FC2ブログ
2020-08-08(Sat)

オクラに関して気付いたこと。

どもー
寝不足の椎茸夫ですー
オクラの収穫が始まったので朝は4時半起きになったんですが、
実は夜も選別調製とかあるので夜なべ作業してしまい睡眠時間がガリガリ削られてます。
昨日は12時過ぎまで残業だったので3時間ちょいしか寝てないわけよー
明日は休み、もうありったけ寝れるだけ寝るわ(笑


さてそんな大変なことになってるオクラですが、
本日よりすべての品種で収穫が始まってきましたので、
それぞれの品種に関して感じたことをまとめてみたいかなーと思いますね。

P1060583_縮小

まずは赤オクラの島の恋
最初の芽出しから躓きましたけど、収穫は一番早く始まりました。
きれいな着色のオクラを採るためには少し気を付けないといけないことがありましたね。

P1060581_縮小

それが花を落とすという事。
赤オクラは日に当たることで着色する性質があるようで、
いつまでも花をかぶったままだと着色不良が起きるし、先端が無駄に細長くなる模様。

P1060582_縮小

ツートンオクラというのも面白いかもしれないけど、
これだと正規出荷はできない代物になるので花が咲き終わったらすぐにとってしまったほうがいい。
ちなみに花はすぐに浮くのでかなり取れやすいく、ぽろぽろと簡単に落とせます。

P1060584_縮小

ついで収穫量が右肩上がりで苦労してきている白系丸さやオクラのヘルシエ
これは赤オクラ同様に花を落とさないと大変なことになりますね。
赤と違い着色不良は起きませんが、その代わり黒く変色が起きて商品価値がなくなります。

P1060586_縮小
P1060587_縮小

白系オクラは粘り成分が多いせいもあってか花もかなりネバーッとします。
そのせいか花落ちが結構悪く、しかもとろけた状態になって残りやすいため変色が起きやすい。

P1060585_縮小

大きくなると先端の花が落ちなかった部分あたりは黒くなってしまう。
最初の段階でこういった結末が見えてしまうので花を落とすのって意外と重要な作業になりそうだ。
このような変色が結構見られるのでそこがこの品種の弱点かと思われる。

P1060589_縮小

ついで白系八角オクラほしひめ
こちらもかなり花落ちが悪いけど、ヘルシエに比べるとぐずぐずしてはない。
最近になって少し形がいいものが採れるようになり、これも花を落とすことが品質向上に役立ってる感がある。

P1060591_縮小

ただどうしても花が果実の中ほどで締まってどうにもならなくなってしまうことがある。
花を落とす際もポロッと取れなくて力がいることもあり、
その点がこの品種のめんどくさいところだと思いますね。

P1060592_縮小

あとはどうも曲がりが多い。
これは自分のせいなのかこの品種の特性としてあるものなのかはわからないけど、
曲がってしまうものが多すぎて正規品ってのがなかなか量確保できない感じ。
面白いオクラ見つけたーと思ったけどこれだとちょっと厳しい。

そのほか細めのオクラであるってこと、それに伴って伸びが早くあっという間に大きくなること、
そんなこともあって意外と収量があったりするってことでしょうかね。
丸莢ではないけど意外と長くなっても柔らかめなのはいいと思いますね。

P1060588_縮小

最後は去年もやったずんぐりむっくりダビデの星
この品種に関しては花落ちよくて自分でとってやる必要性がほとんどなく非常に楽。
他の品種に比べて緩慢だったかなーとは思います。
ただし1個重が他よりかなり重いので収量としてはすぐに追いつくかもしれない。

P1060593_縮小

でかいので採りミスはしてはいけない。
ちょっと通常のオクラと比べ物にならない化け物サイズのオクラである。
本当にこの品種はかなり珍プレー体系のオクラだよねぇ。
今年はイボ果が多くみられるので対応は必要だと思うけど、
それ以外ではほかのオクラに比べると手間はほとんどかからないと思います。
楽さで言えばこれが一番ですねー

現在は赤オクラが一時ピーク過ぎ、代わりにヘルシエがメイン張っています。
これがかぶったときどう対処すんのか、全体が爆裂したはもはや制御不能じゃないのか…
ちょーっと、いやかなり体力勝負になっている現状、
無理はし過ぎずにやれるだけのことは頑張ろうと思いますね。



2020-08-07(Fri)

草の中からヤーコン救出

今日は曇り。
台風、いや元台風の影響が今日からくるぞーとなってたけど、
午前中にばっと降った後はずっと曇りで非常に過ごしやすい気温だった。
本番はこれからの模様、大雨だけは勘弁してくれーーー


さて本日そんなこともあってついにヤーコン周りの草刈りを実施。
暑いときに草刈り機を使うのは自殺行為ですからねぇ。

P1060594_縮小

草抑えのためのヘアリーベッチをまいたのでずっとそのままにしていたわけですが、
ヘアリーベッチが負けるくらい草が尋常じゃなく繁殖・・・・・
ヘアリーベッチもだいぶ枯れこんできていたのでいっそすべて刈ってしまおうとやったわけですがねー
これがまたとんでもなく刈りづらいのなんの。
ヘアリーベッチが背が高くなった草に絡んでるので一々草がまとまって刈れない。
ありったけ筋肉任せにガシガシ刈ってようやく終わった・・・・・

P1060595_縮小

草から救出されたヤーコン、久しぶりにヤーコンのみを見た。
草丈はすでに150㎝は越えており非常に順調に生育している模様。
とりあえず雨の影響は少ないかなーと思いますね。

P1060597_縮小

株元の茎の本数もまずまずじゃないでしょうかね。
まだ株が盛り上がってきていないので芋の肥大はこれからでしょう。
これも収穫まではまだまだかかります、じっくり育ってもらいましょうかねー
今年は去年の様に遅くなりすぎないように気をつかないとね。


2020-08-06(Thu)

南瓜オワターー

今日も暑かったっす。
汗が滝のように流れる。
タオルも絞れるシャツも絞れる全身グズグズになって仕事してましたわ。
雨の日々からこんな猛暑の日々へ、かと思えば明日からまた雨の日々・・・・
うーん勘弁してくれ。体がもたんでよ。


そんな猛暑を迎え不安があるのは南瓜。
あの雨で過湿状態から急激な晴れで猛暑、正直去年並みになりそうな予感が・・・・
先週の火曜日に草を刈って以降初めて見に行く時間がとれたので見に行ってきた。
そこには衝撃の光景が広がっていました。

P1060569_縮小

まあ何となくわかってたけど株元の葉がない。
これは去年もそうだったから想定の範囲内ではあったけど、問題はここから。

P1060572_縮小

でかくなった南瓜が・・・・腐っとる(大泣
案の定あの長雨で水浸しだったからねぇ。

P1060573_縮小

草を刈ったときも水没してたからしょうがない。
最早わかり切っていたことではあったけどやはりこうなってしまうと悲しい・・・・・

P1060574_縮小

コルク化も進んでいてあと1週くらいあとで収穫できそうな具合だったねぇ。
大丈夫かと思っても地面についてるところは傷みだしているのでどうしようもない。
水はけ云々、元田んぼではどうやってもあの雨を排水しきるのは無理があるというもの。

P1060575_縮小
P1060571_縮小

むしろこういう具合に着果が早くてマルチ上にある実が助かりそう。
ただこれはこれで問題を抱えていることも事実。

P1060576_縮小

去年もあった日焼けですよ。
去年のような猛烈な日差しガンガン食らいまくってパンクというのはないでしょうけど、
すでに白化症状がみられるものもあり、切れば去年みたいに白くデンプンの塊が出現しちゃうんだろうなぁ。
雨で腐って日差しで焼ける、泣きっ面に鉢とはまさにこのこと。

P1060577_縮小

おまけに腐敗臭でネズミが寄ってくるせいか食害もそこそこみられる。
今年もかぼちゃには何一つ期待できんな(泣

P1060579_縮小
P1060580_縮小

とはいえ比較的長南瓜はましな気配。
株も傷み方も丸南瓜に比べると穏やかなのは湿度に対する耐性が少しばかり高いってことだろうか。

P1060578_縮小

自家採種南瓜も飛騨南瓜もいいサイズには成長。
問題は水浸しになったことで貯蔵中の腐敗が100%起きそうってことか。
残してもとっても地獄には変わりないか…これは厳しい。

厳しいつながりで行けば明日以降天気予報には雨マークが10個。
ここでの収穫は1週間後にはできると思ってるけどそれだけ雨が降れば収穫は伸び伸び、
そして雨による浸水で腐敗は進むだろうし。
あーもう今年もかぼちゃはマジもんでオワターである。


2020-08-05(Wed)

追肥追肥ー

本日もアフォみたいな暑さ。
なんだろう、梅雨明けしたのかな?
明日も暑そう、8月入って急に猛暑が襲い掛かってきたなぁ。


さて本日はあちこちに追肥してきました。
昨日ようやく追肥用の草むしりが終わった姫神芋を含め、
トマティーヨ、西洋わさび、オクラと本日は追肥で忙しく動きましたわ。

P1060556_縮小

追肥は畝ごとに行うので面積当たりの追肥量を計算してから畝の数で割ります。
そんなわけで大量のケースをもっていくことになりますのよ。
姫神芋は6、オクラは13、トマティーヨや西洋わさびは1でいいんですがねー

P1060548_縮小
P1060557_縮小

ズバッときれいにして除草した草はこの天気なので干しといたので、
まずはその草を除去してから通路にパラパラ。
除草してると通路にもかなりの根っこが来ているのでこれで十分追肥の効果はあります。
追肥は株元というわけではなく根っこの先端に効かせることが重要ですなー

P1060554_縮小
P1060555_縮小
P1060558_縮小

収穫量が増えてきたオクラはこれからも衰えないように追肥は定期的に行わないとねー
ついに白オクラヘルシエの収量が増えてきたので明日から朝早く起きないといけなくなってきた。
・・・ちょっときつい生活になってくるわなぁ。


トマテイーヨは先日も行ったのを出したので割愛。
西洋わさびは面積間違えて量多くやってしまったので割愛(大汗
とりあえず本日の追肥作業は無事終わったという事にしといて。
これから先はトマティーヨとオクラの追肥を状況を見ながら適宜ですね。
量があるとたかだか追肥するのだって結構な重労働で大変だったわ。


2020-08-04(Tue)

似通った花

いやー今日は暑かった。
まだ梅雨明け前だけど33℃くらいまで上がって汗だくだったわ。
明後日くらいまでは雨もなく暑さ維持しそうなので熱中症には気を付けたいですね。


さて本日のネタはついに咲いてたシドケの花に関して。

P1060545_縮小

なかなか咲かないのでしばらく放っておいたんですが、
久しぶりに見に行ったらしれーッとあちこちで開花してしまってましたわ。

P1060544_縮小

花はこちら。
あれ?どこかで見たことのあるような・・・・・
ほとんどヤブレガサと同じですね。
蕾の状態を見ればわかると思いますが、開花した花をみただけだと判別できないと思う。
若干花の数が少ない気はしますがね。

そしてもう一つ。
ホンナの花も咲いていましたの見てみましょうかね。

P1060374_縮小
P1060375_縮小

ホンナは今年は日陰にしてないけどこんな状態で普通に育った。
ちょっと肥料不足で弱弱しい気もするので今度追肥しようと思ってますがね。

P1060377_縮小

今年も蕾いっぱい、赤系と普通の物の差はいかにってのも気に果かかりますが、
その花の状態やいかに!

P1060547_縮小

うわぁ・・・・・
ほとんど同じ形してるじゃねぇか。
山菜って似通った花を咲かすもんなのか?
まあ調べるとこれら3つは同じキク科植物であり、
ホンナとシドケは同じコウモリソウ属、ヤブレガサはヤブレガサ属だけど。
ヤブレガサはまだしもホンナトシドケは似てて当たり前ってとこなのかなーと。

山菜ってーと食べることがメインでこんな感じで花とか種とかってのはあまり気にしなかったので、
こんなに似通った花をつけるとは思ってもみなかったですね。
花が咲いたので次は種、今年もある程度種採って苗作りしてみっかー


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村