FC2ブログ
2015-01-14(Wed)

プランターにらが伸び出してくる

今日は久しぶりにかなりの好天。
太陽光がまぶしいぜ!

P1030970_縮小

ハウスの中ではこんなのも出てくるような陽気。
まあハウスの中は暑いからね(汗
積もり積もったハウス上部の雪も溶け、これでまたしばらく雪降っても大丈夫なはず・・・


そんな暖かさからなのか、ハウスに取り込んでおいたニラのプランターに動きあり。

P1030972_縮小

刈り取りもしないでそのまま枯れ放題になってたニラ、
新芽が伸び出しました。
ハウス内は15度くらいにはなりますけど、
秋に取り込んでから全く動きなしのニラだったのに、今動き出しました。
これはニラの休眠があったということなのかな?

ハウスで冬場にニラ栽培しようかと思って始めた割に
意外とサクサクは伸びないことが判明してあきらめたんですが、
やっぱり一定期間の休眠がないと継続栽培できないってことなのかもね。
まあそれでも十分に促成栽培になりますねこの時期だと。


問題は光だけど・・・
さてこれを立派に育て上げることは可能かな―
早速肥料与えてみることにしよう。


2014-05-26(Mon)

花にらとチャイブを植える

今日は雨予報だったけど、夕方仕事終わるまで雨は降らないでいてくれた。
お陰で田起こしも終わり、山のキノコ収穫も間に合い、
そして畑での作業もできるという何とも助かった一日だった。
今現在はすでに雨降りだしましたけども。


その畑仕事、
昨日の植え付けに続き、今日はニラ類を植え付け。

P1020266_縮小

個の苗どもは去年種まきして越冬してしまったもの。
やはり時期的に遅すぎて、秋に植え付けということはかなわなかったので、仕方なしに越冬。
それが失敗だったのか、伸びては枯れを繰り返すうちに
ひょろひょろのダメダメ苗に早変わり(汗
このまま置いておいたところで成長するかも微妙なので、
どうなるか分からないけれども畑に植えることにした。


P1020267_縮小

アサツキなんかと同じように、一定間隔で2列植え。
にらは毎年出るので、掘らない場所に植える。
なので周りはスギナだらけ(汗


P1020268_縮小

今回植えたのはまず花にら。
花にらというと間違えてしまいそうだけど、毒をもったハナニラではない。
テンダーポールという花芽を収穫する品種のことだ。
今年は収穫するのは無理だろうけどね(汗

P1020269_縮小

溝を挟んでチャイブ。
これは有機種子とか書いてあったちょっとお高めの種。
結局はチャイブだから、何がどう違うもんかは不明だ。
ということで比べるために、

P1020270_縮小

チャイブもう1つ。
こちらは英語書いた大きい袋の種。
種で違いがあるもんか食べ比べしてみる。
品種違いなのかな?よくわからん。


とりあえず株まとめなんかをしながら植え付け。
雨前に植えたから活着はたぶん大丈夫だと思うけど・・・
ひょろひょろ苗は心配だらけだで(汗


さて、
同じく掘らない場所にあるほかの球根物たちはというと・・・


P1020271_縮小

どうも育ちの悪いワケギ。
去年はかなり分球していいかと思ったんだけど、
球根が消えてるところもちらほらあり、あまりよろしくない。
無肥料状態では育てるのが難しいのか?


P1020273_縮小

かと思えばもっさー茂ってるラッキョウ。
なんだろうねぇこの違い。
かたや青青、かたやダメダメ。
ワケギはここには向かないのかな?

P1020274_縮小

同じく青々してるアサツキ。
これはもう少ししたら収穫かな。
こんなに細いもんで間違いなのかな?
とりあえず食べてみてどうかだろう。

P1020272_縮小

これも一応育ってきてるジャンボニンニク。
茎が結構太くなってきてなかなか楽しみな感じ。
とはいえ肥料ない状態ではどの程度まで大きくなるんだか。
種球と同じような大きさだったら・・・・・


P1020275_縮小

ネギ系統の場所全体をみるとこんな感じ。
左がラッキョウ・ワケギ、右がアサツキ・ジャンボニンニク、そして今日植えたニラ類。
むやみやたらにあるような気もするけど、まあそれはご愛矯ということで(笑


この多年型の物を無肥料栽培するのはどうかと思ったけど、
育ちの良し悪しが結構はっきり出た感じ。
ワケギはやめにしてアサツキとラッキョウ育てるほうがいいかもね。
ニラ類は来年まで保留ということで。


2014-04-05(Sat)

ニラ、おまえは活きが良すぎだ

さぶいーー

本日ホントに雪。
しかも結構な雪。
朝方から降り出した雪は5・6センチになり、
再び一面が白い世界。

今日は24節気の「清明」だ。
清明とは、
万物がすがすがしく明るく美しいころ。
『暦便覧』には「万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれるなり」と記されている。
様々な花が咲き乱れ、お花見シーズンになる。 (wiki)

ということだ。

しかしどうだこの天気。
全くそれと逆行してねぇかってね。

P1010908_縮小
P1010909_縮小

昼あたりに天候が回復してきてどうにかなるかと思ったんだけど、

P1010910_縮小

結局再びこうだ。
あしたまでにどれくらい降るだろうかね・・・
天候が良くなってきてタイヤ交換した人もいただろうに、
雪がある地方では田畑に雪があるうちはタイヤ交換はやめた方がいいやな。
タイヤもったいないと思うけど、こうなったときに代えてて事故ってちゃ元も子もない。
雪国のタイヤ交換はタイミングが難しいんす。


そうそう、
今年は24節季の節目節目に荒れてるんですよね。
立春・啓蟄・雨水・春分ときて今日の清明。
この節目の荒れ方からすれば4月20日の穀雨にも雪降るな・・・
大予言は当たるだろうか(笑



さてようやくの本題。

先日隙を見て植え直したプランターニラ、
あれだけ根をぶった切ったのにもかかわらずもう伸びてきた。

P1010903_縮小

えぇ――なんですかこの生命力の強さ・・・
ニラ最強じゃねぇか。
この強さが他に野菜に少しでも分けられたらと思うと・・・・


P1010902_縮小

こっちは植え直してないやつだけど、
すでにもう10センチを超えてしまった。
放任しまくりでこれってなんだよ・・


結論から言えばニラは最強です。
もうね、なんと言おうとこの事実は曲げられんわ(笑
だからこそいつでも植えかえ可能と言えるかもね。
そうときまればもう少し放置しておくことにしよう ←オイ(汗



2014-03-29(Sat)

ニラ植え直してみました

今日もはれー
あっついのなんの。
今暑かったら夏どうすんのよって思っちゃうけどね(笑

今日は朝方原木が来るまで時間が空いたので、
鉢ものいじりを少しばかりしておこうと思って見に行ったら、

P1010859_縮小

あーーーニラ出てきてるーー!!

参ったねーという発見。
ハウスとハウスの通路で無加温状態だったんだけど、
一応密閉状態で陽が当たって暑くなり、動き出したようだ。

このプランターニラも今年で3年目に入り、
いい加減植え直しておかないといけないので、
とりあえずひっくり返してみることにした。

P1010860_縮小

もうね、根だらけ(汗
どうやったらこんだけ芸術的に根がからむんだろうか。

ニラは株分けして植え直すものと言う事はなんとなく知っていたけど、
まずね、根がすごすぎて分かれないの。
8株植わっているんだけど、1株ずつにすることすら困難。
もう鎌でぶった切り作戦に変更して解体した。


P1010861_縮小

横のつながりをぶった切り、下の絡まった根をぶった切り、
ようやく1株ずつに分解。
でもこれをさらに分けるのがホントでしょ?
不可能ですよそんなこと―(汗

まあこれを分解するのはあきらめ、小分けにした物を新たに植え付けた。
土は減っていってるのに根の量は増えてるから怖い。
たっぷり用土を入れたので今年いっぱいは大丈夫だろう。
今年の終わりごろには畑に移植しようかね。
冬場に二ラ栽培なんて思ったけど難しそうだし。


時間がなかったので今日はこの1つのプランターだけ。
暇を見て残りもやってしまわないとなー
家にはまだ10個以上あるし・・・
あれは春先に畑に植えちまったらいいだろうか・・


2013-11-26(Tue)

温室育苗中のニラとチャイブ

寒くなってきました。
いよいよ大雪再びの模様。
あー結局畑終わらなかったわ・・・
日曜にやっておけって話だったね(汗


さてさて、
本来春にまくべきニラの種まき。
まいたのが夏も終わりの8月31日。
今年は去年よりも寒くなるのが早かったため、
畑に植え付けられるまでは大きくならなかった。

そのニラとチャイブのポット、
椎茸の発生舎内に入れておいたら、少しずつ成長し始めた。

P1010395_縮小

うわー写真縮小すると細すぎて分かりづらい・・・
ただ明らかに長くはなった。

P1010396_縮小

右側がニラ(テンダーポール=花ニラ)、
左側3つ目くらいまでチャイブ2品種。
やっぱニラの方が太くて大きい。
まあ、慢性的な日光不足なんだろうけど、
軟弱この上ない感じ(汗


そういえば、
横手ではネギを秋まき・冬場ハウス育苗・早うえ夏どり
とかいう方法で時期を早めて単価をとろうという試みがあったような・・・
このニラも冬場に大きくして、春一番で植えられるかな?
ま、大きくしても軟弱じゃ全く意味無いですけどね(汗


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村