんなのが起きてますね。
去年は除雪車がたるんだ線に引っかかって、電柱が斜めになりました。
着雪ってこういったのもあって怖いもんだ。
ウチの裏の杉もいつ倒れてくるかわからんぞ・・・

P1010576_縮小

あとは消火栓救出。
完全に埋まってました(汗
こういったのってだれがやるもんなのかな??
とりあえず掘り出し。



まあ雪国情報はそれくらいにしまして、
去年種採り用に採ったひもとうがらし、乾燥がようやく出来たので、
中身を取り出しました。

P1010561_縮小

去年もそうだったけど、乾燥させるのにひたすら時間がかかってしまうため、
どうも乾燥する前に悪くなってしまうようだ・・
お日様出てれば楽だろうけど、天日乾燥できないからね、ここじゃ。

P1010562_縮小

やっぱり熟してない種も結構ある。
しっかりした種も結構あるけどね。
これがしっかり発芽するかどうかは、人肌催芽実験してみて判断しよう。
発芽率が3割くらいでも十分な量だしね。
ゼロだったら・・・泣きますが(笑


そろそろ今年まく種の準備も考えないとね。
なんせ準備しようとするあたりは植菌で忙しすぎてやってられないし。
ひもとうがらしの種はこれで十分だけども―
発芽してくれればいいなぁ。



2013-12-02(Mon)

2013振り返り ひもとうがらし編

12月になったので、今年の畑について振り返ってみたいと思う。

今日は「ひもとうがらし」


IMG_3970_縮小

今年は去年よりも早く植えようと、
人肌催芽なるものを実施。
種をティッシュで包んでぬらした状態で袋に入れ、
それを肌身離さず持ち歩くというもの。
結果、何の施設もなく発根させることに成功。

IMG_4054_縮小

発根までは約10日。
これをポットにまいて発芽させるはずだったが・・・・

IMG_4070_縮小

発根まではうまくいっていたんだけど、
今年は春に寒波がひどく、ハウス内の温度が予想以上に低く、
発芽が非常に遅くなってしまった。


IMG_4185_縮小

ポットまきから約2週間後から発芽開始。
やはり当地では植え付けから逆算で種まきするのは難しい。
特に春先は低温が続くので加温施設が無いと大変だ。
ここ数年の大雪が影響しているんだけどね。

IMG_4286_縮小

種まきから約1カ月でようやく発芽がそろう。
今年はここで大失敗。
いきなり直射をガンガン当ててしまい、
双葉が枯れてしまうものが続発。
この時点で今年の苗づくりは失敗したといっても過言ではない(汗


IMG_4538_縮小

それでもどうにか大きくなっては来た。
ただ今年は天候が安定せず、低温晴れ大雨。
ずっとハウス内で育苗することになってしまったため、
明らかな日光不足。
生育が遅く、いつまでたっても植え付けサイズにならなかった。
いかに天候不順が影響するかということを痛感。


P1000434_縮小
P1000435_縮小

種まきから約3カ月後植え付け。(4・7⇒7・2)
ちなみに去年は7月7日に植え付け。
去年は種まきが5月1日なので、今年はどれだけ遅れたかがわかる。
気温とれないのは非常に厳しいね。

P1000599_縮小

植え付け後3週間ほどで開花。
ここまで順調に成長するものもあれば、

P1000598_縮小

今年は初めて枯れた株も出た。
多分これは雨による過湿が原因だと思う。
今年は家のピーマンも同じようになって枯れたらしいので、
過湿には注意しないといけないようだ。


P1000673_縮小

開花から1週間ほどで実が大きくなってくる。
実がついてる割に株が小さい。
去年もそうだったけど、やはり肥料が無いと株が大きくならない。
これが種採り連作で改善していくのかどうか、来年から実験だ。
駄目なら別の手をとらざるを得ないが・・


P1000790_縮小

収穫が本格化したのが8月後半。
この時点で夏野菜としては遅すぎる。
早く植えて早く収穫開始というもくろみは今年は大失敗。
苗作りの段階で失敗しているため、去年よりひどい(汗

P1000903_縮小

収穫最盛期でも、今年は去年の失敗を受けて種採り開始。
去年より1カ月早い種採り開始。
それでも色づきが遅く、今年も失敗したかと思ったが・・

P1010156_縮小
P1010214_縮小
P1010273_縮小

雪が降るぎりぎりに色付き終り収穫までこぎつけた。
やはりもっと早く種採りしないといけないらしい。
種採りを考えると植え付けを早くしないといけない。
だけど種まきを早くし過ぎるとどうにもならない。
今年の種まきくらいで温度をもっと取るようにしないといけない。
夏野菜を種から育てるのは大変であるという事が良く分かる。


P1010432_縮小

現在は乾燥中。
種がしっかり採れるのは来年。
私のひもとうがらし栽培は、
4月種まきから1・2月の種採り終わりまで約10カ月。
恐ろしく時間のかかる野菜だ(笑


去年今年と育ててみて、課題点を上げると、

・雪が多い当地での育苗は温度をとるすべを考えないときつい
・育苗期間が長いため気温天候異常をもろに食らう
  -ある程度余裕を持って育苗期間を設けた方がよさそうだ。
・種採りは8月から開始しないと雪ぎりぎり

あくまで秋田県横手市基準(笑
育苗と種採り以外は栽培は容易だと思う。
辛くないので、甘味噌炒めでよく食べてます。
油と相性がいいのは間違いない。
一度天ぷらにしてみたいけどどうだろうね。

来年は今年とった種からの栽培なので、
どういった成長になるかは全く不明。
ここが自家採種の怖いところではあるが・・・
来年は今年を越える収量になるように、工夫をしなくては・・・


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村